2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ピレスロイド

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピレスロイド
登場作品 クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
初登場SRW スーパーロボット大戦V
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 小型無人兵器
所属 神聖ミスルギ皇国
テンプレートを表示

ピレスロイドは『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』の登場メカ

概要[編集]

神聖ミスルギ皇国アルゼナル侵攻の際に使用した小型兵器。

平坦な円盤の中にチェーンソーが仕込まれており、攻撃の際に展開する。また、ワイヤーも搭載されており、これでターニャイルマを乗せたパラメイルを捕獲している。

ラスト・リベルタスの際にはエンブリヲが使用し、アンジュ一行を迎え撃った。

登場作品と操縦者[編集]

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
初登場作品。パイロットはAI。西暦ルートでのみ登場。
「当たらない・避けられない・援護完備」と三拍子揃った意外と厄介な相手MAP兵器等を使って一気に片づけたい所だが、HPも雑魚にしては多めなので撃ち漏らす事も。
後述の余談の項目の通り、因縁がありそうなキンケドゥとは分岐ルートの都合上交戦できるステージは無い。
スーパーロボット大戦X
今作もミスルギ皇国が使用してくる。
マナの国ルート16話での初登場時に「バグと同じような対人兵器」と指摘されている他、シーブックセシリーからは特殊戦闘台詞も存在する。
そして、終盤のレコンギスタ軍ルート45話で本当にカロッゾ・ロナがバグの代わりとして出してくる[1]

装備・機能[編集]

武装[編集]

突撃
チェーンソーを展開して体当たりする。
SRWでは射程が長いP武器で、連続して狙われると脅威になる。
銃撃
機体の上下から機関砲を展開、発射する。
原作で使用した印象が薄いためかSRW未実装。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

S
小型機故にダメージ面では有利だが、命中面では不利になる。
加えて、大量生産されて出てくるのがお約束なので、物量攻撃による連続ターゲット補正の不利まで被るのが厄介。

余談[編集]

  • 劇中における形状や攻撃方法等から、視聴者にバグのようだ」と例えられている。
    • Vではルート分岐の都合上バグ関連で因縁がありそうなキンケドゥとは特に接点が無いままだったが、Xにおいてようやくバグの代わりとして扱われるようになった。
    • 機体名称の「ピレスロイド」が殺虫剤に用いられる成分から取られている辺り、制作陣も意識していると思われる。ノーマという存在を憎悪するジュリオにとっては、まさしく彼女達を「駆除」する為のマシンなのだろう。
  • なお、本作品のクリエイティブプロデューサーの福田己津央氏は、前述の「バグのようだ」という放送当時の視聴者の声に対し、自身のツイッターにて
    13話に関しては、とにかく修正をしないといけないが、『ピレスロイド』という捕獲と攻撃武器は上手くいったかな。もともとCGで新規に攻撃兵器を作るリソースが殆ど無かったので、何とかならないかと考えたとき、『ルンバ』なら何とか作れないか?と言うことであんなデザインに。」と、iRobot社が製造・開発した円形状のロボット掃除機「ルンバ」が元ネタだと述べており、続けて
    『バグ』という意見は良く見たけど、別にそれをモデルにしてるわけじゃないので、苦笑するしかない。逆を言えばそっちと思ってくれた方が、元ネタばれてないということで安心した。」と、バグをモデルにしたのではという声に対し否定的な見解を述べている。
    (どちらも2015年1月7日に呟かれた内容。現在はこれらの該当ツイートは全て削除済み)

脚注[編集]

  1. カロッゾ曰く「バグ以上に対人殺傷能力が高い」との事。