サイコガンダム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
サイコガンダム
外国語表記 Psycho Gundam
登場作品

ガンダムシリーズ

デザイン 村上克司(原案)
藤田一巳(クリンナップ)
初登場SRW スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用可変モビルアーマー
生産形態 試作機
型式番号 MRX-009
頭頂高 40 m
本体重量 214.1 t
全備重量 388.6 t
動力 核融合炉
ジェネレーター出力 33,600 kw
スラスター推力

84,000 kg×2(背部)

総推力
168,000 kg
アポジモーター 6
浮揚機関 ミノフスキークラフト
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 10,200 m
開発 ムラサメニュータイプ研究所
所属 ティターンズ
主なパイロット フォウ・ムラサメ
テンプレートを表示

サイコガンダムは『機動戦士Ζガンダム』の登場メカ

概要[編集]

地球連邦軍ニュータイプ研究所の日本支部であるムラサメ研究所が開発した、サイコミュ・システム搭載の超大型可変モビルアーマー

機体概要[編集]

モビルスーツ形態の見た目はガンダムタイプだが、中身は全くの別物で開発の参考にされているのはジオングである。名前と外見がガンダムである理由は、連邦軍内部のガンダム信仰によるものであるとされる。 また、当時の技術力ではサイコミュ・システムを小型化できなかったため機体自体のサイズも巨大化しており、MS形態時には40mもの大きさになる。

分類の通りに運用はモビルアーマー形態が基本であり、本機のMA形態は「モビルフォートレス」(機動要塞)と呼ばれる。ミノフスキークラフトの搭載により、それだけの巨体でありながらMA形態時には飛行も可能。

本機は火器管制・機体制御を全てサイコミュでコントロールする設計になっており、通常の人間ではシステムの負荷に耐えきれず、最悪発狂または死に至る危険性があるため、強化人間専用機となっている。また、強化人間やニュータイプ能力を持つ者なら機体の遠隔操作も可能で、パイロットが離れた場所にいても強制的に戦闘に参加させることができる。

全身に装備されたメガ粒子砲による火力・強靭な装甲と対ビーム兵器を考慮して搭載されたIフィールドによる防御力は筆舌に尽くしがたいものがあるが、鈍重そうな見た目通り機動力は低い。また、あまりに巨大なためスードリですら格納できず、MA形態を吊り下げて運用していた。

MS形態[編集]

人型形態に変形した状態。主に接近格闘を行うために変形する。

盾を装備する数少ないMAで、MA形態でも盾を分割して装着できるため余剰パーツにならないが、遮蔽物として利用できるのはMS形態のみ。

劇中での活躍[編集]

2機が製造され、両方ともフォウ・ムラサメが搭乗している。1号機はスードリに配備され、ニューホンコンに多大な被害を与えている。2号機はキリマンジャロ基地に配備され、カラバのMS部隊と戦った。なお、2号機は機体の遠隔操作の実験が行われていたが、パイロットへの負担がかなり大きく、結局実験は中止されている。 余談だが、後に開発されたキュベレイMk-IIは遠隔操作を可能としている。

小説版∀ガンダム』(佐藤茂版)では「ブラックドール」という名で本機が登場し、グエン・サード・ラインフォードが搭乗した。この事から、SRWに限らず、ガンダムゲームではグエンがサイコガンダムに乗り込むシチュエーションが存在する。

登場作品と操縦者[編集]

原作同様に敵の状態であるフォウが搭乗する事が多く、大型である事も手伝い、HPの高いそこそこの強さを持った中ボス機体といった扱い。鈍重なイメージ通り移動力は低い事が多いが、フォウ搭乗時は巨体に反した回避率を見せることも。

原作においてフォウを苦しめ、設定上扱いづらい機体という事もあってか味方機体として使えるのは極稀。

なお、劇場版で参戦している場合は『サイコ・ガンダム』と、『・(=中点)』が表記に加えられている。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
フォウが乗る。隠し要素説得により、自軍で使うことができるが、途中でフォウと一緒に離脱する。PS版でもほぼ同様だが、こちらは乗り換えも可能。装甲が厚くIフィールドも持つため防御面は優秀だが、火力はそれなりといった所。最大の欠点は足の遅さで、MA形態では更に移動力が減ってしまう。
第2次スーパーロボット大戦G
第2次に準じた扱いだが、ルート次第ではカミーユとフォウがそもそも出会わず、説得自体できずに終わる事も。説得した場合はフォウは仲間になるが、機体は失われる。特殊能力に変形があるが、変形しない。
第3次スーパーロボット大戦
やはりフォウが乗って登場。説得できるが、彼女を仲間にするためにはその後破壊しなければならない。
第4次スーパーロボット大戦S
マップ「キリマンジャロの嵐」の増援としてMA形態が、次の「ダカールの日」ではMS形態が登場する。
前者は地形適応が実は「」が参照されている為、強くはない。一方後者はシールド防御を行う為、しぶとい。
スーパーロボット大戦F完結編
攫われた場合、フォウが乗る。シナリオ「さまよえる運命の光」および「ファイナルオペレーション」ではティターンズ強化兵が乗る。それぞれMAとMS形態なので両方を出さないとロボット大図鑑が補完されない。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
戦闘時に『水の星へ愛をこめて』がかかる。戦闘BGMらしからぬ曲調なのが逆に印象に残る。例によりフォウを仲間にする為に本機体は破壊される。
スーパーロボット大戦α外伝
序盤にロザミアの乗るMA形態の本機がコン・バトラーVと対峙するという、異色の戦いが繰り広げられる。
未来編の普・難ルートでは小説版∀ガンダム』の設定を踏襲して、グエンが「ブラックドール」と呼ぶ本機に搭乗する。グエンがパイロットとして参戦した唯一の作品。
グエン機の形態は熟練度によって変化し、低いとMS形態、高いとMA形態となる。なお護衛が空を飛べないドーベン・ウルフであるため、熟練度が高い方が援護の影響がなく倒しやすい。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
「サイコ・ガンダム」表記。最初に登場した機体にフォウが乗り、彼女が降りた後は量産されているというスパロボのお約束の機体。MS形態のみの登場となっている。武装は全体攻撃の一斉発射と、単体攻撃のビーム砲のみ。
なお、似たもの同士のデストロイガンダムとタッグを組んでいる事が多い。やはり、終盤のグエンが複数投入してくる。
スーパーロボット大戦Zスペシャルディスク
プレイヤーにも使用可能。武装が追加され、小隊攻撃の頭部ビーム砲と、トライチャージ武器の拡散メガ粒子砲が追加されている。
MSであるものの運動性は低く、逆にHPは戦艦並で能力的にはほぼスーパー系。
UC系MSパイロットなら誰でも乗れるが、全体攻撃の一斉射撃にはNT技能が必要な為、強化人間でないと本来の力を発揮できない。モビルアーマー形態は未登場。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
MS形態のみ登場する。フォウを説得すると彼女が機体から降り、勝手に消滅する。以後、登場しない。
スーパーロボット大戦COMPACT2第1部
MS、MAの両形態が登場。条件を満たすと入手できるが、使えるのは実質最終話のみ。
ただし、グレミーの撤退が第2部以降のガトー説得条件なので、ガトーを仲間にしたい人は入手を諦めるしかない。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
第1部で入手したデータを引き継ぐと自軍ユニットとして使用可能。MS形態のみ敵としても登場する。装甲を改造すればかなり耐えるので使える。
スーパーロボット大戦IMPACT
リメイク前同様、第1部で条件を満たすと入手。が、装甲がリメイク前の半分になり、運動性が低いので使い辛い。素の攻撃力はそれなりだが改造可能段階が低く、燃費も悪いものばかりなため継戦能力は低い。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
フォウとロザミアの両機が登場。案の定中の片方を仲間にする為には破壊しないといけない。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander
OZと手を組んだティターンズによりモビルドール化された機体が配備される計画だったが、事前にそれを察知したシャアゼクスの活躍により、計画は発動前に阻止される。イベントで既に残骸となった機体が見られるのみ。
スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd
カミーユで戦闘を行って会話デモを発生させた後に撃墜すると、フォウの加入フラグが立つ。アッシマーなどに気を取られているうちに、必殺技の拡散メガ粒子砲を食らうなどということがないようにしたい。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦
敵として複数が出現。セリフはフォウを意識したもので、女性人格。
スーパーロボット大戦64
毎回お約束のパターン。終盤、ネオ・ジオンが複数使用してくる。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
スーパーロボット大戦X-Ω
2015年12月のクリスマスガシャで登場。レアリティSSRのディフェンダー。原作通り足が遅いが打たれ強い。Iフィールドによりビーム射撃がほとんど効かない、ビーム射撃をメインとするガンダム系シューターの天敵。必殺スキルは拡散メガ粒子砲。コア消費の割に範囲が異様に広く、威力もなかなか。フォウがダメージアップ系の精神スキルを覚えないので、総じて雑魚の足止めと殲滅で真価を発揮する機体。これもある意味原作通りか。
スーパーロボット大戦DD
ワールド2に登場。劇場版設定だが、ステータス画面等では中点なしの「サイコガンダム」表記。ただしシナリオ中では中点ありの「サイコ・ガンダム」とも表記されている。フォウが搭乗しているが、サイコミュシステムを調整したことで味方側として運用されている。
2019年9月4日DD初のイベント『Zの鼓動』では敵ボスとして登場。味方では使えない必中効果のある自分中心型MAP兵器を所持している強敵。

関連作品[編集]

SDヒーロー総決戦 倒せ!悪の軍団
ザコ敵。サイコロ形態に変形しつつ、空中を左右に移動し弾を撃ってくる。耐久力が高い。大きさはプレイヤーと同じ。
ヒーロー戦記
強化人間となったジェリド・メサが乗る。ある程度ダメージを受ける(MA形態のHPが0になる)とMA形態からMS形態に変形する。強力な全体攻撃(拡散メガ粒子砲)を放つ上にこの直前にバウンド・ドックとの戦闘まであるので、十分な量の回復アイテムを持っておかないと全滅必至である。
原作において結果的とはいえ、「サイコガンダムに止めを刺したジェリドがサイコガンダムに搭乗して戦死する」というのは中々に皮肉がきいている展開とも言えるだろう。
バトルロボット烈伝
フォウと共にゲルスター帝国に転写されており、敵として登場。敵ユニットとしては初の大型機となる。移動はのっしのっしと徒歩で行い、段差では変形して移動し瞬時に戻る。戦闘画面でも頭が見切れており巨大さはしっかり表現されているのだが、登場はここのみ、しかもイベントバトルのみ。最後はΖガンダムを守る為にサザビーのビームトマホークを代わりに受けあっけなく破壊される(Ζでのフォウ最期のシーンの再現)。
この時には拡散メガ粒子砲だけしか使ってこないが、エンディングでは指のビーム砲を使っている戦闘シーンも表示されるので、内部的に用意されているものの、ゲーム内で使う事が出来なかったようである。
リアルロボット戦線
フォウの乗機。基本的には敵だが、シャアルート・ポセイダルルートでは味方も使用可能。
移動力は低いが攻撃範囲の広いマップ兵器を持っており、使い方次第ではマップのザコ敵をほぼ全滅させることも可能。装甲も高く、Iフィールドも装備している。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

格闘
その巨体と重量から繰り出されるパワーは凄まじく、歩くだけで周囲の建物を次々と倒壊させ、ガンダムMk-Ⅱも軽く弾き飛ばしてみせた。しかし、SRWでは武装として採用されている作品は少ない。
余談だが、アクションゲーム『ガンダムバトルシリーズ』においては、一撃必殺のドロップキックにより初見殺しとしてプレイヤーに知られている。

武装[編集]

小型メガビーム砲
頭部に装備されたビーム砲。
『DD』では「頭部ビーム砲」名義でR必殺技に採用。
拡散メガ粒子砲
胸部に3門装備。
『DD』ではSR必殺技に採用。
指部ビーム砲
指に内蔵されたビーム砲。ジオングとの関連性を思わせる。
『DD』では「ビーム砲」名義で通常攻撃に採用。
シールド
本機専用の防御兵装。かなりの大きさであり、モビルフォートレス形態時は分割して装備される。このシールドはモビルフォートレス形態を浮かせる為のミノフスキークラフトを搭載しており、戦闘中に失ってしまうとモビルフォートレス形態での戦闘継続が難しくなる。後継機のサイコガンダムMk-IIが披露したモビルフォートレス形態での防御が可能かは不明。
Iフィールド
対ビームバリア。機体表面に発生させる。

必殺武器[編集]

一斉射撃
Z』で採用。全身のビーム砲で一斉攻撃する全体攻撃
『DD』では敵対時のみ使用してくる必殺技。マップ兵器版も存在し、自機中心型で高火力、必中(ひらめき無効)し、射程最大6(難易度によって変化)のうえ味方識別まである…というサイフラッシュもびっくりな性能をしている。ただし規定ターン毎にしか使用できず、更に発動前に警告が表示されるので、射程外まで離れるという方法で回避する。なお戦闘アニメが通常版とマップ兵器版で異なり、通常版は胸部の3門しか使わない(味方の拡散メガ粒子砲と同じ)。

特殊能力[編集]

盾装備
シールド防御を発動。
Iフィールド
バリア
変形
MA形態から、MS形態へと変形する。

移動タイプ[編集]

MS形態。
MA形態。SRWではMS形態より足が遅くなる事も珍しくない。

サイズ[編集]

L
本編劇中では巨体ぶり(40m)が印象に残るサイコガンダムであるが、実はゲッター1(38m)を少し超えた程度の大きさである。

機体BGM[編集]

「水の星へ愛をこめて」

対決・名場面[編集]

ガンダムMk-II
ホンコン・シティで単独出撃したサイコガンダムはその攻撃力でホンコン・シティを破壊し尽くした。カミーユのガンダムMk-IIでは全く歯が立たなかった。
また、ガンダムMk-IIと比較して約2倍強もあるサイコガンダムの巨体ぶりも印象に残りやすい。
永遠のフォウ
カミーユ説得で、フォウの元の人格が戻る瞬間、ジェリドバイアランによりビームサーベルが頭部に直撃。Ζガンダムを庇う形でサイコガンダムは機能を停止し、キリマンジャロ基地諸共崩壊するのあった。
COMPACT2第1部』及び『IMPACT』では回収・レストアされ、再び姿を現す。

関連機体[編集]

サイコガンダムMk-II
後継機。顔が悪役っぽくなっており、視覚的に『悪のガンダム』を強く印象付けている。
ジオング
本機の指部ビーム砲の元になったと考えられる機体。
Bガンダム
ガンダムの顔のハリボテをつけたボール。一部ガンダムが全長40mと誤認したため本機がこのサイズになった。
ムラサメ
漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST』(SRW未参戦)に登場。地球のとある海底都市で御神体として称えられていた。別のガンダム作品同名機体とは別物。口部のコックピットブロックをサイコフレームの技術を加えて改造されており、この部分の見た目が大きく異なる。この機体と交戦した人物の一人はガンダムであること自体全否定する発言をしている。
サイコガンダムMk-IV G-ドアーズ
漫画『機動戦士MOONガンダム』(SRW未参戦)に登場。サイコガンダムの系列機の1つだが、既存のMSサイズにダウンサイジングされている。

他作品の関連機[編集]

デストロイガンダム
MS形態が本機体に似ている。ちなみに原作での暴れっぷりや、パイロット立ち位置までそっくり。違う所はこちらは量産された事くらいか。
サイコガンダムMk-III
ゲーム『ガンダム・ザ・バトルマスター』のオリジナル機体。変形機構が廃されている代わりに、大型のビームサーベルを装備している。原作が格闘ゲームであることも相まって、驚異の格闘能力を見せる。勿論、パイロットは女性。SRW未登場。
サイコロガンダム
元々は『SDガンダム ガシャポン戦士』シリーズに登場したダジャレユニット(だが、ZZ1話『プレリュードZZ』において、サイコガンダムがサイコロガンダムと言い間違えられるシーンがあり、これが本当の元ネタと見ることもできる)。サイコロにサイコガンダムの頭部を付けたような外見をしている。見た目はアレだが、大型メガ粒子砲と六連装ミサイルを搭載しており、戦闘力はオリジナルを遥かに凌駕する。Gジェネレーションシリーズでも強ユニットとして登場。
SRW未登場だが、『SDヒーロー総決戦 倒せ!悪の軍団』でサイコガンダムがサイコロ型に変形するという小ネタがある。

余談[編集]

  • サイコガンダムの独特な変形システムは、1977年制作の特撮番組『大鉄人17』の主役ロボットであるワンセブンとよく似ている。これはサイコガンダムの原案デザイン担当者が、ワンセブンも手がけたバンダイ所属のデザイナー・村上克司氏(玩具の「超合金シリーズ」で有名)である為。
    • サイコガンダムは元々は「Ζガンダムの候補デザイン」としてバンダイ側から提出されたものである。原案ではRX-78-2ガンダムに印象が近く、「変形機構を組み込んだ初代ガンダム」というコンセプトで描かれたという。
  • サイコガンダムの2号機という設定は公式でなく、ファンの有耶無耶で決まった側面が強い。番組当時「サイコガンダム2号機」の登場が発表され、キリマンジャロ基地に現れたのが2号機というのが現在の一般的諸説である。その後「サイコガンダムMk-II」が登場し、この機体が2号機というのが昔の諸説である。
    • ただ、爆散寸前のスードリでサイコガンダムが無傷で回収できたのか、破壊されたのかは不明である。どちらにしろ莫大な機体コストが掛かるサイコガンダムをもう1機作ろうとしたムラサメ研究所の要望をティターンズは良く飲み込めたものである。
  • 劇中本編において通常のモビルスーツの約2倍強の大きさで視聴者に強い印象を残したサイコガンダムであるが、ガンプラ「HGUC 1/144 MRX-009 サイコガンダム」においてもその巨体ぶりが再現されている。
    • なお、ガンプラ「HGUC 1/144 MRX-009 サイコガンダム」は、1/100サイズであるMGのガンプラでさえも本製品の腰の部分あたりまでしか届かず、1/60サイズであるPGのガンプラにおいて本製品と肩を並べる程の大きさ(ただし、PGの方が頭部一つ分抜きんでている)を持つ代物である。
  • 後年のガンダムシリーズ作品において「ガンダムタイプの機体が主人公側の敵として登場する」例は珍しくないが、サイコガンダムはその先駆けであると言える。
  • 敵方の機体ではあるが、パイロットであるフォウの立ち位置もあってかSDガンダムシリーズでは味方サイドとして登場することが多く、『武者七人衆編』の武者斎胡頑駄無の様に洗脳されて敵に回る事は有れど純粋な悪役だった例は『天星七人衆』の災呼頑駄無や『BB戦士三国伝』の暗黒玉璽サイコガンダム等少数に留まっている。
    • 初期のSDガンダムでは独特な口部と顎の形状から「常に口を開けて舌を出している」ようにアレンジされていたこともあった。
    • なお原作でヒロインが乗ったメカでありながら、メタスとは異なりSD世界のサイコガンダムの大半は男性である。見た目のせいなのか。
  • コンパチヒーローシリーズ」ではガンダムF91の必殺技の召喚攻撃要員として登場することもあった。これを受けてか、コンパチヒーロー達の必殺技を模した攻撃をするXN-Lの武装も、一部が本機を思わせるものになっている。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]