スーパーロボット大戦COMPACT2第1部

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
スーパーロボット大戦COMPACT2
第1部 地上激動篇
リメイク版 スーパーロボット大戦IMPACT
次作 スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
発売元 バンプレスト
対応機種 ワンダースワン
プロデューサー 森住惣一郎
ディレクター ikataro
シナリオ 森住惣一郎
キャラクターデザイン 斉藤和衛
音楽 mu-ray
qwe.bat
発売日 2000年3月30日
価格 4,500円
テンプレートを表示

スーパーロボット大戦COMPACT2第1部』は「スーパーロボット大戦シリーズ」のゲーム作品。「COMPACTシリーズ」の1つ。

概要[編集]

ワンダースワンで発売されたCOMPACTシリーズの第2作。正式名称『スーパーロボット大戦COMPACT2 第1部 地上激動篇』。

COMPACT2』は3部構成となっており、本作はその第1部にあたる。

2002年以降展開される「OGシリーズ」に本作の設定が登場しているが、一部設定は変更されている。

システム[編集]

新システム[編集]

援護システム
本作最大の目玉新システムで、隣接する味方に対して追加で攻撃できる援護攻撃(サポートアタック)・敵ターン時に隣接する味方の身代わりとなってダメージを受ける援護防御(サポートガード)で構成される。
本作以降のシリーズ作品にも標準実装され、スパロボのゲームバランスを大きく変化させた。

既存システムと変更点[編集]

2回行動
援護システムと入れ替わる形で廃止。飛影など一部NPCのみが特殊技能として所持する形となった。

難易度[編集]

  • 地形適応の制限が従来よりタイトに設定されており、従来のシリーズでは問題なく空中戦をこなしていたグレートマジンガーダイターン3等の主役級スーパー系もほとんどが空Bとなっている。地形適応の効果を知らずそのまま空中戦を行っていると攻撃力が落ち、被ダメージも大きくなる。対空の格闘攻撃は陸に下りてもダメージが減るので、難易度が高く感じられてしまう。
  • 計算式は『F』の系列だが、数値まわりが見直され総合的なバランスで見た場合シリーズ中でも安定している方である。V-UPユニットの存在により弱機体の救済も割りと簡単。但し無改造プレイなどを行う場合はかなり難しくなる。

話題[編集]

  • 3部作通してソフトバンクの攻略本に間違いが多い。精神コマンドの習得レベルが軒並み1低く書かれていたり、機体・パイロットの加入時期が間違っていたりする。

登場作品[編集]

新規参戦は★の2作品。

バンプレストオリジナル[編集]

登場メカ(オリジナル)[編集]

主人公機
アルトアイゼン
敵勢力機(アインスト)
アインストクノッヘン
アインストグリート
アインストレジセイア

登場人物(オリジナル)[編集]

キョウスケ・ナンブ
エクセレン・ブロウニング
一部の会話シーンに登場。

関連記事[編集]

ゲーム中データ[編集]

いずれも3部共用。

分類 記事
全話一覧 全話一覧/COMPACT2
隠し要素 隠し要素/COMPACT2
精神コマンド 精神コマンド/COMPACT2
強化パーツ 強化パーツ/COMPACT2
特殊能力 特殊能力/COMPACT2
特殊技能 特殊技能/COMPACT2
メカ&キャラクターリスト メカ&キャラクターリスト/COMPACT2

関連用語[編集]