ムラサメニュータイプ研究所

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

一年戦争後の連邦によって設立されたニュータイプ研究機関。通称ムラサメ研。日本に位置する。複数のニュータイプ研究所のうち、最も古い部類に属する。

歴史上初の強化人間とされるゼロ・ムラサメ(SRW未登場)の他、フォウ・ムラサメなど複数の強化人間の開発に成功する。また、フォウを被検体としてMRX-009 サイコガンダム、MRX-010 サイコガンダムMk-IIを始めとするサイコガンダム系統の開発を行う。

機動戦士Ζガンダム』以降の作品での描写はないため、その後の時代でどうなったかは不明。

主な人物[編集]

フォウ・ムラサメ
この研究所で開発された強化人間の1人。

関連用語[編集]

オーガスタニュータイプ研究所
ニュータイプ研究所の1つ。『機動戦士ガンダムΖΖ』ではサイコガンダムMk-IIの管理はこちらに移っている。