激怒

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

激怒は、精神コマンドの一種。

概要[編集 | ソースを編集]

初出は『第2次』。マップ上の敵全機に分身ひらめきなどに影響されることなく必ずランダムダメージを与えるが、本コマンドで撃墜した場合は資金経験値は入手できない。

一部の作品では後の挑発」に類似した効果が付随する[1]ため、通常動かないまま一定ターンで撤退するタイプの敵を撃墜するのには必要不可欠だが、敵全機が一斉に行動を開始してしまうためリスクもそれなりに大きい。また、行動開始効果については作中、攻略本共に全く触れられていないため[2]、実際に使用してその真価に気が付かなければ「SP消費量に対して効果がショボイ精神コマンド」でしかないというある意味不遇のコマンドだった。

『第4次(S)』のあるステージでゲア・ガリングを仕留められるほぼ唯一の手段とされる。

F』で削除されて以降長らく登場していなかったが、『X-Ω』で効果を変更して久々に復活した。

登場作品[編集 | ソースを編集]

第2次スーパーロボット大戦(FC版)
消費SP150。全ての敵ユニットに1~255のダメージを与える効果。
第3次スーパーロボット大戦(SFC版)
消費SP200。全ての敵ユニットに10~1000のダメージを与え、行動を開始させる効果。
スーパーロボット大戦EX(SFC版)
消費SP70。消費は前作に比べグンと下がったが、全ての敵ユニットに10~1000のダメージを与える効果のみ。
第4次スーパーロボット大戦
消費SP70。全ての敵ユニットに10~1000のダメージを与え、行動を開始させる効果。
ただし2大ボスであるシュウゼゼーナン、それにギメリアオージにはダメージを与えられず、誘き出し効果もない(ギメリアは元々最初から移動するユニットだが)。
また、シナリオ「あしゅら男爵の最期」のあしゅら男爵と、「老兵の挽歌」のミデアには与ダメージ効果のみとなる。
習得者はボス大作の3人と主人公(牡羊座B型)・副主人公のリン。また、忍と大作のどちらかは終盤に必ず仲間から外れる。
書籍『一生楽しむ本』では「今回もやっぱり活用度イマイチ」と紹介されており[3]、筆者は『第3次』のも含めて行動開始効果に気付いていない模様。
第4次スーパーロボット大戦S
忍と大作のどちらも部隊に残るようになったからか、主人公とリンは覚えられなくなった。使用者は3人とも終盤の部隊分けでBチームに所属してしまう。
新スーパーロボット大戦
消費SP70。全ての敵ユニットに10~1000のダメージを与え、行動を開始させる効果。
ただし、与ダメージ効果のみの敵もいる。
スーパーロボット大戦X-Ω
久々に復活。効果は「一定時間、攻撃力小アップ、クリティカル率アップ、命中率中アップ」という複合系のものになった。対象は自分1機。本作での所持者は悪役に偏っている。

主な使用者[編集 | ソースを編集]

ボス
『第2次』では唯一の使い手だが、「怒り」も習得する。
西川大作
藤原忍
『X-Ω』においても、パイロットパーツを装備した時のみ使用出来る。
リューネ・ゾルダーク
第3次』と『EX』で所持。「激怒」が削除されたリメイク版では、『第3次』の方では似た効果の「挑発」に置き換わったが、『EX』では何故か「激励」になった。字面は似ているが……。
リン・マオ
『第4次』での修得者のうち彼女のみ『第4次S』で何故か没収された。
アシュレイ・アシュラ
フォルテ
一方通行
グリシーヌ・ブルーメール
2019年現在の『X-Ω』において、デフォルトで激怒を所持しているキャラクターの中では唯一悪役でない人物。それだけ彼女の気性の荒さは凄まじいという評価なのだろうか。
フェール
パイロットパーツを装備した時のみ使用出来る。

脚注 [編集 | ソースを編集]

  1. 一定ターンまで(あるいは絶対に)移動しない敵が動き出すようになる。
  2. 効果記載は与ダメージ面のみ。
  3. ケイブンシャ『第4次スーパーロボット大戦を一生楽しむ本』43頁。