ゲア・ガリング

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゲア・ガリング
外国語表記 Gyre Garing
登場作品 聖戦士ダンバイン
初登場SRW 第4次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類

オーラマシン

全長 320メット
(約320 m)
全高 400メット
(約400 m)
全幅 1400メット
(約1,400 m)
重量 142000ルフトン
(約142,000 t)
動力 オーラコンバーター
エネルギー オーラ力
擬似オーラ力発生機出力 5オーラ×100
最高速度 97リル
(約388 km/h)
巡航速度 70リル
(約280 km/h)
所属 クの国
主な搭乗員 ビショット・ハッタ
テンプレートを表示

ゲア・ガリングは『聖戦士ダンバイン』の登場メカ

概要[編集]

クの国が開発したオーラ・バトル・シップ

オーラ・バトル・シップの中でも最大の大きさを持つ。船体の殆どが格納庫になっており、積載能力もオーラ・バトル・シップ中最大。ただし、その反面火力は乏しく、巨体の割に軽量ではあるものの防御力も低い。

地上へ浮上した時には、ゲア・ガリングでヨーロッパ中を蹂躙しパリを火の海にする等した為に、地上人からは真っ先に憎悪の対象とされた。

その後太平洋へと進軍するが、地上人達が戦闘機で特攻を敢行した為に大打撃を受け、已む無くドレイク軍と合流する。しかし、盟友であるドレイク・ルフトがゲア・ガリングを盾代わりとし、ビショット・ハッタ自身が名誉挽回へと猛進するあまり、遂にゲア・ガリングは沈黙。最後はゴラオン特攻により相討ちで撃沈、太平洋へと没した。

SRWでダンバインの大ボスはドレイクのウィル・ウィプスが採用されがちだが、原作では地上に上がってからパリを占領したり、ショウが投降してきたり、特攻されたり…とウィル・ウィプスよりもはるかに出番が多く、後半このゲア・ガリングが出ない回がないほど。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦S
中ボスとして度々登場するが、逃げることが多い。ドレイクのウィル・ウィプスには劣るものの40000を越えるHPとマジンガー並の装甲を誇り、武器性能もウィル・ウィプスと全く変わらないという、戦艦系ユニットとしては上位に食い込む存在。しかし弱気の代名詞であるビショットがパイロットの関係で、相手をする場合は想像より楽である。
スーパーロボット大戦F
第13話シナリオ「浮上」にのみ登場。撃墜できれば15000もの資金を得られるが、HPは相変わらず高いのでHP70%以下で撤退する本機の撃墜は難しい。
ただビショットの性格が弱気である為、取り巻きのオーラバトラーから始末した方が倒しやすい。
スーパーロボット大戦F完結編
耐久力が向上したとは言えビショットが弱気なので相変わらず軟弱なのだが、今作の敵戦艦ユニットの例に漏れず運動性のインフレを受け135もの数値を持つ。
舐めてかかる余り、命中率の確認を怠り精神コマンドをかけた必殺武器を外す…等という事の無い様に。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
ビショット性格が普通な為に撃墜は容易だが、撤退条件がシビアな為に撃墜が困難な面がある。その分、撃墜すると熟練度がもらえる。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
装甲がアップし、第27話「マシン展開」で撃墜するのがますます困難になった。固定メンバールートの場合、ビルバインダンバインとの合体攻撃でも可)かR-GUNパワードの最強武器を限界近くまで改造しておく必要がある。
さらに、攻撃力も大きくアップしており、ハイパーオーラキャノンを喰らおうものなら即刻あの世行きである。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
登場はしないが没ユニットデータが存在。グラフィックは『α』のものと同じ。
スーパーロボット大戦COMPACT3

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦BX
HPが8万と高く、スペック低下無効を所持。しかし、肝心のビショットがあまり強くない為、そこまで苦戦はしないだろう。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

オーラバルカン
オーラキャノン
ハイパーオーラキャノン
BX』では未実装。

必殺技[編集]

全砲門一斉射撃
ドレイク軍のオーラシップ共通である『BX』のみの最強武器。通常攻撃とMAP攻撃の二種類がある。

艦載機攻撃[編集]

オーラマシン出撃
『BX』のみの武器。ドラムロを大量出撃して総攻撃を掛ける。

特殊能力[編集]

オーラバリア

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

2L(LL)

余談[編集]