オーラコンバーター

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

オーラコンバーター(Aura Converter)とは、『聖戦士ダンバイン』に登場する装置。ショット・ウェポンゼット・ライトらが共同開発した動力である。

概要[編集]

大気中のオーラを取り込み、推進力に変換する。オーラマシンなどのエンジンとして背部に取り付けられている。

乗り手のオーラ力(おーらちから)で装置を搭載したオーラマシンの出力、加速力、運動性能が向上するという性質を持っているため、乗り手次第では無限に性能を引き出せる。異世界バイストン・ウェルでは自然とリミッターが掛けられてしまい、地上に上がるとリミッターが解除され、その出力は向上してオーラバリアハイパー化の発現に繋がる。

しかし、リミッターが解除される代償として乗り手のオーラ力を損耗し、命を落とすもの(ジェリル・クチビなど)、或いは精神が歪められる者まで現れた。

また、装置のオーラ力を均等に満たすための必要な要素として「生物の一部(有機物質)」を装甲やインターフェイス部分などに転用しなければならず、仮に地上の戦闘機に装置を組み込んでもコンバーターの能力を引き出すまでには至らず、直ぐに自壊してしまうと思われる。

地上においてはオーラコンバーターを引き出すための素材がなく、「ワン・アンド・オンリー(再生産不可能)」な品物である。仮にドレイク・ルフトが「数機のオーラマシン~」で再起を目指したとしても、開発の第一人者のショットやゼットが死亡し、他者が解析しても数百年以上掛かるオーバーテクロノジー(ロストテクノロジー)としてドレイクやショットらの野心叶わぬまま消えゆく運命だったかもしれない(数百年後の続編においても地上でオーラコンバーター対応型マシンは開発された形跡がない)。

登場作品[編集]

SRWでは強化パーツとして登場することがある。

強化パーツ扱いの作品[編集]

作品名 効果
IMPACTCOMPACT3 移動力+2、運動性+10
SC2 移動速度+100