西川大作

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
西川大作
読み にしかわ だいさく
登場作品 超電磁ロボ コン・バトラーV
声優 立壁和也(現:たてかべ和也)
デザイン 安彦良和
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 パイロット
サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(日本人)
性別
出身 日本・熊本県
所属 南原コネクション
テンプレートを表示

西川大作は『超電磁ロボ コン・バトラーV』の登場人物。

概要[編集]

バトルタンクのパイロット。気は優しくて力持ちの好漢で、柔道の達人。阿蘇山麓の出身故に熊本弁を喋る。また、漫画家志望でもある。

レギュラー5人の中では最も主役エピソードが少なく、不遇な存在と言えるが、それ故に単独で敵アジトへ潜入する回や叔母絡みの騒動劇など、希少なメイン話での活躍が光る。

戦いが終結した後は故郷に戻るべく、南原コネクションを後にした。

登場作品と役柄[編集]

シリーズ全体を通していまいち活躍に恵まれない。

旧シリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦
初登場シナリオや「赤道直下」にて戦闘する機会がある。コン・バトラーV精神コマンドは豹馬一人で担う為に活躍できない。インターミッションではアフリカで豹馬十三が暑がっている中、一人辛抱している場面がある。
第4次スーパーロボット大戦
今作から気合要員として活躍。また数少ない激怒の使い手でもあり、低ターン数クリアを目指す際に重宝する。
エンディングでは念願の漫画家になった。
第4次スーパーロボット大戦S
獣戦機隊との択一がなくなった。『第4次』では台詞がなかったが、「救出!コンバトラーV」にて台詞が追加された(後述)。
スーパーロボット大戦F
シナリオ「大ピンチ!!コン・バトラーV合体不可能!?」では分離状態での戦闘がある。この時の彼らに経験値を与えても無駄なので削りの方が無難。合体解禁後はやっぱり気合係だが、必中熱血も持っているので他の使い方もあり。格闘だけなら豹馬に負けず劣らずなのが少々勿体無い。
本作から声が入ったが、以降新録をする事なくたてかべ氏が2015年6月に死去したため、当作品が最初で最後のスパロボ参加となった。
スーパーロボット大戦F完結編
SPが低く、大作の気合だけで気力130に持っていくのは事実上不可能。激励要員が必要になる事も多い。これと豹馬の宇宙適応Bが足を引っ張ってコン・バトラーVは二軍落ちの危機に。しかもこの様な不遇を被る今作に限って大作自身は、他の味方をサポートする精神コマンドを何一つ覚えない始末。性格上、考え難い事態である。
この作品に限った話ではないが、顔グラフィックがやけに老け顔に描かれており、中年のおっさんに見えなくもない。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
銀鈴が「大作君」と呼びかけたら、草間大作ではなくて彼だったという場面がある。今作では分離ユニットにも一定の戦闘力が与えられているため、『F』よりかは戦闘は出来る方。柔道の達人だが、格闘より射撃の方が1高く設定されている。
スーパーロボット大戦α外伝
第3話でバトルタンクが強制出撃する為、戦闘機会がある。チームでは唯一援護が2まで上がる。
激励習得後は初期配置からすぐに分離してそれを使用することで、豹馬を含めた周囲4ユニットに効果を撒ける。
分離後のバトルタンクは基本的にコン・バトラーV左上に出現するため、それを意識して配置するとより効率的。
第2次スーパーロボット大戦α
ボルテスチームの大次郎同様に気合を覚えなくなった。基本的には信頼や友情などでの回復要員となる。
なお、故郷の阿蘇山は本作では邪魔大王国の拠点となっているが、特に彼との関連は触れられていない。
第3次スーパーロボット大戦α
前作と立ち回りは同じ。とあるシーンで歌に関する考えを述べる(下記参照)。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT2第1部
シーン3から登場する。必ず気合を覚えるので、他作品と同じように気合係。なぜか今シリーズでは戦闘中の台詞が博多弁になっている。
スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
第1部のデータを引き継がない場合に登場。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
第3部でも気合係。習得状態にもよるが、サポート系の精神コマンドも揃う。精神ポイントの余裕次第ではそちらも有用。
スーパーロボット大戦IMPACT
コンバトラーが単独で戦うシナリオがいくつかあるが、その場合は気合よりも鉄壁を優先しないと容易く撃墜されてしまう。
スーパーロボット大戦COMPACT3

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
顔を合わせての自己紹介の際、ヒカルが反応している。
スーパーロボット大戦R
ヒカルに一緒に同人誌を作ろうと誘われる。
スーパーロボット大戦J
スーパーロボット大戦L

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander
スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
スーパーロボット大戦X-Ω
コン・バトラーVのサブパイロット。
2019年1月にΩスキル搭載のコン・バトラーVが実装されたが、カットインでは登場するものの小介共々音声はなし。
スーパーロボット大戦DD
序章ワールド1より参戦。コン・バトラーVのサブパイロット。『AP』以来11年ぶりのボイス付き参戦で、たてかべ氏没後の初のライブラリ出演となる。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

原作の柔道の達人という設定を意識してか、豹馬より格闘が高い傾向にあるが、バトルタンクでは活かすことは出来ない。

精神コマンド[編集]

ド根性鉄壁等、典型的な3号機パイロットの精神。漫画家志望を反映してか努力も覚える事が多い。

第3次
根性ド根性集中友情気合加速
第4次
根性ド根性熱血気合激怒足かせ
FF完結編64
ド根性努力気合鉄壁熱血必中
αα外伝
ド根性気合努力鉄壁熱血激励
第2次α
ド根性鉄壁努力友情信頼激励
第3次α
不屈鉄壁努力友情激励
COMPACT3
努力鉄壁ド根性気合威圧激励
AIMPACT
ド根性気合鉄壁努力信頼熱血
A PORTABLE
ド根性気合不屈努力信頼熱血
RJ
ド根性気合鉄壁努力友情熱血
L
不屈鉄壁努力激励

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第3次(PS版)第4次S)、FF完結編
底力
64
底力L5
α外伝
底力援護L2

サポートアビリティ[編集]

バトルチームの力自慢
R。セットしたディフェンダーの攻撃力、装甲アップ。

パイロットBGM[編集]

「コン・バトラーVのテーマ」

人間関係[編集]

葵豹馬
仲間。
浪花十三
仲間。
南原ちずる
仲間。
北小介
仲間。演出的構図も含め、共に行動する機会が多い。
四ッ谷博士
上司。第20話で博士の護衛を務めながらもキャンベル軍に博士を拉致されてしまった際は責任を感じて切腹しようとした。
家族
SRW未登場。第19話で両親と弟・妹が登場。弟は大蔵、妹はあけみという名前。
西川虎子
叔母で、柔道の師にあたる。ちなみに男性声優が担当。
SRW未登場だが、『第4次』のキャラクター事典では「バッテン荒川そっくりの叔母」と紹介されていた。

他作品との人間関係[編集]

長浜ロマンロボシリーズ[編集]

剛大次郎
直接絡む事は多くないが、同系のキャラとして荷物運び等の際に同時に出る事が多い。
剛日吉
こちらも直接絡む事は多くないが、担当声優は共演している作品が多い事で有名。

スーパー系[編集]

銀鈴
α』では彼女からの「(草間)大作君」の呼び掛けに、同じ名前繋がりで反応を示す。
ボスヤマガタケ
大次郎と共に巨漢という共通点を持ち、『第2次α』中盤の破嵐万丈主催のパーティーで大食漢ぶりを披露し、フジヤマ・ミドリに「見てるだけでお腹一杯になる食べっぷり」と呆れられる。

ガンダムシリーズ[編集]

カミーユ・ビダンフォウ・ムラサメルー・ルカカトル・ラバーバ・ウィナー
α外伝』では未来世界の北アメリア大陸北西部に飛ばされた際、彼らと行動を共にしていた。

リアルロボット系[編集]

アマノ・ヒカル
漫画仲間。といっても顔合わせ時ぐらいだが。
ヒタチ・イズル
同じく漫画仲間。『X-Ω』イベント「目覚めよ、ヒーロー!」において、イズル作の漫画を見てアドバイスを送った。

名台詞[編集]

「われわれの心はいつも一つ。じゃけん、どれい獣に勝つとね」
親の手紙に気を取られて窮地を招いた小介と喧嘩する十三をちずるが窘めた際、続けていった台詞。温厚で友情に厚い大作の性格が良く現れている。
「四ツ谷博士…死んでお詫び申します…!」
第20話で四ツ谷博士を拉致されてしまった責任を感じ、切腹しようとした際の台詞。
「こげんときゃ、陸上だけのタンクがじれったがぁ!」
第21話でちずる搭乗のバトルマリンが湖の中でどれい獣の攻撃を受けて他の機体が助けに行く中、水中に入れないバトルタンクの性能を嘆いて。
「わかっちょります。男ちゅうもんは一生に一度は大勝負する時があるもんじゃと、俺はお虎おばしゃんに教わりました。俺は今がそん時だと思っちょりますばい」
南原コネクションに流れ込むマグマを海に誘導する為、バトルタンクで誘導する為の溝を掘る危険な作戦に志願した際の台詞。
「ばってん、あのダンゲルってのはブクブク太っちょりますけんの」
第40話の食事のシーンでダンゲルを馬鹿にした際の台詞。しかし、大作も柔道の達人とはいえダンゲルと似たようなものであるが……。
「それにワルキメデスとかいう総統、あっちは栄養不良の見本ですたい」
上のダンゲルに続き、ワルキメデスを馬鹿にした台詞。これを映像で見ていたワルキメデスは当然激怒する。
「美しか空じゃなかとね。一ぺんか、こげば色の空を描きたかったとです」
最終話でアースボムのマグマ到達が数分を切り、バトルチームの面々が死を覚悟する中で雲間から見える空を見ての台詞。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「ここは合体して戦った方がよかですタイ」
第4次S』第7話恋人がいないルート「救出!コンバトラーV」にて追加された台詞。合体の仕方を忘れた豹馬に対しての進言。
電視大百科』のキャラクター事典では「「第4次(S)では全く喋らなかった」と書かれているが、気付かれなかったのだろうか?
「そうたい、ここで撤退しても恥ずかしい事はなかです」
IMPACT』シーン3Bマーズ編「大いなる胎動」でデンジンを戦闘不能に追い込んだ事で、豹馬に追従して三郎太へと撤退を促すが、声高に木連のスローガンを叫ぶ彼から一蹴されてしまう。
「ばってん歌っていうとは声じゃのうて心で歌うもんたい」
第3次α』クスハ編12話「別れの宇宙」でのアークエンジェル合流後、ラクスの歌声が遺伝子操作によるものではないか、という意見に対する尤もな意見。原作ではこの場面で空気が凍りついていた。
ちなみに、たてかべ和也氏が過去に担当したヴォーカリストとしても名を馳せる日本一有名なガキ大将「ジャイアン」に絡めた声優ネタとしての側面も含んでいる。
「チームワークがバラバラじゃ、共同作戦も意味がなかばい!」
『第3次α』第23話月進行ルート「決戦!地獄の月荒野!」における総統ワルキメデスとの戦闘前会話星間連合の結束の脆さをズバリと指摘する。

搭乗機体[編集]

バトルタンク
コン・バトラーV