デンジン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
デンジン
外国語表記 Denjin
登場作品 機動戦艦ナデシコ
初登場SRW スーパーロボット大戦A
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 ジンシリーズ
動力 相転移炉
開発 木連
所属 木連
主なパイロット 高杉三郎太
秋山源八郎
テンプレートを表示

デンジンは『機動戦艦ナデシコ』の登場メカ

概要[編集]

木連の有人ロボット。

木連が聖典としているアニメ『熱血ロボ ゲキ・ガンガー3』の主役ロボ「ゲキ・ガンガー3」をモデルにしたジンシリーズの1つ。この機体は陸戦形態のリクガンガーを模したものである。

テツジンマジンの弱点であるゲキガンパンチ発射時の攻撃手段の低下に対策がされており、対フィールド戦仕様で腕がなくてもある程度は格闘戦ができる。

これもダイ級の開発が当然されていたが、完成する前に蜥蜴戦争が終結した。

登場作品と操縦者[編集]

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
三郎太が主に使用する。終盤は少数が量産機として登場。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
原作通り三郎太が搭乗。
スーパーロボット大戦R
三郎太と秋山に加え中盤に夜天光完成前の北辰が搭乗する。北辰自身の技量が高いため三郎太たちと比べるとボソンジャンプ率が高め。
スーパーロボット大戦J
三郎太と秋山が搭乗。NPCのときもこの機体で救援に来る。テツジン・マジンに比べ装甲が高いためかなりしぶとい。
スーパーロボット大戦W
第1部は主に木連兵、第2部は火星の後継者一般兵が使用する。三郎太や秋山は乗らない。
スーパーロボット大戦BX
HPなどの性能は敵版ジンシリーズと同等だが、2機のダイ級とは違ってMAP兵器がない。フィールドクローなどは持っていないが、ロケットパンチにバリア貫通を持つため油断していると痛い目を見る。初登場であるELSルート17話は防衛戦、目的地がワープ移動で侵入される危険性もある。なお、本作の三郎太が一般機(改造が高い)を搭乗することが多く、三郎太用ボス仕様機の出番はたった2回。
熱血クーデターではNPCとしてスポット参戦、隠し要素の条件を満たせば正式参入。リクガンガーを模しているだけありテツジンに比べ耐久力が高いが、より大型で耐久力の高いダイテツジンなども同時に入る。おまけに三郎太には不屈も鉄壁も無いため、実質的な耐久力はジンシリーズ最低。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
火星の後継者が運用する。今回はダイテツジンダイマジンが多数出てくるため若干性能は押さえ気味。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

大型レーザー
頭部から発射する。作品によっては胸部となっている。木連軍人曰く「ゲキガンビーム」。
ロケットパンチ
腕を射出する。木連軍人曰く「ゲキガンパンチ」。
フィールドクロー
ボソンジャンプによる移動後に腕の鉤爪で切り裂く。
重力波砲
胸部から重力波を発射する。木連軍人曰く「ゲキガンシュート」。
MAP兵器版もある。
ディストーションフィールド
周囲の空間を歪ませるバリア
ディストーションタックル
ジンシリーズ版ディストーションアタック。

特殊能力[編集]

ディストーションフィールド / 時空歪曲場
全属性ダメージを軽減、ビーム・グラビティ兵器を一定値まで無効。『BX』では時空歪曲場と改名されているが効果は同じ。
ボソンジャンプ / 跳躍
分身及び移動コスト無視。離れているからと言って油断しないように。こちらも『BX』では跳躍と改名されているが、効果は同じ。大型で回避力が低いため恩恵は大きい。
EN回復 / EN・MP回復L1
相転移炉によってENを回復する。『BX』ではEN・MP回復という表記になっているが、効果は同じ。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

L
M
『BX』

機体ボーナス[編集]

BX
  • 初期段階:装甲値+100 HP+500 地形適応:陸A
  • 第二段階:装甲値+125 HP+750 地形適応:陸A
  • 第三段階:装甲値+150 HP+1000 地形適応:陸S
  • 最終段階:装甲値+200 HP+1500 地形適応:陸S スペック低下無効
恐らくリクガンガーをイメージしていると思われる。耐久に特化した構成。

関連機体[編集]

テツジン
ゲキ・ガンガー3を模した機体。
マジン
ウミガンガーを模した機体。
ダイテツジン
テツジンの強化発展型。
ダイマジン
マジンの強化発展型。
ダイデンジン
本機のダイ級。完成前に戦争が終わったため実戦投入はされなかった。