バトルタンク

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
バトルタンク
外国語表記 Battle Tank
登場作品 超電磁ロボ コン・バトラーV
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 バトルマシン
重量 200 t
動力 原子力エンジン
装甲材質 サーメット
合体形態 コン・バトラーV
開発者 南原猛
所属 南原コネクション
パイロット 西川大作
テンプレートを表示

バトルタンクは『超電磁ロボ コン・バトラーV』の登場メカ。

概要[編集]

バトルマシン3号機。

重戦車タイプの機体で大出力の発電機関を内蔵し、移動する動力源としての側面も持つ。コン・バトラーVの胴体部を形成し、合体後はエネルギー炉としての役割を担う。

見た目通りパワーに秀でたマシンで、分離戦闘時には伸縮式のパワーアームやアンカーナックルを駆使して、打撃や牽引などの力勝負を行なう。飛行能力を備えておらず、戦場への移動はバトルマリンによる空輸を必要とする(ただし、合体時に発生する超電磁エネルギーの牽引力を利用して飛行することは可能)。

登場作品と操縦者[編集]

合体後はコン・バトラーVを参照。

旧シリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦
初登場作品。原作同様、バトルマシン中で唯一飛行できない。分離可能なPS版ではバトルマシン中最長射程の5で、一部のメカザウルスぐらいになら射程外攻撃も可能だが、命中率は乏しく中盤以降のMSにはまず無力。
第4次スーパーロボット大戦
ルートによって初登場のシナリオ「救出!コンバトラーV」で分離状態で出撃するが、すぐに合体させるのが吉。
第4次スーパーロボット大戦S
獣戦機隊との択一がなくなった。
スーパーロボット大戦F
シナリオ「大ピンチ!!コン・バトラーV合体不可能!?」「大将軍ガルーダの悲劇」では分離状態で出撃。前者のシナリオではバトルクラッシャーバトルクラフトと共に敵を一体撃破し、離脱するのが無難。
スーパーロボット大戦F完結編
既に合体状態がデフォルトのため、無理して戦う機会はない。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦αDC
今作では分離ユニットも一定の戦闘力が与えられているため、ザコの削り役としては優秀。射程を活かして機械獣戦闘獣の削り役にオススメ。
スーパーロボット大戦α外伝
第3話にて強制出撃となる。戦車砲の性能がよく、MSを一撃で倒せる攻撃力はあるので戦闘に参加させても良いが、森に配置したいところ。以降も分離しての援護が便利で回避、耐久の低さも援護だけするなら気にならないが、命中は補う必要がある。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

380ミリ戦車砲
機体上部に展開する大型長距離砲。
アンカーナックル
機体前面に備えたショベルアーム。
機関砲
コクピット両脇のオレンジ半円部に内蔵。SRWでは実装していないが、パチンコ版では回転するガルムス突撃形態の上部で乱射していた。

特殊能力[編集]

合体
バトルジェットバトルクラッシャーバトルマリンバトルクラフトと共にコン・バトラーVに合体。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

S

機体BGM[編集]

「コン・バトラーVのテーマ」

関連機体[編集]

バトルジェットバトルクラッシャーバトルマリンバトルクラフト
合体してコン・バトラーVとなる。