バトルクラフト

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
バトルクラフト
外国語表記 Battle Craft
登場作品 超電磁ロボ コン・バトラーV
初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 バトルマシン
動力 原子力エンジン
装甲材質 サーメット
合体形態 コン・バトラーV
開発者 南原猛
所属 南原コネクション
パイロット 北小介
テンプレートを表示

バトルクラフトは『超電磁ロボ コン・バトラーV』の登場メカ。

概要[編集]

バトルマシン5号機。

5機の中で唯一、地中での活動も可能な万能偵察機。コン・バトラーVの両足首を司る関係上、合体時に機体がニ分割されるという他機には無い特殊な変形パターンを行い、パイロットの北小介は右足のコクピットに搭乗する。

ミサイルなどの武装を備え、緊急時には地底走行用のドリルを用いた体当たり戦術を行う事も可能だが、本機の真骨頂は索敵・分析といった情報解析能力にあり、コンパクトな機体の中に数々の優秀な機器を装備。物語中盤では逃亡を図るグレイドンが発する熱エネルギーを追跡し、オレアナ城の所在地を突き止めるという殊勲も挙げている。

なお、合体時における戦闘では左足首にあたる機体を何度か破壊されている。

登場作品と操縦者[編集]

合体後はコン・バトラーVを参照。

旧シリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦
初登場作品。PS版では分離可能だがミデアの機銃でも致命傷を受けるほどなので「ひらめき」無しの戦闘は無謀。
第4次スーパーロボット大戦
初登場のシナリオで分離状態で出撃するが、すぐに合体させるのが吉。
第4次スーパーロボット大戦S
獣戦機隊との択一がなくなった。
スーパーロボット大戦F
シナリオ「大ピンチ!!コン・バトラーV合体不可能!?」「大将軍ガルーダの悲劇」では分離状態で出撃。前者のシナリオではバトルクラッシャーバトルタンクと共に敵を一体撃破し、離脱するのが無難。
あるいは本機を安全な地中に潜らせて味方本隊の到着を待つのも手。
スーパーロボット大戦F完結編
既に合体しているため、無理して戦う機会はない。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦αDC
今作では分離ユニットも一定の戦闘力が与えられているためザコの削り役となれるが、火力は低く移動後攻撃手段がドリルしかないので、無理に使う必要はないだろう。
スーパーロボット大戦α外伝
第3話で他のバトルマシンとともに強制出撃となるが、一撃でMSを倒せる武装を持っていないために絶対に戦闘をさせるべきではない。以後もう一度強制出撃する可能性があるものの、その際も同様である。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

クラフトドリル
機首先端から地中潜行用のドリルを出現させて突撃する。
クラフトミサイル
機体上部から発射するミサイル。SRWでの採用は『F』から。

特殊能力[編集]

合体
バトルジェットバトルクラッシャーバトルタンクバトルマリンと共にコン・バトラーVに合体。

移動タイプ[編集]

地中
飛行可能。

サイズ[編集]

S

機体BGM[編集]

「コン・バトラーVのテーマ」

関連機体[編集]

バトルジェットバトルクラッシャーバトルタンクバトルマリン
合体してコン・バトラーVとなる。