ボス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ボス
外国語表記 Boss
本名 不明
登場作品

マジンガーシリーズ

声優 大竹宏(TV版)
立木文彦(マジンカイザー)
松田健一郎(真マジンガー)
種族 地球人(日本人)
性別
年齢 17歳
所属 光子力研究所科学要塞研究所
デザイン 永井豪(原案)
羽根章悦(TV版前半)
森下圭介(TV版中盤~グレートマジンガー)
テンプレートを表示

概要[編集]

兜甲児と同じ東城学園に通うケンカ仲間の親友。

原作第48話にて光子力研究所の三博士を脅迫して作らせたボスボロットに子分のヌケムチャとともに乗って活躍(?)することになる。今でこそ、腕っぷしにものを言わせて二人を子分にして従えているが、子供の頃はでかい図体に反して泣き虫であり、同じ保育園に通っていた二人によくいじめられて泣かされていたことが、『グレートマジンガー』の第9話の回想にて明らかになっている。

グレートマジンガー』においてもレギュラーであり、『UFOロボ グレンダイザー』にもヌケ、ムチャと共にゲスト登場した。

本名は不明(本人も知らない。漫画版では「作者の永井豪も知らない」との記述も)で、スパロボでもネタにされる事が多い。永井豪による漫画作品においては、『マジンサーガ』では「ボスマン・ベンソン」、『Zマジンガー』では「棒田進」となっているが、どちらも別作品の設定であり、TV版マジンガーシリーズにおけるボスの本名という訳ではない。

その見かけとは裏腹にアニメではボロット共々意外にも活躍しており、「こいつがいなければヤバかった」というシーンも少なくない。また、映画「決戦!大海獣」でのスクリューやグレンダイザーに登場したボロットスペイザー等、開発にも長けた面がある。

OVA『マジンカイザー』においても生身で活躍したり、ビューナスAが乗っ取られた回ではボロットのハンドルを握り締め大奮闘したりしている。結果的にボスボロットは頭部以外破壊されてしまったが甲児達の救出に成功している。

登場作品と役柄[編集]

シナリオ面ではほぼ全シリーズにおいてコメディリリーフとして活躍しており、『』のみ「スーパーボスボロット」に搭乗した事もある。

能力は数値・地形適応だけ見ると低いが、精神コマンド特殊能力等で優遇される傾向が強い。脱力要員の筆頭。

近年は子分のヌケ・ムチャがサブパイロットとして付くことも多く、その場合高レベルまで育てると有用な精神を覚え利用価値がグッと高まることが多い。

意外にも味方部隊のキャラからは立派な部隊の一員且つ大事な仲間として見られており、特に『MX』のあるイベントで彼が一時消息不明になってしまった際にはそれが垣間見える。

OVA『マジンカイザー』名義の場合、TV版以上の活躍を考慮されてか、TV版よりも遥かに強い。一時期の4コマアンソロジーではボスボロットと共に「強くなってしまった」ネタもよく見られた。

旧作版設定[編集]

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦
初登場ステージにて「デューク・フリードを捕らえたマ・クベの隙をついて攻撃をしかけ、デュークとグレンダイザーを解放する」という活躍を見せる。しかし、途中で離脱する。
一方、プレイステーション版では最後まで参加する。PS版では乗り換え可能なので、グレートマジンガー入手後余ったマジンガーZに乗せるという手も。
ただし、宇宙では適応が低いため、宇宙Aのグレートで命中率の高い武器を使うかダイアナンAで修理役に特化させた方が良い。初めてラストバタリオンと戦うシナリオでは敵全滅を狙った場合、プレイヤーによっては囮として使われ敵に囲まれてボコボコされる(その様はさながらOVA第1話で機械獣に破壊された時のよう……)。
第2次スーパーロボット大戦G
FC版と異なり、最後まで参加する。しかし、何故かボスボロットに固定で乗り換え不可(他のマジンガー系は自由に乗り換え可能)。
ただし、ボスボロットが宇宙で出撃不可なので、途中から全く出撃出来なくなる。ルートによっては『第2次』同様の活躍で登場し、他のルートではデュークと共に援軍として現れる。
第3次スーパーロボット大戦
中盤のシナリオ「紅の翼」で仲間になるが、ボスボロットが宇宙に上がれない為、シナリオ「宇宙へ」で離脱する。このため、自軍で使えるのは4シナリオとなる。
スーパーロボット大戦EX
マサキの章で加入する。リューネの章でマサキチームと合流した際にもちゃっかり仲間になり、初めて最後まで仲間に居る。
第4次スーパーロボット大戦S
スーパーロボット大戦シリーズでは、初めて最初から登場する作品。レベル上げが困難だが、「激怒」が「挑発」に近い使い方ができるので戦術的に役に立つ事もある。
前半の一矢を探すかorガイゾックを追うかの分岐では、マジンガーチームで唯一後者のチームに加わる為、行く場合はボスをマジンガーに乗せておく手もある。
スーパーロボット大戦F
スーパーロボット大戦シリーズ史上初めてのDVEを喋る事になる。「挑発」「脱力」と、レアで役に立つ精神コマンドを覚える。何気に貴重な脱力要員。
HPを鍛えたボスボロットでの「自爆」は、ボス戦においても充分な威力を発揮。ただし、戦力としては厳しいので、修理補給ばかりさせているとレベルだけはプレイヤー部隊内でトップクラスになりやすい。
スーパーロボット大戦F完結編
『F』とほぼ同じ。修理や補給でレベルだけはやけに高くなりがちだが、2回行動がとんでもなく遅いので意図してレベル上げしない限り最終面でも2回行動可能にならない。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦αfor Dreamcast
スーパー系第2話では『F』同様にDVEで登場し、自身がそれに突っ込んでいる。スーパー系第18話ではボスボロット自爆させて甲児を助けるが、ちゃっかり脱出していた。
通常でもマジンガー、ビューナスには脱出機能があるためそちらでの自爆も使いやすい。最後に奇跡を習得するため、攻撃力に関しては甲児や鉄也を上回る。もっとも、習得レベルが高すぎるため普通に進めているとまず使えないが。
スーパーロボット大戦α外伝
現代編ではボスボロットビッグファルコンまでグレートマジンガーを運んでくる役割で初登場。未来編においては現代組の中だと鉄也、ジュンとともに最初から味方になっており、今作からαシリーズでは鉄也ジュンと当初は行動を共にする事が多い。ただ、マジンガー系のイベントでは甲児や鉄也との対立が目立つ中で彼はあまり関わらないので影が薄い。
戦闘面では『α』と同じく脱出機能付きの自爆が可能。この作品以降脱力の相対的な効果が下がり、奇跡こそ失ったものの、今回は中盤で必中の効果もある奇襲を覚えるため扱いやすくなった。中盤以降は命中の問題が改善し、格闘の数値も援護のレベルも高いため、今回はスペシャルDXボロットパンチが非常に強力なボロットや各種マジンガーに乗せることでアタッカー、援護役として活躍が見込める。ただグレートは援護武器の自動選択の際にボスが苦手な射撃武器を選びがちなので若干相性が悪い。
第2次スーパーロボット大戦α
今作からヌケムチャが自身の専属サブパイロットとして登場。高レベルになると大化けする彼らの精神コマンドのために育成するのも有効。戦闘台詞も掛け合い台詞を中心に大幅に新規収録されている。甲児を合体攻撃要員としてマジンガーZに乗せるならば彼にマジンカイザーが回って来るチャンスも。勿論、逆にマジンガーZに乗る可能性も有りえる。また彼の拠点であるボスの小屋がマップ上に登場、専用イベントも用意されている。
第3次スーパーロボット大戦α
マジンカイザーにスクランダーが付いたので、マジンカイザーに乗るチャンスはないが、マジンガーZには乗れる可能性も。増長したトウマを一喝するという珍しい場面がある。

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
光子力研究所百鬼帝国に乗っ取られた際に負傷しながらもヌケムチャと共に何とか脱出し、甲児にそれを伝えに来た。この時、甲児に光子力研究所を見捨てる形になった事を謝るが、甲児もボスの苦悩を理解して労うという両者の友情が伺える場面がある。その後の奪還作戦では甲児をフォローするために、負傷を押してボロットで研究所に体当たりしてさやか達を救う隙を作った。
スーパーロボット大戦Z スペシャルディスク
サンドマン杯ではヌケ、ムチャと共に参加するが、ペアを組んだオペレーターメイド達には遠まわしに残念がられていた。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
格闘だけならば甲児、鉄也に匹敵する。
スーパーロボット大戦COMPACT for WSC
格闘精神ポイントは高い。自爆ド根性を必ず覚えるが、必中熱血脱力の習得が非常にランダムで戦闘用としてもサポート用としても扱いにくい。奇跡を覚えるパターンだった場合はグレートマジンガーに乗せボスキラーとなる事も可能。
スーパーロボット大戦COMPACT2第1部
自爆・ド根性・熱血をLv1で覚えている。宇宙組の重要な補給ユニット要員としてお呼びがかかりシーン1ラストで離脱する。
スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
補給要員として合流する。必中を覚えるパターンならばマジンガーに乗せて戦闘要員として数えられる。また奇跡をなんとLv20で覚えるパターンが存在し、その場合はボスキラーとなる。
スーパーロボット大戦IMPACT
今回はサポート用精神コマンドは習得せず、スーパー系の戦闘用精神コマンドを取り揃える。格闘はかなり高いので戦闘用として運用できる。援護レベルの高さと甲児より格段に早く気合を覚えるのがポイントで、マジンガーZの必殺武器を最大限活かせる。
ダイゴウジ・ガイという対抗馬が居る為か、従来のシリーズに比べコメディリリーフとしての存在感は希薄。どちらかと言えば、出撃前に緊張感の無い遣り取りを繰り広げる他作品のキャラへ、迅速に行動するように促すなど冷静なツッコミ役としての描写が多い。
スーパーロボット大戦COMPACT3
豪腕ガッツ逆襲をデフォルトで持つのでパイロット養成すれば甲児や鉄也より強くなる可能性がある。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦APORTABLE
コウリョーコと共にケリィの厄介になるイベントが発生。その後のケリィ戦では彼にとっては数少ない作品の枠を越えた戦闘前会話が発生する。
デフォルト機のボスボロットにはテコ入れがあるものの、肝心の本人の基礎能力(特に地形適応)がどうしようもないほど酷いので、修理/補給稼ぎでLv99にできたとしても戦力には数えないほうが良い。 豊富なSPで「応援」をガンガン使って味方をサポートするのが無難。
スーパーロボット大戦R
ボロットプレッシャーパンチ追加後に中のドラゴノザウルスに突っ込むが、気密性の無さから溺れかけた。
スーパーロボット大戦D
オリファー・イノエマーベット・フィンガーハットの結婚式でブーケを受け取ってしまい、女性陣から顰蹙をかった。
スーパーロボット大戦K
ボロットの性能が低スペックに戻ったので、『J』や『W』の感覚では使えないが、ボロット自体は気力低下武器があるので便利。ゲーム開始後、初戦闘を行うがいきなり一蹴されてしまう。
また、フリーダムを失ったキラに「キラが乗ったら強くなるかもしれないから」とボロットを貸そうとするが他のメンバーに却下され、作品間の壁を超える事は出来なかった。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
本作より音声がついた(本作のみ声のエコーなし)。サイド6にてムチャを追いかける形で合流。本作ではマップ兵器装備のスーパーボスボロットがデフォルトの搭乗機……だが、必中幸運持ちのさやかか、奇跡を習得するムチャに奪い取られる可能性大。珍しく集中必中(レベル次第)を覚えるので攻撃はそこそこ当てられる。宇宙適応が低いのはいつもの事だが、今回は地上の適応まで低めになっている。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。またおまけマップでは、スーパーボロットで出撃可能。
スーパーロボット大戦64
リアル系では甲児、さやかと共にカラバにいるが、スーパー系では少し遅れて参戦。『F』と同じ仕様なのでほぼ同じ運用方法になるだろう。中盤、自爆に興味を示す場面もある。
スーパーロボット大戦MX
アスカによりDチームに続いてヌケムチャとともに3バカ扱いされる事になり、また「決戦!大海獣」のシナリオでは女性陣をボロットのクルージングに誘ったが、全員に断られている。また、量産型グレートと区別する為にグレートマジンガーの股間に元祖と白ペンキで塗るなど、ギャグが大半だが今作は比較的印象に残る出番が多い。
最大の見せ場は何といっても、ギルギルガンをボスボロットでおびき寄せるシーン。量産型グレートマジンガーや、ブラック・グレートの入手にも関わる。ちなみに本作のボロットは改造すれば、ギルギルガンや量産型グレートマジンガーも真っ青なほど強い。
パイロットとして見た場合、気迫不屈を覚えるので、ダブルスペイザーに乗せるとデュークの足りない部分を補える。強制出撃で割と出番があるので、育てておいて損はない。
スーパーロボット大戦NEO
第2話において甲児より先にヌケ、ムチャとともに姿を見せる(参入は第4話)。このときはツーリング中で、工事をしていたトラックの排気ガスを迷惑がってしまったことで邪悪獣エキゾースト誕生の原因を作ってしまう。また、第4話でオセッカイザーの登場に危機感を抱く。今作では脱力を覚えないので少し影が薄く感じる。

マジンカイザー版設定[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
ヌケ・ムチャの精神コマンドが「レベル80で一気に覚える」ではなく、他キャラと同じように段々と覚えていくのが強い。全シリーズ中最強の性能を誇るボスボロットの力を最大限に引き出す事ができ、サポートだけではなく戦闘要員としても主力として最終局面まで充分一軍を張れる
スーパーロボット大戦W
ボロットが『J』と同等の能力なので一軍を張れる。むしろ、Jではムチャしか覚えなかった熱血を今回はボスも覚えるので使い勝手はさらに上がっている。
スーパーロボット大戦L
さやかやジュンを差し置いてイクサー1にデレデレしている描写があり、戦闘時はしっかり特殊援護台詞が発生する。ボロットの性能は下がってしまったが、気力低下に関しては右に出るものはいないので、適応等を補強すれば終盤戦でも一線を張れる。今回はムチャとヌケがボロットから付いてこなくなったので、実質ボロット固定パイロットである。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GCXO
今回はムチャヌケがボロットから付いてこないのがネック。
スパロボ学園
OVA版の設定でボスボロットのパイロットデータとしての参戦。例に漏れず自爆の精神コマンドを持っているが、今作では自爆の有用性が非常に高く上手に使えば戦闘を有利に進めることが出来る。但し、ボス、ヌケムチャの誰もが不屈ひらめきの回避コマンドを持っていないため、自爆の待ち時間の間に攻撃を受けてやられてしまう事もしばしばである。

真マジンガー版[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
まさかのCV:なし。ボスは登場しているのにボスボロットが使えないスパロボは史上初ではないだろうか。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
ようやく、真マジンガー設定で愛機のボスボロットと共に声付きで参戦し、中断メッセージにも登場。恐らく史上初となるまともなパイロット地形適応である。
だが、肝心のボスボロットがいつも通りの悪地形適応であるため、結局いつも通りの強さである。正式参戦はマジンガーZにゴッドスクランダーが付く頃なので結構遅め。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
今回は序盤早々陣代高校に編入してくる。そのためくろがね屋から離れているので、がボスボロットの武装に加わるのはかなり後になる。
編入の際の自己紹介で本名が語られるのだが、ヌケやムチャ共々プレイヤーが知ることはない
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
プロローグにも登場し、第1話から正式に使用可能。『時獄篇』同様、くろがね五人衆の参入が遅いのがネック。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦BX
音声が新規収録され、あしゅらトドメを刺す際にはDVEがある。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦V
甲児やさやかと共に第26話から加入。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

最低ラインに近く、技量の低さからクリティカルを喰らいやすく出しにくいのが問題。さらに命中回避射撃も最低クラスで、精神コマンドによるフォローは必須と言える。地形適応も地上以外は悪い場合が多い。反対に防御値は高く、格闘値も甲児や鉄也と比べても見劣りしない。

最近ではサブパイロットとしてヌケムチャを持ち、問題の命中や技量などもパイロットの育成などで底上げ可能。作品によってはマジンガーZが余る、ボロットの性能底上げ等のお陰で脇で出すには充分の実力者になっている。さらに、場合によっては合体攻撃の為に余ってしまうマジンカイザーまでもらえる事がある。

精神コマンド[編集]

SPが豊富な上、友情脱力などの有効な精神コマンドを覚えることが多く、サポート役としても役立つ。自爆がある作品なら、ボスボロットの修理費の安さを活用して使うのも良い。また奇跡といった強力なものを習得する作品もあり、精神コマンド面では優遇されている傾向にある。

第2次
根性我慢気合怒り激怒
第2次(PS版)、第3次(PS版)
根性ド根性気合自爆集中熱血
第2次G
根性ド根性気合激怒熱血
第3次
根性ド根性気合激怒集中熱血
EX
ド根性気合熱血激怒必中友情
EX(PS版)
ド根性気合自爆熱血脱力友情
第4次S
自爆ド根性気合脱力激怒熱血
FF完結編64
ド根性自爆脱力友情熱血挑発
αα for DC
ド根性自爆熱血脱力気合奇跡
α外伝
ド根性自爆幸運奇襲気合脱力
第2次α第3次αMXMX PORTABLE
ド根性友情不屈鉄壁熱血気迫
Z
友情ド根性気合脱力熱血
第2次Z再世篇
根性(→勇気)、加速不屈鉄壁気合熱血
第3次Z
ド根性不屈鉄壁気合(→気合+)、闘志
IMPACT
自爆ド根性気合熱血必中ひらめき
COMPACT3
自爆ド根性必中気合脱力熱血
AA PORTABLE
ド根性自爆応援熱血気合必中
RD
ド根性自爆応援脱力気合必中
J
ド根性闘志不屈脱力気合友情
W
ド根性友情不屈鉄壁熱血気迫
K
ド根性不屈鉄壁友情熱血気迫
BX
根性加速不屈気合熱血
根性自爆ド根性集中熱血必中
リンクバトラー
脱力友情熱血ド根性自爆挑発
GCXO
ド根性自爆不屈脱力気合
NEO
熱血不屈根性気合
V
ド根性加速不屈鉄壁気合(→気迫)、熱血

特殊技能(特殊スキル)[編集]

甲児や鉄也同様に底力を習得し、さやかやジュンのように援護レベルが高いなど、2人の中間に位置する。ボロットに援護向きの武装が無い場合は乗り換えするのも手。

第4次S)、FF完結編αα for DC
底力
α外伝
底力援護L3
IMPACT第2次α第3次α
底力L9、援護攻撃L3、援護防御L3
COMPACT3
豪腕得意ガッツ逆襲
AA PORTABLE
底力L5
R
底力L6、援護攻撃L3、援護防御L3
J
底力L5、援護攻撃L3、援護防御L3、コンボL3
W
底力L5、援護攻撃L3、援護防御L3、支援要請L2、マルチコンボL3
K
底力L5、援護攻撃L2、援護防御L2、アタックコンボL2
64
底力L5
MXMX PORTABLE
底力L9、援護攻撃L3、援護防御L4
GCXO
底力L5、援護L3

小隊長能力(隊長効果)[編集]

獲得経験値+20%、獲得資金+20%
第2次α』、『第3次α』での小隊長能力。
獲得資金+30%
Z』での隊長効果。獲得経験値が増えなくなった代わりに獲得資金が増加した。

固有エースボーナス[編集]

移動後に「補給」が実行可能、命中率+25%。
A PORTABLE』でのエースボーナス。
被ダメージ-20%
NEO』でのエースボーナス。
精神コマンド「根性」が「勇気」に変更。
第2次Z再世篇』でのエースボーナス。おいしいエースボーナスである反面「ボスにとっての唯一の回復系の精神コマンドが消滅してしまう」という一種の罠である。
更にボスは「直撃、必中以外の精神コマンドを全て覚える」上にムチャが「残りの直撃、必中を覚える」ため二重の意味で使い勝手が悪い。結局のところ「消費SPを抑えるだけの価値しか無い」と言っても過言では無い。
精神コマンド「気合」が「気合+」に変更。
第3次Z』でのエースボーナス。
精神コマンド「気合」が精神コマンド「気迫」に変化する。
V』でのエースボーナス。

パイロットBGM[編集]

「マジンガーZ」
『マジンガーZ』オープニング主題歌。『α』辺りまでのBGM
「空飛ぶマジンガーZ」
IMPACT』にて採用。
「Zのテーマ」
『マジンガーZ』エンディング主題歌。『MXMX PORTABLE)』にて採用。
「ぼくらのマジンガーZ」
「おれはグレートマジンガー」
『グレートマジンガー』名義での出典の場合のデフォルトBGM。こちらがデフォルトBGMとなっている事も多い。

人間関係[編集]

マジンガーZ[編集]

兜甲児
ケンカ仲間であり友人。『グレートマジンガー』以降も友情は続き、『UFOロボ グレンダイザー』で再会した時には涙を流し抱き合った。
弓さやか
好意を寄せている。が、よく無下にされる。
ヌケムチャ
子分。今でこそ腕力で屈服させたり恫喝したりして従えているが、幼年期のボスは大きな図体に反して泣き虫であった模様。
実際、『グレートマジンガー』第9話の回想では、同じ保育園に通っていた頃、ヌケとムチャによくいじめられて泣かされていた事が明らかになっている。
兜シロー
甲児がアメリカに留学した後、兄貴分として面倒を見ていた。
ガミアQ
永井豪の漫画版では甲児暗殺に巻き込まれ、衣類を切り刻まれて全裸を晒してしまう。

グレートマジンガー[編集]

剣鉄也
仲間。作中ではコケにされる事もあって鉄也には強い対抗心を持っており、その為に甲児が帰ってきた時は居場所が無くなった事を喜んでいたが、基本的にはよき戦友であり、最終話でも彼を助けている。
炎ジュン
好意を寄せている。さやかと同じく無下にされる事もあるが、第19話では戦いを放棄した彼女を説得している。
兜剣造
絡む場面は少ないが、彼からも信頼されている。
バカラス
SRW未登場。グレートマジンガーに登場した人間の言葉を話せる眼鏡をかけたカラス。基本的にボス達とは喧嘩仲間の関係。

UFOロボ グレンダイザー[編集]

デューク・フリード
『UFOロボ グレンダイザー』で2度ゲスト出演した際に知り合う。『決戦!大海獣』は、都合3度目の共演。劇場版は定かではないが、TV版では「大介=デューク」までは把握していないと思われる。
牧葉ひかる
さやか、ジュンに続いて彼女にも一目ぼれした。
荒野番太
SRW未登場。『UFOロボ グレンダイザー』におけるボスの立ち位置にあたるキャラで、周囲にも彼とそっくりと言われる。初対面時にはいがみ合うが、その後は甲児とともにボスボロットに乗り込んだりと親しく(?)なっていた。

他作品との人間関係[編集]

ダイナミック系[編集]

流竜馬神隼人巴武蔵車弁慶
劇場版にて共演。SRWにおいても知り合いである事が多い。
グレース・マリア・フリード早乙女ミチル
MX』でギルギルガンの囮役に抜擢された事を渋っていた際、彼女達の説得にデレて引き受けてしまう。ちなみに、原作でボスを説き伏せたジュンは、このメンツに加わっていない。

スーパー系[編集]

楯剣人
D』では友人同士。
惣流・アスカ・ラングレー
『MX』では彼女にヌケムチャとまとめて3バカ扱いされる。
葛城ミサト紫東遙
『MX』でボスをギルギルガンの囮役に抜擢。さやかマリアミチルらと共に渋る彼を説き伏せた。
テセラチュイルマリニア
ZSPD』ではヌケムチャと共に、彼女とサンドマン杯にて共闘。
葵杏奈
K』では同級生。しかし結婚式には招待してもらえなかった。
オセッカイザー
NEO』では彼の登場シーンで自分より派手だと言いライバル視していた。
明神タケル木曽アキラ
『D』にてマーベットの投げたブーケを受け取ってしまった時に、彼らから「当分女性陣から相手にされないな」やら「自業自得だね」とやら言われてしまう。
イクサー1
L』では彼女に一目惚れする。
イクサー2
『L』ではイクサー1とは対照的に彼女の事を「怖い女」と恐れている。
森次玲二
『L』にて(自業自得とはいえ)剣児と共に彼の熱湯風呂で地獄を見るハメに。

ガンダムシリーズ[編集]

ブライト・ノアエマリー・オンス
64』では彼らの不倫(?)劇を甲児やデビッドと共に遠い目で見ていた。
カミーユ・ビダン
α』では、甲児と共に初めて彼に会った際に、女みたいな自分の名前にコンプレックスを持つ彼に甲児が、自分の本名がない事について引き合いに出されてしまう。
アストナージ・メドッソ
SRWでは彼がボスボロットの改造を担う事が多いのだが、『64』ではボロットの宇宙戦仕様に苦労し、『A』ではボスボロットの武装強化をボロットのスペック的に無理だと断ってボスを怒らせてしまう。
ケリィ・レズナーコウ・ウラキ
『A』では彼らとリョーコと共にヴァル・ヴァロの修復をした。その後はケリィとの戦闘前に3人とも戦闘前会話があり印象深い。
ベルトーチカ・イルマチェーン・アギルクレツィア・ノイン
D』にてオリファーマーベットの結婚式にてブーケを受け取ってしまったが為に、彼女達からおもいっきり睨まれてしまう。
ドモン・カッシュライゾウ・カッシュ
IMPACT』では彼ら父子の再会に、甲児共々もらい泣き(むしろ号泣?)していた。
アレンビー・ビアズリー
R』では、彼女にボスボロットとノーベルガンダムが合体できるようにしないかと提案を持ちかけたが、即答で拒否された。
キラ・ヤマト
K』にてフリーダムガンダムが破壊された際、ボスなりの親切心でボロットに乗せてあげようとするが、流石に断られた。
ビーチャ・オーレグシン・アスカ
VDLC「男達のジェラシー」では、それぞれ彼女がいるにも関わらず他のになれなれしくしている二人の嫉妬心を見抜き、その男達を見返すべく「同志」になる。

リアル系[編集]

テンカワ・アキト
W』ではラーメンを食い逃げした。
ミスマル・ユリカ
IMPACT』では彼女のVサイン付きの自己紹介を目の当たりにした時、さしものボスも「ボロットの口から飛び出しそうになった」ほど面喰らったとの事。
ホシノ・ルリ
J』では彼女にボロットについて「なんでこれが動くのかわからない」だの「戦力に数えないでおくと万が一役に立った時嬉しいと思う」だのかなり酷い事を言われた。ボロットはシリーズ最強とまで言われてるのに…
ハルカ・ミナト
『W』の第2部では彼女の教え子になる。
ダイゴウジ・ガイ
『IMPACT』では自分もマジンガーチームの一員であるかのような台詞を言った彼に突っ込む。
スバル・リョーコ
A』では、彼女やコウケリィの4人で、ヴァル・ヴァロの修復をした。
アマノ・ヒカル
『W』にて漫画の手伝いをさせられてしまう。
アクア・クリムゾン
『W』では序盤に金欠にあえいでいたところを彼女に騙され、ナデシコを攻撃するバイトをさせられてしまう。
デビッド・ラザフォード
64』では仲が良い。甲児とも一緒にブライトエマリーの不倫(?)関係を遠い目で見ている場面も。
リン・ミンメイ
α』の時に彼女からサイン入りのディスクを貰ったことがあり、『第3次α』の第46話で入手可能である。
相良宗介千鳥かなめ
『W』『第3次Z』にて同級生に。
クルツ・ウェーバー
第3次Z時獄篇』では共に温泉を覗きに行こうとする。
『V』DLC「男達のジェラシー」では女の子達からモテるべく共に目立とうとする。
レッド・ウィンドウ
BX』では一番星コンテストの間、共に裏方で働く。

バンプレストオリジナル[編集]

クスハ・ミズハ
αシリーズでは一応同級生にあたり、彼女の栄養ドリンクの犠牲となる。
ブルックリン・ラックフィールド
クスハと同じく同級生にあたり、腕相撲でいい勝負をする。
ジョシュア・ラドクリフ
オリファーマーベットの結婚式にてブーケを受け取ってしまった際に彼に注意を促されるが、時既に遅く…。
トウマ・カノウ
第3次α』にて力の方向性を見失っていた彼を一喝する。
ヒビキ・カミシロ
『第3次Z』での同級生。『時獄篇』第4話や『天獄篇』第1話等、彼のサポートを務める事が何かと多い。

名台詞[編集]

TV版[編集]

「ジャンジャジャ~ン!」
御存知、ボスを代表する名台詞。何と、記念すべきスーパーロボット大戦シリーズ初のDVE(『F』)に採用された台詞である。『α』でも発している。
なお、ボス役の声優・大竹宏氏曰く「『何か景気づけに欲しい』という事で始めたアドリブで、それを脚本家が取り入れてくれるようになった」との事。
「わかってますよ! その間に身体の不自由な子供が、一人でも多く避難できれば、真っ二つにされても満足です。それから、もし俺が死んだら兜に伝えて下さい。『世界中で兜が一番好きだった』とね!」
マジンガーZ』第52話。国際障害児センターへ突き進むバズソンM1。敗れた甲児は出撃できない状況に、死を覚悟で出撃する。
「俺、どうしていつもこういういいところに登場しちゃうンだろうな? これじゃ、マジンガーZアフロダイAも形無しじゃないの。一体どうしてくれンのよ、え?」
『マジンガーZ』第61話冒頭で、シローローレライを襲撃した鉄仮面ボロットで摘み上げ悦に入る。
「兜ぉ! 助けに来たわよお~ッ!!」
劇場版『マジンガーZ対暗黒大将軍』で、ダンテの猛攻の前に劣勢のマジンガーZを救うべく、ボロットの両足にミサイルを装着して駆け付けた際の台詞。
直後、アクシデント気味ながらもダンテを撃破する事に成功するボスであった。
さやかより美人! さやかよりボイン! さやかよりチャーミング、俺一目ぼれ…」
グレートマジンガー』第1話でジュンと初めて会った時の台詞。
「シロー! 男らしく行ってこいよ!」
『グレートマジンガー』第26話で剣造が実の父と知りつつも、これまでの寂しさから剣造を父親として認められず、剣造がミケーネの攻撃で負傷しながらも駆けつけるのを拒んだシローへの叱咤。
鉄也と同じく、ボスもシローにとって良き兄貴分である事が窺える台詞。
「おい、ヌケ、ムチャ。甲児が帰って来たんで鉄也もいる場所が無くなったようだわね」
甲児の帰国および兜親子の再会を祝したパーティーで、兜親子の再会に複雑な感情を抱き、会場を去っていく鉄也を見ての台詞。
その後は鉄也を助ける場面があるので本気で嫌っている訳ではないが、この時点での鉄也の複雑な立場を如実に表している。
「我こそ、東にマジンガーZが負傷すれば、すぐに飛んで行って助け、西に戦うグレートマジンガーあれば、これまた駆けつける正義の味方なり」
UFOロボ グレンダイザー』で似たようなキャラである荒野番太と初対面早々、睨み合いになった時の台詞。
「死んでも離すもんか、スッポンのように喰らいついてやるぜ!」
劇場版『決戦!大海獣』でドラゴノザウルスの体内からグレートマジンガーの助けによってボスボロットをグレートマジンガーの足に引っ掛けさせて脱出する時の台詞。
「ひーどいよー どーして、いつもこうなのよー もう嫌い!」
劇場版『決戦!大海獣』でグレートマジンガーによりドラゴノザウルスの体内から助け出されながらも乗っていたボスボロットの頭とともに途中で落とされた為にドラゴノザウルスに跳ね飛ばされ、さらにダイアナンAビューナスAに蹴られてボスボロットの頭が東京タワーの天辺に突き刺さった際の台詞。

OVA版[編集]

「全国5千万人のボロットファンの皆様、お待たせしましたぁ!」
マジンカイザー』第5話より。鉄仮面らに包囲され、もはやこれまでかと思われる中、この台詞と共に登場。ヒップアタックを失敗するものの、ローリングアタックで鉄仮面を一掃する。
任天堂携帯機シリーズにおけるマジンカイザー版ボスの戦闘台詞。同シリーズのマジンカイザー版ボロットはやたらと強いので、なおさらこの台詞は印象に残る。

漫画版[編集]

「きゃーっ、兜ーっ、ハレンチ学園になってもーた。これはマジンガーZやったやろ」
永井豪氏の漫画版マジンガーZ』にて、ガミアQに衣類を切り刻まれて全裸になった際の台詞。
この後、甲児は「ハレンチ学園にそんな汚いヌードが出るか」と返し、「ボスよりきれいなヌード」を呼び寄せる。
後の『真マジンガー』では暗黒寺がこれを元にした台詞を発する事に。
「へへへ、ごめんよ………… で、でも、おらー、もう心のこりはねえぜ、へへへ…」
桜多吾作氏の漫画版『マジンガーZ』より。ゴーゴン大公の猛攻によって陥落寸前の光子力研究所を守るために出陣する直前に、先の戦いで全身打撲で意識不明のさやか口づけをした際の台詞。この直後、ボスはボスボロットに乗り、研究所に襲い来る妖機械獣に挑む。
「ひひひひ、いっぱいあるから分かりやすくと思って……」
桜多吾作の漫画版『グレートマジンガー』より。自動操縦をオーバーヒートさせた量産型グレートマジンガー科学要塞研究所で用いる際に、本家グレートマジンガーを区別する為に、股間にペンキで「元祖」と書いた際の台詞。鉄也は頭を抱えて「ばか」と返した。
「スパロボじこみのぉ、DXボロットォパァァンチィィィ!!」
津島直人氏の漫画版『マジンカイザー』にて、この台詞と共に機械獣を粉砕。その勢いで「まだまだぁぁ」と続き、更に数体機械獣を撃破した。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

戦闘台詞[編集]

「スペシャルデラックスゴールデンデリシャスハイパワーマグナムボロットパーンチッ!!」
スペシャルDXボロットパンチ使用時の台詞。……長い。ちなみにボス以外は途中を省略してしまったり、舌を噛んだり、「なんとかボロットパンチ」とか言ってしまったりする。
「ターボスマッシャーパーンチラ!」
マジンカイザーのターボスマッシャーパンチ使用時の台詞。
「光子力エネルギー、古ジャージ! あら、フルチャージだったかしらねぇん!」
マジンカイザーのカイザーノヴァ使用時の台詞。

αシリーズ[編集]

「ジャンジャンジャーン!!」
「…って、前も最初にこんなことを言ったような気がするだわさ」
α』第2話(スーパー系ルート)「マジンガーZ絶体絶命」にて、ボスボロット登場時。「前も最初に~」というのは、『F』1話(スーパー系ルート)において、記念すべき初のDVEをボスが言った件だろう。
「ガンダムなんか何機もあるから好きなのに乗ればいいじゃないか」
「俺様もたまにマジンガーZとかに乗り換えるといい気分転換になるぜ」
『α』第11話(南アタリア島ルート)「ガンダム強奪」で、ガンダム試作1号機のパイロットの座を巡ってトラブルになった時に呟いた台詞。ボスにはMSパイロットにとってのガンダムのコクピットの座の価値がよく分かっていないようである。
なお、「ガンダムシリーズパイロットや、マジンガー系のパイロットが乗り換え可能な事を現す」メタフィクショナルな台詞でもある。
しかし、メタ発言とはいえ、この台詞から察するに「ボスはプレイヤーの意思に関係無くマジンガーZに乗った事がある」らしい(『』で甲児と機体を交換した件の事だろうか?)。
「何で俺様がお前の為に死ななきゃならないんだわさ!自爆寸前にちゃんと脱出したわよん」
「名付けて、ボロット・ダイナマイト! 俺様の最後の切り札だ!!」
『α』スーパー系ルート第18話「紅い稲妻 空飛ぶマジンガー」でジェットスクランダー発射の時間稼ぎの為にボスが爆死したものと思い込み、悲嘆に暮れる甲児達の眼前へひょっこりと現われ、生存に至った経緯を得意気に語る。
「バイクが頭に乗っかってるだけのダイアナンAよりマシだわさ」
『α』第33話でボロットに宇宙用の改造を施すと発言し、リュウセイに「気密性もへったくれもない」と指摘された際に。
それまでのスパロボではダイアナンは何の説明もなく宇宙に出撃出来たので言いたくなった気持ちは分からなくもない。実際、当のさやかもこのボスの発言に腹を立てた様子もなく、コックピットの改造を考えていた。
「俺様特製のボロットのパワーアップパーツがまだ作りかけなんだよ! このまま、置いておいたらミケーネに奪われちまうじゃねえか!」
「うるせえ! …っと、あったあった!このお宝は誰にも渡しゃしねえぜ!」
第2次α』第41話「恐怖!日本制圧作戦!!-前編-」にてボスの小屋に隣接した際のセリフ。ちなみに、ボスが行っていた特製のボロットのパワーアップパーツの正体は何と「コストダウン」。
しかし、コスト1のボロットにつける意味は全くと言って良い程無く、実際にこれがボロットにつけられる事は皆無だろう。それでも「コストダウン」は貴重な強化パーツ。ありがたく使わせてもらおう。
「…ふざけんなよ…」
「…見損なったぜ、トウマ! ちょっとばかり強くなったからって調子に乗ってんじゃねえぞ!」
「お前のやってることはからかわれたガキが腹を立ててるのと同じだぜ」
「だいたい、お前よぉ! あのバラン・ドバンってのにお前が勝てば戦いが終わるわけじゃないんだぜ!」
第3次α』のトウマルートで上述にある通り、バランを倒すことに固執する形で増長したトウマを一喝したときの台詞。普段コミカルなボスにしては珍しく説得力の有る場面である。
「それが調子に乗ってるってんだよ! いいか…今のお前のやろうとしているのは正義のための戦いなんかじゃねえ…気に食わねえからぶっ倒すって…それじゃ、ただのガキのケンカだぜ!」
上の台詞を言われてもなお、バランにこだわるトウマをさらに一喝した。尤も、力に溺れて自分を見失っていたとはいえ、徹底的に一喝されたトウマは「言わせておけば、こいつ…!」とボスに憤慨してしまう。
この時点でのボスはαシリーズ全てに参戦して幾度もなく死線を乗り越えており、ボスなりのαナンバーズの一員としての強い信念が伺える。
また、『α』でボスボロット自爆させて甲児を救おうとする等、仲間想いでもある為にスタンドプレイを行うトウマに憤慨したのかもしれない。
「ちょっと待てって! まだ、お宝が残ってたのを忘れてたんだ! よっしゃ! 見つけた!」
「そう! バルマー戦役の時にミンメイちゃんにサインしてもらったディスクだ! こいつだけは渡すわけにはいかねえぜ!」
『第3次α』第46話にてボスの小屋に隣接させた際のセリフ。上述の通り、「ミンメイのディスク」が手に入る。
もし、Dr.千葉がこのディスクの話を聞いたら、色々な意味ですごいことになるのは想像に難くないだろう。

Zシリーズ[編集]

「ヘヘヘ、俺様は通称ボス! 本名は作者も知らない!!」
第2次Z再世篇』にて。やっぱり知らないらしい。
「うるせぇ! それをぶち破ってこそ、男だろうが!」
第3次Z天獄篇』最終話にて、至高神Zに怯えるヌケムチャを叱咤する。この気迫にはくろがね屋の面々も感銘を受けた。

携帯機シリーズ[編集]

さやかはともかくの野郎まで生きてやがったのかよ。せっかく俺さまがカイザーをいただいて、ボスカイザーにしようと思ったのによ」
J』第18話「ウィスパード 後編」にて、あしゅら男爵らの手によってピンチに陥った甲児らを救出すべく出撃した際に。
こんなことを言っているが、その後「へへっ、殺しても死なない奴だぜまったくよ」と言っており、甲児に対する悪友らしい友情が伺える。それにしてもボスカイザーとは一体どんなロボットなのか…?
「バイオハザード事故? おっかねえな。ひょっとして、ゾンビが出たりしたのか?」
『J』第44話(「ラダム討伐に向かう」ルート)「螺旋の邂逅」にて、レインらからコロニーメンデルが廃棄されたのはバイオハザード事故が原因だと聞かされた際に。
「ゾンビ」という台詞から、CAPCOMのホラーゲーム『バイオハザード』シリーズをネタにしていると思われる。
「ボロットに乗っけてやるわさ! キラが操縦すれば、ボロットも少しは強くなるかもしれねえしよ!」
K』第15話(ベルリンルート)「エンジェルダウン 」より。キラを慰める為に言った台詞だが、その後みんなにキラが乗ってもボロットが強くなるはず無いとボロカスに言われる。ステータス的にボスよりは強くなりそうだが。さらに、キラは遠まわしに拒否している。
なお、「少しは強くなる」と言う事は、何気に「自分が乗るよりも、キラが乗った方がマシ」と考えているらしい。また、「少しは」という言葉から、ボロットの性能が操縦技術では補いきれない程に低いという自覚もあるようだ。
「よぉ、あしゅら…。てめえのミケーネへの仁義、見事なもんだぜ…。だがな! てめえはあいつの仁義を踏みにじった!それだけは絶対に許しちゃおけねえッ!!」
BX』第37話「降臨!大いなる神の化身!」で二度目のあしゅら男爵撃墜時に。
「知らざあ言って聞かせやしょう! 俺様の名前はボスボロットよ!」
そして「くろがね屋軍団一斉攻撃」で止めを刺した際に機体名を名乗る。そしてあしゅらはその名を記憶しつつ爆炎の中に消えた…。

単独作品[編集]

ボス「ムチャ よくもボロットを盗んだな!」
ムチャ「盗んだなんて…誤解ですよ そう、テスト、テストですよ…」
ボス「テストだとぉ? オレ達に内緒でかぁぁ!」
ムチャ「は、はいぃ…」
ボス「……わかったよぉ いいか! 今度、勝手にボロットに乗ったら、承知しねえぞぉ!」
』宇宙編第22話「ザンスカールの疑惑」より。勝手にスーパーボスボロットに乗ったムチャを締め上げるが、甲児の手により事なきを得る。もっとも今後誰を乗せるかはプレイヤー次第だが。
「あっ、言うの忘れてた。ボロットのマップ兵器は、威力はすごいんだけど、どこへ行くか、わかんないだわさ」
『新』宇宙編第26話「新たなる力」より。マップ兵器使いたさに甲児の発射したボスボロットのミサイルが自分のところに着弾し、命中率の悪さを指摘する発言。無責任にも程がある。素直に必中を使おう。
「さやかにジュン、ひかるちゃんにマリアちゃん、ミチルさん…リンダちゃん、ローズちゃんに恵ちゃん、マリちゃん、レインさん、そんでもって、アスカとレイ…美久さんに遙さん、ミサトさんにアクアさん…み~んな断られちまったわさ」
MX』シーン6第33話「決戦! 大海獣」、ボロットで釣りに興じながら余りのモテなさぶりを嘆く。
ところで、台詞のメンツから漏れているアレンビーエルフィにも声を掛けたのだろうか?
「まったくもう! 排気ガスなんて迷惑だわさ!」
NEO』第2話「ライジンオー見参!」にて。『NEO』ではボスのこのセリフがきっかけでエキゾーストが誕生してしまった。
「むう…俺様のボスボロットの登場をかすませるとは…やるな」
『NEO』第4話「宿敵、魔竜王ドルガ!!」、オセッカイザーの派手な登場を自分に近い物だと感じた台詞でムチャも「強力ライバル出現ですぜ、ボス」と言うほど。

スパロボシリーズの迷台詞[編集]

自爆……なんだか心が揺さぶられる言葉だわさ」
64』「「決死の突破作戦」前編」にて、中条長官の技「ビッグバン・パンチ」が自爆技と聞き、何故か反応する。スタッフでもボスが「自爆キャラ」扱いであることが窺える。
「ひー! ちびりそうだったわさ。あら、ぬれてる…」
αシリーズにおける回避時の秀逸な台詞。何が濡れたかは自主規制。
「ありゃりゃ? なんか飛んできたけど、この花束はなんなのよ?」
D』「壮絶!巨大ローラー作戦!」においてやってしまった大失態。
オリファーマーベットの結婚式にて本来なら女性が取るべきであるブーケを受け取ってしまい、ボスは女性陣からブーイングの嵐を浴びてしまう羽目に……。
「そうはさせんタイ! ここは絶対に通さないだぎゃ!」
『MX』シーン4第20話~第22話「Strange bait」に於けるデビルサターン6の関西弁に対抗して(?)の戦闘前会話
いろんな方言をごっちゃにしているため、デビルサターン6からは「オンドレはどこの出身や!!」と突っ込まれる。
ちなみに「~タイ」は主に九州地方で使用される方言(九州弁)、「~だぎゃ」は主に愛知県で使用される方言(尾張弁)である。
「あいつらも、たまにはぶつかり合った方がいいわさ」
『MX』第33話でのドラゴノザウルス事件後、自分が元凶で甲児と鉄也が喧嘩になったと聞かされるも、我関せずといった感じで上述の台詞を吐く。全く反省していない。
「何?『何かのフラグになってるか』だ? んなこと知るかよ! 撃墜数を稼げば色々良いことがあるって聞いただけだ!」
『BX』中断メッセージで再開したら自分を活躍させろといった直後の言い分。ボスの言う通り撃墜数は稼げば機体ボーナスの向上や部隊ポイントの獲得と良い事は有るが、ボスがフラグを建てるものは何も無い
「やられキャラの座はてめえらには渡さねえぜ!」
『BX』における、キバの輩との戦闘台詞。それで良いのか。

搭乗機体[編集]

ボスボロット
光子力研究所の三博士を脅迫して作らせたボスの愛機。操縦者のボスと共にマジンガーシリーズにおける名コメディリリーフである。
スーパーボスボロット
宇宙戦仕様に改造されたボスボロット。スパロボオリジナルの機体。現在のところ『新スーパーロボット大戦』にのみ登場。

余談[編集]

  • 1970年代のスーパーロボット作品にはボスのようなトラブルメーカー兼ムードメーカー的なポジションのキャラが登場する事が多く、『ゲッターロボ』には大枯文次、『グレンダイザー』には荒野番太、『鋼鉄ジーグ』には黒鷲のドン、『勇者ライディーン』には荒磯ダン…といったような面々が存在していたが、SRWではいずれも未登場に終わっている。
  • 初代ボス役の声優である大竹宏氏は『スーパーロボット大戦』の収録において、「最初のもらったシナリオの台詞がボスくさくない為、骨子はそのままで、自分でワープロで打ってボスらしい台詞に直して持っていった」と言う逸話が有る。
    • また、後の収録で増やしたボスの台詞の方もスタッフから「増やした台詞も是非やってください」と言われ、「ここまでしてくれる方は他にはいない」と絶賛された、との事である[1]

脚注[編集]

  1. 二見書房刊『不滅のスーパーロボット大全』による。