2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

オセッカイザー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
オセッカイザー
外国語表記 Osekkaiser
登場作品

エルドランシリーズ

声優 山口健
初登場SRW スーパーロボット大戦NEO
SRWでの分類 機体
パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
分類 スーパー邪悪獣
所属 ジャーク帝国→単独行動
テンプレートを表示

オセッカイザーは『絶対無敵ライジンオー』の登場キャラクター。

概要[編集]

第36話「邪悪獣は正義の味方!?」に登場したスーパー邪悪獣

坂井ときえのお節介が原因で誕生。どこかのアメコミヒーローのような姿で人々を助けて回る正義の邪悪獣……なのだが、小さな善行の結果周囲にそれ以上の大きな被害を生み出すという、まさにいらぬお節介の体現者。

なお、タイダーはオセッカイザーの行動が地球人にとって余計なお世話になっている事に気づかず、この善行を繰り返す邪悪獣をみて「ベルゼブ様に怒られるだ~」と怯えていたが、ベルゼブは「地球人に味方しているフリをしている」と勘違いしたためお咎めはなかった。

常に笑顔を絶やさない彼だが、ジャークサタンと超次元融合させられる直前、一瞬笑顔が消えてしまっている。悪い事をする存在などにはなりたくなかったが、邪悪獣である事はそれを許してくれなかった。

等身大からライジンオーサイズにまで巨大化が可能な能力と、マグマにも耐える強靭さを持つ。ジャークサタンとの超次元融合で邪悪獣であることが明らかとなり、ゴッドライジンオーに倒されたが、消滅する前にボロボロの姿で倒れそうなビルを救ったその行為はときえに感銘を与えた。

かなりのインパクトを残し、OVA第1話「初恋大作戦!」では高森ひろし栗木容子との仲を取り持った月城飛鳥を、感謝の意と共にオセッカイザー2号と評した。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦NEO
初登場作品。PV第2弾においてその姿を見せ、ファンの大きな反響を呼んだ。ゲームをして登場した時は知らない人はビックリしファンは歓喜する、一度で二度楽しめるキャラである。原作で見せたおせっかいぶりはスパロボでは敵ユニットの横取りという形で再現されている。中断メッセージにも登場する。
ゲームの展開次第で終盤にベルゼブファルゼブタイダーと共に仲間になるが、そのためにはオセッカイザーとベルゼブの参入条件を両方満たさなければならない(オセッカイザー単独では味方にならない)。
なお『NEO』におけるデザインは、原作で超次元融合される前の姿である。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

基本は徒手空拳での戦闘。

オセッカイザービーム
胸部からの光線。原作では超次元融合後のみ使用。
オセッカイザーパンチ
飛行しながらのパンチ。『NEO』では押出属性。
オセッカイザーキック
空中から急降下しての蹴り。原作ではときえの隣家が火事になった際、燃え移るのを防ぐ際に披露し、家を倒壊させた。『NEO』では突破攻撃

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

4(NEO)

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

NEO
脱力感応鉄壁気合
『NEO』では3人しかいない「脱力」使いの一人。特に37、38話Bルートでは「脱力」を使えるのがオセッカイザーだけになるので重要。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

NEO
底力無頼

エースボーナス[編集]

撃墜エース/脱力(攻撃が命中すると、敵パイロットの気力-10)
NEO』で採用。

機体BGM[編集]

「ドリームシフト」
原作OP曲。なお、原作のビルの人達を助けるシーンはバクリューオーの変形時のテーマソングが流れた。

人間関係[編集]

ベルゼブファルゼブ
上司。オセッカイザーの事は感心していた。
タイダー
上司。当初。オセッカイザーの善行に怯えていた。
坂井ときえ
彼女が働くお節介を迷惑がる発言から誕生した。オセッカイザーのことを気に入っており、純粋な正義のヒーローと信じていた。
小川よしあき
地球防衛組の一人。コスプレするほど感化されていた。

他作品との人間関係[編集]

シャーリィ・ルノイエ
NEO』では彼女の「それとも、おせっかいな正義の味方は迷惑だっていうの!?」という言葉から生まれる。

名台詞[編集]

「ハーハッハッハッ!正義の味方、オセッカイザー!」
誕生してからの第一声がこれ。タイダーはオセッカイザーの姿を見て大きな戦力になりそうだと喜んでいたが、この自分達と対極の発言をする彼にずっこけた。
「ぬはは!オセッカイザー!」
ハイテンションにひたすら台詞を連呼し、その笑い声は日向仁を脱力させた。
「オセッカイザー…んぬっ!」
上記の、倒壊しつつあるビルを元通りに立てる時の台詞。ライジンオーをも圧倒する実力を持っている彼が、ビルを立て直す程度で「んぬっ!」と必死で踏ん張っていた所から、正真正銘最後の力を振り絞っている事がうかがえる。
「ハーッハッハッハッ!オセッカイザー」
最期の力を振り絞ってビルを立てなおした時の台詞。彼の象徴である笑いを残して、オセッカイザーは煙の中で消滅した。なお、この時彼のマスクは右半分がなくなっており、そこから正義の味方と呼ぶにふさわしい、真っ直ぐで綺麗な目が見えていた。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「ハーハッハッハッハッ!!オセッカイザー!」
NEO』第33話「僕らの夢は絶対無敵!」より。ベルゼブと和解後突如としてオセッカイザーが現れたときの台詞。こうしてみると普通の鳴き声だが、タイダーによると「正義のため、共に戦いたい」と言っているらしい。

余談[編集]

  • そのインパクトの強さから、OVAや番外作品でも名前だけでも登場することも多く、イベントでシリーズ構成の園田英樹氏がコスプレで登場することもあった。なお、その正体に関しては当初はムックでまるたまり氏の描いたイベントレポートにて「オセッカイザーと入れ替わりに出てきた園田さんは息を切らしていた」など、正体を匂わせる程度だったが、BD付属の小冊子にて自前で用意していたことを公開。
    • エルドラン同窓会に出演した高乃麗氏はゴウザウラーのマークが入ったシャツを着てきた際、松本梨香氏から「オセッカイザーみたい」と言われていた。高乃氏の返答は「オセッカイザーって誰よ!?」。