絶対無敵ライジンオー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
絶対無敵ライジンオー
原作 矢立肇
監督 川瀬敏文
シリーズ構成 園田英樹
キャラクターデザイン 武内啓
メカニックデザイン やまだたかひろ
音楽 田中公平
制作 サンライズ(第5スタジオ)
放送局 テレビ東京系
放送期間 1991年4月3日 -
1992年3月25日
話数 全51話
シリーズ エルドランシリーズ
初登場SRW スーパーロボット大戦GC
テンプレートを表示

絶対無敵ライジンオー』はサンライズが制作したテレビアニメ。

概要[編集]

地球の守護神エルドランからスーパーロボットライジンオー」を与えられた少年少女が地球防衛組を結成。地球侵略を開始したジャーク帝国に立ち向かう。英語表記は「MATCHLESS RAIJIN-OH

エルドランシリーズ」の第1作目。授業中の小学校から巨大ロボが発進し、教室が司令室に変形するという大胆なシチュエーションは当時の視聴者の度肝を抜いた。「友情」や「友達」、「敵との和解」といったシリーズのプロットは、本作で概ね完成している。

シリーズ第1作にして最大の人気作と言え、イベントが開催されたり続編OVAが製作されたりと、絶大な人気を誇った。他にも数多くのドラマCDやキャラクターソングCDが製作され、ノベライズも刊行されるなど、様々な展開を見せた。アニメ本編終了から25年あまりが過ぎた2017~2018年においてもWeb小説にて完全書き下ろしとなる『絶対無敵ライジンオー 五次元帝国の逆襲』が連載された。

登場人物[編集]

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。

地球防衛組、およびその協力者[編集]

エルドラン[編集]

ジャーク帝国[編集]

登場メカ[編集]

スパロボ毎の登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

地球防衛組[編集]

ジャーク帝国[編集]

邪悪獣[編集]

その他[編集]

OVA『陽昇城カラクリ夢日記』に登場[編集]

用語[編集]

地球防衛組
ライジンオーを託された5年3組の子供達が、自分達につけたチーム名。
陽昇学園
地球防衛組の子供達が通っている小学校。その校舎および敷地は、エルドランによって密かにライジンオーの基地へと改造されている。
ジャーク帝国
5次元からきた敵勢力。
邪悪獣
ジャーク帝国の尖兵。
アークダーマ
邪悪獣を生み出す究極兵器。

楽曲[編集]

オープニングテーマ
「ドリーム・シフト」
作詞:篠原仁志、作曲・編曲:和泉一弥、歌:SILK(大森絹子)
GC』『NEO』『OE』『BX』で採用。『BX』ではOPサイズのバージョンも別個に用意され、そちらが基本の戦闘BGMとして採用されている。通常版は最終盤での追加となるが、二番まで再現されている。
エンディングテーマ
「地球防衛組応援歌」
作詞:園田英樹、作曲:田中公平、編曲:藤原いくろう、歌:地球防衛合唱隊
地球防衛合唱隊とは、地球防衛組の担当声優のこと。ジャーク帝国版の替え歌が存在しており、そちらはベルゼブタイダーが歌っている。
劇中BGM
「ボク達の闘志」
ライジンオーのコアロボ発進~ライジンオー合体バンクシーンのBGM。
『GC』で必殺技BGMとして採用。
「ライジンオー見参!」
『NEO』『OE』『BX』でライジンオーの必殺技BGMとして採用。
「ゴッド・ライジンオー超無敵合体&必殺技」
曲名の通り、前半部がゴッドライジンオーへの合体バンクシーン、後半部が必殺技使用時のBGMである。
『NEO』『OE』『BX』ではゴッドライジンオーの必殺技・合体攻撃BGMとして採用。

登場作と扱われ方[編集]

どの作品も地球防衛組全員が登場するのが特徴。このうちメインの三人以外ではマリア、勉、ひでのり、大介、ゆう、クッキー、ラブにボイスが用意されている。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦BX
2Dスパロボには初参戦となる。本作ではほかのエルドラン作品は登場せず、『ライジンオー』単独参戦。
既に地球防衛組の存在は一般的に認知されており、『勇者王ガオガイガー』や『機動戦士ガンダムAGE』とのクロスオーバーも成されている(特殊援護台詞もある)。
気になっていた「地球防衛組の本拠地は陽昇学園の教室」という問題は、エルドランの手でディーヴァ内に教室を司令室ごと移植するという斜め上の手法で解決している(下記の『XO』と違いディーヴァ側の用意はほぼ全くなく、飛鳥も「最悪剣王達を一緒に運んでくれればなんとか戦える」と言っていた矢先である)。
本作では、原作には無かった仲間との死別や、自分勝手な理屈で他者を攻撃する汚い大人達との戦いを何度も経験する事になった為、部隊の年長者達から精神面を心配される事が多い。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GC
初参戦作品。序盤スポット参戦した後、主人公やワッ太同様ホワイトベース隊への参加要請があったようなのだが、PTAの圧力のため日本に居残り。正式加入はガンドール地球に帰ってくる中盤以降になる。また、ホワイトベース内に何の説明もなくいつの間にか司令室ができている
参戦にあたり、「子供を人間同士の争いを巻き込む」ことが問題視されるが、本作の時点でジオン兵などと戦うことが可能。
スーパーロボット大戦XO
『GC』の移植である為基本的に『GC』と同じだが、巨大からくり雷神王が登場しなくなっている。一方で司令室の問題については、防衛組に提供したホワイトベース内の一室があっという間に司令室化したブライト・ノアにより説明されている。
スーパーロボット大戦NEO
二度目の参戦。他のエルドランシリーズとの競演を果たし、シリーズ全作そろい踏みとなった。やはりシリーズ全作が揃うだけに、他のエルドランシリーズとの絡みやクロスオーバーが多い。
また、隠し要素としてベルゼブらを仲間にできるので、原作ではOVA第3巻のラストでしか見られなかったライジンオージャークサタンの共闘を、心行くまで堪能できる。
スーパーロボット大戦OperationExtend
原作終了後なので、最初からゴッドライジンオーが使用できる。比較的早い段階でスポット参戦し、他のエルドラン組に先駆けて正式参入する。

余談[編集]

  • ノベライズあとがきによれば、本作の企画時、園田英樹氏は『ライジンオー伝説化計画』という案を提示したという(詳細は本編中に記載されたものとほぼ同じとのこと)。
    • 実際のTVシリーズのストーリーには採用されなかったものの、後に同じエルドランシリーズとして製作された『熱血最強ゴウザウラー』のストーリー展開は、その『ライジンオー伝説化計画』が下敷きとなっている可能性が高い。
  • 内田健二プロデューサーは後年のインタビューで、ライジンオー制作にあたり、かつて自身が制作進行として参加した『無敵ロボ トライダーG7』の精神を継承した作品を作りたかったと語っている。
    • しかし、「絶対無敵」という肩タイトルは「無敵ロボ」を意識して付けた訳ではないらしい。ちなみにその『トライダーG7』とは、初参戦の『GC』にて共演している。

商品情報[編集]

DVD[編集]

CD[編集]

書籍[編集]