邪悪獣

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

邪悪獣(Wicked Beast)とは、『絶対無敵ライジンオー』に登場する、ジャーク帝国の戦力。

概要[編集]

街中に散らばった真っ黒い球体「アークダーマ」が「迷惑」という単語に反応してその「迷惑」な対象をモチーフにした姿に変化する。オセッカイザーが致命傷を負った際には機械の部品が露出していたので、実態はあくまでメカらしい。幼生態で活動し、ベルゼブファルゼブの「ジャークパワー照射」で成体になる。後半はジャークパワーの代わりにジャークサタンの超次元融合で合体しスーパー邪悪獣となる(原作ではベルゼブらがそのまま操縦する形になる)。

スパロボに登場した邪悪獣[編集]

エキゾースト
邪悪獣第1号。
ジャークライジンオー
イカルダー
スイガラー
スーパー邪悪獣第1号。
オセッカイザー
スーパー邪悪獣。『NEO』では超次元融合されず幼生体のまま。
サタンJr.
ブラックタイダー
タイダーが大量のアークダーマを飲み込んだことにより誕生。

関連用語[編集]

ジャーク帝国
アークダーマ

余談[編集]

  • 第1話では邪悪次元獣と呼ばれていたが、『絶対無敵ライジンオー』と同年に放映されていたテレビドラマ『鳥人戦隊ジェットマン』の怪人が次元獣という名称であった為、途中から「邪悪獣」という呼称に変更された。
  • スパロボでは量産されているが、邪悪獣をスーパー邪悪獣にするためには一体しか存在しないジャークサタンが必要なため、本来なら量産は物理的に不可能である。