ジャークサタン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ジャークサタン
外国語表記 Jark Satan
登場作品 絶対無敵ライジンオー
異名 破壊帝王
分類 ベルゼブ専用ロボ
頭頂高 27.0m
全高 30.0m
重量 100g~60.0t(可変/推定値)
所属 ジャーク帝国
パイロット ベルゼブ(メイン)
ファルゼブタイダー(サブ)
デザイン やまだたかひろ
テンプレートを表示

概要[編集]

進まぬ地球侵略に業を煮やした皇帝ワルーサが、ベルゼブに与えた戦闘ロボットで、「破壊帝王」の異名を持つ。

21話「敵はライジンオー!?」で初登場。ファルゼブが持つピラミッド状のクリスタルが瞬時に巨大化、変形を遂げ、完成する。メインパイロットはベルゼブで、タイダーが補佐を務め、一人だけでも操縦は可能だが、全力を発揮するには、二人の操縦者が必要不可欠である。あらゆる面でライジンオーを上回るパワーを誇る。

多彩な兵装を持ち、邪悪獣と合体しスーパー邪悪獣へと変貌する超次元融合の能力や次元移動能力も有する。

最終決戦において、ワルーサにジャークパワーを注入され、グレートジャークサタンへとパワーアップを遂げる。ワルーサ亡き後は元に戻るもベルゼブの愛機として活躍。ゴッドライジンオーと共闘しゴクドーを倒した。

登場作品と操縦者[編集]

現時点では「超次元融合」の能力は再現されていない。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦BX
初登場は第22話。
性能はまずまずだが、ベルゼブの高い能力と底力のせいでなかなか硬くて速い。HP回復はない為落ち着いて対処したい。タイダーが乗っていない場合武器攻撃力が一律100下がる。
キャンペーンマップ「悪の華」では味方として使用できる。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GC
原作と違いタイダーは乗っていない(というか彼に声が付いていない)。
スーパーロボット大戦XO
スーパーロボット大戦NEO
今回はタイダーも乗っている。33話にてスポット参戦し、フラグを立てれば味方として正式に加入する。ファルゼブタイダーの精神コマンドを使えることもあって、なかなか強力なユニットとなっている。
主武装のジャーククリスタルビームに対空属性が付いているため、飛行している敵には滅法強い。さらに武装の燃費のよさとベルゼブのエースボーナスのおかげで、継戦能力に優れている。今回ベルゼブ達は一貫して当機に乗っておりグレートジャークサタンには搭乗しない。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

ジャークミサイル
肩から発射するミサイル。
NEO』ではヒット&アウェイ特性付き。『BX』ではオミット。
ジャークサーベル
腕部から飛び出すクリスタル状の長剣。射出も可能。
『NEO』では押し出し特性。『BX』では必殺武器となっている。
ジャークフレア
腕部を展開させて放射する高熱火炎。
『NEO』では直線型のMAP兵器
ジャーククリスタルビーム
胸部から放つ光線。
『NEO』では対空特性付き。射程が長く燃費も良いので非常に使いやすい。
ジャークフラッシュ
胸部クリスタルを撃ち出す。SRW未登場。

特殊能力[編集]

剣装備、シールド
切り払いシールド防御を発動する。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M
4(『NEO』)

機体ボーナス[編集]

BXキャンペーンマップ「悪の華」
  • 格闘武器+100、射撃武器+100、HP+500、EN+50

機体BGM[編集]

「立ちはだかる強大な力」
NEO』のオリジナル曲。『NEO』における、敵対時の戦闘BGM
「ドリーム・シフト」
原作OP曲。味方時の基本戦闘BGM。

関連機体[編集]

グレートジャークサタン
ワルーサによって強化された姿。
サタンJr.
ジャークサタンがモデルとなった邪悪獣
ジャークルシファー
OVAの敵役であるゴクドーの機体。言ってしまえば姉妹機。脇差に酷似したドス・クリスタルが変異して完成する。

余談[編集]

  • 放送当時発売されたゲームボーイ用ソフト『絶対無敵ライジンオー』では、ジャークサタンが最終ステージの直前のボスとして登場する。そして最終ボスは「S・ジャーク」なる謎の機体である(「G・ジャーク」ではない。デザインもグレートジャークサタンとは異なる)。
    • もっとも同ソフトは、8体しかいない敵キャラのうち4体がゲームオリジナルなのだが。