グレートジャークサタン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
グレートジャークサタン
外国語表記 Great Jark Satan
登場作品

エルドランシリーズ

デザイン やまだたかひろ
初登場SRW スーパーロボット大戦GC
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
異名 破壊帝王
分類 ベルゼブ専用ロボ
原型機 ジャークサタン
所属 ジャーク帝国
パイロット
メイン
ベルゼブ
サブ
ファルゼブタイダー
テンプレートを表示

グレートジャークサタンは『絶対無敵ライジンオー』の登場メカ

概要[編集]

アークダーマを失い、後のないベルゼブに最後の力として、皇帝ワルーサが自らのジャークパワーをジャークサタンに注入し、大幅に強化した決戦機体。以前よりも巨大化し、体色も青から赤に変化した。

ジャークサタンの兵装を基本的に踏襲しているが、その攻撃力は桁違いにパワーアップしており、ゴッドハイパーフラッシュをも迎撃・無効化する。またファイナルファイヤーの直撃にも傷一つ負わない強固な装甲を持ち、更に新装備された盾・ジャークフェンサーは、ハイパーサンダークラッシュをも弾き返す防御力を誇る。

ゴッドライジンオーとの決戦では、終始優勢な戦闘を展開し、強制分離にまで追い込むも、獣王鳳王剣王の決死の攻撃の前に敗れ去る。そして、処刑されかけたことから皇帝ワルーサに反逆。自分達を処刑から救ったゴッドライジンオーを救出し、防衛組のワルーサ打倒に一役買った。ワルーサ打倒後、ベルゼブの戦士の誇りを賭して、傷付きながらもゴッドライジンオーに挑戦。力のみならず心でも敗れたことで敗北を認め、最後は青い光に包まれながら、五次元へと帰っていった。

その後に登場した時はジャークサタンに戻っている。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦BX
終盤に登場。本作では隠し要素の条件を満たす事で、ベルゼブらと共に最後の隠しキャラ&ユニットとして加入する。使用できるのは最終話限りだが、ワルーサのジャークパワーがまだ残っている為元に戻らないまま戦えるとのこと。武装の傾向に加えて三人の精神コマンドの構成もあり、ライジンオーとのPUで好相性を見せる。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GC
終盤で登場。本作では、ジャーク帝国が版権最後の敵となる為、事実上の最後の版権ボスである。サイズがMからLになったため、Sサイズ相手には長距離攻撃できなくなった。
スーパーロボット大戦XO
ゴッドライジンオーとの合体攻撃が追加。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

基本的にジャークサタンのものと同一だが性能は向上している。

ジャークミサイル
肩から発射するミサイル。『BX』では不使用。
ジャークサーベル
腕部から飛び出すクリスタル状の長剣。
『BX』では要気力120である分、ハイパーサンダークラッシュに迫る威力の必殺武装になっている。
ジャークフレア
腕部を展開させて放射する高熱火炎。
ジャーククリスタルビーム
胸部から放つ光線。
ジャークフェンサー
新装備された盾。ハイパーサンダークラッシュをも弾き返す防御力を持つ。

合体攻撃[編集]

絶対無敵剣
ゴッドライジンオーとの合体攻撃。それぞれの剣で連続攻撃を行う。『XO』の『スーパーロボット対戦』モード専用技。

特殊能力[編集]

剣装備、シールド
ジャークサーベルで切り払い、ジャークフェンサーでシールド防御を発動する。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

L
『GC(XO)』
M
『BX』

機体ボーナス[編集]

BX
  • 初期段階:HP+500 格闘武器+100
  • 第二段階:HP+750 格闘武器+150 射撃武器+100
  • 第三段階:HP+1000 格闘武器+200 射撃武器+150
  • 最終段階:HP+1500 格闘武器+300 射撃武器+200 EN+50
格闘・射撃双方の武器攻撃力が上昇する希少なボーナスの持ち主。

対決・名場面[編集]

ゴッドライジンオー
皇帝ワルーサ亡き後挑む。『地球防衛組の無い世界』の幻覚をパイロットに見せるが、それも解かれてしまい、敗北を悟ったベルゼブとマシンは一緒に涙を流した。