2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

バクリュウオー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
バクリュウオー
外国語表記 Bakuryu-oh
登場作品 絶対無敵ライジンオー
デザイン やまだたかひろ
分類 エルドランスーパーロボット
全長
【バクリュウドラゴン】
58.0m
頭頂高 27.0 m
全高 27.5 m
重量 62.0 t
エネルギー ライジンエネルギー
最大出力 320,000馬力
最高飛行速度

M 14

【バクリュウドラゴン】
M 20
最高走行速度

800.0 km/h

【バクリュウドラゴン】
130.0 km/h
最高水中速度

240.0 km/h

【バクリュウドラゴン】
960.0 km/h
装甲材質 超金属エルドナイト
合体形態 ゴッドライジンオー
変形形態 バクリュウドラゴン
開発者 エルドラン
所属 地球防衛組
遠隔操縦者 白鳥マリア
小島勉
テンプレートを表示

バクリュウオーは『絶対無敵ライジンオー』の登場メカ。

概要[編集]

ライジンオーの危機に校舎内から発見されたロボット。によると最初からライジンオーと共に仕込まれていたらしいが、自分の研究が足りなかったため、発見できなかったとのこと。

自然の力を吸収し、ライジンエネルギーに変換する能力を持つ。剣王鳳王獣王にも補給可能であり、最終決戦に於ける打開策となった。

バクリュウドラゴン[編集]

ドラゴン型形態。普段この形態で格納、発進される。

劇中では次回予告を除いてバクリュウドラゴンとは呼ばれず、あくまでバクリュウオーの一形態である。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦BX
参戦は第22話。本作ではケドラの世界で邂逅した結果、その存在が判明すると言う形になっている。なお本作では戦闘台詞においても一貫してバクリュウオーと呼ばれる。
今回はメインパイロットがマリア、サブパイロットがの二人乗りという形になった(それ以外の地球防衛組メンバーも戦闘会話で出てくる)。マップ上でのアイコンは全身図へと変わっている。
本作では常時バクリュウドラゴンでの運用となっており[1]、武器「バクリュウオー変形」の演出のみの登場となっている。代わりに補給装置が付いた。ENの消費が大きいスーパー系サブに向いている。空適正付与も考えるとマジンカイザーSKLファルセイバーとの相性が良好。なお本作では地上適正もあるが地上:Bなので注意が必要。宇宙戦ではバクリュウファイヤーの適応が低いので0Gエステという選択肢も。
ちなみに本作では、オモイカネの話とのクロスオーバーにより、初出撃時のBGMが機動戦艦ナデシコ』の「YOU GET TO BURNING」(しかもOPサイズのイントロロングバージョン)になっている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GC
初登場作品。31話、32話、33話と3話連続で増援として登場した後、ゴッドライジンオー分離後の機体の変形後として33話クリア後に加入。
戦闘時は防衛組が会話に参加するが、流石に防衛組全員の精神コマンドが使えるのはバランス上問題がある為か、バクリュウオー自身がパイロット扱いになっている。ゴッドライジンオー時のパイロットステータス画面や精神コマンド選択画面にたち3人に並んでロボの顔が出てくるので違和感が強く、マリアをパイロット扱いにして欲しかったという意見もたびたび聞かれる。偵察を持っているので、正式加入前に精神エースの習得は定石。「信頼」「激励」「再動」とサポート精神は優秀だが、命中・回避・防御系の精神が無いので単独戦闘はやや苦手。巨大からくり雷神王にはパイロットとしてのバクリュウオーは乗らないため、プレイヤーの好み次第では出番がなくなる。
加入以後、バクリュウカノンの弾数が何故か減った状態になり、宇宙に再び上がってからは0から始まる、しかし一手間かけると弾数が大きく増えるというバグがある。
バクリュウドラゴン時は戦闘台詞でもバクリュウドラゴンと呼ばれる。マップ上のアイコンは頭部のアップ。機体に合わせてシールド防御を持たなくなる。見た目に反し地上でも問題なく運用でき、体当たりの性能も相まって使いやすい。バクリュウオーにバクリュウカノンの弾数バグがあるため、バクリュウファイヤーの援護攻撃も重要。
スーパーロボット大戦XO
巨大からくり雷神王が削除されたため、最後まで(主に精神コマンド要員として)活躍する。また初登場が30話に前倒しされたことで4話連続で増援として登場することになった。
スーパーロボット大戦NEO
今回もバクリュウオー自身がパイロット扱い。カットインはマリアが使われている。他のエルドランロボたちも参戦したため、バクリュウオーのパイロットアイコンの浮きっぷりがより際立つことに。
今回は分離形態での出撃になるため、ゴッドライジンオー合体までの気力上げに戦闘を行う必要がある。
バクリュウドラゴンは空中専用ユニットになり、対空攻撃の存在もありやや使い勝手が悪くなっている。
スーパーロボット大戦Operation Extend
本作では戦闘ユニットとしての出番はなく、ゴッドライジンオー合体時に精神コマンド要員としての出番があるのみ。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

格闘
バクリュウオー時。『GC』・『XO』では未実装。『NEO』ではヒット&アウェイ特性付き。
バクリュウキック
巨体による飛び蹴り。『BX』に於けるバクリュウドラゴンの武装「バクリュウオー変形」にて披露。
体当たり
バクリュウドラゴン時。急加速しての体当たり。『NEO』では押し出し特性付きだが、飛行ユニット相手にしか使えない

武装[編集]

バクリュウファイヤー
バクリュウドラゴンの口からの火炎放射。
『NEO』ではファイア特性付き。『BX』では攻撃力低下の特殊効果付きだが、宇宙適応がC。
バクリュウカッター
バクリュウドラゴンの角に当たる部分から発射されるビームカッター。
バクリュウカノン
手持ち式のキャノン砲。バクリュウドラゴン時の尻尾部分に当たり、その状態でも使用可能。先端からビームを連射できる。
『NEO』ではバクリュウオー時のみでバクリュウドラゴン時は不採用。押し出し特性付き。
バクリュウシールド
バクリュウドラゴンの首に当たる部分が変形するシールド。
玩具ではバクリュウガードと呼ばれている。

必殺技[編集]

バクリュウオー変形
バクリュウオーに変形し、バクリュウカッター→バクリュウキック→バクリュウカノンの波状攻撃を仕掛ける。

特殊能力[編集]

盾装備
シールド防御を発動可能。
変形
バクリュウドラゴンに変形する。
合体
ライジンオーと合体してゴッドライジンオーになる。
HP回復(『NEO』)
機体改造度に応じてLvが上昇。エースボーナスとあわせると最大で毎ターン30%回復となる。
EN・MP回復L1(『BX』)
地球防衛組スキルによりさらに回復量が増える。
補給装置(『BX』)

移動タイプ[編集]

(『GC』・『XO』)
飛行可能。
(『NEO』)
バクリュウオー時。
(『NEO』)
バクリュウドラゴン時。飛行移動しかできないので対空攻撃に要注意。

サイズ[編集]

M
4(『NEO』)

機体ボーナス[編集]

BX
  • 初期段階:装甲値+100 EN+50 地形適応A
  • 第二段階:装甲値+125 EN+75 地形適応:空A
  • 第三段階:装甲値+150 EN+100 地形適応:空S
  • 最終段階:装甲値+200 EN+150 地形適応:空S 格闘武器+100
素直にライジンオーと組ませてもそれなりに有効に機能する。

機体BGM[編集]

「ドリームシフト」
通常の戦闘BGM。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

GCXO
偵察幸運気合信頼激励再動
NEOOE
鉄壁追風

特殊技能(特殊スキル)[編集]

GCXO
底力L7、援護L3
NEO
ガード

固有エースボーナス[編集]

体力(毎ターン、味方フェイズ開始時にHP+10%)
NEOで採用。

関連機体[編集]

ライジンオー
合体してゴッドライジンオーとなる。

脚注[編集]

  1. ひろし曰く「ライジンオーとの連携も考えた結果」とのこと。