白鳥マリア

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
白鳥マリア
読み しらとり マリア
登場作品

エルドランシリーズ

声優 吉田古奈美(現・吉田小南美)
デザイン 武内啓
初登場SRW スーパーロボット大戦GC
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人日本人・祖母がフランス人のクォーター)
性別
誕生日 5月7日
年齢 10歳
出身 陽昇町
身長 135cm
血液型 B型
所属 陽昇学園
地球防衛組
学年 5年3組
テンプレートを表示

白鳥マリアは『絶対無敵ライジンオー』の登場人物。

概要[編集]

地球防衛組の女子委員長で司令官兼バクリュウオーメインパイロット[1]

画家の父親とフランス人とのハーフである母親を持つ。

勝ち気な性格で日向仁のお目付け役だが、誰よりも彼のことを気にかけている。周りからの信頼はあつく、友達から相談を持ちかけられる事も多い。面倒見がよい性格からか下級生に地球防衛組を見学させたり、邪悪獣により子供にされた仁達を上手く手懐けたこともあった。所有ライジンメダルは星形で、教室を司令室に変えるキーにもなっている。戦いでは司令官として最善の策を練り、ピンチに陥った時にはメンバーを叱咤激励するなど、その行動力が防衛組の団結力を強めていると言っても過言ではない。その一方では歳相応のイタズラを行ったり、地震を怖がったあきらの言うことを「男らしくない」と中々信じなかったりする部分もある。

何事にも前向きな性格で、幼い頃に画家の父を描いたラクガキを邪悪獣のせいで消す事になった時も、「思い出はまた作れる」と言ってみせた。また、邪悪獣の弱点を探るために、銀行強盗の仲間になったり、根拠もなく巨大化したれいこを邪悪獣と戦わせるなど、と無茶な行動に出ることある。

中学ではバスケットボール部と美術部を掛け持ちしている。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦BX
今回はバクリュウドラゴンのパイロットになり、音声も『GC(XO)』以来の新規収録がなされた。
地球防衛組の司令官であるためか、戦術指揮も担当可能。選択しておけばクラスメートと共にシナリオ冒頭でもよくしゃべるため、仁たち以上に台詞に恵まれている印象も。
なお、パイロットとして参入時、最初からある程度の撃墜数を稼いだ状態で参戦する。往年のエースパイロットですら初期撃墜数0での参入だというのに、どこで稼いでいたのだろうか?

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GC
初登場作品。中盤より、ホワイトベース隊に参加。防衛隊の代表として、ミーティングに参加している。中断メッセージにも登場する。
スーパーロボット大戦XO
単独のカットインが追加され、新規シナリオで出番が増えたが、巨大からくり雷神王が削られたため、ボイスが減った。
スーパーロボット大戦NEO
『GC(XO)』同様バクリュウオーは機体自身がパイロット扱いだが、戦闘時のカットインにはマリアが登場する。
スーパーロボット大戦Operation Extend
バクリュウオーがユニット扱いではなくなったため、今回はカットインにも登場しなくなった。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

BX
必中不屈激励気合熱血

特殊スキル[編集]

BX
地球防衛組L8、底力L7、援護攻撃L2、援護防御L2、全体攻撃L2

戦術指揮[編集]

防御力上昇、対邪悪獣への攻撃・防御力上昇、EN、MP10%回復
『BX』。

人間関係[編集]

日向仁
「喧嘩するほど仲が良い」間柄。
月城飛鳥
クラスメート。彼を「見掛け倒し」と最初に言っている。
小島勉
クラスメート。戦闘時は彼からのアドバイスを貰う。
春野きらら
親友。よく一緒に居ることが多い。
篠田俊太郎
担任の教師。
タイダー
敵の幹部。彼を上手くおだてて、銀行強盗の仲間になる。

他作品との人間関係[編集]

一文字號
GCXO)』にて、彼の迫力に気圧される。
アララ・ミルク
NEO』にて、イオニア一行が大衆食堂『金鹿亭』に食事に行った際、店の料理を全部食べられそうになって注意した。
ナトーラ・エイナス
父が画家であるためか、『BX』では彼女の絵を見て、「優しい絵」と好意的に評価していた。

名台詞[編集]

「地球防衛組出動!」
出動の際の掛け声。彼女がメダルを机にセットすると教室は司令室に変形する。 ゲーム中でも援護台詞で言ってくれる。
「バクリュウオー、発進スタンバイ!」
バクリュウドラゴン発進時の掛け声。この台詞と共にレバーを前に引く。そして校舎が変形し、変形終了後「発進!」の声と共に握り拳でスイッチを押す。
「あたしは仁を信じたんだから、仁もあたしを信じて」
9話にて。ふとしたきっかけからの男女の確執を乗り越え、仁に命令を与える。れいこからも「凄いチームワーク」といわれ、二人の信頼関係が伺える場面でもある。
「水なんか怖がってちゃ駄目よ、頑張って!」
「頑張って、ひでのり君! フレッ、フレッ、ひでのり! フレッ、フレッ、ひでのり!」
「ひでのり君、みんな5年3組の仲間なのよ!」
第12話より。ひでのりの金槌克服のために、きらら、れいこ、美紀と共に銭湯の男湯の窓から身を乗り出して応援する。委員長のマリア以外の地球防衛組の女子も飛鳥一辺倒ではないことが窺える場面だが、女子が男湯を覗くのも問題ではある。マリアも相当恥ずかしかったらしく、直後、赤面していた。なお、3行目は窓の外から発言したもの。
「あんた達、あたし達がライジンオーを動かせるんでひがんでるんじゃなぁい?」
第14話より。予防接種の注射を嫌がる仁達地球防衛組を小馬鹿にした5年2組の谷口六郎への反論。この時のマリアの顔は実に嫌味な表情をしている。直後に「3組と2組でどちらが優秀か」と男子で野球対決を行うが、この回のマリアは地球防衛組を馬鹿にされたからか張り切っている。
「あたしも仲間に入りたいの。ね、いいでしょ。カッコいいおじさん」
第20話より。邪悪獣を探るために、相手が銀行強盗を利用し、おだてに弱いタイダーだから、良かったもののこんな理由で銀行強盗になれるものなのか…。
「私たち18人は地球防衛組の仲間じゃないの!危険だからって何もしないで見ているなんて、できるわけないでしょ!」
第50話より。本編最後の仁への叱咤。この後、地球防衛組は仁たちの支援に向かう。

迷台詞[編集]

「どうしてこんな事になっちゃったのかな…」
第9話より。邪悪獣カビリアン(SRW未登場)により、女子の作ったおにぎりが食べられてしまい、男子とのいざこざが発生した後の台詞。しかし、この直前にマリアはおにぎり製造機で盗み食いに来た仁を騙して、おにぎりが食べられた後仁を真っ先に疑ったため喧嘩の原因を作っていた…。
BX』においても、防衛組の男子が目撃したUFO事件での不和の後に発言する。また真っ先に疑いをかける所まで同じであった。
「大体ねぇ、なんであんたがここにいるわけ!? あたしの前からさっさと消えてよ! 目障りだわ!」
「ふん、あんたの顔見てるとムカムカするわ!」
「あんた達もライジンオーも二度と顔を見たくないわ!」
第23話より。邪悪獣イカルダーの幼生体に取り付かれた際の暴言。1行目は仁に、2行目は止めに入った飛鳥に対して、3行目は勉のパソコンを持ち上げ、仁に投げつけようとした際の台詞。この態度に仁と飛鳥は吼児をつれて教室から出て行ってしまう。直後、イカルダーが身体から離れ、パソコンの重さに耐えかねへたり込んでしまう。パソコンは勉が身体を張って受け止めた。
「ああ、あれは。そういうふうに言えば、れいこが仁達を助けに言ってくれると思ってさ」
第43話より。巨大化したれいこを邪悪獣と戦うように仕向け、何故それを言ったかの台詞。何の根拠もなかった。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

(うう…すごい迫力…防衛組は私だけが代表で来ててよかった…)
GCXO)』第34話「グン・ジェム隊来襲」より。の迫力に気圧された際の台詞。小学生の彼女には刺激が強かった。
「やれやれ…なんだか、仁が二人になったみたい…」
「しのぶさんの苦労もわかる気がします」
NEO』第5話「ロボットみ~っけ!」or「出現!恐竜ロボ」戦闘終了後のインターミッションより。似たもの同士の仁と拳一の張り合いを見て、しのぶと共に頭を悩ませる。
「あら、ここでゲームを止めるのね。せっかくだから、ここで私がとっておきの攻略方法を教えてあげる」
仁「けっ、プレイヤーの人も、お前なんかに教えてもらいたくねえよ」
BX』中断メッセージより。エンディングの掛け合いが元になっている。

関連機体[編集]

バクリュウオー
司令室から遠隔操作する。

余談[編集]

  • 雑誌『アニメディア』では、あまりに出来が良すぎる為か「妹にしたくないキャラNo,1」という不名誉な称号を貰ってしまった。

脚注[編集]

  1. バクリュウオーは司令室から遠隔操作を行っているため、直接乗り込むわけではない。