日向仁

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
日向仁
読み ひゅうが じん
登場作品

エルドランシリーズ

声優 松本梨香
デザイン 武内啓
初登場SRW スーパーロボット大戦GC
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人日本人
性別
誕生日 10月18日
年齢 10歳
出身 陽昇町
身長 132.3 cm
血液型 O型
所属 陽昇学園
地球防衛組
学年 5年3組
嫌いな物 テスト、注射
テンプレートを表示

日向仁は『絶対無敵ライジンオー』の主人公

概要[編集]

剣王のパイロットであり、ライジンオー及びゴッドライジンオーのメインパイロット。両親は酒屋「日向酒店(看板表記は日向ストア)」を経営。忙しい時には店の手伝いをし、父親が入院した際には剣王で商品の配達を行っている。出席番号は8番。

明るく元気で負けん気が強い、典型的なクラスのガキ大将。無鉄砲なお調子者だが正義感は人一倍強く、防衛組を引っ張る。陽昇学園の拳法部に所属しており、矢沢永吉郎校長の練り出した「龍尾脚」を見よう見まねで習得するほど運動神経は優秀。逆に勉強は苦手だが、小島勉白鳥マリア星山吼児月城飛鳥が協力の元の一夜漬けで0点から80点に急上昇したのを見るに、理解力に乏しいのではなく集中力や趣味嗜好の問題らしい。また、テストと注射が嫌いで、それらをモチーフにした邪悪獣デストラーや、イタイゾーと対峙した時には嫌がっていた。

マリアとはケンカが絶えないが、決して仲が悪いわけではなく、誰よりも彼女を信頼している。将来の夢はF1レーサー(もしくはJリーガー)。だが、キャラデザの武内氏が描いた7年後の短編コミカライズでは、酒屋の後を継ぐ事を仄めかしている(ただし、あくまでも非公式であるため留意)。

ちなみに、この年代の子供には珍しく演歌好きであり、ヴォーカルアルバムに収録された仁のキャラクターソングは「男が燃える陽昇海峡」という演歌である。担当声優の松本梨香氏は後年『ポケットモンスター』の主題歌でミリオンセラーを記録したり、スパロボファンにはお馴染みのJAM Projectのメンバーとなったりするだけに、なかなか力強い歌い振りである。

番組次回予告でのナレーターも担当するのだが、その回の主役となるクラスメートをフルネームで紹介する親切(?)なところもある。

続編元気爆発ガンバルガー』においては、ふとした事から陽昇町を訪れた霧隠虎太郎の前で邪悪獣イビキングと戦っている。

中学生ではサッカー部に入部するも、「レギュラーになる」というマリアとの約束(マリア自身は忘れていた)を果たせず、個人プレイに走るが、姫木先生の言葉や仲間達の激励で、チームプレーの大切さを思い出す。

また、『完全勝利ダイテイオー』のパイロット映像においても、中学生である。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦BX
仁は本作のCMも担当している。余談であるが、松本梨香氏はTwitter上で作品名は伏せていたが、ゲームで仁の声を収録したことを公表していた。
第47話「自分達の信じるモノの為に!」ではジャークドリーム内での(偽者の)悪い顔のグラフィックも披露される。
スキルアイテムで「仁のテスト」が登場する。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GC
初登場作品。序盤主人公ワッ太同様ホワイトベース隊への参加要請があったようなのだが、PTAの圧力のため日本に居残り。正式加入はガンドール地球に帰ってくる中盤以降になる。
熱血の習得がやや遅いので注意。
スーパーロボット大戦XO
カットインが追加され、新規シナリオで出番が増えたが、巨大からくり雷神王が削られたため、ボイスが減った。
スーパーロボット大戦NEO
第2話からの登場。彼を含む防衛組とライジンオーは分岐以外で離脱することがないので、序盤から戦力として使っていける。サブパイロットの面々が必中ひらめきを担当するため、事実上熱血担当。地球防衛組の中で唯一音声が新規収録された。
スーパーロボット大戦Operation Extend
今回も登場が早く、またエルドラン・チームを代表してまず地球防衛組コネクト・フォースに参加することになるので、エルドランシリーズの中で正式加入が一番早い。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

搭乗する機体と同様、バランスの取れた能力の持ち主。スーパー系の中では回避が高めの傾向にあるが、過信は禁物。

精神コマンド[編集]

GCXO
ド根性不屈集中熱血気合脱力
NEOOE
集中熱血不屈気合
BX
ド根性不屈闘志気合熱血

特殊技能(特殊スキル)[編集]

GCXO
底力L8、シールド防御援護L2
NEO
底力
OE
底力:攻撃L9、ガードL9、闘争心L9
BX
地球防衛組L9、底力援護攻撃援護防御全体攻撃

固有エースボーナス[編集]

気力(初期気力+5、気力上限+10)
NEOOEで採用。

人間関係[編集]

家族[編集]

日向忠太郎
酒屋「日向ストア」を営む父親。SRW未登場。
仁の母
母親。本名不明。SRW未登場。

陽昇学園・地球防衛組[編集]

月城飛鳥
クラスメイト兼チームメイト。張り合うことも多いが、内心では信頼している。
星山吼児
クラスメイト友兼チームメイト。
白鳥マリア
地球防衛組のまとめ役。度々、口論になる。
今村あきら小川よしあき
悪友。よくつるんでいる。
篠田俊太郎
陽昇学園5年3組の担任。学習態度から度々、彼を悩ませる。
矢沢永吉郎
陽昇学園校長であり拳法部顧問。龍尾脚は見よう見まねながら教わる。
キャロル
陽昇学園で飼われているヤギ。仁の(悪い点数の)テストの答案を食べてくれない。
谷口六朗
5年2組の生徒。ライバルのような存在。何かと反発するが、ライジンオーの発進を隠す際に協力した。
ちなみに名前は、設定制作スタッフの一人である谷口悟朗氏が元ネタ。

ジャーク帝国[編集]

ベルゼブ
敵。後に和解する。
ファルゼブ
敵。一度、彼女が頭に隠れ、超能力が使えると思い込んだ。
タイダー
後に日向ストアに世話になる。それ以前にも何度か顔を合わせている。

その他[編集]

エルドラン
仁らに力を託した存在。
武田長官
防衛隊の長官。本作における反発する大人。

他作品との人間関係[編集]

エルドランシリーズ[編集]

霧隠虎太郎
NEO』では同じエルドランからロボットを与えられた仲間だが、NEO以前にもガンバルガー第17話において、一瞬だが競演を果たしている。
なお、その際は魔界獣によって陽昇町に飛ばされてきた虎太郎が邪悪獣の攻撃に巻き込まれそうになったところをライジンオーで助けている。
ガンバーチーム
『NEO』では同じエルドランにロボットを与えられた仲間だが、NEO以前にもDVD-BOXの特典ドラマCDにおいて競演している。
その際は紛失したライジンメダルを探していたところに魔界獣の能力で吹き飛ばされてきた彼らと出会い、ライジンメダル捜索を手伝ってもらった。その後は協力して邪悪獣と魔界獣を倒している。
峯崎拳一
『NEO』にて、似たもの同士の彼と意地の張り合いをしたため…。
石田五郎
『NEO』にて彼を激怒させてしまい、結果的にゴウザウラー以外の作品のキャラとしてはばくはつ五郎の犠牲者第1号になってしまった。
機械神
『NEO』にて、最終決戦の際はザウラーズに勝るとも劣らぬほどの怒りを顕にしていた。
本作において、ベルゼブやファルゼブ、タイダーにオセッカイザーなど多くの敵陣営であるジャーク帝国の者達と和解できただけあって、最後は自分達を助けてくれたエンジン王ギルターボを死に追いやった機械神は、ワルーサ以上に許せない存在だった。

その他の作品[編集]

竹尾ワッ太
GCXO)』にて民間で侵略者と戦う小学生同士で、ライバルっぽい関係。
アララ・ミルク
『NEO』にて、大衆食堂で大食いする彼女にドン引きした。
カミナ
OE』ではカミナを兄貴分として尊敬しており、地球防衛組コネクト・フォースが彼から「大グレン団」と呼ばれることも気にしていない。
天海護
BX』における友人の一人で、仁より2つ年下。
キオ・アスノ
『BX』における兄貴分の一人で、「キオ兄ちゃん」と呼んで慕っている。協力して邪悪獣を撃退したり、艦内でよくつるんでいたりと絡みも多く描かれる。

バンプレストオリジナル[編集]

赤月秋水 / 赤月光珠
GCXO)』にて民間で侵略者と戦う者同士。
レジアーネ・ヨゼフィーヌ
『XO』にておばさん扱いしたことで、彼女を激怒させた。

名台詞[編集]

「ライジンオー、無敵合体!」
合体する時の掛け声。
「絶対無敵!ラーイジーンオー!!」
敵を倒したときの決め台詞。
「授業中でも出動OK!」
次回予告での決め台詞。
「元気元気、元気印」
エンディング「地球防衛組応援歌」での台詞。ちなみに、この台詞は松本梨香氏のアドリブであるが、仁のキャッチフレーズとして定着。松本氏のTwitterにも使われている
「ちょっと待てよ、エルなんとか!」
「おい、いきなり落っこちてきて、学校壊しといて、な~にが『君達がこの地球を守るのだ』だよ!」
第1話より。エルドランの見せたイメージの中、「自分に代わって五次元帝国と戦え」といわれた際の反発。ごもっともである。
あくまでもイメージを見せただけで学校は壊れてはいないが、エルドランは「君達に任せるしかないと」押し付け気味にメダルを渡していく。
「俺達、地球防衛組ってとこかな」
第1話。戦闘終了後。篠田先生からライジンオーについて聞かれ、こう宣言する。その後、宿題免除を頼み込むが、それとこれとは別問題であった。
「マリアの奴…そこまで言うこと無いじゃんか、俺って最低かなぁ…」
第39話より。年末にて仁の父が骨折したために、仁は家の手伝いを優先。邪悪獣が現れても、全く暴れる気配がないとわかるや剣王のまま配達を行う。その後、抗議にきたマリアに「地球防衛組の自覚がない」と言われ、失望した彼女は泣いてしまう。いたたまれなくなり飛び出した仁だったが、マリアの姿を思い出し、後悔してこの台詞を呟く。この時剣王に乗ったままであった為、剣王は三角座りをしたり、大の字になっていたが、仁の心情を表している。
「ベルゼブ…これが地球での仲直りの印なんだぜ」
最終話より。ベルゼブとの和解の台詞。右手を差し出しながら握手を求め、彼らは「仲直り」をする。
「人の心を勝手に弄繰り回すような真似しやがって、ゆるさねぇぇっ!」
OVA第1巻より。邪悪獣ハツコーイ(SRW未登場)に向けての怒りの一言。
「クリアな映像でばっちぐぅ~」
放映当時のライジンオーの本編ビデオのCMの台詞。台詞に時代を感じさせてくれる…。
「大丈夫か!?」
「ボケッとしてると邪悪獣に踏み潰されるぜぇ、早く逃げな」
続編元気爆発ガンバルガー』第17話にて、前述の通り陽昇町に迷い込み、邪悪獣に踏み潰されそうになった虎太郎を救った際の台詞。
同時間軸の出来事のため、未だ現役だが、(番組と)キャラクターデザインの交代により、顔が異なる。『NEO』でもガンバルガーのピンチに現れた際に言ってくれる。
「ファミコンミニ、ゲットだぜ!」
GC』のCMで購入者特典としてファミコンミニを紹介した時の発言。言うまでもなく、声優ネタである。

迷台詞[編集]

「俺は本来アクション派なんだ。せこせこ勉強なんかしてられっかい」
第3話。成績不振のためマリア達の協力を得てテスト勉強することになり、塀をよじ登って逃げ出す際の台詞。
流石、アクション派だけあって行動力はある。しかし、マリア達に先回りされていた…。
スパロボでは一部アレンジされて、戦闘台詞に採用されている。
「こいつ、俺のテストが食えねぇってのか? ようし、こうなったら何が何でも食わせてやる!」
第5話。テストで悪い点を取ってしまい、そのテスト用紙をヤギのキャロルに食べさせようとするもそっぽを向かれてしまい無理矢理食べさせようと、躍起になる。
一方、キャロル本人(?)も嫌だったらしく、仁が去った際には舌を出していた。
ちなみに、仁の悪い点を取った時のテスト用紙は陽昇寺の地下に隠してあったり、山に埋めてあったりで、この話のラストで大量に見つけられてしまう事に…。
余談だが、実際にヤギに印刷した紙を食べさせると、腸閉塞を起こして死に至る危険性があるので、絶対に食べさせてはいけない
なお、『BX』ではスキルアイテムとして「仁のテスト」が登場する。おそらく、悪い点数を取った時のものだろう。
(ひひひ・・・この騒ぎで、誰も俺が注射してないことに気づいてないぞぉ…やったね)
第14話より。注射が嫌いな仁は予防接種の注射に抵抗。飛鳥と篠田先生が取り押さえる中、医者をふっ飛ばす。同時に「注射なんて迷惑だ」の一言で影で邪悪獣イタイゾーが誕生。その様を5年2組の谷口六郎に嘲笑され、怒ったマリアが野球対決に持ち込んだため、予防接種がお流れになったことをほくそ笑む。
しかし、試合終了後、姫木先生に「何か忘れてないかしら?」と声をかけられてしまう・・・。

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集]

単独作品[編集]

XO[編集]

「いいんじゃねえの? 5体くらいライオン型ロボットがいたら、合体して人型になれるかもしれねえしな」
XO』第9話「日本侵攻作戦」の追加場面より。「ダルタニアスにもライオン型のロボット(ベラリオスのこと)がいる」と剣人から聞かされた際に。
元ネタは遙か昔、宇宙中を暴れまわった伝説のロボットだと思われる。
「のこのこ出てきたのを後悔させてやるぜ、おばさん!」
レジアーネ「おばっ…! 誰がおばさんだ! 私はまだ28だよ!」
「やっぱ、おばさんじゃねえか」
『XO』第32話「復活!真ゲッターロボ」にて追加されたレジアーネとの戦闘前会話より。妙齢(?)の女性をおばさん扱いし、彼女を激昂させてしまう。

NEO[編集]

「なんだぁ、あの子!? すっげえ食べっぷり!」
第8話「剣と魔法の世界へ」より。大衆食堂で大食いしているミルクにドン引きした時の台詞。
「さっすが、ドモン・カッシュ! 愛する人を手に入れるために勝者となった男の言う言葉は重いわ!」
第11話「森林の白狼、神の城の天馬」より。パッフィードモンに問いかけた「勝つことで得られるもの」への返答の賛辞。
この一言でパッフィーとイズミは特に「愛する人に」の部分に興味を持ってしまった。直後のドモンはやはり「…………」と無言である。
「あのダジャレ兄ちゃん! 今回はマジでシャレになんないぜ!」
第13話「恐怖のダンジョン!奪われし輝きと目覚める力!」 より。クィーンサイダロンを奪ったダ・サイダーを倒したと思いきや、彼の負けん気な強さで復活した際に驚きを表した。
「その緑の石を使うと伝説の何かが目覚めたりして!」
第18話「邪竜族降り立つ!恐るべき侵略者!!」より。精霊石に神秘の力があると聞いての発言(声優ネタ)。
元ネタは松本氏が主人公を演じた『伝説の勇者ダ・ガーン』。この発言に続いて、『ガンバルガー』の鷹介も勇者シリーズの声優ネタ発言をしている。
「なんだよ、地球防衛組は無視かよ…」
第20話「その名はダイテイオー!」にてダンケッツがガンバーチームとザウラーズに出会い喜んだ時に呟いた台詞。
「あの二人の無念を晴らすためにも、機械神! お前は俺達が必ず倒してやるぜ」
第36話「いつまでも熱血最強!」より。機械化帝国との最終決戦において、機械神に対して叫んだ台詞。
ザウラーズに並んで散っていったエンジン王ギルターボを気にかけていた事が伺える。
「あの時の篠田先生姫木先生が見てたらイチコロだったかもな!」
同じく第36話。命がけでエンジン王の心を動かした際の篠田先生の姿を絶賛して。確かにハートを掴んでいたかもしれない。
この後チョビも続いて、中島先生に「弥生先生を連れて来れなくてゴメン」と言い出す。

携帯機シリーズ[編集]

BX[編集]

「でも、それってなんか違わねえか? 何かが足りないっていうか…」
第9話(オリバーノーツルート)「守れ!子供達の戦い」より。祖父の言うがままに淡々と戦う姿勢を見せるキオの姿勢に違和感を覚えて。
この直後に起こった戦闘でキオは仁たちの「守るための戦い」に感化されていく。
「だってよ、これで俺達、授業サボり放題ってわけじゃねえか! これが喜ばずにいられますかって!」
同上。ディーヴァ内に造られた自分達地球防衛組の教室を見て。
だが、先生たちも授業のためディーヴァに乗り込むことになったので、つかの間の喜びであった…。
勉「仁君、飛鳥君、吼児君!敵の力は未知数です!くれぐれも気をつけてください」
マリア「特に仁!相手の機体のほとんどがライジンオーより小さいからって、間違っても油断しないでね!」
飛鳥「大丈夫だよ、マリア。僕達が一緒に乗ってるんだから、そんな油断はさせないさ」
吼児「というわけだから、注意して戦ってよ、仁君!」
仁「だぁ~!油断とか注意とか、どれだけ俺を信用してないんだよ!
第10話「皇の浮上」における、初戦の戦闘前会話(8話分岐で月選択時のみ)より。
マリア(バカ、気を使ってくれてるんでしょ!少しは考えなさいよ!)
仁(うっせーな、分かってるよそれくらい!いつまでも俺達が気にしてたら余計気を使わせちまうだろ!)
第21話「脅威!古代ミケーネの遺産!」にて。ジオン残党との戦いで彼らも同じ人間であることを知り、ヴェイガンにも同じ事が言えるのではないかと悩んでいたキオを心配していると悟らせるまいといつも通りに振舞った。
吼児「わわっ…!あいつ、なんかすごい怒ってるよ!」
飛鳥「きっと僕達に邪魔をされたからさ!怒るって事はそれだけ迷惑なんだ!」
仁「よーし、ケドラ!俺達ライジンオーがお前にとってもっと迷惑な存在になってやるぜ!」
同じく第21話にて、アイアンカイザーを操るケドラとの戦闘前会話。邪悪獣発生する仕組みを知っていたらとても言えない台詞である(実際、次の話ではジャークライジンオーが複数体出てくるのでシャレになっていない)。知らぬが仏とはまさにこの事。
「初めての宇宙行きがコレかよ…。ドキドキとか、スリルがあるなんてレベルじゃないぜ!」
第25話「虹を見た日」より。木連の放った相転移誘導弾から逃げ、なおかつ地上への影響を抑えるため、宇宙に上がる事を提案したユリカスメラギの作戦に対して。
分岐で二度も楽しみだった宇宙行きをお預けになった仁だが、初めての宇宙は命懸けの大移動。更に想像以上のドキドキとスリルと、そして忘れられない輝きに満ち満ちた行程となったのだった。ちなみに、台詞の元ネタは『絶対無敵ライジンオー』のOP「ドリーム・シフト」の歌詞より。
「よっしゃあ、一気にゾンダークリスタル、ゲットだぜ!」
第27話「暗黒の大決戦」より。合体原種撃墜時の台詞。言うまでもなく松本梨香氏の代表作の声優ネタ。上述した通り『GC』でのCMや、OGシリーズで発言したことはあるが、版権作品のゲーム内かつ、文字通りの意味で発言したのは初
「そんなんでシャアになるんなら、トランザム使ったガンダムのみんなだって、シャアになっちまうっての!どうせ偽者だから、あんなヘンテコな仮面を被ってるんだよ!俺達が化けの皮を剥がしてやるぜ!」
第32話「対の獣と光」より、「フロンタルは本当に赤い彗星なのではないか」と考えた吼児に対して。本物仮面を被っていた事がある事を知らなかったようだ。
「どう見ても百発以上あったよな。アレ…」
第37話「降臨!大いなる神の化身!」より、マジンガーZの「ロケットパンチ100連発」を目の当たりにした際の一言。確かに、そうである…。
ちなみにイベント戦闘でボイスが固定されているため、初披露の時甲児は100連発とは言わない。事前に技名だけ聞いていたのだろうか?
「けど、変な話し方だな。てんで意味が分かんねえぜ。なあ、戒道?」
第44話「光の騎士」でショウマーベルの回りくどい会話を聞いていた感想。
以前にも黒騎士ライジンオーに対する発言を理解できていなかったりと、仁にとって富野節は難しかったようである。
なお、仁から会話を振られた戒道の反応は「(富野節は)分からないわけではない、分かりづらいだけだ」であった。
「へっ、これで分かったぜ!お前は偉そうな事を言ってやがるけど、本当のところ、何も考えてないんだ! 」
第45話「伝説の光芒」にてジャーク帝国を自分の管轄外と断じたZマスターに対して。この指摘は与えられた役割をこなすだけの生き方をしてきたランプレート人のみならず、ただ「器」であろうとしかしなかった仮面の男にも通ずるかもしれない。
「フヌケを治すなら、楽しい事を教えてやればよかったじゃねえか!」
マーダルに対しての特殊戦闘台詞。「伝説の光芒」で流れるのならシチュエーション通りで真っ当なのだが、マーダルが顔見せするボストンルート30話でも普通に流れる。当然その時点ではランプレートの状況なんぞ知らない筈なので「どうしてそれを知っている!?」と突っ込まれること必至。
マリア「ゲームと地球、どっちが大切なのよ!」
「そりゃ決まってんだろ! ス…」
BX』中断メッセージより。「ゲームと地球」の2択で何を言おうとしたのかは謎。

搭乗機体[編集]

剣王
仁の愛機。合体時にはライジンオーの胸部を構成する。
ライジンオー
仁の愛機の合体後の姿。
ゴッドライジンオー
ライジンオーが超無敵合体することで完成する、地球防衛組の究極の力。
巨大からくり雷神王
メイン操縦士を務める。

余談[編集]

  • 「日向仁の家が酒屋に設定されているのは、シリーズ構成の園田氏の実家が酒屋であるため」とのこと。店構えも似ているらしい。
  • 日向仁の担当声優である松本梨香氏は日向仁を演じた後、舞台の仕事に専念するつもりだったが、本作をきっかけに声優としての新たな道を踏み始めたという。
    • また、松本氏は本作のタイトルコールも担当しているが、叫びすぎてマイクを壊してしまうこともあったという。