天海護

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
天海護
読み あまみ まもる
本名 ラティオ
登場作品
声優 伊藤舞子
種族 異星人(緑の星)
性別
星座 天秤座
年齢 8歳 → 10歳(FINAL)
出身 緑の星
血液型 O型
所属組織
  • GGG
  • カモメ第一小学校
所属部隊 機動部隊(GGG)
学年 3年1組(小学校)
役職 特別隊員(GGG)
テンプレートを表示

概要[編集]

通称「緑の髪の少年」。カモメ第一小学校に通う小学三年生。

口癖は「うわっはー!!」。元々父親である天海勇が言う台詞であり、それが移ったものである。

冒頭の8年前、ギャレオンによって天海夫妻に託される。以来、その愛情を一身に受けて、ごく普通の子供として育てられる。優しく礼儀正しく元気で勇気ある少年。初野華とは幼なじみの間柄で、クラスでも公認のカップル。

実は機界昇華寸前の三重連太陽系「緑の星」からギャレオンによって地球に運ばれてきた宇宙人で、EI-02の出現を契機に秘められた力に目覚め、GGGに協力するようになる。その力はゾンダー化された人間を核から救い出す「浄解」や、獅子王凱Gストーンをアジャストするなど、ゾンダーとGストーンに密接に関わっている。浄解時に体が緑に発光し八枚の光の羽を持つ姿になるが、これは浄解モードと呼ばれている。それ以外にも、強力なバリアを持ち宇宙空間を生身で飛行することも出来、また生体への治癒能力やサイコキネシス、テレパスなどが使えるようである。浄解の際に使う呪文はラテン語をベースにしたもの。

生まれ故郷「緑の星」で実の親に名付けられた名は「ラティオ」であり、ラテン語で理性を意味する。三重連太陽系赤の星の出身者(ソルダートJ戒道幾巳など)は護を緑の星での本名で呼ぶ。

地球人としてごく普通に育った身の上ながら、実際は別の惑星で生まれた宇宙人であり、今まで愛し育ててくれた両親が実の親ではなかったことに困惑し悩む事も多かったが、素直で優しく、愛する人たちを護るためには命の危険も顧みず戦いに飛び込む勇気ある少年であり、GGGとの関わり合いや、周囲の支えもあって次第に自身の力を受け入れるようになった。

Zマスターの脅威から宇宙が生み出した天然の抗体でもあり、能力を解析することで緑の星でGストーンが生み出され、それを受け継いだ地球でサイボーグ・ガイやガオガイガーが生み出されることとなる。またゾンダー勢力からは「カインの造りし破壊マシン」と呼ばれるが、これは元来機械であるゾンダーや原種が生命体の存在を機械的に解釈するための表現である(なので、カインの息子であるラティオ=護は、ゾンダー勢力からすると「カインが造った、ゾンダーを破壊する力を持ったマシン」という認識になる)。

テレビシリーズ最終回において、別の星の機界新種の脅威にさらされているかもしれない人々の助けになるべく、ギャレオンと共に宇宙に旅立つ。

続編のOVAにおいて、本当は、カインのテレパシーで呼び出されていたことが判明。だが、そのカインはソール11遊星主ペイ・ラ・カインであり、遊星主の罠にはまってしまう。自身のレプリジンに助けられた護は、レプリ地球でGGGと再会。彼らと共に遊星主と戦い、自身は、ペイ・ラ・カインと交戦。戦い終えた後、戒道幾巳と共に、地球に帰還させられ、華や両親との再会を果たす。

登場作品と役柄[編集]

αシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦α
非戦闘キャラだが声が入っている。ゾンダー絡みのイベントで出番は多い。「浄解」のシーンはデモが用意されている。年が近い真田ケン太イルイと親しくなる。
第3次スーパーロボット大戦α
前作同様出番が多い。レプリジンではあったが、敵となって凱と対峙する。今回も声が入っている。ちなみに凱に対しては専用台詞があるが、同時登場のゴルディマーグは戦えないため、汎用台詞はイベントでしか聞けない。
第28話「いつか星の海で」ではさすがに原作の死亡イベントは再現されず、消耗して撤退したところをイルイに助けられる、という形になっている。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦W
既に力を使い、GGGに協力している部分からスタートしている。時限爆弾を捨て身で運ぶなど、一人で積極的な行動を起こすことも。第2部で登場するレプリジンはレプリソルダートJを伴っており、原作・『第3次α』と比べてどうも言動が乱暴。ゴライオンが出て来るため、汎用台詞も表示される。
スーパーロボット大戦BX
『W』同様に、シナリオ開始時点で既にGGGに協力している。今回はミス一番星コンテストにて大河長官に指名される形で戦術指揮を担当。
今回は原作最終話の再現で一度死亡する展開がある。

ステータス設定の傾向[編集]

戦術指揮[編集]

防御スキル発動率上昇、気力限界10上昇、精神ポイント20上昇

人間関係[編集]

獅子王凱
兄貴分。(初対面では)おじさん→凱さん→凱兄ちゃんと呼び方が変化した。おじさん呼ばわりは何気にトラウマのようで別ゲームなどで他の人間に呼ばれた際は凱をピンチにしたことも。
初野華
ガールフレンド。北海道では幼馴染、東京ではクラスメート。最終話では結婚するが、小学生なので当然だが法的な婚姻ではない事実婚である(婚約といった方が正しいかもしれない)。
10年後も関係は良好だが、まだ法律上の夫婦にはなっていない。
牛山末男数納鷹泰狐森レイコ
仲の良いクラスメイトたち。
天海勇
育ての父親。護の口癖は彼譲りである。
天海愛
育ての母親。
ギャレオン
いつも見守ってくれるライオンロボット。
ボルフォッグ
身辺警護を行うロボ。もう一人の兄貴分。
戒道幾巳
同じクラスメートであり、運命を共にする友達。実は赤の星の生体兵器のアルマ。
彼のことは「戒道」と地球での名の苗字で呼んでいたが、10年後は互いを育ての親がつけてくれたファーストネームで呼び合うようになっている。
天海護 (レプリジン)
ピサ・ソールからパスキューツールを持ち出そうとした際、誤作動によって生まれた自分の複製。本物と同じように勇気を持ち、レプリギャレオンとの自爆も覚悟の上で護の活路を開いてくれたのだが、ソール11遊星主に捕まり洗脳され、凱と戦うはめに。

他作品との人間関係[編集]

真田ケン太
同年代の友人。無限力ビムラーに選ばれた、人間(有機生命)とメカ(機械)の調停者たる存在。『第2次α』EDでは星の海へと旅立つ彼を見送る(つまり本編最終話とは逆の立場)事に。
イルイ・ガンエデン
同年代の友人。星の海への道を閉ざさんとするヒトの造りし機械神の半身。
相良宗介
W』にて共演。最初は護をテロリストの少年兵だと誤解する場面もあったが、すぐに誤解は解ける。その後は護を「GGGの戦士」と評し、一目置くようになる。
ヒイロ・ユイデュオ・マックスウェル
『W』では職業柄、プリベンターと行動することがあったらしく、お互いに面識がある。
ベターマン・ラミア
本編終了後を描いたDVDにおいて、ガオガイゴーの試験運転中に彼と遭遇し、覇界王に関する警告を与えられる。
日向仁
BX』では彼のメダルを返して以来の友人となる。ちなみに護より2つ年上。
シュンカ・ザマ
『BX』にて、ビショット軍に避難所を攻撃された際、近くに居合わせた彼に助けられる。
リュウ・ホウメイ
『BX』にて、母の得意料理であるトロピカルハンバーグを作ってもらった。曰く、「お母さんのとは違うけど、美味しい」とのこと。

名台詞[編集]

「天海護…9歳!所属と番号は…ありません!」
GGGベイタワー基地へ向かうエレベーターのセキュリティに名前、年齢、所属、認識番号を問われて。『第2次α』ではDVE
「それを壊しちゃ…だめぇぇぇぇ!!」
ガオガイガーがゾンダー核を潰そうとした時、無意識に自分の力に目覚めて止めたセリフ。
「うわっはぁ!おじさん、カッコイイ!」
獅子王凱に助けられたときのセリフ。凱は二十歳であり、当然ながら指摘された。
「ッ! ダメだ、凱兄ちゃん! それは本物のコアじゃないッ!!」
「約束は光の彼方」にて、E1-17にヘルアンドヘヴンを放った凱に対して。だが、警告は遅く、ガオガイガーの手がゾンダーコアを掴み取った瞬間、全ては光に包まれ……。
「すごく強い、すごくでかい、すごいロボットだ!」
キングジェイダーの圧倒的で重量感あるパワーを見せられてたときのセリフ。
「クーラティオー、テネリタース、セクティオ、サルース、コクトゥーラ!」
浄解の呪文であり、「ラテン語」である。直訳すると「治療、繊細、切り取り、安全、分解」となる。また、最後に「ウィータ」は「人生」となる。
「嘘だよね…凱兄ちゃん…。ギャレオン…!みんな返事をしてよ!目を覚ましてよ!!」
「凱兄ちゃん…!答えてよぉおおおおおおおお!!」
死闘の末、EI-01に勝利するも力を全て使い果たし、もはや生存が絶望的となった達に涙ながらに叫んだ、その時……。
「宇宙人だって嫌われたって構わない!僕は華ちゃんを守るんだ!!」
ゾンダーロボに捕われた華ちゃんを助けに向かった時の台詞。
これまで秘密にしてきた真実を明かすことになっても、大切な人のために立ち上がる姿はまさしく「勇者」と呼ぶにふさわしい。
「僕らは、ついにこの瞬間を迎えた……僕らは待っていた!」
「みんな……みんな帰ってくるんだね! 次元を超えて、この宇宙に!」
「でも……あれは……ジェネシック!? それとも、ザ・パワー……!? あれが……ソムニウム達の言っていた、次元の変革者……覇界王!!」
ピクチャードラマ「プロジェクトZ」より。迫る勇者達の帰還……だが、それに先駆けて起きた木星の異常。護が、そして上空のソムニウム達が見守る中、木星より現れたのは最強の破壊神そのものの姿をした、「全ての次元を覇界する者」だった。
「これが、勝利の鍵だ!」
その続き。覇界王との戦いにてガオガイゴーが果たす役割とは? それはまだ、誰にもわからない。
「ゾンダーを…ゾンダーを感じる!  ざーんす」
勇者特急マイトガインのラジオドラマ『嵐を呼ぶハネムーン』にて。
正確には護本人ではなく、彼の声マネをした悪役の台詞。
この台詞を聞いた舞人は、思わず「本当か、護!?」と反応してしまうのだった(いわゆる声優ネタ)。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「僕は…僕は……」
「原種だ!!」
第3次α』第13話「もう一度、自らの足で」より。パスダー戦後、新たに姿を現した原種の存在を感知することができず、苦悩していた護。ようやく原種の存在を感知することができたシーン…なのだが、テキストで読むと、原作未見のプレイヤーにはまるで自分が原種であると気付いたかのように読めてしまう。ちなみに、台詞の間には感知の効果音が入っている。と言っても、原作でも台詞は全く同じなのだが。

余談[編集]

  • 実は、最終回「いつか星の海で」でのゾヌーダ戦で一度死亡している。ゾヌーダロボの攻撃を受け止め切れなくなって吹き飛んだ際に首が明後日の方向に曲がっており、Gストーンの奇跡がなければ、そのまま死んでいた。
  • 『勇者王ガオガイガーFINAL』の後日談構想においては覚醒人凱号のアクセプトモードメインパイロットとなる設定が公開され、現在『覇界王~ガオガイガー対ベターマン~』にて活躍が描かれている。凱号はアクティブモードでファイナルフュージョンし、ガオガイゴーとなるので、ガオガイゴー時にはサブパイロットとなり、ハイパーツール操作のサポートを行うが、有事の際には戒道から制御を受け取って、コントロールすることもある。第一章では中学2年生だったが、第二章では、かつての凱と同じく、20歳になっている。
  • ゲーム『サンライズ英雄譚2』においてはガオファイガーとレプリガオガイガーとの戦いが描かれたものの、発売時点でOVAが完結していなかったために詳細が判明していないレプリジンの説明がつけられなかったのか、レプリジンではなく本物の護であったとして仲間になり、彼がガオガイガーを操縦することになる(ガオガイガーのデザイン自体はレプリガオガイガーのものとなっていた)。