2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

旋風寺舞人

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
旋風寺舞人
読み せんぷうじ まいと
外国語表記 Maito Senpuuji
登場作品 勇者特急マイトガイン
声優 檜山修之
天野由梨(幼少期)
デザイン 石田敦子
種族 地球人日本人
性別
生年月日 昭和109年8月24日
星座 乙女座
年齢 15歳→16歳(第29話より)
身長 160cm
体重 50kg
血液型 O型
所属 旋風寺コンツェルン
勇者特急隊
役職 旋風寺コンツェルン総帥
勇者特急隊隊長
好きな食べ物 マンゴスティン
イチゴ大福
テンプレートを表示

旋風寺舞人は『勇者特急マイトガイン』の主人公

概要[編集]

高校生でありながら、旋風寺コンツェルンの総帥にして勇者特急隊の隊長を務めるマイトガインパイロット。「嵐を呼ぶ旋風児」「嵐を呼ぶナイスガイ」等、複数のキャッチフレーズを持つ。

両親を謎の事故で亡くした後、父・旋風寺旭の遺志を受け継ぎ、「勇者特急隊」を作り上げた。トドメを刺す時には、敵の悪行に対する口上を述べてから倒す事が多い。ブレス型のダイヤグラマーは、特急隊との通信やマイトガインの合体に用いられる。

容姿端麗・文武両道・頭脳明晰・強い正義感。少々、気障なところもあるが、ヒーローと呼ぶに相応しい人物。その一方、本当に好きな子に対しては、シャイな性格という人間味もある。ヒーローらしく、バイクにも乗るが、愛用のバイクはスクーター。

自分の正義を非常に強く信じているが、戦闘による被害や事後処理には無頓着で、総帥としての能力は高いが、余り仕事熱心でないのが玉に瑕。

世間一般にはマイトガインにパイロットが乗っていることは知られているが、その正体が誰なのかは不明であり、一般人で知っているのはサリーなど極一部のみ。ちなみにそのサリーは周りに人がいる状況で、しょっちゅうマイトガインに向かって舞人の名前を呼んでいるが、意外な事にバレる様子はない。

戦闘服は同一のデザインだが、私服は毎週デザインの異なった物を着ている(「作画の都合で私服もいつも同じ」という多くの他作品の方が、本来はおかしいのだが)。貧乏で服が1着しかない雷張ジョーと見事に対比になっている。

登場作品[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦V
初登場作品。序盤から登場し、シナリオにも良く絡む。
初期登乗機のマイトガインはパッとしない平凡な性能のスーパー系だが、舞人自身は最初から「幸運」を所持し、社長技能によってマップクリア時にTacP50を入手(エースボーナスで2倍になる)と序盤から自軍部隊の戦闘力強化を支える重要なキャラクターである。最後に覚える「勇気」に反応したプレイヤーは多いだろう(シリーズの名前的に習得して当然と言えば当然なのだが)。
スーパーロボット大戦X
第15話創界山ルートから登場。ボイスも一部新録されている。
勇気の習得レベルが41に引き上げられている。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力[編集]

精神コマンド[編集]

VX
幸運根性直感鉄壁気合勇気

特殊技能(特殊スキル)[編集]

VX
社長ヒーローL9、底力L6、サイズ差補正無視L2
『V』ではグレートマイトガインになるとユニットサイズがLになるためか、サイズ差補正無視のスキルレベルは上昇させることができない。『X』では上昇可能。

固有エースボーナス[編集]

特殊スキル「社長」の追加Tacpが2倍になる
V』、『X』で採用。Tacpはいくらあっても困ることはないので、エースプラウドを覚えさせて早期に取得させたい。

人間関係[編集]

吉永サリー
ヒロイン。舞人と運命的な出会いをし、惹かれ合って行く。
ガイン
舞人とは親友のような間柄で、マイトガインに合体後は舞人のサポートにあたる。
トライボンバーバトルボンバー)、ガードダイバーマイトガンナー
勇者特急隊の仲間たち。
ウォルフガングカトリーヌ・ビトンホイ・コウ・ロウショーグン・ミフネ
(何度やられても懲りない)犯罪者たち。
チャーリー
愛犬。舞人と同い年であるため、かなりの老犬である。
浜田満彦
幼馴染。
青木桂一郎
執事であり、同時に父親のような存在。
松原いずみ
秘書。
雷張ジョー
永遠のライバル。実は親の仇が同じ人物という共通点がある。
小沢昭一郎
ヌーベルトキオシティの警部。煙たがられているところはあるものの頼りにもされている。
旋風寺旭
父親。勇者特急隊は元々彼が設立計画を進めていたが、列車事故に見せかけ暗殺される。
旋風寺ルリ子
母親。夫共々列車事故に見せかけ暗殺される。
旋風寺裕次郎
祖父。息子夫婦を早くに亡くした為、孫の舞人の事は非常に可愛がっている。
エグゼブ
宿敵で両親の仇。
ブラックノワール
諸悪の根源。

他作品との人間関係[編集]

リアル系[編集]

テンカワ・アキト
V』では、彼の存在に希望を見出して万丈と共に度々関わっていく。まさにフィクションから現れたような舞人の人間性は、アキトにとって眩いほどに輝く光に映るようだ。
アカツキ・ナガレ
『V』では、同じ巨大企業の若手社長という立場だが、先輩格である彼から組織のトップに立つ者としての教えを受けている。
プロスペクター
『V』では、アカツキとも付き合いがあるので、彼とも知己である。

スーパー系[編集]

破嵐万丈
『V』では、師弟関係を結んでいる。互いに大富豪でロボット乗りという共通点も存在する。
『X』では出身世界が異なるため、16話で互いに初対面となるが共通点が多い故か共感を覚えていた。
三条レイカビューティフル・タチバナギャリソン時田
『V』では、万丈のスタッフである彼らとも深い付き合いをしている。
戸田突太
『V』では、彼が万丈の一番弟子を名乗っているため、歳は下だが兄弟子でもある彼を門弟として敬い立てている。
剣鉄也
『V』では、マイトガインの操縦訓練の指導を行った縁から師弟関係を結んでいる。そのため彼が一時的に敵に回った時にはかなりショックを受けていた。
『X』でも同じく彼に操縦訓練の指導を頼んでいる事が語られている。だが、シナリオ上での絡みは前作よりも減っている。
神勝平
『V』では、彼の再起を一押しする。また一緒に鉄也の訓練を受ける仲でもある。
戦部ワタル
X』では彼の憧れのヒーローであり、同じ救世主として共に巨悪に立ち向かう。
最後の戦いが終わった後は、勇者特急隊の特別隊員として協力してほしいと頼んでいる。
シモン
『X』ではニアへのプロポーズのために男の質を上げようとする彼に、感銘を受ける。
ヴィラル
『X』では声がよく似ている為、何かと意気投合する場面がある。

バンプレストオリジナル[編集]

叢雲総司如月千歳
『V』では転移してきた彼等の身元を引き受ける。
神宮司辰ノ進
『V』では一社員でしかない彼の事も覚えていた。

名台詞[編集]

「その名は旋風寺舞人。大富豪にして正義のヒーロー、その上イカしたナイスガイ! 世界の平和を守るため、金も掛けるが命も懸ける。悪あるところ何処へでも無敵のロボット引き連れて、嵐の勇者只今参上!! 新番組『勇者特急マイトガイン』正義の力が嵐を呼ぶぜ!!」
新番組予告。「旋風寺舞人」の部分のイントネーションが放送開始後とは異なるものとなっている(後述)。
「レェェェッツ! マァァァイトガァァァイン!!」
(マイトガイン「グレェェェト・ダーッシュ!」)
マイトガインおよびグレートマイトガイン合体コール。グレートマイトガインの場合は更にガインの台詞へと続く。『V』ではDVE、グレートマイトガインの場合ガインの台詞もDVEだが、「グレート」の部分のタメがなくなっている。
高松信司監督によると、コン・バトラーVの合体コール「レッツ・コンバイン」が元ネタとのこと。また「Let's 舞人が IN」というダジャレでもあるらしい。
「そう…その通り!」
敵に「あれが噂のマイトガインなのか!?」等と問われた時のお決まりの台詞。この後にその時乗っている機体の名乗り口上へと続く。『V』では全機体、『X』ではマイトガインの時のみDVE。
の翼に勇気を込めて、回せ正義の大車輪! 勇者特急マイトカイザー、ご期待通りにただ今到着!」
マイトカイザーを変形合体させた際の名乗り口上。『V』ではDVE。
ちなみに、『勇者特急マイトガイン』が初参戦した作品である『スーパーロボット大戦V』のCMでは、旋風寺舞人が「定刻どおりにただ今到着!」と締めている。
「正義の力が嵐を呼ぶぜ」
次回予告での決め台詞。
余談だが、舞人役の檜山修之氏は本作の後に制作された特撮作品『仮面ライダーフォーゼ』でナレーションを担当したが、登場ライダーの一人である仮面ライダーメテオの強化形態のメテオストームは「俺の運命(さだめ)は嵐を呼ぶぜ」と『マイトガイン』を意識したかのような決め台詞を持つ。
「しばらくここで、お人形さんのようにしているんだよ」
第1話より。ティーゲル5656の攻撃で脚を怪我したサリーを安全な場所まで避難させた際、不安げな顔の彼女にこう優しく語りかける。さらりとこんな気障な台詞が出てくるあたり、流石と言うべきか。
サリー「あの…あなたは? 私、吉永サリーです」
「サリー…いい名だ」
サリー「あなたは?」
「名乗る程の者じゃないさ」
同上。この一連のやり取りの後、舞人は単身戦い続けるガインの下へ駆けていく。後に世界を救う英雄と、その勝利の鍵となった少女が運命の出会いを果たし、物語は動き始める。
「たく、何を考えているんだあの女。ついていけないぜ」
第8話より。カトリーヌ・ビトンが納豆工場を襲う理由――ビトンお抱えのシェフが落とした納豆を踏んで盛大に転び、踏んだ納豆が顔面に落下して大恥をかいたから――を聞いて。コレにはマイトガインも舞人に同意せざるを得なかった。
「許してくれ…俺が来るのが…遅かった…」
第14話。ジョーにより破壊されたトライボンバーを見て。
「『じゃが』も『おさつ』もないの! 悪いことをしたら素直に謝るんだ!」
第19話より。保護していた少年剣士・清丸が旋風寺邸を抜け出し、さらには追っ手から逃げるためとはいえ、トラックを暴走。ガインと共に止めた後、「じゃが(だが)……」と言い訳する彼に対しての説教。
シリアスなシーンだが、冒頭の台詞の所為で「青木さんが乗り移っている」と『アニメディア』の読者投稿で話題に上げられたことも。
「六千度なんて涼しいもんさ。正義を愛する俺のハートは一万度だ!」
第25話にて、鉱石エレメントXを護衛する中、リオデジャネイロに現れた怪ロボットを迎撃するため単身赴き撃破した後、六千度もある地中を潜り抜いて日本の護衛隊へと合流した際に発する。中々の伊達台詞であり「正義のハートは一万度」のサブタイトル回収でもある。
「よーし! ガイン、ガンナー、ボンバーズ、ダイバーズ! 合体だ!」
勇者特急隊「了解!」
第42話より。合体阻止光線の妨害を破り、ここから反撃の狼煙を上げるべく勇者特急隊に下した命令。普段ほとんど見せ場がない合体前のボンバーズ、ダイバーズ含めた勇者特急隊全員が揃う1シーンとなっている。
なおグレートマイトガイン・パーフェクトモード、バトルボンバー、ガードダイバーに合体するのであって、全合体をするわけではない。(もっともこの回で五体連結攻撃も披露しているが)
「駄目だガイン、退却だ!」
グレートマイトガイン「そんなことはできん! たとえこの身が砕け散ろうと…!」
「いや、今グレートマイトガインがやられてしまったら、世界はもう完全にブラックノワールのものになってしまう。もう一度、もう一度チャンスを狙うんだ!ガイン、わかってくれ!」
グレートマイトガイン「わかった…舞人」
「バトルボンバー!ガードダイバー!マイトガンナー!…退却だ!」
第45話より。洗礼ロボットを一体も倒す事ができず、隊長機であるツェットに必殺の真っ向唐竹割りも通用せず敗北を悟って。次の勝利を信じて苦渋の思いで勇者特急隊に退却指示を出す。舞人は最後まで諦めず戦うタイプであり、この時バトルボンバーたちも舞人の指示に困惑している様子を見せているため、舞人が本当に苦渋の思いで撤退を決意した事が伺える。
「みんな! 俺たちは1歩でも退けば、それだけこの日本がブラックノワールに汚される事になるんだ。だから俺たちはここから1歩も退かない! 例え倒れても、前のめりに倒れるつもりでいくぞ!」
第46話より。洗礼ロボットとの闘いに臨む勇者特急隊への鼓舞。舞人としては当然ただの鼓舞のつもりだったのだろうが…
「父さん教えてくれ、俺達の信じてきた正義って、一体何なんだ…!?」
「正義の力は、嵐を呼ぶのか…!?」
最終回予告のナレーションとシメ。次々と倒れる仲間達に流石の舞人も動揺を隠せず、いつものようにキメ台詞を言えなかった。
エグゼブ「お前は正義なのか?」
「当たり前だ!」
最終回より。エグゼブに問われて自分は正義だと即答する。自分が正義であると信じる、ではなく断じているため、ある種傲慢さすら感じさせる台詞だが、下記のブラックノワールが語る事実があるため「旋風寺舞人は物語の主人公の勇者なのだから正義なのは当然」という風に捉える事もできてしまう。事実、アイデンティティを揺らがされてしまうと存在が希薄になってしまう。自身が絶対的正義と看做す(身も蓋もない喩えをするなら、強烈な自己暗示である)ことで、舞人はこのアニメの主人公として成立するのだ。
「俺達はゲームの駒なんかじゃない!俺達は人間だ!」
ブラックノワールが語った驚愕の新事実に対して。彼の言うように『勇者特急マイトガイン』に限らずどのようなメディアでもその登場人物達はその世界の中で生きている人間で、決してゲームの駒ではない。だが、それでも製作者という存在に動かされているという事実も確かであり、いまだに物議を模す『マイトガイン』最終回の展開を象徴とする台詞となっている。
『V』ではブラックノワールとの戦闘台詞として採用。
「いまだガイン! 残る力を振り絞れ!!」
マイトガイン「了解! 動ぉぉぉ輪剣!!」
「正義の力をぉぉぉ!」
最終話より。ブラックノワールと対峙し、一方的にやられていた際、サリーのイノセントウェーブでブラックノワールが怯んだのを見逃さず、ダブル動輪剣を放ち戦いに終止符を打った。
確かにブラックノワールは倒せはしたし、舞人とサリーは戦いの後結婚するというハッピーエンドを迎えた。だが、ブラックノワールが言っていたように「ブラックノワールも巨大な悪という役割を与えられた存在」にすぎないならばそれを操る真の黒幕がいるということ。舞人が勝ち、ハッピーエンドを迎えるという結末もまたその者達に作られたという解釈もできる。
果たして彼等は本当に戦いに終止符を打てたのか? 本当に『勇者特急マイトガイン』はハッピーエンドなのか? それは誰にもわからない。
その疑惑を更に深めるかのように最終回エンディングは舞人とサリーの幸せそうな笑顔が描かれたセル画が画面に映り〆られる。
『V』ではダブル動輪剣の台詞パターンの一つとして採用されており、最後の舞人の台詞のあとにグレートマイトガインが「今ここに!」と繋げる。

迷台詞[編集]

「あ、あの…ネズミのせいだよ!」
第4話より。サリーの肩に付いたネズミ型のメカを振り払うも、うっかり彼女の胸に触れてしまい赤面。
直後に、サリーに頬を叩かれ転倒。謝罪して逃げ出すサリーに対して、四つんばいの状態で謝罪する。アクシデントとはいえ、第4話にしてようやく見せた人間味の有る間抜けな一面。
「超電導ジェット!? まさか、マイトウィング以外にあんな物があるなんて信じられない」
第11話より。飛龍を見たときの反応。『マイトガイン』の世界では、鉄道網の発達により、航空機の類が希少になっているが、身内の機体を忘れている(動揺していたからとも取れるが)。
「みんな! カボチャを破壊するんだ! これ以上街を滅茶苦茶にさせるな!」
第36話より。カトリーヌ・ビトンの作戦により、ヌーベルトキオシティに巨大カボチャが実を付けてしまい、勇者特急隊に下した命令。
敵の小型基地・兵器の破壊ならともかくも、「カボチャを破壊する」という命令はそうそう無いだろう。
(う、宇宙人!?)
(散々だな、まったく…)
第39話。マイトガイン紹介特番にゲストとして呼ばれ、マイトガインのパイロットは誰なのかと視聴者からの予想が紹介される中、何故か宇宙人説が流れて思わずズッコケる。[1]他にも、タイムパトロール説、太古からよみがえった恐竜説などの珍説が流れ苦笑い。他にもゲストである上井草ツトムは美少女パイロット舞ちゃん説、拝島権三はそもそも真面目に描くつもりが無いなど中々にフリーダムな様相を見せていた。ちなみに流石に舞人は真面目に描いていた(絵は父である旋風寺旭)。
「うわぁっ! やめろ、じいちゃん! こんな格好、やだよー!」
「じいちゃん、俺こう見えても、「嵐を呼ぶ旋風寺」って言われてんだよ。これじゃ嵐を呼ぶ園児じゃないか!!」
第44話より。クリスマスパーティにて、裕次郎が用意した幼稚園児のコスプレをさせられた際の台詞。当然パーティでは脱ぐが、直後、ノリノリでやってくるサリーを見て唖然とする舞人だった……。
「よし、二手に分かれて迎撃だ! ガインは俺とネオ鹿児島湾に、残りは……」
第46話より。ネオ津軽海峡とネオ鹿児島湾に同時攻撃がされたことを受けて。両方を守りたいという舞人らしい部分はあるものの、前話で完敗しているのに戦力を分散しようとする愚策だったため、ガインから「分散したら勝ち目がなくなる」とまで言われてしまう事に。
「青木の名前で、領収書貰えますか?」
『歌のアルバム』収録のミニドラマ「君の名は…」にてレンタル店でサリーと出会うも、舞人は成人向け作品を借りようとしていたため、冷ややかな応対をするサリーに、こっそり頼んだ台詞。未成年の上に青木が借りたことにしようとしたりと意外とセコい。
「誰、君…?」
同上。銭湯にて番台に座っていたサリーと出会った直後、直後に放送局つながりなのか、脱衣所で嵐を呼ぶ園児と出会った際の台詞。
「本当か、!」
「いや、あっああっ、い、いつもの癖で、つい…」
ラジオドラマ『嵐を呼ぶハネムーン』より。敵役のトニー・タナカの「ゾンダーを感じる」と言う発言に反応して。浜田から「どうしたんだ?」と聞かれた際は、後述の発言で誤魔化す。
由来は当時放送中の『勇者王ガオガイガー』からであり、ご丁寧に舞人の声質まで変わっている。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「…ありがとう、サリーちゃん。また君に助けられた」
「これを奇跡と呼ぶようじゃ、やっぱり、お前は神じゃないな!」
「好きな女の子からの声援を受ければ、何度でも立ち上がる! それがヒーローだ!」
『V』第51話より。原作と異なり、自分の存在に疑問を持った事で精神が崩壊しかけるも、サリーからの声援で復活を果たした。
ブラックノワールがそれを奇跡だと驚愕するも、舞人はそれを否定した。何故なら、「大切な人からの声援がある限り何度も立ち上がる」……ヒーローとして。
そしてブラックノワールは真田やルリの言葉、地球艦隊・天駆の意思に加え、この舞人の復活がとどめとなって自らの存在に疑いを抱いてしまうという皮肉な展開を遂げてしまう。
「世界を闇で覆い尽くそうとする者が神であるものか!」
「行くぞ、闇の帝王!世界に必要なのは闇ではなく、未来を照らす正義の光だ!」
上記のイベントを起こした後の闇の帝王との戦闘前会話から。ブラックノワールを機能不全に追い込んだが、自身を真の神と断言し「奴と同じように崩すことを出来ると思うなよ!」と言い放たれた際の返し。
「お前が負ける理由……それは、ただ一つ! ブラックノワール! お前が悪だからだ!!」
「ブラックノワール…。お前の存在が何であり、俺が何であろうと、これだけは不変の事実だ。正義は必ず勝つ!!」
同ステージにてブラックノワールを撃墜した際の台詞。
「すごいな、シモンさんは…。さらに成長しようとしているんだ」
「サリーちゃん、さっきの約束に付け足しだ」
「次に会う時までに俺ももっと大きな男になってみせる。約束するよ」
『X』創界山ルート16話にて。ニアからシモンが大きな男になるまでは、プロポーズの返事は聞かないと聞かされて。

スパロボシリーズの迷台詞[編集]

浜田「た、大変だ、舞人! 前回の戦いで出た被害額が100万を超えてしまった!」
「心配はいらないよ、浜田君。この程度の額なら、俺のへそくりで何とかなるから」
中断メッセージ「嵐の勇者、旋風寺舞人」より。100万をこの程度の額と言い切ってしまうとは…。もしや『V』や『X』で修理費がかからないのは舞人のへそくりのおかげ…? しかしアキトと同じ声のがこの発言を聞いたらどう思う事か。
「サリーちゃんは本当に立派だな」
中断メッセージ「舞人とサリーのお仕事」より。台詞だけならなんてことはないが、内容は月曜~土曜まで毎日別のバイトに加えて、日曜日に朝から晩までスパロボをプレイするといった事に関してである。まず休む事を勧めるべきではなかろうか…。一部からは社長なのだから旋風寺コンツェルンで雇用すれば…、というツッコミも。

搭乗機体[編集]

マイトガイン
ガインとマイトウィング、ロコモライザーが合体したロボット。
マイトウィング
400系新幹線「つばさ」がベースの飛行メカ。マイトカイザー登場後は自動操縦できるようになった。
マイトカイザー
ドリル特急を構成する各メカが合体したロボット。
グレートマイトガイン
マイトガインとマイトカイザーが超特急合体したロボット。

余談[編集]

  • 旋風寺舞人の名前の由来は、日活の映画スターである小林旭氏の愛称「マイトガイ」(マイトは「ダイナマイト」のマイトから来ており、ダイナマイトのような豪快な奴という意味)と、小林氏が主演の人気映画シリーズ『旋風児シリーズ』から取られている。
    • 同じく舞人の父親・旋風寺旭の名前もまた、小林旭氏に由来している。
  • 舞人の声を担当した声優の檜山修之氏は勇者シリーズのTVシリーズ最終作『勇者王ガオガイガー』でも主役の獅子王凱を演じた。勇者シリーズに複数回出演した声優は数多いが、主役を二度演じたのは檜山氏ただ一人である(ロボットまで範囲を広げれば、エクスカイザーとダ・ガーンを演じた速水奨氏がいる)。
  • 旋風寺舞人役で初主演となった檜山氏は、「『勇者特急マイトガイン』を通じて座長(主役)の役割というものを勉強させて貰った」と述懐している。
    • しかし、舞人が世界一の大富豪という役柄だったのに対して、檜山氏は「当時の僕は週4のアルバイターだった」と語っている(学費を自分で稼ぎ、食費すら覚束なかった)。それ故か共演していた先輩声優達からも、「演技が何だか貧乏臭いよ」とダメ出しを受けたとの事である。
  • 高松監督によると舞人の誕生日は設定制作に「適当に」と頼んだら、プロデューサーの誕生日と同日になってしまい、そのため誕生日のエピソードが8月末までお預けになったとのことである。
  • 苗字は「せぷうじ」と発音する。檜山氏は当初発音がわからなかったが、「どうせ自分の名前を言うシーンなんてないだろう」と思って放置していたが、毎回のように名乗りを上げることになり、慌てたという。「『扇風機』と同じ発音で」とアドバイスされてからはそれで固まったが、放送開始前の番宣などでは「んぷうじ」と発音しているものがある。

脚注[編集]

  1. ちなみに投稿者は『マイトガイン』の監督の高松信司氏。
旋風寺舞人」に関する事実
SRWシリーズ音声収録+
Has subobject
「Has subobject」は、Semantic MediaWikiによって提供される、通常の Wiki のページと同様のプロパティ値の割り当てを溜めることができ、コンテナの構造を示す定義済みのプロパティです。
旋風寺舞人 +
キャラクターデザインスタッフ:石田敦子 +
体重50 kg +
声優声優:檜山修之 +
外国語表記Maito Senpuuji +
年齢15 + および 16 +
性別+
登場作品勇者特急マイトガイン +
登場作品 (登場人物)勇者特急マイトガイン +
種族地球人 + および 日本人 +
血液型O +
身長160 cm +