パープル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
パープル
外国語表記 Purple
登場作品 勇者特急マイトガイン
声優 鈴木勝美
デザイン オグロアキラ
初登場SRW スーパーロボット大戦V
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
誕生日 1月28日[1]
星座 水瓶座
年齢 推定24歳
髪色
血液型 AB型
所属 ロックバンド「ブランカ」
ブラックノワール一味
趣味 読書
好きな物 烏龍茶
テンプレートを表示

パープルは『勇者特急マイトガイン』の登場人物。

概要[編集]

世界的人気を誇るロックバンド「ブランカ」所属のミュージシャン。担当はボーカル&ギター。

その正体はブラックノワールの忠実な部下。アジアマフィアを乗っ取った後、エグゼブの命を受けて暗躍する。

表向きは心優しきジェントルマンの顔を見せ、真の顔は美しき悪の華を信条とした快楽主義者であり、犯罪をライブや縦断ツアーと考えている。シェイクスピアや夏目漱石を尊敬しており、彼らの言葉を引用するのも特徴。ロボットマニアということから、マイトガインのパイロット説がささやかれたり、勇者特急隊を特集する特番に、旋風寺舞人共々、番組ゲストに呼ばれたこともあった。

勇者特急隊との戦いでは、戦力の分断、超AIの誤作動、合体阻止といった、巧みな作戦が多い。

クリスマスオペレーション開始時には空中戦艦ブランカと洗礼ロボット軍団を操って世界各国を制圧していき、ガードダイバーバトルボンバーを倒すが、それが舞人の怒りを買い、グレートマイトガインが放ったイノセントウェーブで強化されたパーフェクトキャノンによって乗艦ごと消し飛ばされて戦死した。

実はエグゼブことケン・エノモト同様、ブラックノワールによって洗脳され、悪の走狗と化してしまった人物である。

劇中では「SCANDAL」というバラード調の曲を披露している他、後期エンディング「Black Diamond」も彼が歌っているという設定[2]であり、シングルCDのジャケットは彼の半裸というデザインとなっている。

登場作品[編集]

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
初登場作品。原作同様に表の顔であるロックスターとエグゼブの部下という裏の顔を使い分け暗躍する。
オリュンポスの神々復活を手助けした後に正体を明かし、その後はナデシコルート第43話にて決着を付ける事になる。
担当声優の鈴木勝美氏は『スーパーロボット大戦NEO』の邪竜兵以来8年ぶりの新録参加となる。またマイトガンナーリーベも兼任する。
スーパーロボット大戦X
ドアクダー軍団に渡りをつけ、ブラックダイヤモンド連合の命名者となる。度々空中戦艦ブランカで現れてはこちらを煽ったり、妨害をしてから撤退するなど『V』以上に悪辣かつ小癪な印象が強い。
今回は第42話で決着となり、第42話では勝利条件を満たさない限り、洗礼で復活し続けるため、通称「パープル道場」としてTacPの稼ぎ場所となっている。もっとも、ブランカを一度の戦闘で撃破するのは難しいため、倒されるのは専らエグゼブ部下の方だが。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

VX
集中てかげん狙撃かく乱直感祝福

特殊技能(特殊スキル)[編集]

VX
天才指揮官L3、闘争心L3、気力+ボーナス気力限界突破L3、援護攻撃L2、ガードL2

固有エースボーナス[編集]

自軍フェイズ開始持。特殊スキル「指揮官」の効果範囲内にいる味方の気力+5
V』、『X』で採用。

パイロットBGM[編集]

「Black diamond」
パープル本人(設定だけではなく実際に担当声優の鈴木勝美氏が歌っている)が歌う後期EDテーマ。
パイロットBGMというわけではないのだが、『X』限定版にはボーカル付きの原曲が収録されており、パープルが登場するシーンで流れる。

人間関係[編集]

ブラックノワール
主にして黒幕。洗脳されて忠実な僕と化す。
エグゼブ
直属の上司。
ジャーマネ
古くからの付き合いであるマネージャー。SRW未登場。
オネエ口調でパープルのことは「ちゃん」付けで呼ぶ。そのプロデュースの手腕は、芸能活動だけでなくパープルの企てる悪事にまで及ぶ。
アキ、ケイ、トモ、ヒロ
「ブランカ」のメンバー。SRW未登場。バンドでのそれぞれの担当は、アキがドラム、ケイがキーボード、トモがリードギター、ヒロがベース。
ジャーマネを含む上記5人もブラックノワールの洗脳を受けていると思われる。
ホイ・コウ・ロウチンジャ・ルース
当初は彼らの部下として振る舞っていたが、後にアジアマフィアを乗っ取り失脚させる。
旋風寺舞人
宿敵。
ちなみに正体が露見するまでは上述の様にTV番組で共演したり、旋風寺家のクリスマスパーティーに招かれたりと良好な関係を築いていた。
一方『V』では舞人は当初から彼を懐疑的に見ており、『X』でも初登場時から敵として登場したため現状スパロボでは友好的な場面は一切存在しない。
ブラックマイトガイン
原作では接点はないが、『X』では暴走したブラックを舞人が破壊するのを見届けようとしたところ、勇者特急隊の呼びかけでブラックが正義の心を取り戻したことで興が削がれてしまう。

他作品との人間関係[編集]

ジュリオ・飛鳥・ミスルギ
V』では彼によってゲストとしてアンジュの処刑に招かれ、群衆の憎しみを煽り立てる。
テンカワ・アキト
『V』では舞人を倒す際に邪魔をされ、さらに「赤にも青にもなれない中途半端なお前では俺のには勝てない」と吐き捨てられて、動揺する。
破嵐万丈
『V』では舞人同様、パープルの正体が暴かれる前から、パープルの歌や人間性に対して嫌悪感にも近い感情を抱いていた。
『X』では自身のエゴを彼に面と向かって酷評されて、逆上する。
あしゅら男爵
『V』では彼のミケーネ召喚の儀式をアトラスMk-IIを送り込んで支援した。
戦部ワタル
X』では彼からイノセントウェーブにより形勢逆転されて動揺する様を、「弱い犬ほどよく吠える」と鋭い指摘を受けるという情けない姿を晒される。
虎王
X』ではサリー達を逃がそうとした彼を襲撃する。

名台詞[編集]

「ハハハハハハ! エンディングテーマにはちょっと早いんじゃないか?マイトガイン」
「さぁマイトガイン、そろそろエンディングテーマをかけてもいいかな?」
第45話より。洗礼ロボ軍団に苦戦する勇者特急隊を嘲っての台詞だが、前者はAパート終了間際、後者はBパートに入ってからというのがミソ。
加えてエンディングテーマを歌っているのはパープル本人であるという、二重の意味でもメタな所が実に『マイトガイン』らしいと言うべきか。
「"敵が強ければ強いほど得る勝利は大きくなる"と、シェイクスピア先生は仰ったが、相手がこれだけ弱くちゃ話にならないね」
第46話。Ζ(ツェット)(SRW未登場)の再生能力に苦戦する、グレートマイトガインを評して。

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集]

戦闘台詞[編集]

「全てを染めろ! 闇より暗い黒に!」
戦闘台詞の一つ。さり気なく真の主の名を出している。
「クリスマスオペレーションは誰にも止められない…!」
同じく戦闘台詞の一つだが、『V』ではクリスマスオペレーションが再現されないのでちょっとおかしな事に。
「黒く塗り潰す、月も太陽も!」
勝平及び万丈に対する特殊戦闘台詞。
後期エンディング「Black Diamond」の一節ほぼそのままの台詞だが、見事に太陽を冠するロボット達に対応している。
「お前の歌…! 不快なんだよ!」
アンジュに対する特殊戦闘台詞。ここでいう歌とは「永遠語り」の事と思われる。
こっちのグル-プとは決して相容れないだろう(ちなみに上司と同じ声のメンバーがいる)。

シナリオデモ[編集]

「黙れ! 魔のオーラは完全に消えたわけではない!」
X』第41話「天を貫く螺旋」より。魔のオーラを失って勝ち目がないとジョーに言われて。普通の負け惜しみのような何のことはない台詞だが、要は「特殊技能としての洗礼はなくなっていない」というメタ発言である。ご丁寧に次の42話でも似たような発言をしてくれる。

搭乗機体[編集]

空中戦艦ブランカ
自身のバンド「ブランカ」の名を冠する巨大戦艦。魔のオーラによりあらゆる攻撃を受け付けない。
ちなみにクルーを務めるのは他のバンドメンバー達。
アトラスMk-II
ゲーム『新世代ロボット戦記ブレイブサーガ』にて搭乗。
ニンジャ
『X』第27話「宿命のライバル」のイベントにて搭乗。

脚注[編集]

  1. サウンドトラック2の解説書には昭和113年とあるが、昭和125年現在で計算すると推定年齢と食い違う上に、舞人より年下となるため間違いと思われる。
  2. そのためかラストカットはサリーでもエグゼブでもなく、彼が舞人、ジョーと共に飾っている。