デンジャラスゴールド同盟

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

デンジャラスゴールド同盟とは、『スーパーロボット大戦V』に登場する、『勇者特急マイトガイン』の登場人物で構成されている組織

本項では『スーパーロボット大戦X』に登場する、ブラックダイヤモンド連合についても解説する。

概要[編集]

スーパーロボット大戦V[編集]

ミスターXなる人物の要請を受けて『マイトガイン』の悪役たちが一つに集まった組織。勇者特急隊の壊滅を目的としている。略称は「DG同盟」。命名者はカトリーヌ・ビトン

原作『勇者特急マイトガイン』には存在しない『V』のオリジナル組織であり、各々個別に活動している彼らを一ところに纏め、勇者特急隊を含めたプレイヤー部隊に対抗する形を取っている。

しかし、結局の所ミスターXことエグゼブにとっては使い捨ての道具に過ぎず、エグゼブが引き起こした惑星フェルディナの崩壊に巻き込まれそうになった幹部達はウォルフガングのロボットであるシュタルク4126に搭乗し、辛うじてフェルディナから脱出(その過程でヴィルヘルム・カスパーとの戦闘で傷つき倒れたクルツ・ウェーバーを救助している)、エグゼブの死後は地球艦隊・天駆の生活班の一員としてイスカンダル行きに同行することになる。

スーパーロボット大戦X[編集]

今作でもビトンがDG同盟の名前を提案したが、パープルが同盟のリーダー格となったことで命名権を獲得。今作では「ブラックダイヤモンド連合」となった。略称は「BD連合」。

アル・ワースに飛ばされてきてしまった悪役たちが、パープルの手引きでドアクダー軍団の参加に収まることとなり、そのパイプを作ったパープルが連合のリーダー格となり、名前をつけた。

最終的にパープルが倒された際に残ったメンバーは、部下含めてウォルフガングのコネで旋風寺鉄道の青戸工場に就職する事になるが、元々の気質からウォルフガング以外の3人は工場ではまともに働かなかったものの(一方それぞれの部下の面々は順応していた)、不在の勇者特急隊の代わりに魔従教団から街を守ったり、エクスクロスの救援に駆けつけたりとさり気なく活躍している。

構成母体[編集]

ピンク・キャット
影の軍団
ウォルフガング一味
アジアマフィア

主要人物[編集]

カトリーヌ・ビトン
DG同盟の命名者(なお、その命名権はジャンケンで獲得した)。ミフネとは言い争いが絶えない。
『X』でも提案したが、今回は名付け親にはなれなかった。
ショーグン・ミフネ
組織名の候補に「大江戸烈風隊」を挙げていた。ビトンとは反りが合わず言い争いが絶えない。
ウォルフガング
『V』ではホイが脱落した後は(ビトンとミフネはいがみ合ってばかりなので)なし崩し的に同盟のリーダー格になっている。
雷張ジョー
『V』ではウォルフガングに雇われる形で参加していたが、父・宍戸博士の仇がミスターXことエグゼブであることを知り離反する。
ホイ・コウ・ロウ
組織名の候補に「偉大なるホイ・コウ・ロウと、その下僕」を挙げていたがビトンに酷評された。
『V』では抜け駆け的に仕掛けたナデシコ隊およびソレスタルビーイングとの戦闘に敗れた挙句、パープルに組織から追放される。
『X』では原作と違い最初からパープルの下に甘んじる事になった代わりに、最後まで追放される事が無い。
パープル
ホイの部下であったが、『V』では戦いに敗れたホイを追放しアジアマフィアを掌握する。
『X』では彼がドアクダー軍団に渡りを付けて組織を命名する。
エグゼブ
『V』でのスポンサー。「ミスターX」を名乗り幹部達に接触、報酬を餌にDG同盟を結成させた。
『X』では表に出てこないものの、パープルを通して「勇者特急隊のドリルを破壊しろ」という私情が入りまくった指令をビトンとミフネに下している。

余談[編集]

  • DG同盟の由来は『勇者特急マイトガイン』の前期エンディングテーマ「危険なゴールド」からと思われる。
    • この曲は悪役たちをメインとした映像と共に流れるが、その中でもカトリーヌ・ビトンは一際目立つ扱いを受けていたため、今回の命名者に選ばれたものと思われる。
  • BD連合の由来はパープルが歌う後期エンディングテーマ「Black diamond」からと思われる。
    • 『X』限定版では原曲が収録されているため、この曲がパープルの登場シーンで流れる。