ホイ・コウ・ロウ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ホイ・コウ・ロウ
外国語表記 Hoi Kow Low
登場作品 勇者特急マイトガイン
声優 島香裕
種族 地球人
性別
誕生日 2月2日
星座 水瓶座
身長 150cm
体重 67kg
血液型 O型
所属 アジアマフィア
役職 頭領
デザイン オグロアキラ
テンプレートを表示

概要[編集]

中国の暗黒街を牛耳るアジアマフィアの首領。元料理人。「広東風料理拳」という拳法の使い手。

武器の密売や密輸で財を成しており「死の商人」と呼ばれている。ヌーベルトキオシティを中華風の街並みに変える野望を持っており、そのために旋風寺財閥を潰そうと目論む。マフィアのボスらしく目的のためには手段を選ばない冷酷な性格で、各々が悪人ながらもそれなりのポリシーを持つウォルフガングら他のリーダーとは異なり、舞人も彼にだけは暗殺対策のために正体を明かしていない。

物語の中盤頃、マイトガインパイロットを自身の部下であるパープルと偽ってコンサートを開催しマイトガインを倒す計画を実行するが、勇者特急隊の活躍により計画は失敗。さらに部下のパープルにアジアン・マフィアの財産等を奪われて失脚した。

その後チンジャと二人で生き延びた彼は「サカモト・シンペイ」と名乗り、チンジャの案でラーメン屋台を経営しながら細々と生活していた[1]が、そこに通りかかったサリー舞人が屋台を手伝い、数日で店は大繁盛となった為パープルが追手を差し向けてきた。その追手から自棄を起こした自分を暗殺者から身を挺して庇うチンジャに心打たれ、追手を撃退。その後は一からやり直すため、チンジャと共に再びラーメン屋台を経営することとなった。

登場作品[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦V
初登場作品。担当声優の島香裕氏は『GC』以来約13年ぶりの新録となる。概ね原作通りの役回りだが、本作では他のとも同盟を結ぶ。
序盤より勇者特急隊を始めとした自軍部隊と交戦するが、原作どおりにパープルの裏切りに遭いアジアン・マフィアを追われてしまう。その後はDLCシナリオにてヌーベルトキオにてラーメン屋台を経営する傍らで落ちぶれている姿で舞人やアキト達の前に表すが…。なお、この時上記の偽名が「坂本」と漢字読みになっている。
スーパーロボット大戦X
今作ではパープルに組織の主導権を握られても追放されず、終盤まで敵として対峙し続ける。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

VX
かく乱先見集中鉄壁気合不屈

特殊技能(特殊スキル)[編集]

VX
底力L4、援護攻撃L2、サポートアタック見切りL3、ガードL2、気力+(ATK)

固有エースボーナス[編集]

敵対する軍勢のフェイズ時に与ダメージ1.2倍
V』、『X』で採用。

人間関係[編集]

旋風寺舞人
面子を潰されたことから叩き潰そうと目論むが、没落後はその彼の激励で再起する。
吉永サリー
没落後、屋台ラーメン屋を経営していた時に知り合い、彼女の助力によって一時は繁盛する。
チンジャ・ルース
側近。忠誠心は高く、没落しても変わらず付き従い続けた。
パープル
部下の一人だったが裏切りに合い、組織を乗っ取られてしまう。
ブラックガイン
マイトガインを倒すために生みだしたが、すぐに離反された。
雷張ジョー
V』では彼からは手段を選ばないと評されている。
ピータン
SRW未登場。ペット。オウムともフクロウとも付かない緑色の鳥で、常にホイの傍らにいる。
ウォルフガングショーグン・ミフネカトリーヌ・ビトン
V』では彼らとデンジャラスゴールド同盟を結成する……が、ホイはパープルの手によって、早々に同盟から追放されてしまう。
X』ではブラックダイヤモンド連合から追放されず、主導権を握っているパープルを不快に思い、協力している。

他作品との人間関係[編集]

テンカワ・アキト
『V』では料理人時代のホイを知っている。
リュウ・ホウメイ
『V』では料理人時代のホイを知っており、チンジャと共に彼女の店で働く事になる。
破嵐万丈
『V』では更生させるために彼の店を買い取っている。
アック・スモッグル
X』では彼にアルバイトとして雇われるが、「下品な成金オヤジ」と馬鹿にしていた。もっとも、勇者特急隊からは「似たようなもの」と突っ込まれたが。

名(迷)台詞[編集]

「暗い翼に殺意を乗せて、灯せ、不幸の赤信号!」
チンジャ「悪者特急ブラックマイトガイン! 定刻破って、只今到着!」
ピータン「トウチャク、トウチャク!」
第16話より。ブラックマイトガイン搭乗時の決め台詞。「決め台詞がマイトガインへの合体完了時のそれと(ご丁寧な程に)真逆になっている」点が笑いを誘う。
V』ではピータンが登場しないため、上2行までがDVEで再現される。

スパロボシリーズの 名(迷)台詞[編集]

「スーパーの安売りロボットなどに負けないネ!」
『V』におけるスーパーロボット相手の特殊戦闘台詞。スーパーロボットをこんな風に解釈したのは後にも先にも彼ぐらいであろう。
「おのれ! 私達をテレビ漫画の悪役と同じだと思うな!」
『V』第18話で総司との戦闘前会話にて、シャオマイを『ゲキ・ガンガー』を引き合いに出されて「いかにもなロボット」と評されての反論。そうは言ってもプレイヤーの視点から見れば当の本人らも「テレビ漫画の悪役」であることには違いないなので、またなんともと感じてしまう。メタ描写を含んだ『マイトガイン』キャラらしいやりとりとも言えるか。
…それにしても「テレビ漫画」とは、これまた古式ゆかしい表現である。

搭乗機体[編集]

パオズー
アタッシュケースをコアとし、周囲の金属を取り込みボディを生成するロボット。
『V』では量産されており、ホイが搭乗する強化型も登場。
シャオマイ
オープニングにも登場している、ホイが最後に繰り出したロボット。機体カラーが赤と青の2機が登場し、前者にはチンジャが、後者にはホイが搭乗する。
『V』では後者にチンジャと2人で搭乗する。

余談[編集]

  • 名前の元ネタは中華料理の「回鍋肉(ホイコーロー)」。
  • 後期エンディングのラスト3分割のカットでは、悪役の中でホイとチンジャは登場しないが、これは編集の都合でカットされてしまったためである(あと一人は浜田が入る予定だった)。
    • 構成は「エグゼブとウォルフガングとミフネ→サリーとビトンとオードリー→舞人とジョーとパープル」。

脚注[編集]

  1. もっともホイは酒に溺れて働こうとはしなかった。