勇者特急隊

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

勇者特急隊とは、『勇者特急マイトガイン』に登場する組織。

概要[編集]

世界的大企業である旋風寺コンツェルンが、秘密裏に組織・運用している部隊。 犯罪組織テロ集団の活動阻止や、人命救助などを行う、「正義のヒーロー」チームである。

そもそもは旋風寺旭によって「巨大な悪」に対抗するため立案された勇者特急計画だったが、旭の死により計画は中断。その後、息子の舞人が後を引き継ぎ勇者特急隊を実現するに至る。

関連人物[編集]

旋風寺舞人
勇者特急隊の隊長にして、旋風寺コンツェルンの社長。自ら最前線に出動する。
旋風寺旭
勇者特急隊計画の立案者。しかし計画を察知したエグゼブによって暗殺される。
浜田満彦
勇者特急隊のメカ開発に協力している。
大阪次郎
旋風寺鉄道の青戸工場長であり、同時に勇者特急隊のロボットたちの開発や整備も行っている。

保有戦力[編集]

マイトガイン
超AIロボットのガイン、舞人の操縦するマイトウィング、巨大SL型メカのロコモライザーが合体した形態。
グレートマイトガイン
マイトガインとマイトカイザーが合体した形態。
マイトカイザー
五体のドリル特急メカが合体したロボット。唯一の超AI未搭載ロボットであり、舞人が操縦する。
トライボンバー
ライオボンバーダイノボンバーバードボンバーの三体が合体した形態。
バトルボンバー
トライボンバーに、更にホーンボンバーが合体した形態。
ガードダイバー
ファイアダイバーポリスダイバージェットダイバードリルダイバーが合体した形態。
マイトガンナー
グレートマイトガインの武器「パーフェクトキャノン」に変形するロボット。

登場作品[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦V
初登場作品。原作通り、旋風寺コンツェルンの秘密の私設組織として登場。主人公達が西暦世界へと飛ばされてすぐに合流する事になる。
なお、紛争根絶を目指す私設武装組織であるソレスタルビーイングは、結成前から勇者特急隊の存在を察知していたが、「危険度は無い」と判断して静観していた模様。
本作での設立理由は、嘗て発案者である旋風寺旭の父・裕次郎が「戦争・紛争根絶」を掲げるソレスタルビーイングに所属していた事への影響も加わっている。

関連項目[編集]

アルナイン
V』において、勇者特急隊の超AIロボたちは、同じAI仲間として彼らと親交を持つ。
叢雲総司
『V』において、男主人公ルートだと西暦世界での身元保証と就職を兼ねて一時的に勇者特急隊特別隊員になる。