大阪次郎

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
大阪次郎
読み おおさか じろう
外国語表記 Jirou Osaka
登場作品 勇者特急マイトガイン
声優 巻島直樹
種族 地球人日本人
性別
所属 旋風寺鉄道・青戸工場
役職 工場長
デザイン 石田敦子
テンプレートを表示

概要[編集]

旋風寺鉄道・青戸工場の工場長。勇者特急隊に所属するロボの開発と整備を担当している。

恰幅のよい男性だが、若い頃は現在より痩せていて長髪だった。

登場作品[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦V
初登場作品。NPC
スーパーロボット大戦X
NPC。本作では、青戸町ごとアル・ワースに転移する。

人間関係[編集]

旋風寺舞人
勇者特急隊
彼らの開発・整備に関わっている。
ウォルフガング
物語中盤、部下達に見放された彼をアルバイトとして雇う。

他作品との人間関係[編集]

バンプレストオリジナル[編集]

神宮司辰ノ進
かつて、青戸工場の車両点検部の主任として働いていた。

名台詞[編集]

「お前は本当に伴だったのか…」
第17話ラスト。こっそりと姿を消したウォルフガングに向けて。
「いずみさん、私は宇宙人なるものの存在は、認めない主義でしてな」
第44話より。傷ついても修復を繰り返すブラックノワールの洗礼ロボに対し、松原いずみの「人間が作ったものではないということですか」という質問に対しての返答。
宇宙からやって来た勇者や侵略者が来訪する勇者シリーズにおいて、地味に『マイトガイン』が他の勇者シリーズとは異なる作品であることを示している。
「だから、私にも分からないんです…。わかっていることといったら、あのロボットに集団で襲われたら、残念ながら今の勇者特急隊の力では、勝利の可能性は万に一つも無いということです…」
上記の後、現在の勇者特急隊に洗礼ロボ軍団に対する手立てがないことを、技術者として苦々しく述べる。