2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

神宮司辰ノ進

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
神宮司辰ノ進
読み しんぐうじ たつのしん
外国語表記 Tatsunoshin Shinguji
登場作品

バンプレストオリジナル

愛称 タツさん
種族 地球人
性別
年齢 68歳
所属 旋風寺重工・青戸工場→民間人
趣味 釣り
好きな食べ物 納豆
テンプレートを表示

神宮司辰ノ進は『スーパーロボット大戦V』の登場人物。

概要[編集]

物語序盤で、西暦世界に転移した総司千歳を保護した心優しい老人。

かつては旋風寺重工の青戸工場で、車両点検部の主任として働いていた。現在は既に定年退職済み。

妻を一昨年に亡くしており、二人いる息子はそれぞれ独立した所帯を持っている為、現在はヌーベルトキオシティで一人暮らしをしている。納豆が好きで、総司と千歳を保護した際には納豆をご馳走している。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦V
その風貌(昭和な出で立ちに加え、他のオリジナルキャラと違い所謂90年代的アニメ塗りがされている)および「旋風寺重工に勤めていた」という設定故に、「神宮司辰之進が『勇者特急マイトガイン』のキャラクターである」と勘違いしたプレイヤーも多い[1]
攻略本『スーパーロボット大戦V パーフェクトバイブル』での寺田Pのインタビューによると、「(『マイトガイン』のキャラとは)陰影の付け方が違う」とのことだが、初見では間違えるのも無理はない。
基本的に序盤のみの登場だが、その後も特定のルートを通るたびに登場する。また、周回プレイパックの追加エピソード「タツさんへの手紙」は、イスカンダルへ旅立つ前の主人公とナインが仲間たちとのシミュレーション訓練をタツさんに伝える内容となっている。

人間関係[編集]

叢雲総司如月千歳
西暦世界に転移した彼等を保護した。ちなみに辰之進自身は、保護した時の状況と場所から二人の関係を「心中に失敗した若夫婦」と勘違いしていた

版権作品との人間関係[編集]

旋風寺舞人
自身が勤めていた旋風寺重工の現社長。
総司or千歳がヴァングレイで戦闘した際、二人を保護してくれるよう頼んだ。
大阪次郎
青戸工場長。

脚注[編集]

  1. 実際、『勇者特急マイトガイン』を視聴済みのプレイヤーからも「こんなキャラクターがいたような気がする」と勘違いされた程