2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

如月千歳

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
如月千歳
読み きさらぎ ちとせ
外国語表記 Chitose Kisaragi
登場作品

バンプレストオリジナル

声優 神田朱未
デザイン 渡邉亘
SRWでの分類 パイロット
主人公
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 19歳
所属 第三特殊戦略研究所防衛隊
軍階級 三尉
テンプレートを表示

如月千歳は『スーパーロボット大戦V』の女主人公

概要[編集]

第三特殊戦略研究所防衛隊の隊員だが、実戦経験はほぼゼロ。マジメで明朗快活な性格で、周囲の人間の心を明るくする。

大ガミラス帝星の侵略によって両親と妹を喪った過去を持つ。

ヴァングレイのパイロットとしてヤマトに乗艦し、地球を救う為にイスカンダルへの航海の旅に出る。

かなりの巨乳に加え、露出度の高い衣装が特徴(職務上様々な雑用もこなさないといけない上に所員達の私的な希望によって軍服の着用が免じられているため)。

因みにナインによると、就寝時はパンイチであるらしい。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦V
上述の通り、本作の女主人公。選択しなかった場合はサブ主人公として同行する。
ちなみに、その巨乳ぶりに反して揺れない(正確には揺れるタイミングでウインドウの下に隠れている)。代わりに腰に下げたマスコットキーホルダーが揺れる
しかしながらその代りとして、後継機の最強武器演出では力み過ぎて胸のボタンが弾け飛ぶ胸張りのカットインが拝める。
なお、サブ主人公として自軍入りした場合は、デフォルトの精神コマンドを習得するのだが、デフォルトで習得するものがあまり優秀ではない(詳しくは後述の精神コマンドを参照)。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

V
信頼集中不屈必中狙撃
デフォルト。ソウジが加速突撃を覚えるのとは正反対の構成。ヒット&アウェイ等と相性がいい。なお、サブ・敵対いずれも同じ構成。
信頼がナインと被ってしまうため、2周目以降は誕生日、血液型を変更して構成を変えるのも手である。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

V
主人公時
強運底力L7、援護攻撃L2、サポートアタック
サブ主人公時
底力L6、援護攻撃L2、援護防御L2、プロテクション
敵対時
底力L6、サイズ差補正無視L1、闘争心L2、ガードL2、気力+(DEF)精神耐性

固有エースボーナス[編集]

与ダメージ1.1倍、移動力+1。
V』で採用。主人公・サブ・敵対いずれも同じボーナス。

人間関係[編集]

叢雲総司
先輩。奇しくも家族構成は彼と同じ。
ナイン
妹分でパートナー。彼女から「姉さん」と呼ばれている(チトセ本人は「お姉ちゃん」と呼んでもらいたかったようだが)。
チトセ曰く、彼女には妹・優美の面影があるとのこと。
両親、如月優美
ガミラスの攻撃で亡くなった家族で、妹の優美(ユウちゃん)はまだ10歳にもなっていなかった。
神宮司辰ノ進(タツさん)
ソウジ共々彼の家で世話になる。
ヴェルターブ・テックストシャルロッテ・ヘイスティング
経緯は違えど同時期にヤマトに配属され、特別編成チームの一員となる。
グーリー・タータ・ガルブラズ
ガーディムの指揮官で、幾度も戦う。

版権作品との人間関係[編集]

宇宙戦艦ヤマト2199[編集]

古代進
戦艦大和の残骸前で彼と出会っており、正式にヤマトに乗船してからは彼の部下となる。
山本玲
ヤマトの航空隊に配属された同僚で、友人となる。
加藤三郎
航空隊の上官。
伊東真也
システム99(ナイン)のハッキングにより、ヤマトに乗り込んだ所を彼ら保安部に拘束されるが、身柄を古代預かりにすることで開放された。当初は彼に別ルートで送り込まれた、イズモ計画派のメンバーと思われていた。
終盤に彼がレプタボーダで生命を落とした時には「怖い時もあったけど、責任感の強い人だった」と彼の死を悼んでいる。
メルダ・ディッツ
玲と共にヤマトを訪問した彼女を監視するが、後に彼女とも友人となる。

リアル系[編集]

アンジュ
当初は折り合いが悪く、口論になる事もしばしば。
エンブリヲ
戦闘前会話で彼を「女の敵」と罵倒する。決着時の彼への罵詈雑言にはチトセとロッティは参加していないが、皆と同じ気持ちだったのは確実だろう。

名台詞[編集]

主人公時[編集]

「…そういう気持ちが全くないと言えば嘘になります。でも、何をしても失ったものは戻ってこない…。だったら私は、今あるものを守るために戦いたいと思っています」
「言われなくても綺麗事だってわかってます…。でも私は、そう思う事で戦う事が出来るって信じています」
V』第7話「交差する宇宙」より。加藤から戦う理由を問われて。加藤からは「強いな」と評されたが…。
「どこの世界でも人は一生懸命生きている。だから、私達はその人達を救うために戦っているのよ」
第8話「ガミラスの使者」より。別の世界から転移してきた刹那に「この世界も、俺たちの世界と変わらないんだな」と言われた際の返し。
チトセの言葉に感銘を受けた刹那からは「あなたもガンダムなんだな」と、ある意味最大級の賛辞を贈られた。
「…憎しみで戦ってはいけない…。戦争なんだから、兵士一人一人に恨みをぶつけるのは筋違い…。頭ではわかっているけど…でも…」
同上。家族を皆殺しにされた怒り、悲しみ、そして憎悪はチトセが考えている以上に深かった。
「女の敵、世界の敵! あなただけは許さない!」
「自意識過剰も度を越すと笑えるわね! 何様のつもりで、この私を口説いてるのよ!」
「覚えておきなさいね、ナイン! こういう口先だけの男の言葉なんて聞く必要ないから!」
ナイン「了解です! では、徹底的にやりましょう!」
西暦ルート第38話より。エンブリヲを罵倒し、徹底的に殲滅する事を宣言する。

サブ主人公時[編集]

「あのロボット…強い…!」
ソウジ「だが、多勢に無勢だ!このままじゃ…!」
「ソウジさん…!私達も逃げよう!」
ソウジ「まだだ!逃げ遅れた人達もいる!その人達を…!」
「他の人に任せとけば、いいじゃない!」
ソウジ「チトセちゃん…」
「だって、そうでしょ…!もう私達は軍人でもないし、戦う力もない…!」
「だから、戦うのは他の人に任せればいいのよ!」
ソウジ「…」
第9話「凪の海」より。軍人としてはあまりにも無責任な発言だがこの時ヤマトやほかの仲たちとはぐれてしまい。元居た世界に帰るあてもなく完全に絶望しきっており、このような発言もするのも当然のことであろう。

迷台詞[編集]

(お願いです…。アムロ・レイが出て来ませんように…)
(もう一度、お願いします…。アムロ・レイが出て来ませんように…)
第3話「流星の記憶」より。フラグを立てまくりであり、実際にアマクサに襲われてしまうことに。
「ちょ、ちょっと…それは!!!!」
スペシャルシナリオ「新しい力」より。ルリの「チトセとナインが付き合えばいい」という提案に対して。
感嘆符(!)の多さから、チトセがどれだけ動揺しているのかが良くわかる。一方、ナインの方は満更でもない様子であった
「そうよ! 私のドキドキを返しなさいよ!」
ナイン「姉さん、目が本気すぎます…」
スペシャルシナリオ「新しい力」のエンドデモにて。
戦闘前にヴェルトが「ロッティと二人きりにしてほしい」という旨を伝えていたため、かなり期待していたらしく、ヴェルドの朴念仁っぷりを批判する男性陣に混じって批判する。これにはナインも呆れ顔になるのだった。

搭乗機体・関連機体[編集]

ヴァングレイ
第三特殊戦略研究所で開発された、対異星人戦用試作機動兵器。
ヴァングネクス
第34話での後継機乗り換えで、スピード型を選ぶとこちらになる。
グランヴァング
同話でパワー型を選ぶとこちらになる。
マーダヴァ・デグ
サブ主人公時、超文明ガーディムに一時寝返った時に搭乗。
ヴァングレイII
サブ主人公時、味方として復帰時に搭乗。

余談[編集]