ヴァングネクス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ヴァングネクス
外国語表記 VangNex
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン 清水栄一
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 対異星人戦用機動兵器
全長 20.8 m
重量 45.8 t
開発者 ナイン
所属 地球艦隊・天駆
主なパイロット 叢雲総司
如月千歳
ナイン
テンプレートを表示

ヴァングネクスは『スーパーロボット大戦V』の登場メカであり、同作の後半の主役メカの一つ。

概要[編集]

ヴァングレイの後継機の一機。スピードタイプ。

ナインが様々な世界の技術を学び、地球艦隊・天駆のメカニック達と協議し、主人公の意見を先読みしてヴァングレイのコンセプトだった高機動と高火力の内、機動力の強化を優先して開発された。

設計段階では意識されていなかったが、ナインの持つガーディムの技術も使われており、3つの地球とガーディムの技術が融合した機体となった。

在りものの資材の寄せ集めだったヴァングレイと異なり、各パーツも新造されておりヴァングレイの問題を解消。武装はヴァングレイのものを引き継ぎ、かつ強化されたものとなっている。そのため、全体的なフォルムもヴァングレイに近い。

制御系はヴァングレイ以上にギリギリのバランスで成り立っているため、ナインがサブパイロットとして乗り込み、操縦をサポートする必要がある。この際、「大切な人と一緒に乗り込む」為、ナインの能力が向上しており、本来想定されていた機体性能を超えた能力を発揮している。

当初は想定していた出力には達しておらず、様々な問題を抱えていたが、終盤になって超文明ガーディムに捕獲された際に資材を組み込んだ結果、本来想定した出力を発揮できるようになった。

登場作品と操縦者[編集]

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦V
第34話で乗り換える。事前の選択肢でスピードタイプを選ぶとこちらになる。引き続き全武装射撃扱いになっている為、特に強化前と育成方針を変える必要は無い。
グランヴァングと比べると運動性で若干勝り、装甲も決して低くはない。継戦能力も高め。MAP兵器が追加されているが癖が強く使いづらい。順当にヴァングレイを強化した機体のため、射程の長い必殺技と合わせて援護向きな機体と言える。
第49話でENが+20され、必殺技が解禁される。
スーパーロボット大戦T
シークレットシナリオ「Vジャンクション」限定のスポット参戦。パイロットは総司固定。採用されなかったプランの方も新造されたのかグランヴァングも登場し、そちらは千歳が乗っている。
原作終了後設定となっている為すべての武装が使用可能となっている。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

超電磁加速砲「金剛」
「月光」の強化型。ヴァングレイの物と比べると若干大型化されている。
九十九式誘導弾「村雨」
バックパックと両肩から発射するホーミングミサイル。
独立可変速粒子砲「征嵐」
背中とサイドアーマーに装備する無線誘導兵器。「旋風」の強化型。サイドアーマーのものはそのまま前方に向けて発射する。
大口径陽電子収束砲「瞬雷」
バックパックの左右に懸架する大型の陽電子砲。各部が展開した上で両腕に接続して発射する(量産型ガンダムF91のV.S.B.R.が参考にされたと思われる)。別名「ポジトロンバスター」。
ヴァングレイの「迅雷」の強化型だが、「迅雷」と比べると砲身は短くなっており、二門を同時斉射することで攻撃力を強化している。MAP兵器版もあり。

必殺技[編集]

突撃戦術機動・極「獄炎」
49話で追加されるアサルトコンバットパターン。
スラスターを吹かせて加速しながら背中の「村雨」を斉射、続けて「征嵐」と「金剛」で同時攻撃、敵の後ろに回り込んで小型ライフルで回り込みながら攻撃する。
トドメ演出では最後に爆炎を突き破って右側の「瞬雷」を零距離発射し、敵機体の爆発後に各武装を収納しながら振り向き、去っていく。

特殊能力[編集]

修理装置

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

強化パーツスロット+1

機体BGM[編集]

「マットブラック・バレット」
男性主人公選択時のBGM
「彼女は前だけを見て進む」
女性主人公選択時のBGM。

関連機体[編集]

ヴァングレイ
設計の元となった試作機。
グランヴァング
パワータイプを選んだ場合、こちらになる。

余談[編集]

  • デザイナーが清水栄一氏の為か、機体のカラーリングや顔の造形がこの機体に似ている。