勇者エクスカイザー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
勇者エクスカイザー
読み ゆうしゃエクスカイザー
外国語表記 The Brave Fighter Exkiser
原作 矢立肇
監督 谷田部勝義
シリーズ構成 平野靖士
脚本 平野靖士
園田英樹
渡辺麻実
まるおけいこ
伊藤康隆
岩崎しゅういち
大庭圭司
たかばたけし
鹿島典夫
志茂文彦
富岡淳広
キャラクターデザイン 平岡正幸
メカニックデザイン 大河原邦男
音楽 田中公平
制作 サンライズ
放送局 テレビ朝日
放送期間 1990年2月3日~
1991年1月26日
話数 全48話
シリーズ 勇者シリーズ
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
テンプレートを表示

勇者エクスカイザー』は、サンライズ制作のテレビアニメ作品。

概要[編集]

サンライズ制作のヒーローロボットアニメ『勇者シリーズ』の第1作。また、谷田部勝義氏の初監督作品であり、主人公・星川コウタを演じた渡辺久美子氏の初主演作でもある。

80年代のリアルロボットブームによりハイターゲット向けの作品が乱立していた(特に、本作の放送枠ではガンダムシリーズを始めとする富野由悠季監督作品が放送されていた)中で、未就学児童にとってのロボットアニメ入門となるような作品となることを目指して企画された。「アニメ雑誌には載らないような作品(=純然たる子供のためのアニメ)」をコンセプトとしているため、企画当初はサンライズ内部でも「幼稚だ」として反対の声があったとされる。

「身近な様々な乗り物が変形合体して巨大ロボットになる」という、番組スポンサーのタカラ(現タカラトミー)が手掛けていた『トランスフォーマー』(SRW未参戦)の要素を下地に、「善と悪の『ウルトラマン』的なエネルギー型異星人の攻防戦」「子供とヒーローロボットの日常」「宝探し」という要素を取り入れて独自性を出している。

元々は単発の作品として終わる予定だったが、本作の成功により、次作『太陽の勇者ファイバード』(SRW未参戦)の制作が決定。以降も同路線でタイトルに「勇者」の名を冠した作品が作られ、やがて勇者シリーズと呼ばれるようになった。

本作と『ファイバード』、次々作『伝説の勇者ダ・ガーン』(SRW未参戦)はいずれも谷田部氏が監督を務めているため、まとめて「谷田部三部作」と称されることもある。

スーパーロボット大戦への参戦[編集]

勇者シリーズはタカラ(現タカラトミー)がスポンサーを務めていたこともあり、SRWシリーズ初期から参戦を望む声はあったものの、実際の参戦は難しいものと考えられていた。

第2次α』(2003年)に『勇者王ガオガイガー』が初参戦したものの、以来『ガオガイガー』以外のシリーズ作品が参戦することはなく、『V』(2017年)にて『勇者特急マイトガイン』がシリーズから2作目の参戦を果たす。 『マイトガイン』は『X』(2018年)、『T』(2019年)にも続けて参戦しており、勇者シリーズ参戦の障壁が取り払われたかと期待が高まっていた中で、本作が『スーパーロボット大戦X-Ω』にてシリーズから3作目の参戦を果たした。

ストーリー[編集]

神秘で広大な宇宙。この宇宙に巣食う、悪のエネルギー生命体・宇宙海賊ガイスターが、人類の宝を狙って地球に潜入した。しかし、破壊と略奪を欲しいままにせんとするガイスターの前に、敢然と立ちふさがるヒーローがいた。宇宙警察カイザーズである。

ガイスターを追って地球にやって来たカイザーズのリーダー・エクスカイザーは、星川コウタの父親が所有する自家用車に乗り移り、変形ロボット・エクスカイザーとなってガイスターの陰謀を打ち砕く。

これは、宇宙にはびこる悪と戦う、勇者エクスカイザーと仲間たちの物語である。

登場人物[編集]

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。

星川家とその関係者[編集]

星川コウタ
小学三年生。エクスカイザーとガイスターの地球での初戦闘に巻き込まれたことで、カイザーズの正体を知る唯一の地球人となる。
星川フーコ
コウタの姉。中学一年生。
星川ジンイチ
コウタの父。東都新聞社の編集長。
星川ヨーコ
コウタの母。専業主婦。
マリオ
星川家で飼われている犬。エクスカイザーのことも目撃して知っている。
徳田オサム
新聞記者でジンイチの部下。カイザーズやガイスター絡みの特ダネを狙うが、間の抜けた性格のため、写真を撮れないことが多い。
月山コトミ
コウタのクラスメイトでガールフレンド。
金有タクミ
コウタのクラスメイト。典型的な金持ちのおぼっちゃまだが、災難に遭うことも多い。

登場メカ[編集]

スパロボ毎の登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

宇宙警察カイザーズ[編集]

宇宙からやって来た善のエネルギー生命体。地球の乗り物に憑依している。

エクスカイザー
カイザーズのリーダー。星川家の自家用車に憑依している。
キングエクスカイザー
ロボット形態に変形したエクスカイザーが、トレーラー型メカ・キングローダーと合体した姿。
ドラゴンカイザー
ロボット形態に変形したエクスカイザーが、ジェット機型メカ・ドラゴンジェットと合体した姿。
ドラゴン
ドラゴンジェットが単独で人型に変形した状態。自我はなく、エクスカイザーの指令で動く。
グレートエクスカイザー
キングエクスカイザーが、分離したドラゴンジェットのパーツを纏う形で超巨大合体した姿。

マックスチーム[編集]

スカイマックス
マックスチームのリーダー。ジェット戦闘機に憑依している。
ダッシュマックス
レーシングカーに憑依している。
ドリルマックス
ドリル戦車に憑依している。
ゴッドマックス
マックスチームが合体した姿。

レイカーブラザーズ[編集]

ブルーレイカー
レイカーブラザースの兄。100系新幹線に憑依している。
グリーンレイカー
レイカーブラザーズの弟。200系新幹線に憑依している。
ウルトラレイカー
ブルーレイカーとグリーンレイカーが左右合体した姿。

宇宙海賊ガイスター[編集]

悪のエネルギー生命体。博物館に展示されていた恐竜模型に憑依しており、テレビの情報を頼りに地球のあらゆる「宝」を奪おうと企んでいる。

ダイノガイスト
ガイスターの首領。メカティラノサウルスとジェット機に変形する。
体内にコウモリ型ロボットを従えており、これを使って四将に指令を伝える。
トレーダー
ガイスターから盗品を買い取る宇宙商人。関西弁で喋る。

ガイスター四将[編集]

空将プテラガイスト
自称ガイスター四将のリーダー。メカプテラノドンに変形する。
海将サンダーガイスト
頭は悪いが、怒らせると手がつけられなくなる。メカブロントサウルスに変形する。
プテダー
プテラガイストとサンダーガイストが合体した姿。
陸将ホーンガイスト
血気盛んな武闘派。メカトリケラトプスに変形する。
地将アーマーガイスト
日和見主義的なところがあり、影が薄い。メカステゴサウルスに変形する。
ホーマー
ホーンガイストとアーマーガイストが合体した姿。
四将合体マッドガイスター
ガイスター四将が合体した姿。しかし四将の連携が取れず真価を発揮できなかった。

ガイスターロボ[編集]

プテラガイストが開発したエネルギーボックスが物体と融合することで誕生する。

ハシダー

用語[編集]

ガイスターが狙い、毎回話の軸になる様々なもの。ガイスターは主に地球のテレビ番組を視聴して情報を得ているのだが、異星人であり文化や価値観が異なるので、地球人が「宝」と(比喩表現を含めて)形容したものを価値がよくわからないまま奪おうとする。
このため、コウタが祖父からもらったカメラ、電気、母親、小麦粉、お金、煙草、映画など、「宝」とみなして奪おうとしたものは多種多様。普遍的な価値があるとは言えなかったり、そもそも実体のない概念なので盗めないということも多い。

楽曲[編集]

オープニングテーマ
「Gatherway(ギャザウェイ)」
作詞:Azusa / 作曲:井上ヨシマサ / 編曲:山本健司 / 歌:三浦秀美
エンディングテーマ
「これからのあなたへ」
作詞:Azusa / 作曲:井上ヨシマサ / 編曲:山本健司 / 歌:三浦秀美

登場作と扱われ方[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
初参戦作品。第4期参戦作品の第5弾として2018年12月に追加参戦。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 登場メカ 備考 再現スパロボ
第1話 ボクんちの車は
宇宙人エイリアン!?
ホーンガイスト
第2話 リニア・モーターカーを
助けて!
ガイスターロボ・ハシダー レイカーブラザーズ、
キングエクスカイザー登場
第3話 大停電で大こんらん ガイスターロボ・テットン
ガイスターロボ・グレートテットン
ガイスターロボ・テットラー
第4話 火星行きロケット
しゅっぱーつ!
ガイスターロボ・ハッシャー
第5話 薬屋さんがカラッポ!? ガイスターロボ・イカタンク マックスチーム登場
第6話 ボクら
沈没船たんけん隊
ガイスターロボ・トーダイン
第7話 遊園地で
キケンがぐるぐる!
遊園地の乗り物ガイスターロボ
ガイスターロボ・スターランダー
第8話 ボクは
ジェットパイロット
ガイスターロボ・エアポートロン
第9話 お花見山は大仏さわぎ ガイスターロボ・リフケン
狛犬ガイスターロボ
仁王ガイスターロボ
ガイスターロボ・コマオウ
ガイスターロボ・ナンマンダー
第10話 大ゆれ!ドーム球場 ガイスターロボ・トチョーン
(1号・2号)
第11話 古代遺跡で大はっけん ガイスターロボ・ドグーン
第12話 ケーキのもとがない! ガイスターロボ・カモツーン
(1号・2号)
第13話 富士山大バクハツ!? ガイスターロボ・ヘヴィーダ
ガイスターロボ・メカバッタン
第14話 たいへんだ!ママが! ガイスターロボ・イバラカーン
第15話 夢ドロボーにご用心 ガイスターロボ・サウンドウォーカー
第16話 走れ!スーパーカー ガイスターロボ・キャリゲーター
第17話 コンピュータを守れ ガイスターロボ・ガニーン
第18話 時間がめちゃくちゃ ガイスターロボ・タイムガンナー
第19話 虹の滝は大洪水 ガイスターロボ・ゴンダム
第20話 ねらわれた花嫁 ガイスターロボ・ウシラ
第21話 燃える映画村 ガイスターロボ・シロダー
ガイスターロボ・ゴンドラー
第22話 フーコの七夕物語 ガイスターロボ・ヤドゴン
第23話 アイドルを探せ! ガイスターロボ・タワザー
第24話 Go! Go! 豪華客船 ガイスターロボ・デンシャウルス
ダイノガイスト
第25話 海に消えた病原菌ウイルス ガイスターロボ・ガンセッキ
第26話 子パンダ争奪戦 ガイスターロボ・ライゴーン ドラゴンジェット登場
第27話 流星群をぶっとばせ! ダイノガイスト
第28話 夏を取り戻せ! ガイスターロボ・マーツリー ドラゴンカイザー登場
第29話 空に散った貯金箱 ガイスターロボ・カーンモス
第30話 パパは禁煙中 ガイスターロボ・ウーニン
第31話 地上絵のひみつ ナスカの地上絵ガイスターロボ
第32話 出た!超巨大合体 マッドガイスター
ガイスターロボ・ビルドン
高層ビルガイスターロボ
グレートエクスカイザー登場
第33話 友だちはカブキ小僧 ガイスターロボ・カブキング
第34話 ぼくらのオリンピック ガイスターロボ・タイックカーン
第35話 勇者に贈る音楽会 ガイスターロボ・ヴィートル
第36話 ハロウィンの怪物 ガイスターロボ・デスカボチャン
(1号・2号)
第37話 かいぶつ図書館 ガイスターロボ・トッショガン
第38話 風になれ白い馬 ガイスターロボ・ゲートロン
第39話 めざせ宇宙パイロット ガイスターロボ・シャトランダー
第40話 壊滅!ガイスター基地 ガイスター四将
ダイノガイスト
第41話 マリオとジュリエット ガイスターロボ・ゲスイドン
第42話 消防車出動せよ! ガイスターロボ・ケルベーザ
ガイスターロボ・フライングケルベーザ
第43話 タクミは学校が好き?! ガイスターロボ・ショーガッコン
第44話 サンタさんがいっぱい ガイスターロボ・マッスルクロース
ガイスターロボ・ケンタクロース
第45話 ピラミッドで大冒険 ガイスターロボ・ファラオーン
第46話 海底油田の罠 ガイスターロボ・グレンダー
第47話 雪国の決戦 ガイスターロボ・アイスマンモス
雪像ガイスターロボ
ガイスターロボ・ビッグアイスト
第48話 本当の宝物 ダイノガイスト

余談[編集]

  • 勇者ライディーン』とは直接の関係はないものの、本作の企画を担当した井上幸一氏は「サンライズは勇者ライディーンから始まった[1]ので『勇者』と付けた」と語っている[2]。上述の通りサンライズ内部でも反対される逆境の中で、新しい路線に挑む決意の下に付けられたものとみられる。
  • ガイスターは『トランスフォーマー』のダイノボット部隊がモデルであり、ガイスター四将の変形機構も対応するダイノボットのものをそのまま流用している。
  • 次回作である『太陽の勇者ファイバード』は本作の9年後が舞台になっている裏設定がある。

商品情報[編集]

DVD[編集]

書籍[編集]

楽曲関連[編集]

リンク[編集]

公式サイト

脚注[編集]

  1. サンライズの前身「創映社」時代に、東北新社より委託を受けて制作を担当。
  2. 新紀元社刊『勇者シリーズ グレートメモリアルブック 勇者エクスカイザー』より。