撃龍神

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
撃龍神
読み げきりゅうじん
外国語表記 Gekiryujin
登場作品
声優 山田真一
初登場SRW スーパーロボット大戦W
SRWでの分類 機体
パイロット
テンプレートを表示
スペック
分類 合体ビークルロボ
全高 28.0 m
重量 465.0 t
動力 GSライド(結合Gドライブ)
最大出力 9500000kw(約12600000馬力)
最高飛行速度 M 0.7
最高走行速度 205 km/h
装甲材質 レーザーコーティングスーパーG装甲
所属 中国軍 → GGG → GGG中国
テンプレートを表示

撃龍神は『勇者王ガオガイガー』および『勇者王ガオガイガーFINAL』の登場メカ

概要[編集]

風龍雷龍が合体して完成する合体ビークルロボ。

二人のシンパレート値が90%以上にならないと合体できないが、主に誰かを守りたいという気持ち=勇気で心が一つになり合体が可能になる。風龍が右半身と頭部、雷龍が左半身と胸部を構成する。風龍のように冷静だが、雷龍のように荒々しい口調が特徴。

ZX-05「脊髄原種」との交戦時、自己の防衛よりも僚機の安全を優先させた氷竜炎竜の行動から自らの戦術目標の優先度に対して疑問を抱き、ガオガイガーの危機を契機に僚機を思いやり人命尊重を最優先とする勇者の心に目覚め、初めてシンメトリカルドッキングに成功した。

当初から戦闘用として設計されており、荷電粒子エネルギーの龍を自在に操る必殺技「双頭龍(シャントウロン)」によって、多数のゾンダー核を一度に摘出することが可能となっている。

また超竜神同様、大気圏外用装備SPパックを両肩に装備する。

構成機体[編集]

風龍
右半身・頭部を構成。
雷龍
左半身・胸部装甲を構成。

強化装備形態[編集]

撃龍神(SPパック)
両肩に宇宙用推進剤パックであるSPパックを装備した形態。撃龍神用のものは緑と黄色で構成されている。正式名称は、「Self Propellant Pack(自己推進剤貯蔵糟)」。
スパロボでは再現されていない。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦W
初登場作品。なぜか合体前に風龍、雷龍が持っていた飛行能力が消える。
スーパーロボット大戦BX
初の声付き参戦。今回は戦闘時は常時撃龍神となっており、超竜神との改造・養成の共有はなくなっている。
相手の反撃の頻度を実質下げる射程低下の龍巻・「必中」の使用頻度を下げる運動性低下のヴァンレイの使い勝手が良く、(無効効果を持たない)相手への初撃に向くが、近年の無消費武器は設けない傾向から「格闘」が削除されると共に龍巻・ヴァンレイが短射程P武器化し、EN依存度が増している。燃費自体は悪くないが、長距離への反撃はシャントゥロンを使わざるを得ないのでEセーブがあると嬉しい。
隠し要素の条件を満たせば終盤で超竜神との合体攻撃が追加。メインアタッカーにも採用出来るようになる。
欠点は必殺武器(並びに機体ボーナスの対象)は格闘・上記の特殊効果武器が射撃属性である為育成やPU構成に悩まされる事か。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦T
第15話で参戦。初登場時は機械的なシステムでシンメトリカルドッキングしており、当初はネオ・ジオンの殲滅を優先するといった発言をするなど、原作初登場時の性格の風龍・雷龍のドッキングというスパロボオリジナルの設定で登場。このため、同話ラストの超竜神の行動に心打たれるまで、特殊スキル「勇者」(ならびに精神コマンド「勇気」「絆」)を習得しない。
武器はジャオダンジィから放たれるのがフォンダオダンに変更。双頭龍も武器名が正式な漢字名に変更と短射程P武器になり得意レンジががらっと変わっている。第39話で超竜神との合体攻撃が追加される。
エースパイロット認定時の獲得スキルプログラムは「防御アップ」。

単独作品[編集]

スパロボ学園
ユニット性能そのものに目立った点はないが、再動自爆を両方使えるという大きなメリットが存在する。
スーパーロボット大戦X-Ω
2019年3月のイベント「約束のツバサ」にてSRサポートユニットが登場。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

格闘
合体前と同様中国拳法で攻撃する。採用は『W』のみ。

武装[編集]

攪拌槽(ジャオダンジィ)
右腕に装備された風龍のマルチポッド。
龍巻
攪拌槽から竜巻を放つ。スパロボでは「巻」表記。
劇中では風龍時の「フォンダオダン」と叫んでおり、『BX』でも呼称される。SRWでは射程低下の特殊効果を持つ。
フォンダオダン
攪拌槽から風のミサイルを発射する。
『T』ではこちらを採用。
電磁架台(デンジャンホー)
左腕に装備された雷龍の放電装置。撃龍神時は盾も兼ねる。
SRWでシールド防御が可能になったことはない。
ヴァンレィ
電磁架台から電撃を照射する。
SRWでは運動性低下の特殊効果を持つ。

必殺技[編集]

双頭龍(シャントウロン)
「唸れ疾風、轟け雷光!」の掛け声と共に、風と雷のエネルギー状の二頭の龍を放つ技。ヘルアンドヘブンやハンマーヘルアンドヘブン同様にゾンダー核や原種核の摘出が可能な上、ヘルアンドヘブン系と異なり、2個以上の核を摘出できる。攻撃だけでなく、超竜神を乗せて移動させたり、一種のバリアとして利用することも可能。
スパロボでは表記が「シャントゥロン」(ウが小さく、「tou」ではなく「tu」に見える)になっているが、音声が収録された『BX』では「シャントウロン」と発音している。『T』でようやく表記が「双頭龍」になった。
自爆(自己自自暴奔清一蓮托生)
風龍の右脚部分に格納された機密保持用の自爆装置。『FINAL』で使用。実は信管が外されており、電撃で無理矢理起爆させた。

合体攻撃[編集]

超竜神・撃龍神アサルト
超竜神との合体攻撃。一斉射撃とシャントゥロンの合わせ技。正式名称などではないゲームオリジナル。『BX』では不採用。
幻竜神・強龍神アサルト
超竜神との合体攻撃。『BX』にて隠し技として実装。分離して、幻竜神強龍神に再合体し、超竜神側の武器→撃龍神側の武器で打撃を加え、最後にマキシマムトゥロンを放つ。
幻竜神&強龍神
超竜神との合体攻撃。『T』の第39話で追加される。幻竜神強龍神に再合体後、幻竜神がオーロライリュージョンでかく乱しつつ急降下してのクレーントンファーで殴り、強龍神がラダートンファーで殴ってから龍巻で吹き飛ばし、最後にマキシマムトゥロンを放つ。前2つと比べるとトドメ演出が無くなっている。

特殊能力[編集]

分離
風龍雷龍へ分離する。
BX』、『T』では特殊能力としての分離は持っていない。
EN回復(小)
『T』で所持。
GSライド
『T』で所持。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

機体ボーナス[編集]

BX
  • 初期段階:CRT補正+10 運動性+5
  • 第二段階:CRT補正+15 運動性+10 格闘武器+100
  • 第三段階:CRT補正+20 運動性+20 格闘武器+150
  • 最終段階:CRT補正+30 運動性+30 格闘武器+200 装甲値+100
超竜神と対になる内容で、組むと互いに相互補完になる。

カスタムボーナス[編集]

「双頭龍」の攻撃力+400、射程+1
T』で採用。超竜神の「一斉発射」より追加攻撃力が100上がっている。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

W
必中不屈鉄壁闘志熱血勇気
BX
必中不屈闘志鉄壁勇気
T
根性不屈信頼必中勇気
第15話をクリアするまで、「絆」と「勇気」は習得不可能。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

W
勇者底力援護攻撃援護防御コンボ
BX
勇者底力援護攻撃援護防御全体攻撃
T
勇者L9、底力L4、ガードL2、援護防御L1
第15話をクリアするまで、勇者は「???????」と表示され封印される。

エースボーナス[編集]

出撃時に気力+10。SPに最大値の25%が足される
T』にて採用。超竜神とはまったく同一のボーナス。

サポートアビリティ[編集]

勇気に目覚めし者
スタン状態になりづらい。

機体(パイロット)BGM[編集]

「発進!」
W』のデフォルトBGM
「最強勇者ロボ軍団」
超竜神との合体攻撃時の強制BGM。
「勇気ある戦い」
自爆使用時は、強制的にこのBGMに変更される。
「勇者王誕生!」
オープニングテーマ。『BX』と『T』で採用。『T』限定版では原曲となる。

人間関係[編集]

ヤン・ロンリー
撃龍神の開発主任で、父親にあたる。
超竜神
兄にあたる合体ビークルロボ。
幻竜神強龍神
超竜神と合体相手を交換した姿。
天竜神
妹にあたる合体ビークルロボ。
獅子王凱
GGG機動部隊の隊長。
ボルフォッグ
同僚であり、同じ心を共にする仲間。
ゴルディーマーグ
先輩にあたる同僚。
マイク・サウンダース13世
同僚であり、同じ心を共にする仲間。

他作品との人間関係[編集]

ニー・ギブンキーン・キッス
BX』では、彼等がバイストン・ウェルから地上へ浮上した後、行動を共にしていた。
ゲッターチーム
T』では、彼等から心を一つにすることの意味を教わる。

名台詞[編集]

「戦術目的第一位『ゾンダー核の救出』、完了」
「人命尊重を最優先に・・・これでいいんだな、超竜神」
「勇者か・・・・!ありがとう、最高の褒め言葉だ」
Number36より。原種を撃破しつつも、人命救助を達成。超竜神に勇者と言われての返答。
「SPパックは伊達じゃないぜ!ヤッホォウッ!」
Number38より。超竜神と共にSPパックを装備し、隕石を破壊した際の台詞。
「あんたはGGGになくてはならない存在、この任務は新参者の俺にふさわしい!」
Number38より。自身が犠牲になろうと、超竜神の制止を振り切り、クライマー1を装着しての特攻を決意するが……。
「俺は、俺はまだあんたに教えてほしいことが山ほどあるのに……超竜神…バカヤロー!!」
同上。超竜神が自分に代わって巨大隕石に激突し、押し戻す様を見て慟哭する。余談であるが上記の通り、撃龍神が登場して2話のことなので、玩具の販促を考えると撃龍神が特攻していたら、後味が悪かったかもしれない。
「ヤン司令!最終装置、使わせてもらいます!」
「勇気ある限り!!」
FINALにて、遊星主ペチュルオンを撃破すべく自爆装置を起動させる際の台詞。
「元気でな!」
FINALにて。地球へと帰還する護にかけた最期の言葉。

対決・名場面[編集]

その名は撃龍神
量産型ゾンダーロボの合体砲に狙われたガオガイガーを守るべく、初合体を果たした撃龍神。必殺の双頭龍でゾンダー大砲を一掃するが、勇者の心に目覚めた為、ゾンダー核の回収も忘れなかった。
合同演習
当初の予定通り、GGGと中国軍の竜型ビークルロボたちによる合同演習が行われ、勇者の心に目覚めた風龍と雷龍は氷竜と炎竜とも見事な連携を見せ、最終的には、撃龍神の双頭龍に超竜神を載せての一斉射撃で終了させる。
ペチュルオン
レプリ地球において対決。風と雷を操る者同士の激闘を演じる。

メモ[編集]

  • 撃龍神らの一連の竜シリーズの合体シーンは後に問題となった激しい点滅(通称・ポケモンフラッシュ)が使われているため、DVDなどでは修正されているとはいえ視聴時には注意。

商品情報[編集]