ガンバスター

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ガンバスター
外国語表記 Gun Buster
正式名称 地球帝国宇宙軍超光速万能大型変形合体マシーン兵器・ガンバスター壱号機
登場作品 トップをねらえ!
分類 マシーン兵器バスターマシン
全高 200 m
重量 9800 t
動力 縮退炉×2
装甲材質 バスター合金
スペースチタニュウム
開発者 オオタコウイチロウ
所属 地球帝国宇宙軍
乗員人数 2名
パイロット
【戦闘】
タカヤノリコ
【管制】
アマノカズミユング・フロイト → アマノカズミ
デザイン 大畑晃一
テンプレートを表示
バスターマシン1号
登場作品 トップをねらえ!
分類 マシーン兵器バスターマシン
全長 100 m
全幅 63 m
重量 4600 t
動力 縮退炉
装甲材質 バスター合金
スペースチタニュウム
乗員人数 1名
パイロット タカヤノリコ
テンプレートを表示
バスターマシン2号
登場作品 トップをねらえ!
分類 マシーン兵器バスターマシン
全長 99 m
全幅 169 m
重量 5200 t
動力 縮退炉
装甲材質 バスター合金
スペースチタニュウム
乗員人数 1名
パイロット アマノカズミユング・フロイト → アマノカズミ
テンプレートを表示

概要[編集]

地球帝国宇宙軍の主力機体。

正式名称は「地球帝国宇宙軍超光速万能大型変形合体マシーン兵器・ガンバスター壱号機」。

飛行形態のバスターマシン1号とバスターマシン2号が合体して完成する。

開発にはオオタコウイチロウ少佐が主に携わっている。

動力源は1号と2号それぞれに搭載された2基の縮退炉で、これによって高出力・亜光速戦闘を可能とし、単独でのワープすらこなす。特にガンバスターの2基の縮退炉は、単純に2倍の出力というのではなく、2基を連結させることで、マシーン兵器には搭載不可能なサイズの巨大縮退炉と同等の出力を生み出す構造となっている。当然それは宇宙怪獣がガンバスター目指して殺到することも意味している(これがわざわざバスターマシンを分割している理由でもある)。

操縦は2人で行い1人が管制、1人が戦闘を行う。メインパイロットは、1号機(戦闘担当):タカヤノリコ、2号機(管制担当):アマノカズミである。アマノが入籍を期に戦闘の第一線から離れている間は、2号機パイロットはユング・フロイトが勤めた。操縦の基本動作は、操縦者(ノリコ)の動作がそのまま伝わるダイレクト・モーション・コントロール・システムが採用されている。

全身には超兵器が満載で、億単位の宇宙怪獣を蹴散らす破壊力を持つ。操縦者の「努力」と「根性」も大きなウェイトを占める。 主力武装は、バスタービーム、バスターコレダー、ホーミングレーザー、スーパーイナズマキックなどである。7つの必殺技を持つとされていたが、近年オマージュネタを取り入れた技が様々なメディアから登場したため、倍近い武装を持っている事になってしまった。一対一の戦闘は考慮されておらず、宇宙を埋め尽くすほどの大群で攻めてくる宇宙怪獣を文字通り殲滅する力を持ち、スパロボで言えばマップ兵器級の広域破壊兵器ばかりが装備されている。

一見バリアにしか見えないイナーシャルキャンセラーだが、これは慣性を殺し運動エネルギーを0にする為の装置で本来はバリアではない。要は宇宙空間におけるブレーキであり、この世界の亜光速への加速を前提としたマシンは全て普通にこれを有している。ただし、動作にブラックホールを必要とする為、一部戦闘機などには搭載されていないと思われる。

ちなみに本機はすべて純地球製の技術で建造されている。いわゆるトンデモ系の超巨大スーパーロボットでありながら、異星文明や古代文明の技術が使われていない設定は特筆に価する事であろう。もしかしたら70年代のロボットアニメや特撮を意識したのかもしれない。

また、派生作品を含めたシリーズ中では多数のバスターマシンが登場するが、明確にガンバスターに性能で勝る機体は片手で数えられる程度しかおらず、決戦兵器に恥じない超スペックを誇る。

最終的にはブラックホール爆弾の起爆のために縮退炉を1基取り出し(この時の描写は第3次αで再現されているがダイレクト・モーション・コントロール・システムの都合上ノリコ自身のスーツの胸元を引き裂いている)利用しており、そのまま爆発に巻き込まれて機体も大破しながらも1万2000年後に地球に流れ着いている。

構成機体[編集]

バスターマシン1号
上半身を構成する。戦闘能力が高い。パイロットはタカヤノリコ
バスターマシン2号
下半身を構成する。電子戦能力が高く、偵察能力に優れる。パイロットはアマノカズミ、最終話でカズミが戻るまではユング・フロイト

登場作品と操縦者[編集]

スパロボに参戦するにあたって、作品間の性能差があり過ぎて、原作通りの性能だとストーリーやゲームバランスが破綻してしまう事から弱体化されているマシンの代表格である。スーパーイナズマキックでアクシズを一撃粉砕、バスタービームでボドル旗艦を一刀両断なんて芸当は余裕。

また、『トップをねらえ!』の世界では宇宙が「エーテル」という物質で満たされているため、それがない世界ではガンバスターも大きな影響を受けるはずだが、こういった事についても完全にスルーされている。ゲームでは単純なバリア扱いされているイナーシャルキャンセラーだが、概要に書いた通り本来はバリアではない。

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦F
途中で完結編の発売が決まったため、エンディング後の予告編にのみ登場。発進シーンは原作のシーンを採用している。本作品では動力源である縮退炉ゲストから提供された技術を元にしている。
スーパーロボット大戦F完結編
宇宙ルートで登場し後半から本格参戦。原作と違い、最初からアマノカズミが同乗している。武器を改造すれば、ノリコの奇跡との併用でかなりのダメージを与えることができるため、ボスキラーとなる。また、スーパー系冷遇の本作品ではあるが、参加時期の遅さがゆえに運動性も高いため、フル改造によってユニット単体でマップクリア可能になるほど当ててくれる。全体的に必殺武器の燃費が悪いが、スーパーイナズマキックのみは最強武器に次ぐ威力ながら、なんとEN消費がたったの30(ちなみに最強武器は100、3番目が60)という驚異の好燃費。気力制限は厳しいが、主力にするにはオススメ。
敵勢力の宇宙怪獣こそ登場しないものの、戦闘アニメーションの方は当時としてはかなり力が入っており、ニュートラルの立ち絵以外にもほぼ全ての必殺武器に専用のポーズを決めたドットが多数用意されている。これは、同じく初参戦のイデオンやオリジナル主人公と比較しても破格の待遇と言える。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
序盤ノリコ達はRX-7で戦うため、後半からの登場となる。相変わらず凄まじい性能の高さだが、地形適応が陸:B、空:B(大半の武器の地形適応も同様)と地上ステージでは力を発揮できない。その場合はミノフスキークラフトで地形適応を補ってやる必要がある。本作から全属性ダメージを2500も軽減をするイナーシャルキャンセラーを実装。隠し要素で武装が追加される。
また、SRWシリーズの中で本作のみバスターマシン1号・2号に分離可能。本作ではコアファイターゲットマシンなど戦闘機型の分離ユニットも一定の戦闘力が与えられており、バスターマシンはその最高峰に位置する。
最終話ではバスターマシン1号・2号で強制的に戦闘を行うシナリオが用意されており、イベントによって自軍援軍が到着するまでは合体できない演出が施されている。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
PS版よりも能力が底上げされ、装甲に至ってはマジンカイザー以上の硬さに設定された。
第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ
最初はタカヤノリコ一人で操縦するよう改造された形で登場。後にアマノカズミが復帰。機体コスト4という、登場ユニット中最大の機体コストを誇る。小隊を4機編成したい場合はフル改造ボーナスや強化パーツが必須となる(スペシャルモード除く)。
『α』で猛威を振るったイナーシャルキャンセラーは大幅に弱体化(軽減→無効に変更、防御値も低下)し、シールド防御があるとはいえ機体の装甲が実はそれほど高くない(これは本作において他の盾装備を持つスーパーロボット、具体的にはライディーンダイターン3にも共通)ことも相まって防御しないと大抵破られるようになった。
攻撃面はノリコの高い格闘値、武装の基本攻撃力の高さに加えてサイズ補正のお陰で申し分なし。なお、ノリコが1人乗りの時はバスタービームは格闘属性だが、カズミが同乗すると射撃属性に変更される。非常に地味で気付きにくい変更点だが、キャラクターを養成する際は要注意。

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
グラフィックの頭身がαシリーズよりも上がった。今回は物語中盤にて、氷漬けの状態で登場する。カズミが登場せずノリコ一人乗りなので、炎ならぬ火のガンバスターという声も。また、その影響で今回はスーパーイナズマキックはお預け。今回は本家を差し置いてブチかます連中もいるが。また原作終盤のブラックホール爆弾起爆直後の設定で縮退炉を片方失っているので最大ENが低く設定されている(殆どのスーパーロボットより下)。
今回も第3次αの時と同様に、サイズ差補正のおかげで高い火力を持ち、最強武器であるイナズマキック以外の燃費もいい。またノリコのエースボーナスによる爆発力も凄まじい。参戦は少々遅いものの、即戦力として活用できるだろう。ただし、ノリコのエースボーナスは気力150以上で自動的に発動する上に、発動は一回きりなので、暴発には注意。
本作と天獄篇ではシンカの階梯の1つ「火の文明」として重要な立ち位置にいる。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
第14話で参戦。当初はノリコの一人乗りだが、第42話で本編で失った縮退炉をツインテール級から移植された上にカズミが復帰し、ダブルバスターコレダーとスーパーイナズマキックが解禁される。ノリコのエースボーナスが相変わらず凄まじいため、ボスキラーとして活躍してくれる。ちなみに、カズミの復帰前後でバスタートマホークのモーションが変わる。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
進撃イベント「燃え上がれ! 愛と炎の決戦兵器」の報酬として登場。こちらはSSRのシューターであり必殺技は前方広範囲のスーパーイナズマキック。コストが23と2016年1月現在でトップの高さであるが育ちきった時の総合力は高めになっており防御系アビリティとノリコのド根性のおかげで頑丈。後に成長タイプが「大器」に変更され、ステータスアップした。
2016年の正月では『勇者王ガオガイガー』の進撃イベント「大東京の決戦!」にて、晴れ着姿のノリコが乗るアタッカー属性のSRガンバスターが、期間限定でガチャに登場。同イベントの特攻ユニットになっている。
2016年4月のイベント「激闘!最強の巨人」の特効機体としてディフェンダータイプが追加。こちらは通常攻撃はパンチになり、必殺技はダブルバスターコレダーとなる。こちらの必殺技は、自機周囲への攻撃に加えてスタン効果を確率で与える。Ver.2.0アップデート後はリアリティ覚醒ユニットとして入手が可能。
2016年12月のイベント「時を越えたクリスマス」では特効機体としてサンタ姿のノリコとユングが乗るアタッカータイプがSR・SSRで登場。SSRは大器型となっている。
2017年12月のイベント「イノチノウタゴエ」ではΩスキル対応ユニットが登場。大器型SSRディフェンダー。

装備・機能[編集]

作品自体がオマージュの宝庫……というか、ほぼ全てのシーンがそれまでに存在した何らかの作品のカットのパロディであるため、本機は作中ここに記されている装備以外にも謎の装備を何種か使用している。ただ、これらは一応資料とかを見る限り武装には含まれていない(例:伝説巨神イデオンのオマージュと思われる、体のあちこちからビームを発射するシーンなど)。

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

バスタービーム
ガンバスターの額から発射されるマイナス一億度の冷凍ビーム兵器。迫りくる宇宙怪獣を貫通、切断と薙ぎ払った。全ての物質が凍る温度=温度の下限である絶対零度(-273.15℃)以下の温度をどうやって出しているのかは永遠の謎。
額から発射される点はゲッタードラゴンのゲッタービームと同じ。また、第4話での初発射時のポーズは『ウルトラセブン』のエメリウム光線発射時と同じ。
『第3次α』では1人乗りの時と2人乗りの時とでは、格闘属性から射撃属性へと変更されるという特性がある。ALL兵器を主力にしているプレイヤーは、養成の際に注意が必要。『第3次α』ではゲッタービームよろしく頭部が隠れるほど大きな光線を放っていたが、『第3次Z時獄篇』では本体の大きさを考慮してか、レーザーのような細い光線として描かれている。
バスターミサイル
指先から発射されるミサイル。全て光子魚雷=ブラックホール爆弾である。これはヱクセリヲン等に搭載されているものと同原理で、縮退したブラックホール化寸前の弾頭に設定したタイミングで質量を投下する事によって任意地点にブラックホールを発生させるというもの。ただ、本来はその原理から『発射前に炸裂地点を決めなければいけない』という弱点があり、その為魚雷と呼ばれるのだが、ミサイルというからにはある程度の調整や誘導が効くのかもしれない。
特撮版『ジャイアントロボ』が元ネタ。
ホーミングレーザー
広範囲を攻撃するレーザー。両手から歌舞伎の蜘蛛の巣のように発射する。
SRWではマップ兵器扱い。どことなくイデオンを彷彿させる。
バスターコレダー
両腕もしくは両脚に内蔵されたステークを敵に突き刺し、100億Vの高圧電流で敵を焼き尽くす。後に10億ギガVに強化された。足にもある事を考えるとキックからの追撃での使用も考慮されていたのだろう。
第3次Z』では気力低下の特殊効果あり。
あまり聞き慣れない「コレダー」の語源は粒子加速器(collider)のようだ(「バスターコレダー」自体の元ネタはマッハバロンの「マッハコレダー」)。
バスタートマホーク
原作では使われなかった武器。5話の合体シーンで肩に収納されているのが確認出来るのみ。
元ネタは『ゲッターロボ』のゲッタートマホーク。『第3次α』では二本取り出して柄で連結、回転させて切り裂く。『第3次Z』ではノリコの単独操縦時は片方で切りつけるが、カズミが乗っている時はダブルトマホークで攻撃。
バット
バスターホームラン等で使用するバット。
エネルギー弾
手の中に生成する。バスターノックで使用。
カッター
足裏のキャタピラに内蔵された刃物。スーパーイナズマキックで使用。
バスターシールド
背中より特殊コーティングされたマントを取り出し、宇宙怪獣の光弾を弾く。

[編集]

バスタートマホークブーメラン
バスタートマホークをブーメランとして投擲。
α』では、ノリコがゲッターチームからトマホークブーメランを特訓して貰うイベントもあった。
バスターホームラン
トマホーク同様設定のみが作られていた武器。原作では敵が撃ってきた弾をバットで打ち返すカウンター技。ヤングエースの漫画版では、シズラー黒に突進してきた宇宙怪獣をバットで直接叩き返すという形で披露した。
バスターノック
エネルギー弾を生成してバットでカッ飛ばす技。
スパロボではこちらが「バスターホームラン」名義で登録されている。『第3次α』ではホームラン宣言をしつつ、手の中に生成したエネルギー弾をそのまま打ち飛ばす。『第3次Z天獄篇』では本式のノックよろしく、生成した弾丸を放り投げ、落ちて来たところを打つ。宇宙空間で落ちてくるのか、というツッコミは野暮。
こちらも『α』にて特訓イベントあり。Zシリーズでは『天獄篇』で使用。
ダブルバスターコレダー
分離合体する合体宇宙怪獣に挟まれて潰されそうになった際に手足のバスターコレダーを同時使用した時の即興技。
スパロボでは基本的に「スーパーイナズマキック」に次ぐ威力の武器として扱われているが、『F完結編』のみ、最大クラスの宇宙怪獣を倒した実績を評価してか最強武器となっている。ただし、燃費と改造効率が悪い上に切り払い可能なので、わずかに威力は低いが「キック」を改造するほうが無難。『第3次α』では「キック」解禁までは最大の威力で、単体攻撃の必要な局面では以降もお世話になる。
また、特殊な状況での使用技であることもあって、戦闘アニメでの再現に難儀している様子が伺える。『第3次α』では、脚部コレダーで相手を踏み潰しつつ画面下に消え、今度は両腕のコレダーで持ち上げながら戻ってきて爆破。『第3次Z天獄篇』でも脚部コレダーで踏み潰すまでは同様だが、地面に叩きつけた後持ち上げて腕部コレダーを展開しノリコのカットインの後爆破する。『第3次Z』では気力低下の特殊効果あり。
イナズマキック
ノリコの必殺技であるイナズマキックをガンバスターで使用する。
『第3次Z』におけるガンバスターの最強技で、空中3回転から両足で蹴り飛ばす。「スーパー」で無いためか、シャウトも残念ながら(?)控えめ。
実際にはRX-7で使用していた「イナズマ反転キック」のモーションである。
スーパーイナズマキック
上記のイナズマキックの強化技。足裏のカッターが発生し、亜光速で突撃する。『トップをねらえ!』世界の宇宙にはエーテルが存在するため、宇宙でも衝撃で周囲に攻撃可能である。使用時のノリコ、カズミ両名のシャウトは必聴の価値有り。
あくまでカズミとの息の合った連携が必要であるためか、『第3次α』と『第3次Z天獄篇』ではカズミの復帰まで、『第3次Z時獄篇』では全編通して使用不可能。『第3次α』では全体攻撃なので援護に組み込めない点に注意。『第3次Z天獄篇』では単体攻撃。二人のシャウトの間隔が妙に長く、ガンバスターのカットインから早送りするといい感じになる。

設定のみの武器[編集]

バスターヨーヨー、バスター竜巻、バスタースピン
コン・バトラーVのオマージュ(名前からおおよその察しがつく)。
バスターカウボーイ
投げ縄らしい。派生技としてバスター・ロデオがある。
バスターリング
エネルギーの輪っかに乗って敵を切り裂く技らしい。
バスタースラッシュ
ウルトラマンの技の一つ「八つ裂き光輪」のオマージュ。
バスターストライク
宇宙怪獣に必殺の稲妻シュートを決める技らしい。
バスターミサイルマイト
腕部を展開してガトリング砲のように光弾を発射する。ビッグオーのOサンダーと同じ元ネタゆえ、外観も構造も酷似している。
スパロボで未だ再現されていないが、その一方でバンダイの「超合金魂」や「スーパーロボット超合金」の追加アイテムとして何度か立体化している。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備
切り払いシールド防御を発動する。
イナーシャルキャンセラー
慣性を緩和する装置。SRWでは重力波バリア扱い。
分離合体
ガンバスター時、バスターマシン1号とバスターマシン2号へと分離する。αのみ。
EN回復(小)
天獄篇でカズミ復帰後に追加される。追加武装の消費の重さを補ってくれる。

移動タイプ[編集]

飛行可能だが、重力下では高速飛行は不可能。本来の速度で実力発揮するのは宇宙

サイズ[編集]

2L(LL)

カスタムボーナス[編集]

特殊能力『イナーシャルキャンセラー』の消費EN-5
第3次Z

装備・機能(バスターマシン1号)[編集]

武装・必殺武器[編集]

バスターミサイル
光子魚雷=ブラックホール爆弾
冷凍砲

特殊能力[編集]

合体
ガンバスターへと合体する。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

L

装備・機能(バスターマシン2号)[編集]

武装・必殺武器[編集]

バスターミサイル
光子魚雷=ブラックホール爆弾
全周熱戦砲

特殊能力[編集]

合体
ガンバスターへと合体する。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

L

機体BGM[編集]

「トップをねらえ!~Fly High~」
基本的に戦闘BGMはこれ。第3次Zではノリコ一人乗りの時もこのBGMであるが、デュエット曲なので違和感がある。幸い、下記の「ガンバスター」も収録されているので気になるなら設定を変えてしまうといい。
「ガンバスター」
イベント等ではこちらが流れることも。αシリーズでは初代とDC以外に採用されていない。第3次Zでは天獄篇において「バスターマシン・マーチ」の代わりに使われている。
「全艦発進せよ(M30)」
『α』にてバスターマシン1号と2号のBGMに採用。

対決・名場面[編集]

宇宙怪獣・混合型
ノリコは先の戦闘から何も出来ずに泣いていた自分とスミスにもう泣かないと誓い、みんなを守るために未完成の決戦兵器「ガンバスター」に搭乗する。敵主力である宇宙怪獣・混合型に立ち向かうが、混合型のスピードは凄まじく、バスタービームが掠りもせず、活動限界時間が迫りくる。そこでノリコは決死の覚悟でイナーシャルキャンセラーを全開にして身を挺し混合型を捕らえ、渾身のバスターコレダーによって宇宙怪獣の撃破に成功する。
ヱクセリヲン防衛
これまでにない大規模な宇宙怪獣の群が地球圏に迫る中、人類に残された選択肢はヱクセリオンの動力炉を暴走させ、人口ブラックホールを作り出し敵の大半を飲み込む作戦であった。他に打つ手のない地球帝国宇宙軍は2機のバスターマシンとパイロットに希望を託して作戦を開始する。
ヱクセリオンとバスターマシン2機は順調に敵中心部へ向かっていたが、地球時間で6カ月が過ぎた所で2号機のアマノが余命幾ばくもないオオタを思い、作戦を放棄してしまう。しかしノリコは地球にいるユングやキミコ、オオタ達のために必ず勝たねばならないと、初めてカズミを名前で呼び、合体してガンバスターとなり亜光速のキックを繰出しヱクセリオンの甲板に降り立つ。
炎となったガンバスターは凄まじく、バスタービームで敵集団を薙ぎ払い、下方からくる3000体をホーミングレーザーで迎撃し、バスターシールドで20000もの集中砲火を跳ね返し、大質量で押し潰そうとする宇宙怪獣をもダブルバスターコレダーで粉砕した。そこでノリコはヱクセリオンを中心部まで護衛しかつての母艦に別れを告げるのだった。
ブラックホール爆弾起爆
オカエリナサイ
ブラックホール爆弾を作動させ、ガンバスターを大破させながらも何とか地球に辿り着いたノリコとカズミ。しかし地球時間では1万2000年という果てしない時が経過しており、その地球には明かりが見えなかった。人類が滅びたのではないと落胆する2人の前に、地上の明かりで「オカエリナサト」と読みと取れる文字が浮かび上がる。自分達の地球に帰ってきたと喜ぶノリコ達はガンバスターにお礼と別れを告げて、地球に降下する所で物語は幕を下ろす。
一方地上では、鳥類学者の女性が帰還する2人の方を見上げているが、それはまた別の物語である………

スパロボシリーズの名場面[編集]

果てしなき流れの果てに
『第3次α』より。原作最終局面の再現だが、本作ではここに獅子王凱ひびき洸ゲッターチームが加わり、αナンバーズの力全てを使ってのブラックホール爆弾起爆が行われる。完全オリジナルのDVEとイベントムービーが挿入されるこのシーンは、『第3次α』の中でも屈指の名場面と言えよう。
炎、再び
『第3次Z天獄篇』第42話「炎」より。宇宙怪獣とバジュラとの三つ巴という激戦をくり広げる一同。歌姫達はバジュラだけでもと熱唱するが、効果はなかった。そこへ、彼女たちの歌が次元を震わせた。
ワープしてきたのはバアルである宇宙怪獣と、かつて宇宙怪獣と呼ばれていたバスターマシン軍団だった。宇宙怪獣に追われる軍団を守るべく、ノリコが単身救援に向かう。しかしバアルの猛攻により、バスター軍団は一体を残して破壊されてしまう。ディスヌフの悲しみを理解し、奮起したラルク・メルク・マールが、決死の雷王星投擲という超強烈な攻撃で宇宙怪獣を塵と化した。しかし瞬く間に増援が現れ、窮地に追いやられてしまう。そこへバスター軍団――ツインテール級は、己の命をノリコに捧げる。
それは、バスターマシンの動力炉である縮退炉であり、かつてガンバスターの炎たらしめていたモノ。覚悟を汲み、ノリコは縮退炉を取り出し、ガンバスターに搭載する。火だったガンバスターが燃え上がる。縮退炉のもたらすものではないそれには、もう一つ、タカヤノリコにとって欠かせない『彼女』の存在があった。真の炎となった無敵のガンバスター、その咆哮が響き渡ったとき、反撃が始まった。

関連機体[編集]

シズラー
ガンバスターの量産型。黒色のシズラー黒のみスパロボに登場。
ガンバスター改級
トップをねらえ!』の続編に位置する小説『トップをねらえ! NeXT GENERATION』(SRW未参戦)の主役機。操縦者はアレナス・F少尉並びにシシュフール・ファダンリルルト・ダグリナート。
グレートガンバスター
同じく『NeXT GENERATION』の主役機。操縦者はハヤミマリナ並びにアラシジュン。
ガンバスターセカンド
『NeXT GENERATION』の漫画版に登場。ガンバスターの後継機として開発されていたが、カルネアデス計画の予定が早められた影響で開発は中断する事に。
バスターマシン7号
続編『トップをねらえ2!』に登場。ガンバスターの後継機に相当する。

商品情報[編集]