ユング・フロイト

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ユング・フロイト
外国語表記 Jung Froid
登場作品 トップをねらえ!
声優 川村万梨阿
種族 地球人(ロシア人)
性別
生年月日 2004年9月12日
年齢 16歳
出身 ソビエト連邦
身長 170cm
スリーサイズ B95・W64・H93
血液型 AB型
所属組織 地球帝国軍
所属部隊 トップ部隊
デザイン 美樹本晴彦
テンプレートを表示

概要[編集]

宇宙戦闘の天才と呼ばれ、建造中のヱクセリヲンに到着したカズミに対してライバル心をむき出しにし、いきなり決闘を挑む。だが、直後の風呂場ではフレンドリーに話しかけており、戦闘時と非戦闘時のギャップが二重人格並みに激しい。巨乳の持ち主で、ノリコとカズミは圧倒されていた。

オオタと結婚して沖女で教職についたカズミの後任で、ノリコとペアを組んで、ガンバスターに乗っていたが、カズミがブラックホール爆弾に乗って合流した後は、バスターマシン2号のキーをカズミに返している。

漫画『NeXT GENERATION』では、西暦2245年に銀河連邦初代大統領に就任している。1万2千年後(『トップをねらえ2!』)での動向は描写されなかったが、『ヤングエース』で連載された漫画版では、『NeXT GENERATION』の時点で宇宙放射線病を患らっていたとされ、ノリコ達との再会を心待ちにしながらも志半ばで病に倒れ、再会が叶わなかったとされている。

名前の由来は「ユング」と「フロイト」という、実在の2人の心理学者の名前を合わせたもの。

登場作品と役柄[編集]

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦F完結編
隠しキャラ特殊技能天才」を持つ。必中が無いので扱いにくい。最大の欠点は熱血を持たないこと。
ファ(もしくはフォウ)が彼女の胸を見て大きいというイベントがある。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
プロローグにノリコカズミと登場。再登場は後半になってから。精神コマンドが充実したため、扱いやすさが向上。
スーパーロボット大戦α for Dreamcast
ほぼPS版と変わらないが、天才という設定が活かされたのか技量が大幅にアップ。
第3次スーパーロボット大戦α
今まではシズラー黒の機体性能や、彼女自身の精神コマンドの問題からレギュラーを張るのは難しかったが、今回初めてレギュラーとして最後まで使える性能になった。ガンバスターに搭乗するノリコ(&カズミ)ほどの火力は無いが、天才技能とシズラー黒の全体攻撃武器・バルカンブラスターの使い勝手の良さから、ザコ戦では充分に小隊長を任せる事が出来る。
なお、原作ではカズミの代わりにガンバスターに乗っており、『α』のEDでもそのやりとりがあるが、今回は最初からシズラーに乗っている。

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
EDに登場し、真の時空修復を経て元の世界へと帰還したノリコとカズミに直接「お帰りなさい」を言う(この直前に若返ったカズミに驚愕している)。
また、ノノも銀河連邦の初代大統領となった彼女の存在を記憶していた。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

初期の作品では、技量以外はノリコと同等な能力で、「天才」という割に振るわなかった。『第3次α』では、スーパー系の中では命中、回避がかなり高い部類に入り、攻撃も射撃と格闘が底上げされ、過去作品での汚名を返上した形となった。

精神コマンド[編集]

α』以降から必中熱血を覚えるようになりシズラー黒の性能もあり1軍入りできる。

第3次α』以前では努力を覚えるため天才と合わせて、非常にレベルの上がり安いキャラでもあった。

F完結編
てかげん集中加速根性ひらめき努力
肝心な熱血がないため決定打をもたず、スーパー系なのに集中を覚えたため使い勝手はイマイチ。
α
必中ひらめき気合熱血努力激闘
第3次α
必中ひらめき鉄壁熱血直撃気迫

特殊技能(特殊スキル)[編集]

F完結編α
底力天才
『F完結編』では唯一の天才持ち。
第3次α
天才カウンターL7、気力+ (命中)
天才の効果が変更された為、戦闘力が大幅強化された。

小隊長能力(隊長効果)[編集]

クリティカル率+10%、獲得経験値+20%
第3次α』で採用。

人間関係[編集]

アマノカズミ
ライバル
タカヤノリコ
オオタの特訓を受ける彼女をライバル視したことも。一緒にガンバスターに乗っていた時期もある。
オオタコウイチロウ
片思いの相手だが全く報われず(オオタの眼中にあったかも怪しい)、身を引く。
リンダ・ヤマモト
ユングのパートナー。出番が数回しかない上に戦死してしまう。SRW未登場。
ハヤミ・マリナ、アラシ・ジュン、ムラマサ・スズコ
漫画『NeXT GENERATION』の登場人物。謎の覆面コーチXとして、彼女たち(主にバスターマシン操縦者のマリナとジュン)に特訓を施す…が、マリナ以外には正体がばれていた。SRW未登場。

他作品との人間関係[編集]

カミーユ・ビダンファ・ユイリィフォウ・ムラサメ
F完結編』ではデート中に遭遇する。
惣流・アスカ・ラングレー
α』では彼女の境遇に自分を重ね、アドバイスを送る場面も。

名台詞[編集]

「コーチもバスターマシンもあなたのものよ」
最終話、再会したカズミに平手打ちして一言。そしてバスターマシン2号のキーを渡す。
片思いの相手だったオオタも、後任として守ってきたバスターマシンのシートも結局カズミに譲った、ユングの全てを清算した台詞。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「その台詞…聞き捨てならないわね。女だからって、どうだっていうのよ?」
「こんな前時代的な男がいるなんて…ロンド=ベルも大したことないわね」
αDC)』第39話「終末への前奏曲」で、マシーン兵器のパイロットが女性だった事に拍子抜けしたかのような台詞を吐くへ、返す刀で放ったカウンター。両者の口論は同席していたリュウセイ曰く「沙羅相手の喧嘩と同じパターン」に映ったらしい。
「あなたも天才パイロットと呼ばれているのなら、これくらいのスランプは自分で克服することね」
『α(DC)』(ゴラオン隊ルート)第51話「あしゅら男爵、散る」より。甲児の怒気に圧し負け思わず逃げてきたアスカへ、ダメ押しとばかりに厳しい言葉を投げ掛ける。
「この手のタイプはね…立ち直るのに時間がかかるのよ。だから、いつまでもイジけられてちゃ、こっちが迷惑だわ」
「腹が立ったのなら、実力であたしを見返してみなさいよ」
直後、あまりにも容赦無い物言いを咎めてくるカズミの制止を受けながらも、更なる辛辣な言葉でアスカを挑発する。
一見、突き放した物言いだが、アスカがEVAとのシンクロ率低下に焦っている事を看破した上での「発破」でも有り、「天才」と呼ばれる人間にはこの方が効果的だという事を理解しての発言である。
「どうやらプライドまで捨て去ったわけじゃないようね…」
持ち前の負けん気に再び火が付いたアスカの復活を信じて呟くが、皮肉にもこの遣り取り以降、彼女の迷走は深刻化していく事に…。
「誰がお前達の支配など!」
「この宇宙に、お前の居場所は無いわ!」
「還るべき場所に還りなさい! ケイサル・エフェス!」
第3次α』最終話でのケイサル・エフェスへの特殊戦闘台詞

搭乗機体[編集]

RX-7ミーシャ
ユング機には星のマーキングがされている。
バスターマシン2号機(ガンバスター
カズミ不在時には彼女が乗っていた。
シズラー黒
最終話で搭乗。SRWではこちらに搭乗する事が多い。

余談[編集]

  • 実はジャイ○ン級の音痴であり、サントラCDに収録されたドラマCDヱクセリヲンに大損害を与えた事がある