アルゴ・ガルスキー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルゴ・ガルスキー
外国語表記 Argo Gulskii
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 宇垣秀成
デザイン 島本和彦(原案)
逢坂浩司
初登場SRW スーパーロボット大戦64
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(ネオ・ロシア)
性別
生年月日 未来世紀33年9月13日
星座 乙女座
身長 219cm
体重 101kg
血液型 0型
所属 ネオロシア
役職 ガンダムファイター
特技 パワーレスリング
テンプレートを表示

アルゴ・ガルスキーは『機動武闘伝Gガンダム』の登場人物。

概要[編集]

ネオロシア代表のガンダムファイターボルトガンダムに搭乗する。

かつては、コロニー荒らしとして有名な宇宙海賊のリーダーながらも無益な殺生は行わずにいたが、ネオロシアに全員が捕らえられてしまう。アルゴは仲間の釈放と引き換えにガンダムファイトに出場。ファイトの時以外は両腕をビーム鎖で繋がれており、胸のベルトには言うことを聞かせるための小型爆弾が仕込んである。ファイティングスーツの時も変わらず装着しているが、着用のため裸になる時外すのかは謎。バンクシーンでは、上半身スーツ装着~完了の際には既に装着しているのが見て取れる。

常に自制心を失わない寡黙な男で熱い情熱も持つ。2mを越す巨体から繰り出すパワーに加え、知略にも精通しており、ギアナ高地においては東方不敗の策略を看破している。ブラックジョーカーの紋章を継承してからは、新シャッフル同盟の一員にもなった。他のシャッフルメンバーが新宿でのデビルガンダムの一件を引きずっていたのに対し、アルゴだけは後遺症がなかったことからも精神の強さが垣間見える。

第13回大会に優勝は出来なかったもののデビルガンダム軍団との最終決戦において、ナスターシャ・ザビコフの独断により、部下共々開放される。

登場作品と役柄[編集]

イベントにて原作でも見せた知略戦において一役買う事が多い。

能力はGガンダム勢の中でも一際スーパー系寄りの能力精神コマンドを持つ。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
比較的序盤に仲間になる上に、搭乗機のボルトガンダムの使い勝手がよく、また最初から気合を使えるため、ドモンを除くシャッフル同盟の中ではかなりの実力者。ステージが進めばガイアクラッシャーが使えるようになる。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
アルゴの能力はA同様だが、ボルトガンダムに下降修正が入ったため若干使いづらくなっている。ボルトガンダムの硬さとアルゴの防御の高さと鉄壁を生かして、援護防御の付加がオススメ。
スーパーロボット大戦R
シナリオ「『ゲキ・ガンガー』を越えてゆけ!」では、宇宙海賊時代の経験を生かした交渉術で木連と渡り合い、ラウンドナイツの窮地を救う見せ場がある。
ちなみにアンソロジーコミックではラゴウと間違えられてボコボコにされるというネタがあったが、そもそも作者が名前を「ラルゴ」と間違えているため、ネタとして殆ど成立していない。編集の段階で誰も気付かなかったのか、色々な意味で不憫である。
スーパーロボット大戦J
JではGガンダムの面々が弱体化を受けたが、アルゴもその例に漏れず、搭乗機のボルトガンダムは弱体化、本人も鉄壁以外の防御回避精神コマンドを覚えないなどの不遇な扱いを受ける。一応、原作でのガンダムヘブンズソード戦を再現した合体攻撃が追加された。一線を張るには辛い。
Gガンダム勢はどの分岐を選択しても主人公と同行するので、このゲームの「分岐時に別ルートに行ったパイロットのレベルは合流時に自軍パイロット上位16人の平均レベルになる」仕様を利用してのレベル上げができない。もし使うなら、後半に強制出撃があるので、定期的に出撃させてレベルを上げておきたい。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦T
音声新規収録。第13回大会の後再び脱走し、不当な罪で収監されている海賊仲間達を助けるために行動している。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
初登場作品。チボデーサイシージョルジュと共に「シャッフルの名のもとに」にて敵として登場するが、ステージクリア後、自軍に参戦。愛機ボルトガンダム射程が短い・ろくな対空攻撃が無い、必殺技が宇宙で使えないという3重苦を背負っており、シャッフル同盟メンバー5人の中では最も使い勝手が悪い。
スーパーロボット大戦MX
初の声付き参戦。担当声優の宇垣秀成氏は本作でスパロボ初参加。
気迫があるのでスーパーモードを一発で発動できるのが魅力。Gガンダム勢の中では回避は低めだが、気になるほどではない。出撃を圧迫するものの、合体攻撃・『シャッフル同盟拳』は強力。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

格闘技量が高く、特に防御が高い。成長性も防御重視のシリーズもあり、最終的にかなりの硬さとなる。Gガンダム勢の中では所謂「スーパー系」(に近い)能力値であると考えるのが妥当か。

精神コマンド[編集]

必中鉄壁気合熱血とスーパー系の精神コマンドを修得する。

リンクバトラー
気合集中熱血友情鉄壁信頼
64
鉄壁集中熱血気合信頼友情
AA PORTABLE
鉄壁気合必中信頼熱血ド根性
R
鉄壁必中ド根性信頼気合熱血
J
鉄壁必中ド根性熱血気合直撃
MXMX PORTABLE
鉄壁必中不屈熱血友情気迫
T
不屈必中鉄壁気迫加速熱血

特殊技能(特殊スキル)[編集]

ボルトガンダムの装備の都合上、切り払いシールド防御等の防御スキルを一切持たない。

A
底力L9、カウンターL4
A PORTABLE
底力L9、カウンター
R
底力L7、援護攻撃L2、援護防御L1、カウンターL3
J
スーパーモードカウンター底力L7、援護攻撃L2、援護防御L1、コンボL2
MXMX PORTABLE
スーパーモード底力L8、援護防御L2、ガード
ガードはアルゴと相性の良いスキル。
T
底力L5、闘争心L2、援護防御L2、ガードL2
『MX』時代の内容をほぼ継承している。防御型の構成なので、精神耐性は必須。

エースボーナス[編集]

SP+20、出撃時気力+10
A PORTABLE』で採用。
ジョルジュ・ド・サンドサイ・サイシーと同様のボーナス。
出撃時に気力+10、精神コマンド「不屈」の消費SPが5になる
T』で採用。
元より堅牢なボルトガンダムの長所が不屈で更に伸びる。精神耐性で安全を確保すればもはや不沈艦扱いだろう。

パイロットBGM[編集]

「FLYING IN THE SKY」
前期OPテーマ。『64』で採用。
「我が心 明鏡止水~されどこの掌は烈火の如く」
MX』にて採用。
「勝利者達の挽歌」
第24話で流れたシャッフル同盟との共闘での選曲。『MX』終盤に変更される。

人間関係[編集]

ドモン・カッシュ
シャッフル同盟の仲間。初登場時、収容所に捕らえられた彼の脱走の手助けをしている。
チボデー・クロケット
新シャッフル同盟の仲間。
ジョルジュ・ド・サンド
新シャッフル同盟の仲間。
サイ・サイシー
新シャッフル同盟の仲間。シャッフル同盟の中でも共に何度か闘った仲間である。テーマソングも2人で歌う。
ブラック・ジョーカー(トリス・スルゲイレフ)
旧シャッフル同盟のブラック・ジョーカー。DG細胞で洗脳された際、彼女の捨て身の行動により、DG細胞を浄化され、ブラック・ジョーカーの紋章も受け継いだ。
ナスターシャ・ザビコフ
ネオロシアの女性士官。アルゴのサポートと監視役。アルゴに付けられた爆弾の起爆装置を握っている。
苛烈な性格であるが、ギアナ高地で水浴びのシーンを披露したり、ドモンとの対決前夜のアルゴをチャイナドレス姿で激励するなど、Gガンダムにおける希少なお色気要員でもある。
アルゴに対し徐々に想いを寄せていくようになり、最終回では一緒にネオロシアを捨てて宇宙海賊になるという、衝撃的な結末を迎えた。
アンドリュー・グラハム
ネオカナダ代表のガンダムファイター。アルゴが宇宙海賊だった頃、アルゴの海賊船が勤務していた宇宙ステーションに激突し、妻を失う。アルゴへの復讐の為ガンダムファイターとなり、アルゴに戦いを挑む。
最後はアルゴが自らの命を犠牲にしてまで仲間を助けようとする心に打たれ、暴走するノーベルガンダムからボルトガンダムをかばい、ファイターとして再起不能となる。SRW未登場。
アレンビー・ビアズリー
バーサーカーモードを発動した彼女に48秒で倒される。

他作品との人間関係[編集]

フロスト兄弟シャギア・フロストオルバ・フロスト
R』では、丸腰のニュータイプ達をMSで始末しようとした際に、シャッフル同盟の素手の一撃でMSを転倒させた事で彼らを驚愕させた。
秋山源八郎
『R』では、火星遺跡の演算ユニットを巡って彼と交渉して、彼を説き伏せ木連を一度は撤退させる。
剣鉄也
A』にて、にぎやかなのは苦手という点で互いに親近感を持つ。
キャプテンハーロックキンケドゥ・ナウ
T』での宇宙海賊仲間。
ユング・フロイト
T』では同郷のため、ボーナスシナリオでは彼女を応援していた。

名台詞[編集]

「どうした、これでおわりか! 収容所でのファイトはみせかけか! 貴様もこの程度か!」
第5話にて。収容所にてくじけなかったドモンのファイター魂を感じていたため、ファイト中に敵といえどもドモンに激を入れる。
「俺もあの日の事を忘れはしない。事実はどうあれ、あんたの奥さんを死なせた事に変わりはない。そう仇を討ちたければ来い! 俺もこのファイトで優勝して、囚われている仲間を救うまで、闘い続ける。それまで俺は、逃げも隠れもせん!」
第8話にて。誤解からもアルゴを妻の仇と憎むグラハムに対し、自分もグラハムの妻ノーマを助けられなかったことに後悔の念を感じていたアルゴだったが、それを受け止めた上で自身の決意を語るアルゴ。寡黙ながらも彼の決意の強さが見える。
「俺は闘いに喜びを感じた事など無い。海賊だった頃から、一度もな。いや、お前との闘いは別だった。あれはいいファイトだった。またあんなファイトをして見たいものだ」
第18話にて。自分の心情とドモンとのファイトの感想。アルゴには珍しく微笑みを見せる場面でもある。
「気まぐれな指揮官だ」
第21話より。決勝大会の3日前に「シャッフル同盟は本来は敵同士」と言いながらもドモンの様子を見て、すぐにネオホンコンに向かわないナスターシャに対して不敵に笑いながらの一言。
ガンダムファイトは何が起こるかわからないという事だ。貴様も充分気を付けるんだな」
第28話より。
「来い、鳥野郎! フライドチキンにしてやるぜ!」
第42話にてガンダムヘブンズソードにグラビトンハンマーを当てる前に言った台詞。
「い、いいのか? 罪人を勝手に釈放するのは重罪だぞ…!」
上記のナスターシャが、アルゴの手錠と首に設置された爆弾を解除した時の台詞。
後顧の憂いをなくす一番の手だが、もうナスターシャは国に戻れないということでもある。「だったら、お前と共に海賊にでもなるさ」と、押しかけ女房的な発言をするナスターシャに、アルゴは小さく笑って答えを示した。
「言ってしまえばいいだけだ!」
最終回にて。レイン告白することに対し、ドモンを激励する。先にナスターシャに告白されただけに、印象に残る発言でもある。

迷台詞[編集]

「いいや、俺は映画を見るときは、一番前で見る主義なんだ…!」
ドラマCD『世界高達骨牌拳』にて、サイシーに「前が見えない」と言われて返した台詞。チボデーからは「どっかの監督みたいな事言ってるぜ」とぼやかれた。
「俺は…好きだ」
同ドラマにて、映画の中のとある人物を見て呟いた台詞。周囲の仲間はドン引きしていた…。
「俺は宇宙で不敗だ!」
同ドラマ内、量産された「不敗」その3。
「俺は、あんみつがいい…白玉入りのやつ」
同ドラマ内、映画を見終わり劇場を後にするときに呟いた台詞。意外と甘党のようだ。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

携帯機シリーズ[編集]

A

「・・・俺はいい。賑やかなところは苦手だ」
第18話「鍛えよ、勝つために」「ネオホンコン、炎上」より。皆で香港の中華料理を食べにいこうとする中、ガンダムファイターではアルゴだけが上陸を断り艦に残った。
寡黙なアルゴにとっては賑やかな繁華街が性に合わないというのは決して不思議な話ではないのだが、原作の後期OPでは中華街のど真ん中で雑踏を歩くアルゴの姿があったりする。
「スパイ容疑か。・・・それを言えば俺も元は宇宙海賊だ。テンカワという少年よりは、後ろ暗い過去を持っている」
第21話「決められた道をただ歩くよりも」「ボソン・ジャンプ」より。三輪長官の「軍人としての素質に欠ける」という理由でのアキトの除隊へ不信感を持った際の台詞。今作ではスパイ容疑をかけられた一矢シローや、元々軍人らしくない甲児など、軍人らしくない人物がごろごろしておりアキトだけが槍玉に挙げられる傍ら、最も怪しまれるであろう「元宇宙海賊」という肩書きを持つアルゴが何の疑惑もかけられずのうのうと居座っていられるのも不思議な話である。

R

「現状において、ボソンジャンプできなくなることが、地球木連のどちらにダメージが大きいかはわかるはずだ」
「俺たちはな、だが、俺たちが滅びた後、地球との全面戦争になった場合、お前たち、勝てるのか?」
第34話「「ゲキ・ガンガー」を越えてゆけ!」にて木連と交渉した際の台詞。不利な状況での戦闘の多かった、宇宙海賊時代の経験を活かしての交渉である。

VXT三部作[編集]

T

「俺も海賊らしく、豪快に生きるぞ」
「プレイヤーのみんなも無限大のでっかい夢を持って生きてくれ」
『T』中断メッセージ「解き放たれたアルゴ」より、ドモンから「もっと自由にやれ」と言われて。宇宙海賊をモチーフとする『海賊戦隊ゴーカイジャー』のネタである。むしろそれはドモンの声優ネタだが……。
なお『T』発売から三週間と経たないうちに『X-Ω』への『ゴーカイジャー』参戦が発表されることになる。
「主人公などという柄ではないが、雑魚扱いされるのは我慢ならんな!」
「海賊がヒーローになる時代だ! 俺もそれに乗るとするか!」
『T』ボーナスシナリオ「主人公は誰だ」における戦闘前会話より。

単独作品[編集]

64

「…俺はそうでもない」
ハマーンと協力することになった際、その外見や雰囲気に不満を漏らす男性陣の中で放った発言。ナスターシャを重ねたのかもしれない。

MXMX PORTABLE

「む…! こいつのパワー…ボルトガンダムと互角か…!」
第25~27話「光に導かれし者達」にて凰牙との戦闘前会話アルテアにも「やるな…! 凰牙のパワーを受け止めるとは!」と感嘆せしめた。
「フライドチキンにするまでもない! そのまま消え失せろ!!」
第50話(『MX PORTABLE』では51話)「勝利者達の挽歌」より。爆散直前のガンダムヘブンズソードに向け、最期までDG細胞に依存するミケロの見苦しさを斬り捨てた。

搭乗機体[編集]

ボルトガンダム

余談[編集]

  • 漫画『超級!機動武闘伝Gガンダム』では、宇宙海賊時代の海賊の衣装を身にまとっている姿が見られる。

資料リンク[編集]