ラゴウ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ラゴウ
外国語表記 Ragou
登場作品 GEAR戦士電童
初登場SRW スーパーロボット大戦R
SRWでの分類 機体
パイロット
テンプレートを表示
生態
種族 異星生物
所属 機械帝国ガルファ
テンプレートを表示

ラゴウは『GEAR戦士電童』の登場キャラクター。

概要[編集]

ガルファ皇帝のペット。

機械生命体ではなく、機械を捕食する宇宙怪獣。その為、失敗した部下を処分する際の処刑方法に利用される。牙には「ラゴウウィルス」と呼ばれる猛毒(コンピュータウィルス)があり、ユニコーンドリルレオサークルに瀕死の重傷を与えた。

最終的にはユニコーンとレオが合体して生まれた新たなるデータウェポン「超獣王 輝刃」の力を得た電童電童・超獣王輝刃)の輝刃ストライカーファイナルアタックにより葬られた。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
第15話で初登場。第15話ではNPCユニコーンドリルレオサークルが撃墜されると敗北なので注意。第19話ではターン制限の戦闘で、規定ターン内に倒すことができればその場でイベントが発生し、電童に超獣王輝刃が追加される。また、時間切れになっても敗北にはならず、原作通りにユニコーンドリルとレオサークルが輝刃として復活し、キバストライカーのファイナルアタックで止めを刺すイベントが発生する。ゲーム自体の難易度もあるが、能力的にもそれほど手強い相手ではない。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
シーン5で戦う。戦う前からベガ星連合軍の幹部連からも名前が出ており、ギルギルガン達と並んで星々では忌み嫌われた存在だと言われている。前回登場の『R』に比べると基礎的な能力が上がり、攻撃にHP毒の特殊効果が付いたラゴウウィルスが凶悪。基礎攻撃力も高いので、攻撃を受けたら無事ではいられない。初登場時のシナリオは一連のゼオライマー系シナリオのクライマックスにあたるステージなのだが、そちらのイベントにかまけてラゴウを放置していると、2回行動を活かした攻撃でデータウェポンが撃墜されるので要注意。同マップでラゴウを倒すのは困難だが、撤退ギリギリまでHPを削り、ラゴウが『回避』を選択するだけのダメージを与えられる攻撃に、必中をかけると良い。また、本作では月面・螺旋城付近での電磁ネットによるラゴウ捕獲作戦も再現されている。他の敵を先に全滅させた後で、ゆっくりと布陣を組んでポイントに誘い込むと良い。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
ほぼ原作通りの扱い。「帝国の野望」にてボアザン帝国との戦いで出現した際にバルトフェルド名前に反応するシーンがある。
終盤にてガルファ皇帝に囚われたデータウェポンを開放するためにラゴウのウィルスが使われ、これが逆転の切欠となった。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

突進
雄叫びを上げての体当たり。
クロー
前足のツメで引っ掻く。
ラゴウウィルス
相手に噛みつき、胴体から出現するトゲを突き刺してウィルスを送り込む。
運動性を10下げ、HPがターン毎に減る特殊効果を持つ。

特殊能力[編集]

HP回復(小)
状態変化耐性

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

MX
加速集中ひらめき熱血気合直撃

特殊技能(特殊スキル)[編集]

MX
2回行動
R
援護攻撃L3

人間関係[編集]

ガルファ皇帝
飼い主。かなり可愛がってもらっている。

余談[編集]