ラゴゥ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラゴゥ
外国語表記 LaGOWE
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW 第3次スーパーロボット大戦α
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 陸戦用モビルスーツ
生産形態 試作機
型式番号 TMF/A-803
全高 11.49m(ターレット基部まで)
重量 69.30 t
開発 ザフト
所属 ザフト
乗員人数 2名
パイロット
【メインパイロット】
アンドリュー・バルトフェルド
【ガンナー】
アイシャ
テンプレートを表示

ラゴゥは『機動戦士ガンダムSEED』の登場メカ

概要[編集]

バクゥの後継機に当たる陸戦用モビルスーツ指揮官機でもある。バクゥより大型で、ビーム兵器も標準装備している。コクピットは複座式で、メインパイロットとガンナーが乗り込む。

砂漠での戦闘でアンドリュー・バルトフェルドアイシャが搭乗。キラ・ヤマトエールストライクガンダムと交戦しエネルギー切れ寸前まで追い詰めたが、ストライクにアーマーシュナイダーを突き刺され、撃破された。

登場作品と操縦者[編集]

αシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦α
原作通り登場。隠し要素の条件さえ満たせば使用出来るが、バルトフェルドが艦長職に腰を据えてしまっているため、乗れるのはイザークディアッカのみという状態。原作とは違い、サブパイロットを乗せることは出来ない。陸Sでそれなりに強い。全体攻撃武器の無いデュエルから、イザークをこちらに乗せるのも良い。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
序盤のアークエンジェルルートとして登場するだけ…と思いきや終盤のツメスパロボにも出てくる。
スーパーロボット大戦W
イベントでバルトフェルドが搭乗。倒し方によってはニコル生存フラグが立つ。2周目からは購入可能だが使用出来るのは乗り換えられるパイロットが出てくる2部から。武装は少ないがムラが無く、攻撃力がやや低いという欠点に目をつぶればそれなりに使える。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

2連装ビームサーベル
頭部に装備。口にビームサーベルを咥えたような姿で、敵を斬りつける。
2連装ビームキャノン
背部に装備。
第3次α』では、通常版の他に『2連装ビームキャノン(連射)』というパターンアタックが全体攻撃武器として採用されている。

特殊能力[編集]

剣装備、銃装備
切り払い撃ち落としを発動。

移動タイプ[編集]

ホバー

サイズ[編集]

S

関連機体[編集]

バクゥ
本機のベース機。

余談[編集]

  • 『SEED』本編のTV放映から9年も経過した2011年秋、なんとHG新作で発売された。SEEDのHDリマスター連動企画の一環と考えられるが、特に人気のある機体ではないことと如何せん設計が古いキットのため地味な感じが拭えない。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]