サイ・サイシー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
サイ・サイシー
外国語表記 Sai Saishi
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 山口勝平
デザイン 逢坂浩司
島本和彦(原案)
初登場SRW スーパーロボット大戦64
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(ネオ・チャイナ)
性別
生年月日 未来世紀43年3月31日
星座 牡羊座
年齢 16歳
身長 132cm
体重 32kg
血液型 A型
所属 ネオ・チャイナ
称号 ガンダムファイター
特技 中国拳法
一輪車
趣味 料理(チャーハン)
嫌いな物 怪談話
テンプレートを表示

サイ・サイシーは『機動武闘伝Gガンダム』の登場人物。

概要[編集]

ネオ・チャイナ代表のガンダムファイターで、少林寺再興を目指す16歳の少年。祖父は第3回大会優勝者のサイ・フェイロン、父はサイ・ロンパイ。拳法の達人だが、中華料理も得意。

性格は明朗活発で、レインのスカートをめくったり、ナスターシャの水浴びを覗いたりするなど破廉恥なことも平気でやるが、基本的には憎めない性格。

幼き頃から恵雲・瑞山と共にコロニーの竹林寺で修行に明け暮れる日々を送り、この年の頃には(修行に対する真剣さという点で少々問題はあったが)一流の武闘家としての実力を身につけていた。その能力を認められてネオチャイナ総師よりドラゴンガンダムを授かり、少林寺の復興をかけてガンダムファイト第13回大会に参戦することとなる。

しかし、大会のため地球へ降下した際、手違いの為ドラゴンガンダムと離れ離れとなってしまい、そのドラゴンガンダムはあろうことか盗賊団に利用されてしまう。その事を突きとめた彼は、偶然に出会ったドモン・カッシュを利用する形でドラゴンガンダムを取り戻す事に成功、そのまま彼とのガンダムファイトに突入、引き分けとなった。 この戦いの後はドモンを「アニキ」と呼んで慕うようになり、またシャッフル同盟の紋章を受け継いだ後は、その一員としての自覚を持つようになる。

ドモンは決勝大会における新生シャッフル同盟との連戦の中で、サイ・サイシーを一番の強敵と見ているなどその実力に対する評価も高く(実際、サイ・サイシーはゴッドガンダムが放つゴッドフィンガーに真・流星胡蝶剣をぶつけて破壊することに成功している)、若年ながら将来有望なガンダムファイターであると言えよう。

『デラックスボンボン』には、彼が胡蝶剣を身に付けるまでの過程を描いた外伝的漫画「機動武闘伝Gガンダム外伝 翔龍伝説」が連載された。これはドラゴンガンダムが低年齢層に人気があった為。

登場作品と役柄[編集]

ドモンの窮地に他のシャッフル同盟のメンバーと共に駆けつけ、自軍に参加するケースが多い。

また、中国料理が得意なため、多くの作品で料理に関するイベントでは腕前を披露することになる。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
乗機であるドラゴンガンダムの性能が他のGガンダム系に比べ個性的で恵まれており、加速が使用できるため使い勝手は良い。幸運を持つ為、トドメ役としても役立つ。中国料理が得意ということでテンカワ・アキトと料理について絡む。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
A』とほぼ同様。今回、敵の回避率が異常に高いので集中を持つが必中を持たない為、命中率強化の強化パーツやEWAC効果等で命中の補強したい。
スーパーロボット大戦R
中国系でドラゴンのガンダムに乗っているなど共通点がある張五飛を「アニキ」と呼ぶが、「貴様のような弟を持った覚えはない!」と一蹴されてしまった。なおRでの彼はEW版なので年齢的にはギリギリ年上(17歳)になる模様。
スーパーロボット大戦J
ユリカ達に料理を教えたり、バーベキューを作るなど料理がらみの出番がある。回避がGガンダム系にしては高めで、スーパーモードが発動する事によりさらに高まる。
ドラゴンガンダムの機体性能が高いおかげで、Gガンダム系では使い易い方。アルゴとの合体攻撃が用意されている。Gガンダム勢はどの分岐を選択しても主人公と同行するので、このゲームの「分岐時に別ルートに行ったパイロットのレベルは合流時に自軍パイロット上位16人の平均レベルになる」仕様を利用してのレベル上げができない。後半に強制出撃があるので、定期的に出撃させてレベルを上げておきたい。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦T
音声が新規収録された。第4話で一時敵対するが、第14話で加入。
エースパイロット認定時の獲得スキルプログラムは「格闘アップ」。
愛機のドラゴンガンダムはシャッフルの中では真・流星胡蝶剣以外の火力は最も低いが、Lv22と加入時期的に全パイロットで最も早くかく乱を習得できるメインパイロット。中盤のスーパーモード習得で火力も低いわけでもない、どころか彼に限らず本作のGガン勢の火力はUC系ガンダムの主役機クラスはあるので、SP回復系のスキルとパーツを付けて火力役兼かく乱役として活躍できる。今作では彼に限らずかく乱のコストが重くなっているのでどう頑張っても毎ターン撃てるようにはならないが、スペシャルサブオーダーでSP+50も得ればステージクリアまでは十分持つ。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
初登場作品。「シャッフルの名のもとに」にて、チボデー、ジョルジュ、アルゴと共にデビルガンダムに操られ敵として登場するが、ステージクリア後自軍に参戦する。同じ中国系ガンダムパイロットの張五飛と絡みがある。本作では料理を披露する場面はないが、腕前について語られるイベントや、レインのスカートをめくりドモンを狼狽させる場面など、シナリオにはちょくちょく絡む。
スーパーロボット大戦MX
今回から声が入り、DVEで登場と思いきや最初に登場するのは偽物。本物の登場は中盤からで、アルゴとタッグを組んで自分達の偽者と戦うシナリオがある。料理上手な面を披露する一幕もあった。回避が自軍でもトップクラスの高さで、カウンターと相成って被弾率はかなり低い。また気迫を覚える為、ステージ開始直後からスーパーモードを発動する事が可能。ドモンの方に話題がいきがちだが、演技が当時と比べ甲高くなっている。
スーパーロボット大戦X-Ω
2019年3月のイベント「約束のツバサ」から登場。リメイク作品の「A PORTABLE」を除けば「J」以来14年ぶりの参戦となる。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

格闘重視系の能力で、技量も高い(他シャッフル同盟よりも高いこともしばしば)。

精神コマンド[編集]

戦闘向けの集中ひらめき気合熱血を覚える傾向にあり使いやすい。特に集中運動性に秀でたドラゴンガンダムとの相性が良い。

AA PORTABLER
集中加速ひらめき幸運気合熱血
J
ひらめき集中闘志熱血気合かく乱
リンクバトラー
集中根性ひらめき気合熱血友情
64
集中熱血根性ひらめき気合友情
MX
集中加速ひらめき熱血幸運気迫
X-Ω
集中友情幸運
パイロットパーツ装備時
悪戯闘志
T
根性直感突撃かく乱気迫熱血

特殊技能(特殊スキル)[編集]

A
底力L8、切り払いL6、カウンターL7
A PORTABLE
底力L8、切り払いL6、カウンター
R
底力L8、防御L3、援護攻撃L2、援護防御L1、カウンターL6
J
斬り払いカウンタースーパーモード底力L8、援護攻撃L2、援護防御L1、コンボL2
64
切り払いL6
MX
スーパーモード底力L8、切り払いL7、カウンターL7
T
底力L5、闘争心L2、サイズ差補正無視L1、地形利用

エースボーナス[編集]

SP+20、出撃時気力+10
A PORTABLE』で採用。アルゴ・ガルスキージョルジュ・ド・サンドと同様のボーナス。
出撃時に気力+10、最終回避率+20%、クリティカル率+20%
T』で採用。
見切りと併用することで、敵方の「極」さえも相殺可能という強烈な補正が掛かる。かく乱の効果も併せれば、ボスクラスが相手でも不覚は取らないだろう。

パイロットBGM[編集]

「FLYING IN THE SKY」
前期OPテーマ。『64』で採用。
「我が心 明鏡止水~されどこの掌は烈火の如く」
MX』にて採用。
「勝利者達の挽歌」
第24話で流れたシャッフル同盟との共闘での選曲。『MX』終盤に変更される。

人間関係[編集]

ドモン・カッシュ
シャッフル同盟の一人。「アニキ」と慕う一方で、ガンダムファイトに関する事ではクレバーな関係。
チボデー・クロケット
新シャッフル同盟の仲間。
ジョルジュ・ド・サンド
新シャッフル同盟の仲間。
アルゴ・ガルスキー
新シャッフル同盟の仲間。彼のことは「おっさん」と呼んでいる。共にテーマソングを歌う。バトルロイヤル時は、共にガンダムヘブンズソードと対峙した。
クラブ・エース(アラン・リー)
旧シャッフル同盟のクラブ・エース。DG細胞で洗脳された際、彼の捨て身の行動により、DG細胞を浄化され、クラブ・エースの紋章も受け継いだ。
恵雲
サポートクルーにして、お目付け役。ガンダムファイトではメカニックと通信オペレーターを担当。サイ・サイシーからは「じっちゃん」と呼ばれている。
瑞山
サポートクルーにして、お目付け役。知略を使った戦術を得意としている。サイ・サイシーからは恵雲同様に「じっちゃん」と呼ばれている。
サイ・ロンパイ
父親。若くして病死するが、生前に書き残した手紙は息子に少林寺再興の夢を燃え上がらせた。恵雲と瑞山の2人はサイ・ロンパイの友人でもあり、その縁からサイ・サイシーの父親代わりとなった。
サイ・フェイロン
祖父。第4回ガンダムファイトの優勝者でもある。
セシル・ホルガー
一目惚れした相手。ネオデンマークのガンダムファイターであるハンス・ホルガーの妹。別れ際にサイ・サイシーの頬にキスをするなど、彼女自身も満更ではない模様。最終回でも写真で僅かながら登場。『T』では名前及び用語辞典で登場。
ダハール・ムハマンド
祖父サイ・フェイロンとのファイトで戦死したネオエジプトのファイター。DG細胞で復活し、サイ・フェイロンの孫のサイ・サイシーにファイトを挑む。最終的には、心までDG細胞に汚染されたことから、ドモンの手で完全にトドメを刺される。

他作品との人間関係[編集]

張五飛
同じ中国人で、機体の外見や性能も似ているという繋がりから、作品によっては彼を慕う事も。『64』では具体的な場面こそないものの、アストナージから愛機が似ていることを「あの2人はただでさえ気にしてるんだ」と示唆されている。
ホウメイ
『A』では彼女のマーボー丼が気に入ったのか、ナデシコの食堂内でおかわりを頼んでいた。また『T』では彼女からアキトの捜索を依頼されていた。
惣流・アスカ・ラングレー
MX』では彼女からガンダムファイターを「イロモノ」呼ばわりされた事に立腹し、反撃とばかりにEVAシリーズケーブル接続で稼動する様を揶揄する。
ケーン・ワカバ
『MX』では、ジョルジュと共に見切りを習得する為の訓練に付き合うものの、彼の命をかけた実戦に対する「甘え」を看破し、冷徹に突きつけてもいる。
トビア・アロナクス
『T』では、模擬ガンダムファイトの相手になった他、ボーナスシナリオにて一緒に覗きを計画した。なお、中の人が同じ。
ファサリナ
『T』において、彼女の色仕掛けを受けそうになった。
バァン・ファーネル
『X-Ω』では彼の事を「もうひとりのアニキ」と呼ぶ(所謂声優ネタ)。

名台詞[編集]

「今度こそ、安らかに眠れ。」
第10話にて、自分の祖父サイ・フェイロンに敗れたファラオガンダム4世を葬った際の台詞。
「お姉ちゃん!こんばんはぁ…っとぉ!こっちもこんばんわぁ!」
第19話にて、突如崖の上から現れレインに挨拶して、スカートを捲った際の台詞。
「ドモンのアニキの他にも、こんなつえぇ奴がいたなんて嬉しいね!」
第19話より。アルゴのボルトガンダムと闘った際の台詞。このファイトが負け知らずの彼がデビルガンダムの恐怖から立ち直るきっかけとなった。
「オイラ、小さかったから父さんの顔も覚えてないけど、父さんの夢を追う姿ははっきり見えるよ!だから、約束する!少林寺再興は、オイラがやり遂げるっ!」
第37話より。ドモンのゴッドガンダムとの戦いの際の台詞。父の手紙を見て少林寺再興に一念発起した彼はドモンとの闘いに情熱をかける。
「四天王だかなんだか知らねぇが、目に物見せてやるぜっ!」
第42話より。ガンダムヘブンズソードと対峙した際の台詞。
MX』では特殊戦闘台詞に採用されている。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「お前の獲物はオイラが頂いていく!…なんてねっ!」(援護攻撃時)
「トビア! 気を抜きすぎだって!」(援護防御時)
トビアへの特殊援護台詞。前者は声優ネタ
「帰ってきたら、オイラが腕によりをかけた最高の料理を食わしてやるぜ」
64』終盤、ムゲの宇宙に行く一行にかけた激励の台詞。
「うるせえ、おめえのロボットだって変じゃねえか!」
「金魚のフンみてえにケーブル引きずっちゃってさぁ!」
MXPORTABLE)』第20~22話「Strange bait」でアスカからの暴言に返す刀で放ったカウンター。
「ケーン、本当の戦いじゃ1回死んだ時点で終わりなんだぜ?」
『MX(PORTABLE)』第31話(「地上に残す」ルート)「暴悪の鎧武者」に於けるケーンジョルジュとの剣術修行で、見切りを修得するまで何度も再挑戦を口にするケーンへ、実戦ではリトライが通用しない現実を厳しく告げる。
「う…お袋の味に負けた…」
『MX』第45話(『MX PORTABLE』では46話)「Dearest」で救出したスバルの為に中華料理を振舞うも、彼がベガの作った『母さんのシチュー』を食した事で凹んでしまう。その後、サイ・サイシーの作った料理は、銀河がおいしくいただいていた。

搭乗機体[編集]

ドラゴンガンダム

資料リンク[編集]