チボデー・クロケット

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
チボデー・クロケット
外国語表記 Chibode Croquette
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 大塚芳忠
松井摩味(少年時代)
デザイン 逢坂浩司
初登場SRW スーパーロボット大戦64
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(ネオアメリカ)
性別
生年月日 未来世紀39年6月7日
星座 双子座
身長 192m
体重 87kg
血液型 0型
所属 ネオアメリカ
役職 ガンダムファイター
特技 ボクシング
拳銃の早撃ち
趣味
ギャンブル
アメリカンフットボール
嫌いな物 ピエロ
テンプレートを表示

チボデー・クロケットは『機動武闘伝Gガンダム』の登場人物。

概要[編集]

ネオアメリカ代表のガンダムファイターで、種目はボクシング。そのボクシングでコロニー大会百連勝の記録を持つ。地球に住む人々にとって、ガンダムファイトは賛否両論だが、チボデーは地球のネオアメリカの人々からは英雄として慕われている。

幼少時は母と共に地球に住んでおり、スペースコロニーに移住することになった際、地球での最後の思い出にサーカスを観に行くが、そこでピエロの姿をしたテロリストの人質にされ、混乱の中、母と生き別れになってしまう。その後はニューヨークのスラム街で生きていくために盗みを働いたり、ストリートファイトに明け暮れていたが、それにより得た強さをネオアメリカに見込まれて、ボクシング界にスカウトされ、コロニー本国に渡り、コロニーのボクシング大会のチャンピオンとなった。

第13回大会で生まれ故郷のニューヨークに凱旋。地球のボクシングチャンピオンと対峙するが、それはドモンの変装であり、不意打ちでノックダウンされた彼は激昂。ドモンにガンダムファイトを申し込むが、お互いの拳による対決はドモンに軍配が挙がり、彼は敗れて意気消沈するがニューヨーカーの熱い声援で再び戦う心を取り戻す。

性格は陽気なアメリカン気取り。表情豊かだが、内心はナイーブな一面をもつ。戦いの際は正々堂々と正面からぶつかって行く。その闘争本能は東方不敗マスター・アジア曰く「野獣」となぞらえられた。

彼のサポートクルーはキャス・ロナリーバニー・ヒギンズジャネット・スミスシャリー・レーンの美女4人組(チボデーギャルズ)で、彼女らもチボデーと同じ境遇のニューヨーカーである。

幼少時のトラウマからピエロに恐怖心を抱いており、ピエロの容姿をしたロマリオ・モニーニ(SRW未登場)とジェスターガンダム(SRW未登場)の前に大苦戦したが、チボデーギャルズのおかげでトラウマを克服し、勝利した。

ガンダムマックスターのコックピットにバーボン(酒)を忍ばせており、ガンダムファイト優勝の暁には飲ませる(機体にかける)つもりだったが、グランドガンダムとの決戦に望む前に飲ませていた。

登場作品と役柄[編集]

アメリカ関係のネタではジャック・キングなどに絡んだりすることがある。その他にも出雲銀河の傷ついた少年の心を元気づけるなどイイ兄貴的存在。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
集中を持たないため、回避率を上げつつ戦うことができず、使いづらい。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
今回のエースボーナスは「初期気力+10、カウンター攻撃時のダメージ+50%」というもので、技量を養成しカウンター発動率を上げれば強力なエースボーナスとなる。また、本作は敵の回避率が尋常でないほど高いため、必中(しかも消費SP:10と低い)を持つことが利点となる。但しシールド防御はデフォルトで修得しない。スーパーモード時はガンダムマックスターの盾がなくなるためシールド防御の付加の優先順位は低い。
スーパーロボット大戦R
落ち込んだ出雲銀河を励ます。また、ジャックメリーの兄妹のおかしな言葉遣いにツッコミを入れるという、一風変わったやり取りがある。
スーパーロボット大戦J
ガンダムマックスターが遠距離にも対応可能という仕様変更を受け、闘志を使った反撃役として使いたい所だが集中鉄壁を持たない為難しい。しかもMFの中では唯一のシールド防御持ちだがバグで作動していないのがさらにネック。またガンダムマックスターの性能が振るわない。Gガンダム勢はどの分岐を選択しても主人公と同行するので、このゲームの「分岐時に別ルートに行ったパイロットのレベルは合流時に自軍パイロット上位16人の平均レベルになる」仕様を利用してのレベル上げができない。以上のことから倉庫入りになる可能性が高い。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦T
リメイク作品の『A PORTABLE』を除けば『J』以来14年ぶりの参戦。音声も新規収録された。ピエロが苦手だったというエピソードも少し拾われている。
エースパイロット認定時の獲得スキルプログラムは「格闘アップ」。
スーパーモード習得まではヒット&アウェイが死に気味だが、豪熱マシンガンパンチが非P武器になったので習得後は役立つ。エースボーナスからフルカウンターを習得させたくなるが、マックスターのカスタムボーナスでパンチ系の技にもカウンター特性が付き、全武装カウンター特性になるので無駄になる。彼に限らず本作のシャッフルの必殺技は燃費が非常に悪いので、Eセーブも必須。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
初登場作品。最初はDG細胞に侵された状態で敵として登場するが、イベントで仲間になる。集中を覚え、努力もあるためレベルが上がりやすい。
スーパーロボット大戦MX
初めて声が入った。搭乗機であるガンダムマックスターの燃費が良く、扱いやすい。また、出撃枠の圧迫と燃費の悪さが難点だが、合体攻撃である『シャッフル同盟拳』は強力であり、火力面の不安も無い。ただし、気力を上げる精神コマンドを持たない為、激励強化パーツで優先的に補わないと、スーパーモードを発動させにくい点には注意が必要。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

Gガンダム系らしく格闘防御が高い。ガンダムマックスターがガンマンの要素を取り入れられた機体であるため、射撃も割と高めである。

精神コマンド[編集]

集中を覚えることが少ないのが残念だが、必中ひらめき不屈)を覚える為、雑魚戦よりもボス戦に向く精神コマンドを修得する。ハングリー精神ゆえか当初は努力も覚えたが、応援登場以後は覚えない傾向にもある。

リンクバトラー
気合集中努力熱血挑発ド根性
64
熱血集中努力気合ド根性挑発
MX
必中加速集中熱血不屈直撃
AA PORTABLE
必中努力ド根性気合熱血覚醒
R
必中努力ド根性不屈気合熱血
J
必中不屈闘志熱血気合友情
T
閃き必中鉄壁友情気迫熱血

特殊技能(特殊スキル)[編集]

Gガンダム系では珍しいシールド防御を修得する。作品によっては自力でシールド防御を修得しない場合もある。ボクサーらしくカウンターレベルが高い場合が多い。

64
シールド防御L4
MX
Sモード底力L8、シールド防御L7、カウンターL7
A
底力L6、カウンターL7
A PORTABLE
底力L6、カウンター
R
底力L6、防御L3、援護攻撃L2、援護防御L1、カウンターL7
J
撃ち落としカウンタースーパーモード底力L6、援護攻撃L2、援護防御L1、コンボL2
T
底力L6、闘争心L2、サイズ差補正無視L1、ヒット&アウェイ

エースボーナス[編集]

初期気力+10、カウンター攻撃時のダメージ+50%
A PORTABLE』で採用。ボクサーのカウンターパンチを想起させる個性的、かつ強力なボーナス。
出撃時に気力+10、カウンター発生時、必ずクリティカルが発生する
T』で採用。流石に強力過ぎたせいか大幅に弱体化された。

パイロットBGM[編集]

「FLYING IN THE SKY」
前期OPテーマ。『64』で採用。
「我が心 明鏡止水~されどこの掌は烈火の如く」
MX』にて採用。
「勝利者達の挽歌」
第24話で流れたシャッフル同盟との共闘での選曲。『MX』終盤に変更される。

人間関係[編集]

ドモン・カッシュ
シャッフル同盟の仲間。文字通り、『拳で語り合った』仲である。
ジョルジュ・ド・サンド
新シャッフル同盟の仲間。礼儀を重んじる彼とは正反対の性格だが、心の底では認め合っており、共闘することも多い。チボデーと同様、機体に酒(こちらはシャンパン)を忍ばせる点まで同じ。
サイ・サイシーアルゴ・ガルスキー
新シャッフル同盟の仲間。
クイーン・ザ・スペード(マックス・バーンズ)
旧シャッフル同盟のクイーン・ザ・スペード。DG細胞で洗脳された際、彼の捨て身の行動により、DG細胞を浄化され、クイーン・ザ・スペードの紋章も受け継いだ。
キャス・ロナリーバニー・ヒギンズジャネット・スミスシャリー・レーン
サポートクルー。
ショーン・ダグラス、ケディ・グラマン
ネオ・アメリカ国防総省の一員。チボデーのガンダムファイト優勝を手柄にコロニー進出を狙う。そのためにドモンを始末しようとするが、真相を知ったチボデーに乗機を撃墜される。SRW未登場。
母親
肉親。サーカスで起こった襲撃の際に幼少のチボデーと離れ離れになり、生死不明になってしまう。SRW未登場。

他作品との人間関係[編集]

ジャック・キング
『A』ではTV版、『R』ではOVA版の彼と競演しているが、極端なインチキアメリカ人口調に辟易する。
デューク・フリード
MX』では周囲の非難からマサトを擁護する彼へ、鉄也と共に辛辣な言葉をぶつける。
明神タケル
64』では彼の監視をバニーに任せることになったのだが…。
出雲銀河
R』では落ち込んでいる彼を諭す一幕も。
エルデ・ミッテ
『MX』にて彼女の行動に強い不信感を抱いていた。
東風
T』では、彼にピエロのトラウマを刺激される。

名台詞[編集]

「シャラップ! このネオアメリカの、恥さらしがぁ!」
第2話より。ガンダムファイト前にドモンを始末しようとした、国防省のダグラスに対しての台詞。猪突猛進ながらも、フェアファイトが身上のチボデーの姿勢が窺える。
「奴は俺のように悩んでいるだけじゃない。前へ前へ、進んで進んで!真正面から戦う事だけを考えているんだ! わかったぜ、俺もあのデビルガンダムの恐怖を叩きのめしてやる! このファイター魂でな!」
第18話より。ギアナ高地で修行するドモンを見て感嘆した際の台詞。デビルガンダムの恐怖に取り付かれていたチボデーだが、彼の修行とこの後行うファイトを経て立ち直る。
「やめろぉ! その笑いはやめろぉぉっ! やめてくれぇぇぇ!!」
第31話より。ロマリオが化けた偽のチボデーと対峙し、錯乱して。嘲笑うような笑いと共に「ママはどうした?」と過去のトラウマを刺激されてしまう。
「そう、なんたって俺が五つの頃の話だからな。俺がママと一緒に暮らしていた頃の事さ。あん時のニューヨークは、今よりもっとひどい混乱期だった…」
「数少ないコロニーへのチケットを争い、よく暴動になったもんだ。俺もママもやっとの事で、コロニー行きのチケットを手にする事ができたんだ」
「その日ママは、地球での最後の思い出に、サーカスに連れて行ってくれた。その時だった…シャトルを条件に、観客を人質に取ろうとした襲撃だった…」
同上。レインに自分の過去を打ち明けるチボデー。
「そのパニックの中で、俺は人質になっちまった…その怖さがわかるか?」
レイン「お母様は?」
「銃声はずっと鳴り続いていた。生きているとは思えない…それにママの事を思い出すたびに…くっ。…一人ぼっちで取り残された子供によ…!あいつは笑いかけるんだっ!」
前述の回想の後半部分。幼少のチボデーはピエロに扮したテロリストに人質にされてしまい、その事がずっと彼の心にトラウマとして深く刻み込まれていた。
「どうした…もう一度笑ってみなよ!」
同上。ロマリオ・モニーニの乗るジェスターガンダムにバーニングパンチを打ち込んだ時の台詞。
「俺にもシャッフル同盟の役目は分かる…分かるがな、今の俺たちとってはなデビルガンダムのことよりお前との決着をつけることのほうが意味があるんだよ!」
ウォンが仕掛けたドモン対シャッフル同盟との連戦。チボデーも自身の苦悩を打ち明けた上でドモンとの決着を重視するシャッフル同盟らの「総意」を代弁した。
「おもしれぇ! あんたとはいっぺん、ガンでやり合って見たかったのよ!」
第43話より。ジェントル・チャップマンの乗るグランドガンダムと対峙した際の台詞。単純に銃を使う者同士の闘いと見れば結構だが、拳銃とライフルでは距離が大違いである。しかもこの時点でのチャップマンの乗機であるグランドガンダムは、ジョンブルガンダム時と違いライフルすら装備しておらず、肩に巨大なキャノン砲があるのみである。一応英語では大砲も「GUN」と表記することがあるが、いくらなんでも得物の性質が違いすぎる。
「グッバイ、チャンプ」
同上。グランドガンダムへラストショットを撃ちながら。
「けっ、所詮は一度倒した野郎の集まりだ。一発で決めてやる!」
第48話より。グランドマスターガンダムと対峙した際の台詞。この台詞の後、先制パンチとばかりに豪熱マシンガンパンチを打ち込むが、跳ね返されてしまう…。グランドガンダムに辛勝だったにも関わらず、どこからこの自信が来るのだろうか。
この直前も動力炉に向かう途中、防衛用の球体を殴り窮地に陥っていた。

迷台詞[編集]

「けっ、どっかの監督みたいな事言ってるぜ」
ドラマCD「世界高達骨牌拳」内で、アルゴの「一番前で映画を見る」主義に対してのぼやき。今川監督のことを言っていると思われる、メタ的な台詞。
「異次元不敗?」
量産された不敗その4。大塚芳忠氏の独特な言い回しが印象的。

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集]

携帯機シリーズ[編集]

AA PORTABLE
「勘弁してくれ! 全宇宙のアメリカ人が誤解されるじゃねえか!」
第6話「動き出す悪魔」or「シャッフルの紋章」より。ジャック・キングのスパロボオリジナルのインチキアメリカ人口調への反応。お前が言うな。というか「全宇宙のアメリカ人」という表現も何かおかしい。
R
「お前の力はお前の一人の力じゃねえ。それに気づけば、お前はもっと強くなる」
第10話「登場!!テキサスマック!」より。アルテアに敗れて落ち込んだ銀河に自身の経験をふまえてアドバイスした。
「あの言い回し何とかならねえのか。アメリカが誤解されちまう!」
同じく第10話。こちらのジャック兄妹はOVA版設定のため、ジャックのみならず妹のメリーまでがインチキアメリカ人口調になってしまっている。

単独作品[編集]

MXMX PORTABLE
「ありゃあ血筋だな。きっと、先祖か身内に凄腕がいるんだろうぜ」
第24話「冥府への扉」での、ダイモスVS電童の模擬戦で、呑み込みの早い北斗にも格闘家としての資質が備わっている事を見抜いての一言。大正解である。
「それに何よりもあの女…! エルデ・ミッテが信用できんぜ!」
第54話(『PORTABLE』では55話)「遙か久遠の彼方」にて、アルベロEVA量産機戦でマグネイト・テンに対して共闘を申し出た際、アルベロと同乗していたエルデに対して、嫌悪感を露わにしていた。後のエルデの行動を考えると、至極正論とも言える。
T
「どうせ、あのジイさんの事だ。理屈無視のトンデモなんだろうぜ」
第23話「毒と毒と毒」にて、復活した東方不敗・原種・インベーダーの三つ巴戦の後。
チボデーならずとも嫌味の一つも言いたくなる場面だが、真に恐ろしいのは、嫌味ではなく単なる事実の指摘であったということであろう。
カミーユ「足技のないボクシングで来るなら、上半身の動きにさえ注意していれば…!」
「甘いぜ!ボクシングってのは、大地を蹴る格闘技なのさ!」
第33話「誓いのガンダムファイト」でのシャッフル同盟VS宇宙世紀ガンダム勢のガンダムファイトにて。ボクシングは大地を蹴る格闘技というのは板垣恵介の漫画『バキ』が元ネタだと思われる。実際、そちらでも「ボクシングには蹴り技がない」と思い込んでいた対戦相手が痛い目を見た。

搭乗機体[編集]

ガンダムマックスター

余談[編集]

  • 声優の大塚芳忠氏は「アメリカ人以上にアメリカ人っぽい演技をする人」という言われるが、海外ドラマの吹き替え(『フルハウス』のダニー、『新スタートレック』のデータなど)などとともにこのチボデーの演技も印象付けに一役買っているといえる。

資料リンク[編集]