シャリー・レーン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャリー・レーン
外国語表記 Shirley Lane
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 松熊明子(現・松熊つる松)
デザイン 逢坂浩司
初登場SRW スーパーロボット大戦64
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(ネオ・アメリカ)
性別
年齢 17歳
所属 ネオ・アメリカ
役職 GFサポートクルー
テンプレートを表示

シャリー・レーンは『機動武闘伝Gガンダム』の登場人物。

概要[編集]

チボデー・クロケットのサポートクルー「チボデーギャルズ」のリーダー格。細い目と横にハネた赤毛が特徴。メカニックを担当する。

元はニューヨークのダウンタウンに住む不良グループであり、生きるために盗みや詐欺などを行っていた。憧れのコロニー行きの宇宙船に密航するが、乗員に捕まったところを通りかかったチボデーにスカウトされクルーとなった。17歳とは思えない落ち着きのある女性であり、他のギャルズ共々チボデーに信頼を置いている。同時に作戦提案役でもあり、ランタオ島のバリア破壊なども彼女の案によるものである。

登場作品と役柄[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
初登場作品。マスター・アジアに捕らえられていたが、レインシュバルツに助けられ、そのまま自軍に合流。本編では描かれなかったメカニック作業に従事する様子が描かれている。スイームルグエルブルススイームルグSに合体させるときもアストナージと共に登場するが、完全平和ルートだとこの時点ではチボデーらGガンダムの面々と共にマーチウィンドから抜けているはずである。合流するのは次のステージクリア後。

人間関係[編集]

チボデー・クロケット
雇い主であり恩人。
キャス・ロナリージャネット・スミスバニー・ヒギンズ
仲間。
レイン・ミカムラ
新宿で助けてもらった一件から別れの際には彼女に声をかけていた。

名台詞[編集]

「そう、私達は少しの間昔の私達に戻るのよ」
チボデーの再起のため、シャイニングガンダムの戦闘データを盗み出すことに躊躇するバニーに言った台詞。