ガンダムファイター

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

ガンダムファイター(Gundam Fighter)とは、『機動武闘伝Gガンダム』に登場する役職。

概要[編集]

モビルファイターのパイロットを指す用語。

基本的に格闘家が務める場合が殆どで、大抵何らかの拳法や戦闘術を修得している。また、搭乗するモビルファイターと戦闘スタイルが一致している場合が多い。 一部のファイターはパイロットに合わせて専用のモビルファイターを設計・開発している所もある。

ガンダムファイトは国家同士の威信をかけた戦いであり、国家の代表として選ばれた事に誇りを持つ正々堂々としたファイターも多い。しかし、大会の実質的な趣旨は国家の覇権をかけた代理戦争であるため、中には人間性や過去の犯罪歴などを度外視して強さのみで選ばれているファイターもいる(宇宙海賊出身のアルゴ・ガルスキー、現役マフィアのミケロ・チャリオットなど)。

ガンダムファイトを嫌っている人からは、ガンダムファイター自身も嫌われてはいるが、チボデー・クロケットのように英雄として慕われている者もいる。

上述の通り、モビルファイターへの搭乗以前に本人が高い身体能力を誇る格闘家である場合が多いので、SRWにおいてはインターミッション中における要人警護や乱闘要員白兵戦での先陣を任されることが多い。事実、「彼らの警護が無かったら敵に捕らえられていたか、最悪死んでいた」というシーンも少なくない。

スパロボに登場したガンダムファイター[編集]

シャッフル同盟[編集]

ドモン・カッシュ
ネオジャパン代表。第13回ガンダムファイト優勝者。
チボデー・クロケット
ネオアメリカ代表。
ジョルジュ・ド・サンド
ネオフランス代表。
サイ・サイシー
ネオチャイナ代表。
アルゴ・ガルスキー
ネオロシア代表。

シャッフル同盟[編集]

キング・オブ・ハート / 東方不敗マスター・アジア
ネオホンコン代表。第12回ガンダムファイト優勝者。
ブラック・ジョーカー / トリス・スルゲイレフ
クイーン・ザ・スペード / マックス・バーンズ
ジャック・イン・ダイヤ / ナシウス・キルヒャ
クラブ・エース / アラン・リー

各国代表[編集]

アレンビー・ビアズリー
ネオスウェーデン代表。
シュバルツ・ブルーダー
ネオドイツ代表。
ミケロ・チャリオット
ネオイタリア代表。
ジェントル・チャップマン
ネオイングランド代表。第9~11回ガンダムファイト優勝者。
キラル・メキレル
ネオネパール代表。
チャンドラ・シジーマ
ネオインド代表。
マーキロット・クロノス
ネオギリシャ代表。

その他[編集]

風雲再起
東方不敗の愛馬。自らも同名のモビルホースに乗る。
レイン・ミカムラ
弓道の心得を生かし、ライジングガンダムに搭乗。
ウルベ・イシカワ
以前はネオジャパン代表のガンダムファイターであった。

関連項目[編集]

ガンダムファイト
ガンダムファイト国際条約
モビルファイター
シャッフル同盟

資料リンク[編集]