デスアーミー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
デスアーミー
外国語表記 Death Army
登場作品

ガンダムシリーズ

初登場SRW 新スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
生産形態 量産機
型式番号 JDG-009X(ネオ・ジャパンの認識番号)
装甲材質 ガンダリウム合金
デビルガンダム細胞
所属 デビルガンダム
生体コア ゾンビ兵
テンプレートを表示

デスアーミーは『機動武闘伝Gガンダム』の登場メカ

概要[編集]

デビルガンダムの自己増殖によって産み出されるモビルスーツ。性能はたいした事がないが無量大数で攻める。

一度産み落としたデスアーミーを、新宿新都庁真下に眠るデビルガンダムへと再構成して復活する機を窺っていた。

東方不敗は素手でこれを破壊した事があり、視聴者に大きな衝撃を与えた。

以下の通り、複数のバリエーションが存在する。

強化装備形態[編集]

デスビースト
4本脚の陸上用オプションユニットを装備した姿。
デスバーディ
翼を持つ大型の空中用オプションユニットを装備した姿。
デスネービー
魚のような水中用オプションユニットを装備した姿。

登場作品と操縦者[編集]

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
第1部ラストステージでのHPは8000を超えている・・・本当にこれはデスアーミーかと思うほど厄介な敵。しかもその背後にはデビルガンダムマスターガンダムが控えているためこれでも前座。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
海に誘い出し、空中から攻撃すれば反撃されない。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
弱点はほぼリメイク前と同じだが、何と陸の地形適応がS。そのおかげでこちらの攻撃を避けまくる。
スーパーロボット大戦R
雑魚……なのだが、デビルガンダムも雑魚扱いで多数出現するため最序盤で姿を消す。
スーパーロボット大戦J
デビルガンダムと共に気力上げのカモとしてゾロゾロ出てくる。他のバリエーションは登場しない……と思いきや、デビルガンダムの武器「デスアーミー」の演出にこっそりとデスマスターとデスドラゴンが混ざっていたりする。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦T
今作は原種と敵対するが、バリアを持たないため一方的に倒されることが多く、気力や資金のために先に始末する方が良い。棍棒での打撃攻撃は行わず、ビームライフルしか撃ってこない。
「エキスパンション・シナリオ」では、飛行が可能となった。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
名称表記は「MSデスアーミー」。地上編の敵として登場。本作では黄色→緑色→青色の順に性能がアップしていくが、いずれも大して強くはない。
地上編最終面では一定ターンごとに青い機体が無限に出現する。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。
スーパーロボット大戦64
雑魚。デスバーディデスネービーと共に登場することが多い。ランタオ島での戦いはこれでもかとばかりに出現する。
スーパーロボット大戦MX
本作を代表する雑魚ユニット。OPムービーでも大発生している。撃墜数や気力上げに役に立つ。
スーパーロボット大戦NEO
ゾンビ兵は搭乗せず。DG細胞に寄生されたゴールド3兄弟に率いられて、デスバーディと共にウヨウヨ出てくる。棍棒(『NEO』では金棒表記)に押し出し特性が付加されているのが地味に厄介。
スーパーロボット大戦Operation Extend
スーパーロボット大戦Card Chronicle
敵として登場。

関連作品[編集]

スーパーヒーロー作戦
ザコ敵として大量に出現。デスビーストや、DG細胞で作られた偽ウイングガンダム・偽ガンダムデスサイズも登場する。
リアルロボットレジメント
Gガン系ステージの雑魚として多数登場。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

棍棒型ビームライフル / 棍棒
棍棒と銃が一体となった武器。

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いを発動。
HP回復(小)

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

照準値+10。装甲値+200。
T』で採用。

機体BGM[編集]

「Trust You Forever」
後期オープニング。『T』で採用され、限定版では歌付きもある。

関連機体[編集]

デスマスター
マスターガンダムに擬態した個体。
デスドラゴン
ドラゴンガンダムに擬態した個体。
J』ではデビルガンダムの攻撃演出に出演。
デスバット
デビルガンダムコロニーで発生したタイプ。SRW未登場。
デビルガンダム
デスアーミーを産み出す親玉。
ガンダムマックスタードラゴンガンダムガンダムローズボルトガンダム
コミカライズ作品『超級! 機動武闘伝Gガンダム』において、DG細胞に侵された際には、各部や武装にデスアーミーの要素が組み込まれていた。

余談 [編集]

  • 当時の敵量産MSが「丸メガネ」「猫の目か狐目」といった頭部デザインが続いていた中、久々に登場したモノアイのやられメカである事を考えると、デスアーミーもザクの系譜と言えなくもない。
    • ただし旧来のモノアイとはやや異なったデザインになっており、本作には別に旧来のモノアイを持ったブッシ(SRW未実装)という量産MSも登場している。

資料リンク[編集]