ドモン・カッシュ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ドモン・カッシュ
外国語表記 Domon Kasshu
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 関智一
種族 地球人(ネオジャパン)
性別
生年月日 F.C.39年7月24日
星座 獅子座
年齢 20歳
身長 180cm
体重 78kg
血液型 O型
所属 ネオジャパン
役職 ガンダムファイター
特技 武道(流派東方不敗
デザイン 島本和彦(原案)
逢坂浩司
テンプレートを表示

概要[編集]

機動武闘伝Gガンダム』の主人公

ネオジャパンのガンダムファイター。コロニー格闘技の覇者にしてシャッフル同盟「キング・オブ・ハート」の称号を持つ。

10歳の頃から東方不敗マスター・アジアに師事して流派東方不敗を学んでいたが、10年間の修行を終え自宅に戻ったとき、母は死に、兄・キョウジ・カッシュデビルガンダムを奪って逃走、父は責任を問われ永久冷凍刑になっていた。父の汚名を晴らすために、ネオジャパン代表のガンダムファイターになり、地上へ逃亡したデビルガンダムを追って大会に参加した。最終的にはデビルガンダムを討ち果たして第13回大会の優勝者となり、またパートナーのレインと結ばれるという大団円を迎える。

しかしそこに至る道は決して平坦なものではなく、苦難の連続であった。まず、戦いに至る過程が上述の通り悲劇的である上、自分の家族をバラバラにした元凶であるウルベに騙されて地球に逃げ延びた兄を両親の仇と思い込まされ、彼とデビルガンダムへの憎しみを戦いの糧として地球へ赴き、兄弟同士で争いあうこととなる。また、新宿において最も尊敬する人物であった師匠・東方不敗と再会するも、彼の変貌を目の当たりにしたドモンは師とも拳を交えざるを得なくなる。最終的には実の兄であるキョウジとそのクローンであるシュバルツ・ブルーダー、そして師である東方不敗をも自身の拳で葬りさることになってしまう。

しかしそんな彼もガンダムファイトの戦いの中で、多くの仲間と出会い、友情を育みながら成長していく。最初はその境遇のひどさから無口で粗暴な面が目立っていたが、シャッフル同盟の仲間の支えやシュバルツの教えもあり精神的な成長を遂げ、ギアナ高地での修行では明鏡止水の境地を会得。怒りと憎しみで戦うことの愚かさを理解したドモンは、その手にかける直前ではあったものの、兄と師の真の想いを受け止め、和解に至っている。

元々彼は熱い正義感を持つ漢であり、他人から助けを求められた時は断るような素振りを見せつつも、結局助けてしまうような情に厚い性格である。そのため、当初から非社交的な性格にもかかわらず他のシャッフル同盟のメンバーからも意外と頼りにされており、これらの一連の過程を経て成長を遂げた後には、名実共に同盟のリーダー格となった。

また、デビルガンダムに取り込まれたレインを救い出すために敢行した、ロボットアニメ史に残る劇的な告白シーンに代表されるように、叫びの一つ一つが熱いことでも有名。

コミックボンボン増刊号に掲載された後日談『機動武闘伝Gガンダム外伝“ザ・ネクスト・ジェネレーション”』では、ドモンには流派東方不敗を受け継ぐ弟子ができており、名はユウゴ・カガミ。なお、この漫画の主人公はドモンではなく、ユウゴである。

ファイティングスーツは黒地のシンプルに胸部に日本の日の丸のマークが描かれた物を着用。スーパーモード発動時には金色になる。

島本和彦氏によるコミカライズ『超級!機動武闘伝Gガンダム』では(作品自体が島本テイストに染め上げられていることもあるが)ドジを踏むシーンが多くなっており、アニメと比べてだいぶ丸い性格となっている。

登場作品と役柄[編集]

参戦初期の作品では基本的に原作をなぞる展開が多い。概ね、「デビルガンダムに関する情報と引き換えに戦力を提供する」といった流れになる。序盤は上記の未熟で粗暴かつ自分勝手な性格から色々と問題を引き起こしつつも、その後はマスターとの激戦や修行といった原作通りの重要イベントを経つつ、他作品のキャラクターとのクロスオーバーも経ながら人間的に成長していくといった描写が多くなっている。

R』や『MX』、『NEO』のように原作終了後という設定で登場するケースも多く、その場合は大概は他組織(主にオリジナル勢)によって復活し、利用されているデビルガンダムを倒すために参入するという展開になっている。この際には既に精神的に成長を遂げており、かつ武闘家としての実績を備えた状態での登場となるため、後進に道を示す人生の先輩としての落ち着きを備えており、原作をなぞる展開の場合とは対照的な性格になっている。

どちらの場合でも原作での年相応なコミカルな面は押さえられており、顔グラフィックも仏頂面や怒り、叫び面ばかりが多く笑顔も不敵な感じのものとなっている。 子供に好かれるのは原作通りだが、コミカルな面が抑えられている影響で決勝リーグなどで見せた柔らかい接し方は少なく、ぶっきらぼうな態度が多い。

なお、作品によってはマスター・アジアが味方として復帰し、師匠との和解・共闘が実現する場合もあるので、ある意味SRWで救われた人物の一人であるともいえる。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦G
初出演作品。石破天驚拳を修得する為にはイベントを発生させる必要があるが、修得すればラスボスを一撃で倒すことも可能。またドモン本人が生身ユニットとしても登場するが、イベント内のみの出演で、戦闘はしない。
スーパーロボット大戦F
スーパー系ルートでは序盤で仲間になり、デビルガンダムとの遭遇で一時離脱する(その後はリアル系と共通)。仙台でマスター・アジアと出会った際に演武デモが流れ、その後は共に生身で機械獣と戦っている。それ以外にも超級覇王電影弾のデモが用意されているなど、イベントが豊富である。
スーパーロボット大戦F完結編
石破ラブラブ天驚拳他多数のデモが用意された。二日酔いになるイベントがある。少々猪突猛進な点があり、レインが艦を降りたと聞き脱走を試みてシンジに諭される一幕も。
シャイニングガンダムからゴッドガンダムへの乗り換えは本作で実現。2回行動の習得レベルも現実的なものであり、ハイパーモードが発動すれば十分な活躍が見込める。また、地上編に限り彼のレベル次第で師匠を仲間にすることが可能。詳細は隠し要素/F・F完結編を参照。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
COMPACT2』には登場していなかったが、リメイクに伴いナデシコと共に追加参戦。彼の能力はともかく、乗機がさほど強くないので第一部では苦労する。ちなみに、さり気なく据え置き機では本作でしか見れない戦闘シーンや合体技がある。新規音声が収録されているが、以前のものより声が少し高くなっている。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦A
ゲーム序盤に地球に降下してきたデビルガンダムを追って現れ、情報提供と引き換えにロンド・ベルに協力することに。『闘将ダイモス』の主人公・竜崎一矢とは同じ格闘家として絡みが多く、当初こそエリカに恋い焦がれる一矢を批判して喧嘩になったが、自身の精神的な成長もあり、良き友人となる。
スーパーロボット大戦A PORTABLE
格闘、技量、防御が高く、さらにスーパーモード時は能力が上がる。
エースボーナスは「気力上限200」という、彼の初参戦作品である『第2次G』を再現した能力になっている。
スーパーロボット大戦R
過去編からの登場。同じ声繋がりか、『ナデシコ』の白鳥九十九を銃弾から守るシーンがある(このため九十九は、本作では無条件に生存する)。
信頼補正に恵まれており、Gガンダムの全てのキャラとデフォルトで信頼ポイントが100である。
スーパーロボット大戦J
相変わらず格闘技量が突出している。ただし、本作のGガンダム系のユニットは総じて「スーパー系の運動性にリアル系の装甲」と言われるような能力値のため、結果ドモン自身も使い勝手が悪い。
他作品との絡みもDボゥイと絡むぐらいで少ない。
その一方、九十九の提案で行われた上映会で熱血ロボ ゲキ・ガンガー3を見た時には感動していたり、ガイが復帰しない場合にガイが言うはずだった台詞の一部をドモンが担当したり、一回だけだがイザークとの戦闘前会話が用意されているなど、声優ネタが散見される。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
声が入り、戦闘時にカットインが入るようになった。本作はドモンがを覚える数少ない作品なのだが、残念なことにシャイニングフィンガーもゴッドフィンガーも石破天驚拳も遠距離武器扱いなので、その高い近距離攻撃力を全く活かせない。機体性能と本人の命中回避の数値は高いので、集中をかけて突っ込み、雑魚を蹴散らす切り込み隊長として扱う戦法が効果的(もっとも、雑魚相手なら集中はさほど必要ないと思われる)。能力が高いのは前述の通りだが、海マップとSPTだけは注意しよう。なお、前述の喉の酷使の影響からか、この作品でのドモンの声には若干のかすれが聞いて取れ、声の似た別人のようにも聞こえる。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。
スーパーロボット大戦64
ほぼ原作通りなので『F』などと同じ。本作ならでは見所は衝撃のアルベルトなどとの生身一騎討ち。またスーパー系男主人公でプレイするとライバルとの一騎討ちに邪魔立て無用とマーチウィンドの面々に釘を刺す場面も。原作途中であるが、ホーロー虫の話をして、レイン及びシャッフル同盟から突っ込まれるコミカルな場面も。全員ランタオ島での戦いでは彼がマスターに止めを刺さないと、師匠の真意が最後まで分からず呟く。終盤のデビルアクシズとの戦いでは、突入隊として出撃する。
スーパーロボット大戦MX
原作終了後の設定で登場。熱血を覚えるのが早く、ゴッドガンダムの火力も高い事から、中盤のボスキラーとして活躍する。『A』と同様にダイモスの竜崎一矢と絡みがあり、双方とも原作終了後設定の故か、既に良き友人・ライバルとなっている。また、過去のデビルガンダム事件で傷を負ったヒューゴを気遣ったり、自分に憧れる銀河を時に叱咤し、時に導く良き兄貴分となるなど、人間的に大きく成長した姿を見せた。音声の新規収録が行われていないため、支援攻撃や「石破天驚ゴッドフィンガー」などの台詞は過去の台詞やDVEなどを編集したものになっている。「シャッフル同盟拳」の音声は今作で初披露された。
スパロボ学園
ゴッドガンダムのパイロットデータとしての参戦。なお、本作ではGガン枠は彼のみである。
スーパーロボット大戦NEO
原作終了後の設定で登場し、デビルガンダム事件終結後に表舞台から姿を消してDG細胞の行方を追っているという設定。今作のGガン枠は彼一人であり、シャッフル同盟やレインはプレイヤー部隊とは別行動で戦っている。
DG細胞を利用しようとしているエルンスト機関を危険視しているほか、DG細胞同様に人の手に余るゲッター線も危険視して早乙女研究所まで足を運び、同じく格闘家の竜馬と親交を深めたりもしている。
スーパーロボット大戦Card Chronicle
シャイニングガンダムゴッドガンダムに搭乗。
スーパーロボット大戦Operation Extend
第二章から登場。原作終了後の設定で登場し、レインと結婚したことが語られるが、DG細胞の行方を追うためにコネクトのエージェントとなりドキドキスペースへと赴いている。常人では意思の疎通が不可能なミューカスの殺意を感じ取る場面も。

関連作品[編集]

スーパーヒーロー作戦
デビルガンダムを破壊するためひたすらに追い、目的を同じくするイングラム達とも協力せず過去に飛ばされても1機で追い続けたが、レインに諭され協力することに。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

格闘及び技量防御が高い。反面、命中回避はガンダム系パイロットにしては低めであった。しかし、近年ではバランス調整がされ、通常のガンダム系パイロットに近くなってきている。

また、他のシャッフル同盟及びマスター・アジアにも同様のことが言えるが気力が規定まで上がるとスーパーモード(または、ハイパーモード)になり、全能力が底上げされる。

精神コマンド[編集]

集中熱血気合など有用なものを揃える。そして、原作最終回の告白を反映してか、最後にを修得することが多い。なおの採用されていない『NEO』や『OE』では、「流派東方不敗は王者の風よ!」ということからか追風を覚える。

第2次G
ド根性熱血必中気合集中
この他、イベントでのみ自分に補給を使用する。
FF完結編64
熱血ひらめき気合加速集中
IMPACT
ド根性加速気合熱血見切り
AA PORTABLE
根性ひらめき集中気合熱血
R
根性集中不屈気合熱血
J
ド根性集中不屈熱血気合
熱血集中加速ド根性気合
リンクバトラー
集中気合ひらめき熱血加速
MX
集中不屈気合熱血直撃
NEO
熱血気合追風集中
OE
気合熱血追風不屈

特殊技能(特殊スキル)[編集]

FF完結編64
切り払いL7
IMPACT
明鏡止水底力L9、闘争心
A
底力L7、切り払いL6、カウンターL6
A PORTABLE
底力L7、切り払いL6、カウンターL6、インファイトL9
R
底力L7、防御L3、援護攻撃L2、援護防御L1]]、カウンターL5
J
斬り払いカウンタースーパーモード明鏡止水底力L7、援護攻撃L2、援護防御L1、コンボL2
明鏡止水
MX
明鏡止水底力L9、切り払いL9、支援攻撃L4
NEOOE
明鏡止水底力闘争心

固有エースボーナス[編集]

気力上限200
A PORTABLE
気力(初期気力+5、気力最大値+10)
NEOOE

パイロットBGM[編集]

「FLYING IN THE SKY」
前期OPテーマ。歌詞の中に「永久(とわ)」というフレーズがあるが、後期EDテーマの「君の中の永遠(えいえん)」に同じ意味で使われている。前期が悲しい過去へのドモン、後者が愛を誓う未来のドモンという対照的に扱われている。製作スタッフが曲作りに予め打ち合わせたと思われる。
「燃え上がれ闘志~忌まわしき宿命を越えて」
決め技「シャイニングフィンガー」での選曲。ヴァイオリンとの旋律によりドモンの過去を引き立たせる熱い曲。
「Trust You Forever」
後期OPテーマ。詩そのものはドモンの過去を綴っているが、ホップス系で前期とは印象が違う。
「我が心 明鏡止水~されどその掌(て)は烈火の如く」
決め技「ゴッドフィンガー」での選曲。此方はポップス系で纏めており、一段とテンションが上がる熱い曲。
「最強の証~キング・オブ・ハート」
次回予告やドモンが相手との対峙の際の選曲。
「勝利者達の挽歌」
第24話で流れたシャッフル同盟との共闘での選曲。

人間関係[編集]

家族[編集]

キョウジ・カッシュ
兄。彼がデビルガンダムに操られていたことは終盤まで気付かなかった。
ライゾウ・カッシュ
父親。永久冷凍刑に処されていたが、後に解放されて対デビルガンダム戦でドモンにアドバイスをした。
ミキノ・カッシュ
母親。作中では故人。雰囲気や風貌がレインに酷似している。SRWでは未登場だが『スーパーヒーロー作戦』に登場している。

ネオ・ジャパン[編集]

レイン・ミカムラ
幼馴染みで、ガンダムファイトにおけるパートナー。ドモンの不在時にはガンダムを操縦することもある。初期の頃は何かと喧嘩が絶えず紆余曲折をたどるが、最後は告白によって見事に彼女のハートを射止めた。
ミカムラ博士
レインの父。シャイニングガンダムやゴッドガンダムの開発者。デビルガンダム事件に深く関わっており、その事を悔いてライゾウを冷凍刑から解放する等の贖罪を行った。だが、最期は共謀者のウルベに殺害されてしまう。
ウルベ・イシカワ
父の潔白を証明するために尽力してくれた味方に思えたが、真の姿は今回の事件を引き起こしカッシュ家を崩壊に追いやった黒幕。彼とミカムラ博士にキョウジが家族を裏切ったと騙され、デビルガンダムを手に入れる為の片棒を担がされていた。終盤で本性を現した彼に、ドモンは「死んでもらう」と発言するほど怒りを爆発させる。
カラト議長
SRW未登場。ネオジャパンのガンダムファイト委員長でガンダムファイトを通じて自己の出世を目論み、行く行くはネオジャパンの首相になる事を目論んでいた。この事からわかる通り俗物であり、戦績が振るわないドモンをガンダムファイト期間中でありながらルール無視でネオジャパンコロニーに連れ戻す等、当初はドモンにとって「自分の足を引っ張る敵より厄介な身内の獅子身中の虫」という扱いであったが、コロニーデビルガンダム始動時には市民の避難を最優先にするなど、人命の安全を第一に優先する主義を持つ側面があり、その事を知ったドモンから「案外いい首相になるかも」と称賛されている。物語の終盤とそれ以外でウルベと立場が完全に入れ替わっている。

ガンダムファイター[編集]

東方不敗マスター・アジア
ドモンの師匠であり、もう一人の父親とも言うべき存在。後にデビルガンダムの手先と知り袂を分かつが、互いに情を断ち切れずにいた。ガンダムファイト最終決戦では彼と戦い、勝利。死の間際に和解し、かつての師弟関係を取り戻した。
なお、SRWではフラグを満たせば生存することが多く、その場合仲間になりドモンとの合体攻撃が出来るようになる。
チボデー・クロケット
ネオアメリカ代表で新生シャッフル同盟の一人。最大のライバル。決勝大会においてドモンと他のシャッフル同盟がバトルロイヤルで拳を交えることが決まると、ドモンとの決着を望むシャッフル同盟全員の総意を代弁した。
サイ・サイシー
ネオチャイナ代表で新生シャッフル同盟の一人。彼から「アニキ」と慕われ、纏わりつかれる。決勝大会における対決では、シャッフル同盟の中で最もドモンを追い詰めた。
ジョルジュ・ド・サンド
ネオフランス代表で新生シャッフル同盟の一人。ドモンとは当初こそ手段を選ばずガンダムファイトを仕掛けてきたため蔑視していたが、ファイト後は常に協力関係を築いており、お互い助け合うこともあった。
アルゴ・ガルスキー
ネオロシア代表で新生シャッフル同盟の一人。生身では胸にドモンのパンチを受けてもビクともしないほど頑丈であり、返り討ちにされてしまった。ドモンとのガンダムファイトで戦いに喜びを見出した。
シュバルツ・ブルーダー
ネオドイツの代表でありながら、ドモンを手助けする。その正体はDG細胞によって生み出された兄・キョウジのコピーアンドロイド
アレンビー・ビアズリー
ネオスウェーデン代表のファイター。ゲームセンターでドモンと遭遇し、格闘ゲームで互角に渡り合う。その後彼女はドモンに恋心を抱くことに。が、ドモンにはレインというはっきりしたパートナーがいたため三角関係までは至らず。
キラル・メキレル
ネオネパール代表のファイター。ガンダムファイト前に彼に暗殺されそうになるが、ドモンとのファイトにより改心する。

その他[編集]

風雲再起
東方不敗マスター・アジアの愛馬。マスターの死後、ドモンに引き継がれる。
ベルチーノ警部
SRW未登場。ネオイタリア警察の警部でガンダムファイトを忌み嫌っているが、ガンダムファイトからローマの町を守ってくれたドモンには感謝していた。
『超級!機動武闘伝Gガンダム』では後述のハン老人のポジションも担う形で出番が増えており、ドモンから(あくまでも護身術程度としてだが)流派東方不敗を伝授されている。
マリア・ルイゼ
SRW未登場。ネオフランス元首の娘であり、ジョルジュとのガンダムファイトを目論んだ際、利害が一致したため狂言誘拐を謀る。脅迫状がフランス語だったために見破られてはいたが。
ハン
SRW未登場。ジャンク船で孫たちと暮らしている老人。決勝戦の際、ネオジャパンの用意したホテルが気に入らないため、彼のジャンク船に下宿させてもらっていた。彼の助言に救われたこともある。スパロボに出てくるホーロー虫の話は、彼がドモンに助言する際に出てきたもの(ちなみにホーロー虫は彼のデタラメである)。
ミン、ホイ
SRW未登場。ハンの孫の姉弟。彼らにとっては兄貴分といえる態度で接していた。
アキノ曹長
SRW未登場。ネオジャパンのガンダムファイトスタッフ。レインがクルーを辞めた際、レインに代わりゴッドガンダムの整備を務めるが、ドモンは殆ど相手にしていなかった。
ユウゴ・カガミ
流派東方不敗を受け継ぐ弟子。SRW未登場。愛機はゴッドガンダムの後継機と思われる「ハイパーゴッドガンダム」。

他作品との人間関係[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

宇宙世紀ガンダムシリーズ[編集]

アムロ・レイ
R』では、ネオ・ジオンニュータイプ研究所に囚われた彼を救出するべく、シャッフル同盟のメンバーやガロードと共に、NT研へ潜入した。
MX』では、デビルガンダム事件の時にガンダム連合の一員として参加していた設定(過去の話なので、残念ながらゲーム中ではその姿を見ることはできない)。寺田Pによれば、この時ガンダム連合には同作に参戦していないコウ・ウラキシロー・アマダも参加していたとの事。
カミーユ・ビダン
格闘技を得意としたり出自の家庭に問題を抱えた者繋がりなのか、絡みが非常に多い。
F完結編』では、フォウロザミア両名が死亡してしまい、塞ぎ込んで暫くは出撃不能となってしまった彼を、ドモンなりの叱咤激励の意味で殴り合いを行い、彼を再起させた。
A』では、お互い強化人間の事で悩んで神経質になり揉めたりするも、息はピッタリであった。
『R』では、ネオ・ジオンニュータイプ研究所に囚われた彼を救出するべくシャッフル同盟のメンバーやガロードと共に、NT研へ潜入した。
バーナード・ワイズマン
IMPACT』ではG-3ガンダムシャア専用ザクを入手した事で大はしゃぎする彼の喜びように若干、引き気味ながらも苦笑する。

アナザーガンダムシリーズ[編集]

ヒイロ・ユイ
』では彼とガンダムファイトをする事に。
ルクレツィア・ノイン
『R』では、GEAR本部のある星見町付近にデビルガンダムがいたのに、すぐ情報をキャッチできなかったプリベンターの情報収集能力の甘さをプリベンターのメンバーである彼女に皮肉った。
カーンズ
64』では彼がデビルガンダム事件の黒幕であるため、仇敵である。
ザイデル・ラッソ
『R』では、マイクロウェーブ送信施設で彼と遭遇した際に、自分達に銃を向けた彼から銃を取り上げた。
D.O.M.E.
『R』では、マイクロウェーブ送信施設で彼から師に非道な行いをしたデュミナスに「悪意がない」という事を伝えられ激昂した。

ガンダムSEEDシリーズ[編集]

イザーク・ジュール
中の人繋がり。『J』で共演。同作ではほとんど絡まないのだが、『第3次α』や『Z』ではドモンを意識した台詞がいくつか見られる。また、『W』では頻繁にガンダムファイトネタを振られていた。
ムルタ・アズラエル
『J』ではデビルガンダム事件の元凶がブルーコスモスであるため、ある意味仇敵でもある。また、火星の人間や異星人の混血児をコーディネイターと同類と言い放つ彼をガキ呼ばわりして彼の怒りを買う。

リアル系[編集]

ケーン・ワカバ
『MX』では京都にてマイヨとの面会に臨む彼をベガと共に護衛し、撤退の際には共にワルキューレに同乗。
マイヨ・プラート
『MX』では京都にてケーンやベガと共に彼と対面し、彼の動揺を読み取った。彼の信念を認める場面もある。
アオイ・ワカバ
『A』では、ギガノス帝国に捕えられていた彼女がレインと面識があったため、レインが彼女に漏らしていた苦悩を彼女から伝えられ、デビルガンダムに生体コアとして取り込まれたレインが、心を閉ざし自分を避ける真意を知る。
テンカワ・アキトミスマル・ユリカ
『R』では、かぐらづき木連との和平交渉の会見が行われるに当たって、地球側の代表であるリリーナの護衛として彼らと同行する。
ホシノ・ルリ
『MX』では彼女とベガと共にアマテラスに赴く。そしてワルキューレに同乗。
ダイゴウジ・ガイ
中の人繋がり。何度か共演し、作品によっては尊敬されることも。
白鳥九十九
やはり中の人繋がり。『R』では彼の窮地を救った。
タカスギ・サブロウタ
『MX』ではデビルガンダム事件でのドモンの告白に感動していた。
北辰
『R』では、和平交渉の場で本性を現し、生身で襲い掛かってきた彼と刃を交える。ちなみに東方不敗を生存させると超級覇王電影弾で北辰たちを圧倒する。
草壁春樹
『R』では九十九目掛けて草壁が放った凶弾を掴み、投げ返すという衝撃的かつファンの溜飲を盛大に下げてくれる神業で草壁を撃退する。
ブールーズ・ゴウト
OE』ではコネクトに雇われた彼にドキドキスペースまで運んでもらっている。また、化け物が現れても逃げずにドモンの帰還を待っていた彼に感心し、信頼のおける相手と認めて「DG細胞の噂を調べて自分に報告してほしい」を依頼している。

スーパー系[編集]

ダイナミック系[編集]

兜甲児
F』では序盤からの付き合いになり、仲が良い。
デューク・フリード
『MX』では自軍入りしたひかるへの対応や、親友との戦いに迷いを見せる彼へ助言し、覚悟を促す。
バレンドス親衛隊長
『MX』での決戦時、親友同士を戦わせるという彼の姑息な姦計に、かつてのウルベと同質の卑劣さを感じ、激怒する。
神隼人
『MX』に於ける百鬼帝国との最終決戦では、先んじて科学要塞島内部に侵入していた彼と合流し、ロムを交えた3人で中枢部の破壊活動を行う。
流竜馬 (OVA)
NEO』では同じ格闘家という事もあり、彼と友人同士となっている。彼はドモンと手合わせしたいと願っていたが、その時ドモンは早乙女博士にゲッター線の危険性について問い詰める事で頭がいっぱいだった為、その申し出を断ってしまい、対決は実現せず。彼の拳を本物と認めており、彼を『竜の戦士』と称する。
神隼人 (OVA)
『NEO』では場合によってはゲッターを止めると宣言した際、彼に殴りかかられるも、その拳を受け止める。
早乙女博士 (OVA)
『NEO』ではゲッター線を危険視して彼に対して問い詰めるも、上手く答えをはぐらかされてしまう。

その他のスーパー系[編集]

コロス
『A』では、メガノイドとの最終決戦で、彼女が自分たちだけでなく木連も相手にしなければならないと息巻いて正念場だと腰を据える彼女を見て、他のメガノイドとは格が違うという事を一目で見抜いた。
コマンダー・ミレーヌ
『A』では、メガノイドを言うに事を欠いて「ガラクタ」呼ばわりして挑発した事で、彼女を激昂させる事に。
竜崎一矢
『A』と『MX』で共演。ともに愛に生きる格闘家繋がり故に良き友人、良きライバルといった感じの関係。ただ、原作初期の雰囲気があった『A』序盤では刺々しい関係であり、殴り合いとなる。逆に原作終了後の『MX』では一矢達の初登場の際、彼らがピンチに陥っていたところにドモンが駆けつけるというシチュエーションだった。ちなみに一度戦った際は引き分けたらしい。
三輪防人
『A』では初めて彼と出会った際に、ブライトがドモンを「コロニーから駆けつけてくれた有志」と嘘の紹介をした為、大喜びしてドモンを激励してくれた。
アラン・イゴール
『J』では彼からゴッドガンダムを届けられている。
ロム・ストール
『IMPACT』と『MX』で共演。IMPACTでは絡みはあまりないが、『MX』では意気投合し、百鬼帝国との最終決戦では隼人を交えた3人で暴れまわった。
バグ・ニューマン
『IMPACT』では彼の揮う天空宙心拳・電磁毒手刀について詳細を知っていたらしく、その旨を皆へと解説する。
碇シンジ
彼に対して兄貴分として接することも多い。『F完結編』ではレインを追う為に脱走しようとした際、彼に諭される場面も。『MX』でもロムと共に彼の成長を認めて後押ししている。
衝撃のアルベルト
『64』では彼と生身で死闘を演じる場面も見られる。アルベルトの側はライバルのマスター・アジアの弟子であるドモンの実力を認めている。
ギル・バーグ
『IMPACT』にて激突。一時は彼の戦士としての誇りにシンパシーすら感じていたが、それが単なる逆恨みに裏打ちされたものである事を知った時には、その矮小なプライドを容赦無く斬り捨てた。
アイザック・ゴドノフ
『NEO』にて早乙女研究所の用心棒として雇われた際、DG細胞の情報と交換でゲッター線の情報を提供する。
出雲銀河
『R』と『MX』で共演。一ファンとして尊敬されており、困惑していた。が、銀河達が誘拐された際は真っ先に救出に行く事を表明している。
ベガ
『MX』では彼女と共にケーンやルリの護衛に赴く場面もあり、彼女のワルキューレに二度同乗している。
吉良国進
『MX』ではデビルガンダム事件でのドモンの告白に感動していた。
アルテア
『R』では、彼の指摘に対して、唯一反論していた。『MX』では洗脳されていた頃の彼とはライバル関係で、彼の洗脳が解けた後もお互いを認め合う関係である。
Dボゥイ
『J』で共演。共に家族を討つ宿命を持つ繋がりで、「たとえミユキを失い、家族を敵に回すとしても戦う事をやめてしまったら生きてはいられない」と評し、後に記憶を失ってなおもラダムとの戦いを望むDボゥイの覚悟を汲んで後押しする場面がある。
アデュー・ウォルサム
『NEO』にてグラチェスに敗北した彼を立ち直らせ、その後は打倒グラチェスを決めたアデューの特訓に付き合っている。
ちなみに、彼とはNEOで共演する以前に、あるドラマCDで共演した事がありレインとの新婚生活を邪魔された。『OE』では彼のミストロットを使ってゼファーを召喚しようとした。
マグナムエース
『NEO』では共に戦士としてもスポーツマンとしても誇り高い人物という事もあり、お互いを認め合う間柄となる。
竹尾ワッ太
『新』の地上編で、共に大空魔竜隊に同行する。他のメンバーには常に不愛想に振舞うドモンだが、彼とは一緒にゲームセンターに行くシーンがある。
神崎すみれ
『X-Ω』にて買い物につき合わされた上に、「赤と紫どちらの服がいいか」と聞かれるが…
桐島カンナ
『X-Ω』にて、互いに武術者という間柄なためか、良き稽古相手となる。

バンプレストオリジナル[編集]

マサキ・アンドー
『第2次G』・『F』ではサイバスターに同乗して目的地(『第2次G』では新宿、『F』では仙台)に先行しようとするが、結局遠回りになってしまった。『F完結編』ではギアナ高地にてデビルガンダムに襲われた際、甲児と共にドモンの窮地に駆けつけている。
リュウセイ・ダテ
『新』や『スーパーヒーロー作戦』にて共演。時には彼に叱咤される場面もあった。
イングラム・プリスケン
『スーパーヒーロー作戦』にて共闘。
ユーゼス・ゴッツォ
『スーパーヒーロー作戦』にて激突。デビルガンダムとウルトラ一族の力で超神ゼストとなった男。
ブラッド・スカイウィンド
同じ格闘家同士であり、拳で語り合う仲。彼がカーツとの一騎討ちに臨んだ際は仲間たちに「手出しは無用」と告げている。
エクセレン・ブロウニング
『IMPACT』では彼女はドモンのファンである。
ラウル・グレーデン
『R』では未来世界での事が原因でクワトロに殴りかかった彼を昏倒させ、制止した。
デュミナス
『R』では自分の目的の為にマスター・アジアを甦らせ、デビルガンダムのコアとして利用したデュミナスに対して怒りを露にした。
ヒューゴ・メディオ
『MX』では当初は過去の一件から、本心ではドモンに非がない事を理解しつつも、多少恨みを持っているような素振りを見せていたが、後にわだかまりも解けている。
アルベロ・エスト
ヒューゴ同様、過去の事である因縁がある。
エルデ・ミッテ
デビルガンダムと同種の存在と化したAI1を使い、己の歪んだ欲望を満たそうとする狂人。ドモンも彼女の歪んだ欲望と狂気を真っ向から否定した。
キャオス・レール
理由はどうあれ、DG細胞を利用しようとする彼女のやり方を、ドモンは認めなかった。しかし、彼女が自分の過ちを認めて反省し、謝罪した際には、ドモンも快く彼女を許している。
ラルヴァ
『NEO』においてDG細胞を世界の破滅の為に用いようとした存在。最終決戦では、平穏な世界を築く為に全ての知的生命体を抹殺しようとする彼のやり方をかつて師匠を論破した時と同じように論破し、否定した。
草薙征士郎
武道を志す者として尊敬されており、ドモンも彼の実力を認めている。

名台詞[編集]

TV版[編集]

「そこのお前! この男を知っているか?」
兄キョウジの写真を見せて尋ねる際のセリフ。『F』ではよりによってあしゅら男爵に尋ねる。
「出ろぉぉぉ! ガンダァァァァム!」
「○○○ガンダァァァァム!」の○の所は「シャイニング」、後に「ゴッド」に変わった。
「俺のこの手が光って唸る、お前を倒せと輝き叫ぶ!」
必殺シャイニングフィンガーの前口上。第3話から登場し、第4話以降発動前の台詞として定着した。
「喰らえ! 愛と、怒りと、悲しみのぉ!!」
シャイニングフィンガーソードの前口上。意外にも「シャイニングフィンガーソード!」と叫んだのは初回のみ。以降は「シャイニングフィンガー」で通している。
「俺のこの手が真っ赤に燃える! 勝利をつかめと轟き叫ぶ!」
爆熱ゴッドフィンガーの前口上。決勝大会でのシャッフル同盟との直接対決では後半の台詞を相手が引き継ぐ。
「ヒィィィトォ! エンドッ!!」
爆熱ゴッドフィンガーで相手を爆砕する時の台詞だが、ゴッドスラッシュタイフーンや石破天驚ゴッドフィンガーの時にも叫んでいる。
「ガンダムファイト国際条約第1条! 頭部を破壊された者は失格となる!」
第1話。ミケロ・チャリオットネロスガンダムにシャイニングフィンガーを決めた瞬間に叫んだ。視聴者にガンダムファイトの何たるかを分かりやすく伝えた台詞。
「フッ……チボデー・クロケット、ナイスガイ」
第2話。チボデーとの戦闘後に彼を評して。『64』ではブラッドに対して使われている。
「男は負けた時の事は考えないモンだろ…」
第9話。ガンダムファイト3連覇を成し遂げたネオイングランドの英雄チャップマンに、単身ケンカを売るドモン。向こう見ずここに極まれり、といったところか。
「し、師匠……お会いしとうございましたぁっ…!」
師匠である東方不敗マスター・アジアと再会した際、号泣しながら。この時のドモンは母が殺され、父は冷凍刑、兄は両親の仇と思い込んでおり、泣きつく事が出来る相手がいなかったので師匠と再会出来たのが本当に嬉しかったのであろう。マスターの方もそんなドモンの心中を察してか、優しく「男子たるもの何を泣き出す?」と問いかける。それが師弟を別つものと知らずに…。
「でも、俺のシャイニングガンダムも強いですよ」
東方不敗「うん? こいつ、大きな口を叩くようになりおって!」
両者「あはははははは!」
マスターにクーロンガンダムを「古いものだがまだまだ使えるぞ」と見せられた際に。あまりのドモンの明るさに、レインも「あんなに楽しそうなの初めて」とやや複雑そうな様子を見せる。
「見損なったぜジョルジュ! 4人掛かりで狙い撃ちとはな! お前が誇りにする騎士道は、どこへ消えた!?」
「サイ・サイシー! 少林寺の再興は、どうする気だ!?」
「アルゴ! お前の海賊仲間は、見捨てる気か!?」
「チボデー! 悪魔の手先になるのが、お前の夢だったのか!?」
DG細胞に洗脳されたガンダムファイター達を正気に戻すために問いかける。
「何がおかしい…何がおかしい! いいか! 貴様のおかげで母は死に、父は冷凍刑! 俺は貴様を追ってきてこのザマだ! 貴様に笑われる筋合いはない!」
ギアナ高地に現れたデビルガンダムのキョウジに対して。この時のキョウジはコクピットから出てきており、高らかに笑ってドモンを挑発した。ドモンにとってデビルガンダムとキョウジは、家族を崩壊させたのみならず、師であるマスター・アジアを悪に染めた原因ともなったことで怒りが爆発した。
「うるさい! あんたの都合なんか聞いていられるか! 俺はいつまでもあんたの弟子でなければ、オモチャでもない! 言いたい事があったらはっきり言ってみろォッ!!」
ギアナ高地にて、デビルガンダムを破壊され怒り狂うマスター・アジア。恨み節とともにドモンを打ちのめすが、ドモンはこれを上記の台詞で一蹴する。
「チボデー! お前が一度に10発のパンチを打つならば、俺は10体のガンダムになって受け止める!」
チボデーの新必殺技「豪熱マシンガンパンチ」を「分身殺法・ゴッドシャドー」で受け止めて言い放った台詞。Gガンダムだからこそ通用してしまう無茶苦茶な理屈のひとつ。
「なら…今楽にしてやろう! ヒィィィィィトォ!! エェェェェェェェェェェン…」
第37話のドラゴンガンダム戦にて。両腕を失い、ゴッドフィンガーを受けながらも死力を尽くして向かってくるサイ・サイシーに対して。直後にネオチャイナ総帥による水入りが入る。監督曰く「ドモンは本気でサイ・サイシーを殺そうとしている」とのこと。命を賭して戦う相手への格闘家としての礼儀とも言えるが、当時のムックには「大人気ない」と指摘されていた。ただヒート・エンドの「エンド」を長々と叫んでいる辺り、ドモンも無意識に悩んでいたのかもしれない。
「そんな……じゃあ俺はそんな事も知らずにこの一年間兄さんを追いかけていたなんて……」
シュバルツからデビルガンダム暴走の真相を明かされて。兄が全ての元凶と教え込まれていただけにショックを受ける。『超級!』ではこの場面で「レインを巻き込んでしまった事」や「多くのファイターを地獄に落としてまで戦ってきた事」を言及するなど、ドモンの絶望がより深いものになっていた。
「ならどうして!最初に出会った時に、本当の事を言ってくれなかったんだ!!」
事件の真相を知るシュバルツに泣きそうになりそうな顔で問い詰めて。もっともネオ・ドイツ所属であるシュバルツが事件の真相を語っても信用できるはずもなく、彼が仮面を外して素顔を晒していれば間違いなく怒りに任せて殴っていたのは想像に難くないが、『超級』だと初対面時に「兄さんじゃないのか?」と突っ込んでいたりする。
「あんた兄さんだ…間違いなく俺の兄さんだ!」
シュバルツが自分や父のために心を鬼にして正体を隠し続けていた事を知って。
「そんな…! 嫌だぁ!! 僕には出来ない!!
デビルガンダムのコックピットに入ったシュバルツが、キョウジごと自分を吹き飛ばせと叫んだ時の台詞。普段の一人称は「俺」だが、この場面のみドモンの一人称が「僕」なのはドモンの声優、関智一氏のアドリブであり、台本には通常通り「俺」と書かれていたが、ドモンの心の弱さを表現するために採用された。ドモンは家族に対してのみ言葉遣いや態度が普段と全然違う。
(…ッ!こ…これは…拳から深い悲しみが伝わってくる…東方不敗の拳が…拳が泣いている…!?)
「な、何故だ!?」
ゴッドフィンガーとダークネスフィンガーがぶつかり合う中、右手の拳から東方不敗の意識が流れ込む。しかし、そこから感じられたのは悪意や欲望でもなく、すべてに絶望したかのような悲しみの感情だった。その真実を知ったドモンに動揺が広がる。
「…東方不敗、あんたは間違っている!」
「何故ならばあんたが抹殺しようとする人類もまた、天然自然の中から生まれた物…いわば地球の一部! それを忘れて、何が自然の、地球の再生だ! そう、共に生き続ける人類を抹殺しての理想郷など…愚の骨頂!!」
地球の再生のために人類を滅ぼそうとするマスター・アジアに対してドモンが辿りついた答え。地球を愛するマスターに対してハッキリと「人類も地球の自然の一部」と言い切り、師を越えた初めての瞬間でもある。余談であるが、宇宙世紀のガンダムシリーズでシャアが提唱した「地球のために人類を一度粛清しなければならない」という考え方に対する、明確な答えとも言える。このセリフを聞いた時のシャアの反応が見たいものである。
また、これは深く見れば「Gガンダム」を監督した今川氏の師匠であり、ガンダムシリーズの生みの親でもある「逆襲のシャア」の製作した当時の富野由悠季氏の思想に対する、弟子の今川なりの返答だったのかもしれない。
東方不敗「美しいな……」
ドモン「はい…とても美しゅうございます…!」
東方不敗「ならば!」
両者「流派・東方不敗は!」
ドモン「王者の風よ!」
東方不敗「全新!」
ドモン「系裂!」
両者「天破侠乱!」
両者「見よ! 東方は、紅く燃えている!!
ドモン「……っ! …師匠? 師匠……! ぅぅっ、師匠ぉ…! 師匠ぉぉぉぉぉぉぉ!!」
第45話「さらば師匠!マスター・アジア暁に死す」のラストシーン。マスター・アジアとドモンが交互に発言し、最後は同時に地平線の彼方に昇る朝日を見つめて叫ぶ。ドモンの「人類も地球の一部」という言葉で自分の過ちに気付いたマスターと、師を越えながらも自分の手で葬ることになってしまったドモン。この言葉を最後にガンダムシリーズ屈指の名キャラクターとなったマスター・アジアは舞台から去ることとなる。ハッキリ言ってGガンダム作中で最も熱く、最も泣けるシーンであり、見たことの無い人は必見。朝日に向かってドモンは号泣し、ラストカットには漢文で上記の台詞が添えられる。今川監督は製作時にこのシーンの絵コンテを切った際、「完」と書いてしまったという逸話が残っている。ドモンの「美しゅうございます…!」という台詞回しやBGM、そして彼の絶叫とともに道を違えた2人がそれぞれの考え方で守ろうとした美しい地球の夜明けの光景で〆られるなど、全てが熱い。
東方不敗『何がガンダムファイトだ! 何が理想的な戦争よ! 我が身を痛まぬ勝利が何をもたらす! 所詮はただのゲームぞ!』
ドモン「うっ、師匠の言う通りだ……ガンダムファイトとは一体何なんだ! 俺たちファイターがこの一年で得た物は何なんだ!」
優勝パレードで沸き立つ観客達を見て。マスター・アジアに対し答えを出したドモンだが、他人の功績や周囲の熱で浮かれ、他者の痛みや苦しみなどまるで知らない顔をしている人々を見て、マスターの言っている事も実は間違ってはいなかったという事を悟ってしまう。この辺りはGガンダムが取り扱っているテーマの難しさを表しているとも言える(まあドモンが東方不敗に対し異を唱えたのは「人類抹殺という結論に対して」なのだが)。
「うるさい! 俺はもう自由のはずだ! なんなら優勝も放棄してやろうか…!」
優勝パレードの中、大喜びでこれからのことを話しに来たカラト委員長に苛立って。
「ウォン! 所詮貴様はファイターに非ず! 俺を倒すことは無理ッ!」
「人の恋路を邪魔する奴は、馬に蹴られて地獄に堕ちろぉっ!」
レインの元へ向かう時に邪魔をしたウォン・ユンファに対し、この言葉で切り捨てた。ドモンがレインへの気持ちをはっきり「恋」と認識していることも重要かもしれない。そしてウォンはその言葉通りモビルホース風雲再起に蹴られて最期を迎える。
「住民の心配が先に立ってるなんて、あんた、意外といい首相になるかもしれんな!」
デビルガンダムコロニーの動力部へ向かう中、カラト委員長がコロニーの住民の安全を確保するために頑張っているのを通信越しに知って。嫌な権力者にしか見えないカラト委員長が実はいい人だったことが判明するシーンだが、人類の危機の中で折り合いが悪い相手の長所に気づき、素直に褒める余裕があるドモンにも注目したい。幾多のガンダムファイトを乗り越えた彼がいかに人間的に成熟したかが分かるシーンである。
「俺はもう失いたくない! かけがえのない人々を! 皆と生きてきた、この世界を!!」
「師匠が教えてくれた! 母なる大地、あの青い地球こそ、最高の命なのだと!!!」
グランドマスターガンダムに圧倒され、絶体絶命のドモンたちシャッフル同盟は、師匠や家族の魂に励まされ、起死回生のシャッフル同盟拳を放つ。
「レイン、聞こえるか? レイン!」
「返事はしなくてもいい、ただ聞いていてくれればいい…」
「ミカムラのおじさんは逝ってしまったよ…全て自分が悪かったと言い残してね」
「でも、そんな事はもういいんだ! …いいんだよ。それとも、その事で俺がお前を責めるって思っているのか?」
「なぁ、俺達はこの一年間、一体何をしてきたんだ? 俺達のこの一年間は一体何だったんだ…?」
「まだ何も答えなんて出てないじゃないか。憶えてるか? あの時、母さんの墓前で十年ぶりに会った俺達は、上の連中に無理やりガンダムファイトを押し付けられて、何もわからないまま、地球というリングに放り出された」
「俺は、無我夢中で闘った! でも、終わってみれば、周りは素知らぬ顔で後のことしか考えちゃいない。でもそれで、俺達の一年が終わってしまっていい訳がないだろ…?」
「確かに、俺はガンダムファイトに勝った。でもそれは全て、お前がいつも一緒に居てくれたお陰なんだ」
「そうだよ、お前と俺とで闘ってきた勝利なんだ。だから、これからも一緒じゃなくちゃ意味が無くなるんだ…!」
「なあレイン。決勝の朝、俺は言ったよな。優勝したらお前に聞いてほしい事があるって。俺は、闘う事しかできない不器用な男だ。だから、こんな風にしか言えない…」
「俺は、お前が…」
「お前が…」
「お前が好きだぁぁあ!!! お前が欲しいぃぃぃ!!! レイィィィン!!!!」
最終話にて。ドモン・カッシュ一世一代の愛の告白にして、Gガンダム屈指の長台詞。ちなみにコミックボンボンの漫画版では「俺はお前が好きだ! ずっと俺のパートナーでいてくれ!」と、割と普通な告白だった。MXにおいては、一度デビルガンダムと戦った際にこの台詞を言っていたらしく、周囲には『恥ずかしい告白』として語り草になっている。
なお、この台詞のためにゴッドガンダムのコックピットから出てきた際、デビルガンダムのビームを素手で打ち払って回避している。師匠も大概だが弟子も大概である。が、ここまで「Gガンダム」を見続けてきた視聴者ならば今さらこんな事ぐらいで疑問を差し挟む者など一人もいないだろう。
ドモン「さあ、最後の仕上げだ!」
レイン「ええ!」
ドモン&レイン「二人のこの手が真っ赤に燃える!」
ドモン「幸せ掴めと!」
レイン「轟き叫ぶ!」
ドモン&レイン「ばぁぁぁぁくねつッ! ゴッド! フィンガー!」
ドモン「石!」
レイン「破!」
ドモン&レイン「ラァァァブラブ! 天驚けぇぇぇぇん!!!」
デビルガンダムの呪縛から解き放たれたレインと想いを確かめ合った後、なおも襲い掛かるデビルガンダムに対して2人で愛の最終奥義『石破ラブラブ天驚拳』を放った際の台詞。技名・台詞の内容・技の演出は傍目から見ればかなり突っ込みどころ満載なのだが、ここまで「Gガンダム」を見続けてきた視聴者ならばこのシーンで笑う者など一人もいないだろう。またドモン役の関智一氏、レイン役の天野由梨氏双方とも「まったく違和感なく演じられた」と発言している。
「さあ、帰ろう。兄さんとシュバルツと、師匠の愛した地球へ!」
最終回、レインと共に地球へ帰る際の台詞。この台詞を最後に『Gガンダム』の物語は幕を閉じる。

漫画版[編集]

「こいつもデビルガンダムの犠牲者か…」
コミックボンボン版第4話、DG細胞に感染したファラオガンダム4世を倒した後コクピットの中を見て。父と母、そして自分に続いて兄キョウジとデビルガンダムの犠牲となったダハールを見たドモンの顔は悲痛に満ちていた…。
「あなたには命を投げうって次の世代へ希望をつないだ彼らの心がわからないのですか…」
コミックボンボン版第5話、DG細胞に感染したチボデーたちを救うために命を燃やし尽くしたシャッフル同盟を嘲笑うマスター・アジアに対して。そしてドモンはマスターと決別し、怒りのスーパーモードを発動させる。
「俺には兄がいた。何をやっても敵わなかった……俺は世界一の兄を越えてみたかったのさ」
コミックボンボン版第8話、ウォンに何故武道家になったのかと問われて。TV版でこそなかったものの、兄・キョウジに対する深い尊敬とコンプレックスが垣間見える台詞。とは言え、この時のドモンは穏やかな笑顔であり、憎悪の対象且つ「何をやっても敵わなかった」兄へのコンプレックスを笑い話に出来るくらいには払拭できたようである。
「みよ……東方は――赤く燃えているうぅぅぅぅ~~~~!!」
師匠との最後の戦いを終え、新宿で再会してから最初で最後の流派東方不敗の掛け合いを行うが、最後の一文を言う前にマスター・アジアは静かにこの世を去っていた。燃えるような朝陽の中、師の亡骸を抱いたドモンの慟哭が響き渡る…。
「街を守るためにわざと受けたわけじゃ…ないんだからなああああーっ!!!!」
『超級!』第1話より、街を守るためにわざとミケロの攻撃を受けた後に自ら否定。言い回しが完全にツンデレのそれである。
(だが、こうやって男と2人で酔いつぶれるまでカラオケなんかやったらダメだぞ!!)
(俺だからいいけどな!! 何もせずに部屋まで運んでやるが…他の男はみんなろくでもない奴ばかりだからな!!!)
『超級!』第6話、カラオケでハメを外し泥酔したレインを「お姫様ダッコ」で運びつつ、彼女の迂闊さを嗜めた独白。
「ダハールの執念だ…ダハールの執念を…キョウジが…利用してああなっているのだ…」
「ガンダムファイターの闘志を…キョウジの科学が…もてあそんでいる…」
「なぜ…なぜあそこまで…なぜあそこまで!!」
「それでなくても…死を覚悟して…チャップマンのように…全ての生命を賭けファイターは闘っている!!」
「それを…死してもなお…よみがえらせて闘わせる必要があるのか!?」
『超級!』第11話、ネオエジプト代表、ファラオガンダム4世とドラゴンガンダムの戦いにて。過去の英雄の無念や闘志、それを歪めた形で操るDG細胞。頭部を破壊されようと何度も自己再生を繰り返し、ドラゴンガンダムの前に立ち塞がる。ドモンはその様子に怒りを募らせ…。
「ファイターに死に場所すら与えないつもりか!? キョウジ!!」
「貴様!! 何様のつもりだあああっ!!!?」
その怒りが頂点に達した時、ドモンは怒りの叫びと共にシャイニングガンダムを呼び出す…。この時のシャイニングは呼び出した時からスーパーモードとなっていた。
「マックスター…じゃねえ!!」
「ドラゴンガンダム…じゃねえ!!」
「ガンダムローズ…じゃねえ!!」
「ボルトガンダム…じゃねえ!!」
『超級!』第32話、ネオホンコンへ向かうゴッドガンダムを襲撃する謎の4つの光。ドモンは「相手をするしかないのか」と身構えるも新たに4つの光がドモンを護るように追いついてくる。明らかになったその姿を見てドモンは驚愕する。シャッフルの仲間達も自分と同じように、新たな力を手に入れていたのだ。

迷台詞[編集]

「へぇぇ、一つご挨拶でも…」
第29話にて。サイ・サイシーがセシル・ボルガー(SRW未登場)という少女と仲良くしているのを目撃した際の台詞。この時の表情と言い方からして明らかに挨拶という名の冷やかしをする気であり、ドモンが単なる無愛想な男ではないことがうかがえる1コマ。顔の崩れ具合もあいまって非常に可笑しい。結局、側にいたレインに止められてしまう。
「こんな奴らは足一本で充分だ!」
同じく第29話にて。チンピラたちの相手をするためにゴッドガンダムを呼び、明鏡止水の境地で繰り出したのが足掛け。相手がロボットに乗っていたとはいえ、色々と無駄遣いな気が…。
「その時は! 俺はあの世で腐っててぇぇぇぇっ!! 腐敗だッ!!」
ドラマCDにて、テキトーに量産された「不敗」のオオトリ。…意味も字も全く違ってしまっている。
「あぁっ! マスター・アジア! やはりさっきからグダグダ言ってたオヤジは、貴様だったんだな!?」
ドラマCDにて、拡声器まで持ち出して注意してきたマスター・アジアに反応して。しかし随分な言い様である…。
「トゥアッ! ドモンパァァァァンチ!!」
上述の台詞の後、当然ながらマスターと殴り合いの火花を散らすドモン。これはその際に飛び出した新技(?)の叫びである。なお、後のシリーズのドラマCDでも、自分の名前を冠したパンチを繰り出したがいたりする。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

旧シリーズ[編集]

「っつ~…だからって いきなりなぐるか? ふつー」
第2次G』第12話「その名は東方不敗」より。オリファーからデビルガンダムの情報を見せてもらい、早速現地に向かおうとラー・カイラムの中でシャイニングガンダムを呼び出そうとして、レインに止められた後の台詞。どっちも大概であるが、ガンダムを呼び出したらブリッジが滅茶苦茶になっていたであろう。
「さあ、シャイニングのデータをゴッドに移す作業を始めよう。俺の…いや、俺達のシャイニングを休ませてあげるんだ」
F完結編』「ギアナ高地の修行」より。ギアナ高地でのデビルガンダム東方不敗との激闘の末、今まで負担をかけてきたシャイニングガンダムが遂に動かなくなってしまう。この台詞の前のシーンではドモンは「ずっと一緒に戦ってきたシャイニング以外のMFに乗るつもりは無い」と発言していることから、シャイニングガンダムに対する思い入れが分かる場面である。

COMPACTシリーズ[編集]

「…なぜ…なぜあんたは、変わっちまったんだ…」
「俺の! 俺の師匠は、人類の抹殺など望む人ではなかった!」
IMPACT』第1部地上激動編最終話「激動の地上を制する者」より。マスター・アジアをドモン以外が倒した場合の台詞。
「祈りか…だが命ある限りは、己の力で道を開くのみ!」
『IMPACT』第3部銀河決戦篇第4話「白熱の終章」より。ガンドール自爆のカウントダウンが始まり、各機フルスピードでディラド星からの脱出を試みるも、数名のパイロットが運を天に任せる心境を吐露する中、ドモンはあくまで己のスタンスを貫き通す。
「武道家は拳で語り、剣士は刃で語る…ということか。師匠…ならば俺とあんたは…」
『IMPACT』第3部銀河決戦篇第20話「復讐鬼たち」より。ジェットグローバインの和解を見届けつつ、マスター・アジアへと思いを馳せる。尤もフラグ次第で、この後戻ってくるのだが…。
「…真の戦士ならば、戦いを通して互いの心が響き合うもの! ロールたちが命を助けようとした理由もわからん貴様に、戦士の誇りなどないっ!」
『IMPACT』第3部銀河決戦篇第83話「復讐鬼たち」より。序盤で倒されたギル・バーグがサイボーグとして復活した後の場面。倒される寸前に自身を助けようとしていたロール達に屈辱を感じていた彼を非難した。
「そうだ…これだけの事をするんだ。拳で語らなければ、俺達の心には届かん!」
『IMPACT』第3部銀河決戦篇隠しシナリオ最終話「メビウスの宇宙を越えて」より。サザビーを駆り、あくまで徹底抗戦の構えを見せるシャアの強固な意思に、ドモンも覚悟を決める。

携帯機シリーズ[編集]

APORTABLE[編集]

(攻め続ければ負けん。だが、この正拳は…当たればやられる…!)
第5話「二人の艦長」or「ロンド・ベルvsナデシコ」より。一矢との第一ラウンドにて。MSを素手で砕けるはずのドモンが一撃でやられる可能性のある拳の威力とは…… それともタフネスは人間の限界を超えていない(限りなくそれに近いだろうが)ということだろうか?
「フッ。戦場でラブロマンスとは、余裕だな」
第6話「去る者、追われる者」or「ロミオとジュリエット」にて、エリカといちゃつく一矢に放った一言で、これが原因でまた喧嘩になりそうになる。しかし、その後のドモンを考えると……。
「連邦の服を着て、ここまで忍び込むとはいい度胸だ! だが…シャイニングガンダムが出られなかったのはお前にとって運がなかったな!」
同じく第6話。トリントン基地にて、ガンダム試作2号機を奪取せんと潜入したガトーと対峙して。これで奪取は阻止できると思えたが…。
「ふん、女々しいな。わめいたところで、どうにかなるものではないだろう」
第16話「操り人形たち」or「マリオネット」より、ギガノス軍の秘密工場に囚われているフォウロザミィを助けようと焦るあまり、ブライトを急かすカミーユに対してついた悪態。この後、ナーバスになっていたカミーユは当然激怒し一触即発の状態となり、レインジョルジュサイ・サイシーに呵責されるもの、俺は悪くないと言わんばかりだんまりを決め込む。アレンビーを助けられなかった不甲斐ない自分の姿をカミーユに見たのだろう。自分だって飛び出してアレンビーをすぐにでも助けたいのを必死で我慢してるのに、そばで焦りながらも急かすカミーユの姿は見聞きするに堪えられず、悪態でもつかなきゃやってられなかったのである。しかし、この後…。
「…!?」
同じく第16話。カミーユがニュータイプとしての能力と勘で、「アレンビー…ビアズリー?」と彼が知ってるはずのないアレンビーの名前を呟き、ドモンがアレンビーの事で悩み苦しみながらもジッとこらえていた事を、減らず口からピリピリしていた事の本質を見抜かれたのを目の当たりにし驚愕した時の台詞。超人のような格闘能力を持つドモンも、まさか自分の考えている事が読まれてしまった事には驚きを隠せなかった。なお、周囲にいたレインやシャッフル同盟のメンバーたちもこれには混乱を余儀なくされた。
「師匠は、また旅立たれてしまった」
EDにて、フラグを成立させてマスター・アジアを仲間にしていた場合、四ッ谷博士から彼の去就を尋ねられて。
…ただ、この後の会話が皆、妙にしんみりした雰囲気のものとなっており、単に「放浪の旅に出た」という意味なのか、それとも「天へと旅立った」という意味なのかは不明である。事実、マスター・アジアは重い病に侵されて余命少ない状態のため、後者の意味でもおかしくはない。

R[編集]

「やれやれ、天狗になったガキってのは手におえんな」
第9話「炸裂!バイパーウィップ」のシナリオデモにて、電童のパイロットに選ばれデータウェポンユニコーンドリルも手に入った事で自信過剰となって、増長するあまり勝平に喧嘩をふっかける銀河の姿を傍目で見ながら呟いた台詞。デビルガンダムとの戦いの中で、自分にも似た様な時期があったのか感慨深げに眺めていた。
「ここにデビルガンダムが現れるのもわからなかった。プリベンターの情報収集能力というのも、たかがしれているようだな」
第11話「私の愛馬は凶暴です」シナリオエンドデモにて。戦闘が終わった後、アレンビーをラウンドナイツのメンバーに紹介し、東方不敗がデスピニスによって遺体にDG細胞を植え付けられ蘇生。デビルガンダムのパイロットにされた経緯を聞かされた後、ノインに対して吐き捨てた皮肉。今回ばかりはノインも反論はせず、黙って聞き入れた。
EW本編でもマリーメイア軍の決起をプリベンターが未然に防げなかったのを考えると、ドモンの言うように緊急時の対応力には難のある組織のようではある。
「待て! お前は矛盾しているぞ。地球人を容赦なく殺すお前たちはどうなんだ!?」
第21話「黒騎士と母の秘密」で物語開始前の事件を含む地球人が今まで行ってきた所業を痛烈に非難したアルテアに対して。尤も、当のアルテアは自身も悪である事を自覚しており、地球人という巨悪を滅ぼすために自身も悪になると述べていた。
「和平に見せかけて暗殺とは、随分なことをするじゃないか。ええ!?」
第32話「僕らが求めた戦争だ」で、かぐらづきにおいて行われた地球と木連による和平交渉の席で、地球圏統一国家の代表として出席したリリーナの護衛として、アキトユリカに加え、シャッフル同盟のメンバーやアレンビー、マスター・アジア、クワトロデュオノイン万丈と共に同席した際に、木連側が和平を結ぶ上で無茶苦茶な条件(地球圏の武装放棄、財閥の解体、政治理念の転換という実質上の無条件降伏)を提示した時に、反論した九十九を木連側代表の草壁が射殺しようとした時に素手で銃弾を受け止めて叫んだ台詞。人間技ではないことをやってのけた事に草壁も驚きを隠しきれず、この後弾は草壁の方に投げ返される……。

J[編集]

「奴はそれほど弱くないはずだ。身内を失おうが敵になろうが、戦うのを止めたら生きてなどいられん」
第35話「慟哭の空」より。ドモンによるDボゥイ評。デビッドからは「ドモンも吹っ切るまで時間がかかったんだから察してやれ」と言われるが…。
「だからこそ言っている。もう一つ、俺に言えるのは・・共の存在が奴を支える。共に戦った仲間がいる限り、奴は絶望したりしない。必ずな」
同上。逆に自分の経験からこの言葉を返す。事実、Dボゥイは物語後半でこのドモンの言葉通りの展開を迎える事になる。
「貴様の覚悟、しかと承知した」
「その覚悟があれば、何も言うことはないだろう。家族を失い、肉親を敵に回す宿命は、最後まで背負いきるしかないだろうからな」
「だが、お前には仲間がいる。仮にお前が忘れてしまってもだ」
第44話ラダム討伐に向かうルート「螺旋の邂逅」より。Dボゥイが記憶を失いながらもラダムとの決着を自らの手で付ける事を望んだ際に。この時のドモンは間違いなくキョウジを殺した自身と兄弟を殺さなくてはならないDボゥイの境遇を重ね合わせて見ていたはずである。
「Dボウイ…いや、アイバ・タカヤ。苦しむのはよせ。お前が弟を、その呪縛から解放してやったんだ」
ブレード「ドモン・カッシュ…俺は…」
「ああ。お前は良くやった」
第45話ラダム討伐に向かうルート「闇と死の運命」より。Dボゥイラダムに操られた弟を倒した際に。既にドモンも兄であるキョウジをDG細胞から解放する為に葬った事を考えると、再びそんな争いを見せられたドモンの心境も複雑だったと思われる。
「…不覚にも、心が震えた」
第44話和平交渉に向かうルート「どこにでもある「正義」」より。九十九の持ってきたゲキ・ガンガーの総集編を見た際に。やはり中の人的に、通じるところがあるのだろうか。
「もうやめておけ、アカツキ、こいつはガキだ、言い聞かせたところで無駄だろう」
「ガキだと言ったんだ。ひっぱたかれないとわからんらしい」
第47話宇宙に残るルート「終末の光 前編」より。上段はナチュラル以外の人間を認めないアズラエルと交渉しようとしたアカツキに対して。下段はその言葉に過剰反応したアズラエルを真っ向から断じた時のもの。
「ムルタ・アズラエル、どうした! 口ほどのことはないな!」
アズラエル「黙れ! お前程度の奴が僕を侮辱して、どうなるか見ていろ!」
「面白い! 貴様の曲がった根性、この拳で叩き直してやる、来いっ!」
同上。アズラエル(正確にはドミニオン)との戦闘前会話。

単発作品[編集]

64[編集]

「フッ……ブラッド・スカイウィンド、ナイスガイ」
スーパー系第13話B-1「その名は草間大作」より、「ガンダムモドキなどと比べてほしくないね」とアースゲインを自慢するブラッドに決闘を挑むドモンだが、敵の襲撃により決闘を中断されてしまう。しかしながら、敵を退けた後、両者は互いの健闘を讃え合うのだった。なお、このドモンの台詞に対するブラッドの台詞は「あんたもな、ドモン・カッシュ。気に入ったぜ」。
「やめとけ、ブラッド。しょせん拳の心が、わからぬ者にはいってもムダだ」
上の会話の後、ブライトは独断で決闘した二人を叱る。反論しようとするブラッドに対し、ドモンはこの台詞で彼を静止する。
(師匠……いったい何があったのですか……。厳しい修行を通じて武闘家の魂を教えてくれたのは師匠ではありませんか……)
第19話ラスト、マスター・アジアの変心に苦悩する時に。
「そんなことができるか。こいつは奴と決着をつける必要がある。己のすべてを込めた拳を、奴にたたき込み、とことんやりあう必要がな。 でなければ、どうにもならん」
スーパー系第32話B「決着の時」より。カーツの電文を受け、最後の決闘に挑むブラッドを静止しようとするレインに対し、ドモンはこの台詞で遮り、彼に持てる力を出し切るように言う。
「……東方不敗……あんたはいったい何をしたかったんだ…………師匠……」
ランタオ島にてマスターへの会話イベントを起こさず、他のキャラで撃墜した場合の台詞。最後まで師匠と分かり合えなかったことへの悲哀が感じられる。資金目当てで幸運持ちのキャラで撃墜してこれを見たプレイヤーも多いかもしれない。

MXPORTABLE[編集]

「目先の事実にとらわれていたら、その背後にある真実を見抜くことは出来ん…俺はそのことをシュバルツ・ブルーダーから学んだ」
第20~22話「二つの顔を持つ男」で自軍に参入してきたマサト美久を、唯ひとり擁護するデュークに同意して発した台詞。マサトらへ批判的なスタンスを取っていたチボデーも、シュバルツの名を出したドモンの心境を察して押し黙る。
(だが、あの少年の目は……似ている……キョウジ兄さんの影だった、シュバルツに……)
その直後のモノローグ。マサトの姿からドモンが想起したのは、やはりシュバルツ。だが、この時彼が見たのは、シュバルツがキョウジの人格を他人にコピーした存在であるという事実であった。
事実、この時のマサトの中にはゼオライマーを介してインプットされたマサキの人格が存在していた。
「生まれた星や種族は違えど、お前達なら背中を預ける事が出来よう」
「お前の拳は信義に値する。共に戦おう、ロム・ストール…」
第29話「冥王、暁に出撃す」(『PORTABLE』では「ゼオライマー、暁に出撃す」)より、マグネイト・テンと合流したクロノス族一行を、上述の台詞で「仲間」として迎え入れる。スポット参戦時に於けるロムの戦いぶりから、早くも絶大な信頼を寄せている。
「許せ、ドラゴノザウルス…お前も本当は海の底で静かに暮らしたかったのかも知れない…」
「だが、お前が牙を剥く以上、俺達はそれを受けて立たねばならない!」
「決戦!大海獣」より。怪物化したとは言え、天然自然が生み出した生命体であるドラゴノザウルスに人類のエゴを詫びつつ、使命を果たすべく立ち向かう。
「…真実を知らぬまま友や肉親と戦う辛さ…俺にはよくわかるからだ」
第38話(『PORTABLE』では第39話)「かつて誓った平和のために」より。モルスへの説得を行おうとするデュークのフォロー役を買って出た際、そこまで親身になる理由を問う鉄也へ上述の台詞で返答する。
「巨大な堤もアリの一穴に崩れる! 要塞の力に慢心した時、お前の敗北は決まっていた!!」
第42話(『PORTABLE』では第43話)「神よ、百鬼のために泣け」に於けるブライ大帝との戦闘前会話。科学要塞島を過信した彼の敗因を突きつける。
「なら、後は遅れた分を取り戻せばいい。…お前や俺達自身の力でな」
『MX』第53話(『PORTABLE』では第54話)「魂のルフラン」より。ロムと共にシンジの成長を認め、彼を後押しして。

NEO[編集]

「残酷な運命だがやるしかない! 涙をこらえて友を撃て!!」
第21話B「涙をこらえて友を撃て!!」にて魔竜戦士に変貌してしまった真一を攻撃できずにいるに対して。師匠をこの手に掛けてしまったドモンが言うとかなり重みがある台詞である。なお、『涙をこらえて友を撃て』は『獣神ライガー』原作第8話のサブタイトルでもある。
「また会おう。流竜馬…竜の戦士よ」
EDにて、一人旅に出る竜馬を見送った際に笑顔と共に彼に送った言葉。『竜の戦士』とは『新ゲッターロボ』の主題歌『DRAGON』の歌詞に由来するものと思われる。

OE[編集]

「フッ…わかってないな、カミナ。貸せ、俺が手本を見せてやる」
「すぅぅぅ…ハァァァッ!」
「でろぉぉぉぉっ! リューナイトォォッ・ゼファァァッ!」
メイン8話-2「邪竜海賊」にて。アデューのミストロットを借りてリューナイト・ゼファーを呼び出してみようとするがうまくいかないカミナを見て。ちなみにガンダム呼び出し時の指パッチンSE付き。さすがにDVEはない。
気迫は十分だが召喚できず、アデューからリュー自身が選んだ人間にしか召喚できないと教えられ「なんだと!?」と本気で驚いている。この後から、カミナと二人して滑ってしまったと突っ込まれ「何事も全力でやれば気持ちいいものさ、お前達もやってみたらどうだ」と返す茶目っ気を見せている。
なおドモン役の関智一氏とカミナ役の小西克幸氏は同じ劇団の座長と副座長という関係にあり、この二人がやらかす一幕もある種の中の人ネタという気もしなくはない。
「つかみ取れ、セイシロウ。それはお前が引き継ぐべき剣だ」
敵母艦級の体内からセイシロウの父であるクサナギ隊長が遺した剣が発見され、奪い返すよう促す。また『引き継ぐべき剣』はこの回のサブタイトルでもある。
「全員が持てる力のすべてを懸けて正々堂々と戦っている…これぞ、まさに真剣勝負!これが…ガンダムファイトだぁ!」
「仮面の下の決意」にて、審判としてアムロ達の戦いを観戦しながら。セリフの間にはそれぞれSEが挟まる。
SRWで初めて代理戦争としてのガンダムファイトが再現されたこともあってか、凄く嬉しそうである。ドモン的には正統ジオン側にガンダムが事はどうでもいいらしい(もっとも、トールギスはウイングガンダムゼロの前身となった機体で、スサノオも広義ではガンダムタイプの機体なのだが)。というより「Gガンダム」世界の『ガンダム』の定義により、その機体たちはガンダムファイトを行ったこの瞬間に「ガンダム」となったのである。

CC[編集]

「まさか、ハイパーモードか!?」
F91のバイオコンピュータ発動を目の当たりにして。

スパロシリーズの迷台詞[編集]

「このゴッドガンダムを、ただのガンダムだと思うなぁ!」
NEO』および『OE』でのユニット選択時の台詞(初出は『IMPACT』の戦闘台詞)。これだけならありきたりな台詞なのだが『NEO』はそもそもただのガンダムが存在せず、『OE』の場合はガンダムよりも先にゴッドガンダムがロールアウトされているため色々と突っ込みたくなる台詞となっている。
「Gガンダム」世界のガンダムはガンダムファイト用の機体のことなので、「ゴッドガンダムはガンダムファイトに優勝したガンダム・ザ・ガンダムだ」というような意味なら間違ってはいないかもしれない。
「俺は…お断りだあああああ!!」
バレンタインイベントにて。なにがお断りなのかと言うと、「ドモンがレインにプレゼントするチョコ」を準備すること。原作において一矢以上にすごい告白をしたのだが、これにおいては完全に冷静さを失っている。

搭乗機体[編集]

シャイニングガンダム
前半のサバイバルイレブンでの乗機。
ゴッドガンダム
後半の決勝大会での乗機。

余談[編集]

  • ドモンが常に身に着けている鉢巻はマスター・アジアが武器として使用した事があるが、この時だけ異様に長くなっていた

商品情報[編集]

資料リンク[編集]