キョウジ・カッシュ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
キョウジ・カッシュ
外国語表記 Kyouji Kasshu
登場作品

ガンダムシリーズ

声優 堀秀行
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦G
SRWでの分類 パイロット
ラストボス
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(ネオ・ジャパン)
性別
生年月日 未来世紀31年5月20日
星座 牡牛座
年齢 28歳
身長 194cm
体重 81kg
血液型 O型
テンプレートを表示

キョウジ・カッシュは『機動武闘伝Gガンダム』の登場人物。

概要[編集]

ドモン・カッシュの実兄。父・ライゾウ・カッシュと同じくネオジャパンの科学者でもあり、アルティメットガンダムは2人の共同作。

良き兄であったが、長年の修業を終えたドモンが帰国したときには行方不明になっていた。 その理由について、ドモンはウルベ・イシカワ少佐らに以下のように説明され、父を救うためにガンダムファイターとして戦う事になる。

  • 兄は野心の為に実母を射殺しアルティメットガンダム(=デビルガンダム)を盗んで地球へ逃走した。
  • カッシュ博士はこの責任を問われ冷凍刑にされた。

しかし、真相は正反対で、キョウジはアルティメットを軍事利用しようと目論むウルベ少佐やミカムラ博士から守る為に地球へ逃亡したのであった。だが、地球にたどり着いた直後、デビルガンダムに変貌したアルティメットガンダムにキョウジは生体ユニットとして取り込まれて洗脳されてしまった。デビルに洗脳されながらも、残った自我を振り絞り、DG細胞を応用して、自らの分身であるシュバルツ・ブルーダーを生み出し、弟・ドモンを支援することに成功した。ギアナ高地での戦いにおいて、DG細胞でも治せない程の重傷を負い、ランタオ島での戦いにおいて、シュバルツの叱咤を受けたドモンによって、シュバルツとデビルごと倒されることで呪いから解放された。

なお、キョウジ自身格闘技の才能があるのかは不明だが、地球への逃亡の際、自分を拘束した2人の兵士を振り払っている。

登場作品と役柄[編集]

デビルガンダムに取り込まれキョウジとしての人格は残っていないため、実質的にデビルガンダムのAI状態となっている。ほぼ全作品において彼が発するまともな言葉は「撃て」の1つしか無く、後は狂気の表情を浮かべながら無言でいるか高笑いを上げているだけで、意志疎通すらままならない。

ドモンの兄としての活躍はシュバルツ・ブルーダーを参照。

旧シリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦G
初登場作品。デビルガンダムのパイロットとして登場。顔グラフィックはデビル化した物しか存在せず、ドモンの持つ写真でも狂気の表情になっている。パイロットとしては、イベントで「撃てっ!」と一言だけ喋っている。
スーパーロボット大戦F
ドモンが「この男を知らないか!?」と聞くと昔の写真が小さなカットインで登場。デビルガンダムのパイロットとして戦闘の機会がある。
スーパーロボット大戦F完結編
2マップに渡り登場。ゲームとしてはデビルガンダムのスペックが大した事無いので脅威ではない。同マップにて東方不敗が駆るマスターガンダムの方に注意すべき。原作通りランタオ島の戦いでシュバルツと共に死亡する。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦APORTABLE
他作品との兼ね合いがある点を除けば、流れは概ね原作通り(退場が早めなので、展開が早い点は否めないが)。基本的に狂気の顔である。シュバルツが中盤辺りのランタオ島で決着がつく際に元々の顔を晒すので、キョウジとシュバルツを分けるなら、キョウジ独自の素顔はないと言える。
スーパーロボット大戦J
デビルガンダムのパイロットとして登場。顔グラは元々の顔とデビル化版の2種類がある。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
現時点では唯一生存フラグが存在する作品(自軍には加入しない)。デビル化版の顔が通常時と衰弱時の2種類ある。

VXT3部作[編集]

スーパーロボット大戦T
原作終了後設定であるため故人。用語辞典には登録される。

単独作品[編集]

新スーパーロボット大戦
音声初収録。デビルガンダムのパイロットとして地上編のみ登場。何度か出現するが、最終的に地上編のラスボスを務める。…今回、デビルガンダム強奪の真相が原作と全く違うので、本当に悪人とも受け取れてしまう。シュバルツはいるし、最期はドモンに原作通りの言葉を投げて散るのだが…。顔グラは元々の顔とデビル化版の2種類があるが、元々の顔はその死ぬ場面でしか使われない。
新スーパーロボット大戦 スペシャルディスク
フリーバトルに登場。
スーパーロボット大戦64
スーパーロボット大戦X-Ω
SRサポートユニット。

関連作品[編集]

スーパーヒーロー作戦
立ち位置はほぼ原作通りだが、物語冒頭で父に命じられアルティメットガンダムに乗り込む場面が描かれている。
エンディングではアレンビーとのガンダムファイトに苦戦するドモンに対し叱咤激励する姿を見ることができる。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

FF完結編
ド根性熱血必中ひらめき気合覚醒

特殊技能(特殊スキル)[編集]

IMPACT
底力L9
J
DG細胞底力L8、援護攻撃L4
DG細胞

サポートアビリティ[編集]

ドモンの優しき兄
SR。装甲アップ。

人間関係[編集]

ドモン・カッシュ
弟。終盤までは彼に仇と誤解されていた。
ライゾウ・カッシュ
父。
ミキノ・カッシュ
母。
シュバルツ・ブルーダー
分身と言える存在。
ウルベ・イシカワ
アルティメットガンダム事件の真犯人。彼によって母を目の前で殺された。

他作品との人間関係[編集]

飛影
IMPACT』ではシュバルツと共に助けられる。

名台詞[編集]

「ふふふふふふ、ははははは…ふぅーはははは…ぬーははは…」
第23話より。デビルガンダムに支配されており人格は無く、狂気に満ちた高笑い。
「頼む…。お前が私に代わって影となり、ドモンを守ってくれ…」
第44話の回想より。残った意識からDG細胞によるクローン(シュバルツ)を作り出し、使命を与えたときの台詞。
「立ち上がれ、ドモン!あれを止められるのは、お前しかいないんだ!」
48話より。東方不敗やシュバルツ、母・ミキノとともにグランドマスターガンダムの強さに諦めかけるドモンを幻となって励ました際のセリフ。デビルガンダムから解放されて本来の自分を取り戻していることがうかがえる。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「撃てっ!」
スパロボシリーズに於ける攻撃時の台詞。原作ではドモンが見た立体映像に於ける台詞で、実際の本人の台詞ではない。

搭乗機体[編集]

デビルガンダム
デビルガンダム (第2形態)

他作品での搭乗機体[編集]

デスアーミー
『ガンダム無双』で搭乗。

資料リンク[編集]