吉良国進

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
吉良国進
読み きらくにすすむ
外国語表記 Susumu Kirakuni
登場作品 GEAR戦士電童
声優 野島健児
デザイン 久行宏和
初登場SRW スーパーロボット大戦R
SRWでの分類 パイロット
サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
誕生日 2月19日
星座 うお座
年齢 26歳
血液型 B型(Rh+)
所属 GEAR
最終学歴 大卒
役職 パイロット
特技 クレー射撃
車全般
テンプレートを表示

吉良国進は『GEAR戦士電童』の登場人物。

概要[編集]

地球防衛組織GEARのパイロット。元々は星見野アミューズメントパークの職員で、ヒーローに憧れるただの青年だったが、偶然GEAR本部を発見して強引に隊員になった。

ベガと共に電童の正規パイロットに予定されており、青のコマンダーを託されていたが、銀河達がパイロットになってしまった為、電童の動力源である『ハイパーデンドーデンチ』を戦闘中に補給する為の空中電池換装機セルファイターのパイロットになった。

オリンピック級の腕前を持つクレー射撃の名手であり、明朗快活で、銀河達の良き兄貴分。名前には恐らく『気楽に進む』という意味合いが込められているものと思われ、原作でも北斗に突っ込まれた。サンデーレースの常連でもある。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦R
初登場作品。ベガに比べると能力は低く補給以外の支援精神も無いが、覚醒を覚えるためデンチを撃ってから離脱するなど幅のある運用が可能になる。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
エリスとコンビを組んでセルファイターパイロットとして加入。
中盤以降は出撃枠や能力値などの問題で、ベガの方が優先される事が多いが、狙撃でデンチの射程を延ばすだけでなく、自軍でも極めてレアで役に立つ補給を覚えるというメリットがある。戦闘ならばベガ、補給などのサポートに徹するなら吉良国が優れていると言えるだろう。とはいえベガと能力を比較すると命中・回避で僅かに劣る代わりに防御では圧勝しており、セルファイター・セルブースターもそれほど回避能力に優れているわけではないため、改造方針次第では戦闘をさせる場合でも吉良国をメインに据える選択肢もある。
欠点は回避・防御系の精神コマンドを一切覚えないこと。そのためセルファイターの一人乗りには全く向いていないので、出撃させる際は必ず誰かとコンビを組ませるようにしたい。
ヒット&アウェイガンファイトを覚えさせ、スバルをサブパイロットにした時のサポート能力は抜群で、電童や凰牙を上手く立ち回らせたいときには有効。
ちなみにマップによっては吉良国メイン・ベガがサブの状態で強制乗り換えとなる場合がある。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

R
必中加速ひらめき熱血覚醒補給
MXPORTABLE
必中努力ド根性熱血狙撃補給

特殊技能(特殊スキル)[編集]

R
援護攻撃L2援護防御L3
MXPORTABLE
底力L7援護攻撃L3援護防御L3

パイロットBGM[編集]

「W-Infinity」
オープニング主題歌。『MXPORTABLE)』に於けるBGM。

人間関係[編集]

浅野愛子
GEARの同僚。原作では親の薦めでお見合いをする事になり、後に恋人同士となる。
ベガ
本来は彼女と共に電童に乗る予定だった。

他作品との人間関係[編集]

浪花十三
R』では射撃つながりでお互いのことを既に知っていた。
コマンダー・エドウィン
『R』では、彼が持ってきた企画で星見アミューズメントパークにて『マジンガーと市民の集い』が開催される事になったが…
ドモン・カッシュ
MXPORTABLE)』では『デビルガンダム事件』における例の告白の詳細を知り感動。彼を「漢の中の漢だ!」と絶賛する。
ダイゴウジ・ガイ
『R』ではヒーロー好きな彼と馬が合うらしく、スーパーガンダム登場時に共にはしゃぐ。また、序盤における「地球圏統一国家防衛隊」発足時には名称のカッコ悪さについて彼と共に抗議し、結果ラウンドナイツ命名のきっかけを作ることとなった。
テンカワ・アキトミスマル・ユリカ
『R』序盤で、彼らにも星見野アミューズメントパークの1日無料の優待パスをプレゼントする。
ラウル・グレーデンミズホ・サイキ
『R』では、ミズホが生まれ育ったコロニーに遊園地がなかった上に、デートすらした事がなかったと聞き、2人に星見町アミューズメントパークの1日無料の優待パスをプレゼントする。

名台詞[編集]

「今日は後ろが重くって!」
セルブースター初登場時の台詞。増加ブースターの分、セルファイターの時より重くなったことを言っているのだが、この時たまたま後部座席に乗っていたベガからは誤解され睨まれる羽目に。ちなみに、『MXPORTABLE)』でも被弾時に言うことがあり、エリスがサブパイロットだと彼女から「あたし、そんなに重くありません!」と言われる。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「じゃあ、こっちのヨーヨーは? まさか…これにもどこかの誰かからメッセージが…」
MX』第33話(『PORTABLE』では第34話)宇宙ルート「虹を越えて」より。フルアーマー電童の武装である超電童ヨーヨーを指しての疑問。その「どこかの誰か」は今回欠席の為、銀河が自前のテクを駆使して使いこなす事に。
「いやいや、ハリ君。必殺技に心ときめかせるのは男の子だったら当然のロマンだよ」
『MX』第34話(『PORTABLE』では第35話)宇宙ルート「断ち切られたLOOP」より。ハーリー相手に「男の浪漫」を主張するが、少女漫画愛好家の彼にはイマイチ伝わらなかったようである。TVシリーズのアキトガイが聞いたら、大いに共感しているであろう台詞である。

搭乗機体[編集]

セルファイター
セルブースター

余談[編集]

  • 漫画版では銀河と北斗への嫉妬から拳銃(実は水鉄砲)で脅してGEARの基地に連れて行ったり、自身が電童で出撃した際に直前に銀河&北斗を小突いたりという大人気なさを発揮。彼らの活躍を目のあたりにしてからは考えを改めるも、小突きの仕返しをされたことを根に持って「ガキども」と呼ぶなどやはり大人気なさを見せる。しかも漫画版ではセルファイターが未登場だったことから、良きサポートぶりを見せることもないと、とにかく酷い扱いがされた。