クライ・ウルブズ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

クライ・ウルブズ(Cry Wolves)とは、地球連邦軍の特殊作戦PT部隊。隊長はアルベロ・エスト少佐。主に戦場のデータ収集と後詰めを担当。部隊の性格上、敵の撃破よりも作戦の遂行と生還を鉄則としている。

しかし、デビルガンダムスーパーロボット大戦MX)及びイェッツトレジセイアスーパーロボット大戦OG外伝)との戦闘でアルベロとヒューゴを残して部隊は壊滅。その時点でクライ・ウルブズは解散した。

その後生き残ったアルベロとヒューゴは何の因果か、MXでは「ツェントル・プロジェクト」に参加して、お互い争う仲となる。

なお、シャドウミラー平行世界にも部隊は存在し、反乱を起こしたシャドウミラーを追い詰めた『3つのウルブズ』の一つとされる。

登場作品[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦MX
前述の通り、生き残りであるヒューゴとアルベロが争うこととなる。

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION2
彼らの存在が触れられているが、名は出されてない。
スーパーロボット大戦OG外伝
第1話よりクライ・ウルブズがサプライズ参戦。時系列ではMXの前日談にあたる。
スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター
第26話にてゲストキャラクターとしてアルベロ、ヒューゴ、フォリアが登場している。

ブラック・ウルフ[編集]

アルベロ・エスト
ウルフ1。隊長。
ヒューゴ・メディオ
ウルフ8。
フォリア・エスト
ウルフ9。

ブルー・ウルフ[編集]

イーサン
少尉。機動兵器の操縦に関してはアルベロに次ぐものと見られる。
ハリオ
カリム

機動兵器[編集]

量産型ゲシュペンストMk-II
量産型ゲシュペンストMk-II改

関連用語[編集]

ツェントル・プロジェクト
ベーオウルブズ
平行世界における地球連邦軍の特殊鎮圧部隊。隊長はキョウスケ・ナンブ大尉(ベーオウルフ)。ラミアの話では、クライ・ウルブズはこの部隊と同等の戦力を持っていた。
シャドウミラー
同じく平行世界における地球連邦軍特別任務実行部隊。