ロージェノム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ロージェノム
外国語表記 Lordgenome
登場作品
声優 池田成志
デザイン 錦織敦史
初登場SRW 第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
SRWでの分類 パイロット
サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
異名 螺旋王
種族 人間
性別
年齢 1000歳は超えているらしい
所属 螺旋族の軍団→獣人軍→カミナシティ総司令部(クローン体
テンプレートを表示

ロージェノムは『天元突破グレンラガン』の登場人物。

概要[編集]

螺旋王」と呼ばれる獣人の王。獣人たちの創造主として世界に君臨し続けて来た人間である。螺旋の瞳以外は人間とまったく変わらぬ姿をしているが、1000年以上の時を生き続けて来た不死に近い存在。本人曰く「1000年の倦怠」と言うほど惰性的に年月を過ごし、それを遮られることのないよう人間を弾圧すべく獣人達を使役している。

気に入らないものはすぐに処分してしまう非情な性格。傍らに常に6人の女性を侍らせているが、自我を持たない人形としてしか見ておらず、実の娘であるニアさえも、自我が芽生えたと知るやあっさりと打ち捨てた。

とある事情で感情表現に乏しいが、戦闘中は別人の様に好戦的な性格に変貌する。また彼もシモン同様コアドリルを所持しており、6人の女性はそれぞれが姿を変えたものである。

シモンと互角の強大な螺旋力を誇り、生身で戦っても尋常ではない戦闘力を誇る(ラガンインパクトによってラゼンガンが破壊される程のエネルギーが放出されている奔流の中を、歩いてきたりする)。実際にはガンメン等に乗らないで生身で戦う方が実力を発揮出来たらしく、素手でラガンの戦闘力を圧倒していた。また、その螺旋力は「生命の創造」すら可能としており、劇中では中途半端な繁殖能力を持った獣人を創造し、配下として使っていた。更にヴィラルに「不死」の力を与えたりもしている。

人間達を弾圧し、地下へと追いやった張本人だが、それには彼の過去に関わる「ある重大な理由」がある。

幼少期に始まった反螺旋族との戦争中、後にラゼンガンの頭部となるラガンタイプのガンメンを発見。成長したのちはそのガンメンと後にグアームとなるアルマジロを伴に反螺旋族と戦っていたが、アンチスパイラルとの接触を機にスパイラルネメシスの危機を知る。それを防ぐべく螺旋族に反旗を翻したロージェノムは、仲間達をラゼンガンで皆殺しにし、しかる後に旗艦カテドラル・テラを変形させ、螺旋族艦隊を壊滅させた。

その後地球に逃走した彼は、アンチスパイラルの人類殲滅システムの起動を懸念し、獣人たちに地上人掃討命令を発布。自身はテッペリンの要塞に座し、螺旋力による衝動を理性で抑えつつ、倦怠の中で1000年を過ごしていた。

その後、ロシウらにより、頭部のみの生体コンピュータとして蘇生させられる。当時の記憶はそのまま残っている(そもそもロージェノムの知識を移植するためのハードウェアとして蘇生させられた)が厳密な意味での本人ではないため、螺旋王だった頃の自分の事は「かつての我が肉体」と呼んでいる。当人はこの状態を「肉体の軛から解放された」と割合気に入っている様子。

カテドラル・テラが超銀河ダイグレンとしてシモン達の手に渡った後は、艦内にあった大螺旋コンピュータルームに配置された。アンチスパイラル操るグランゼボーマとの決戦では、スパイラルネメシス寸前まで高まった螺旋力により一時的にラセンガン共々復活。インフィニティ・ビッグバン・ストームから天元突破グレンラガンを庇って散ったものの、その攻撃力の全てを螺旋力に変換し、グレンラガンに渡して活路を切り開いた。なお、多元迷宮宇宙にて垣間見た別の可能性では、学生として過ごすニアの授業参観に出席している姿があった。

獣人の創造を可能にしたのは螺旋力の恩恵であるが、裏を返せばこの時のロージェノムの螺旋力はスパイラルネメシスを招く数歩手前の状態にあったことになる。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
初登場作品。ルートによっては戦えない。戦うルートを通る場合、その最後で立ちはだかる。圧倒的な能力と2回行動、極、更にラゼンガンの攻撃力も合わさり、本編中に出演している版権作品のどのボスよりも強い(下手をするとラスボスよりも)。また「アイモ」を以前から知っていたようだが、フロンティア船団が現れたのは時間軸では最近のこと。それへの言及は再世篇に持ちこされた。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
原作通りに生体コンピュータとして復活するが本作ではNPC。一応戦闘台詞は用意されている。嘗て多元宇宙を股に掛けた戦いを繰り広げていた過去を明かしており、そこでバジュラの群れとも共闘してした。「アイモ」を知っていたのはその為だと推察されるが、より具体的な詳細は明かされていない。本作ではカテドラル・ラゼンガンが次元の狭間に封印されたため、本人もそれに付き合って機能を凍結、眠りについている。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
超銀河ダイグレンのサブパイロットとして参戦。最終話ではイベント時にニアと入れ替わる形で一時離脱するが、「オーバーロード時に存在が多元化した」という理由で無事復帰する。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
引き続き登場。

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦X
『グレンラガン』の時系列が第3部からなので、初登場時から生体コンピュータの姿となっている。『第3次Z』同様、超銀河ダイグレン等のサブパイロットを務める。同じく51話のイベントでニアと入れ替わりに一時離脱するが、ブルーウォーターの奇跡によって生体コンピュータとして復活。最終話でニアと入れ替わって再びサブパイロットに復帰する。
51話の肉体を得た際の姿にはキャラクター事典が設定されていない。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

全く隙のない構成。防御だけが低いが、グアームに比べればというレベル。数値以上に固いが、それには理由が。たとえ機体がフル改造のスーパー系でも、クリティカルが出れば一撃で落とされてしまう上、リアル系をフル改造してもまともに避けられない。密集体形の場合、それ以前にMAP兵器が確実に発動するために喰らった後に最大技を喰らえば、確実に落とされる。挨拶がわりにいずれかのユニットを落とされたユーザーもいるだろう(下手をすると全滅一歩手前もありえる)。出現を上手くコントロールしつつ、ターンを回す前に短期決戦で終わらせるべし。

精神コマンド[編集]

第2次Z破界篇
てかげん加速直感直撃気迫
闘争本能を抑制しているためか「てかげん」持ち。
第3次Z
加速直撃気迫
合体用に「気迫」が多用されることだろう。
X
加速てかげん気迫
乗機の性質上、頻発するオーバーキルを抑える「てかげん」が兎に角便利。シモンがエースボーナスの「螺旋力∞」で能力を底上げ出来るため発揮しやすい。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第2次Z破界篇
螺旋力L5、2回行動ガード気力限界突破戦意高揚
攻守共に完璧な布陣。気力限界突破とガード、螺旋力の相乗効果で凄まじい堅さを誇るが、ハードの場合さらに恐ろしいことに……。高すぎる能力は初期配置から移動しないタイプにありがちだが、ロージェノムの場合はこれ以上ないほど積極的に移動して殺しにかかってくるため、やられる前にやれ状態が明確な形になって表れている。底力がないのは不幸中の幸いか。

エースボーナス[編集]

気力上昇の限界値+30
第2次Z破界篇でのエースボーナス。螺旋王の強敵たる所以の一つがこれ。つまり、気力の最大値は技能込みで200ということになる。その恐ろしさはかつて師匠が証明したように、攻撃力・守備力が跳ね上がるという一点に尽きる。さらにラゼンガンはS-アダプターを装備しているため、気力が最大まで上がるとまともにダメージが通らない上、こちらは当たれば撃墜のリスクを常に負う事になり、対策なしでラゼンガンが持っているマップ兵器を使われた時にはほぼ全滅の危険性がある。このパターンで精神コマンド未使用のグレンラガンが狙われたらほぼアウトである。よって長期戦は圧倒的に不利であることを刻んでおこう。備えていても超がつく強敵。ノーマルの時は持っていないが、それでも強い。
ちなみに破界篇でのカミナも全く同じエースボーナスを習得する。

人間関係[編集]

ニア・テッペリン
娘。時期的な問題とある理由により彼女捨てたが、物語が進むことでニアへの愛情は失っていなかった事が解る。
シモン
宿敵。かつての自分と似た、しかし異なる意志を持つ男。「螺旋の男」と呼んで警戒している。
グアーム
四天王のひとり。元々は反螺旋族との戦争にも同行していた幼少期からの相棒(シモンで言うところのブータ)で、前身はアルマジロ。
ヴィラル
部下。語り部として不死の体を与えたが、これは最終局面で別の意味を持ってくることに。
ロシウ・アダイ
死に際に発した言葉を気にした彼によって蘇生させられる。
アンチスパイラル
宿敵。大銀河規模の兵力を持ち、脅威となる螺旋族を滅ぼそうと若い日のロージェノムと激戦を繰り広げた。

他作品との人間関係[編集]

スーパー系[編集]

ズール皇帝
第2次Z破界篇』では、彼の思念体から自らの軍門に下るよう強要されるも、何ら動じる事無くこれを一蹴する。ロージェノム自体も世界の謎を知っている口ぶりである。
アポロニアス流竜馬 (OVA)
Zシリーズでは、かつて共にバアルと戦った同志。
コンピュータドール第8号
CC』では自らの居る世界に飛ばされてきた彼らと手を組む。
神勝平
『CC』では後述の残酷な一言で彼を否定する。

リアル系[編集]

桂木桂
不器用ながらも自分の娘を愛する彼にとって、を人形同然に扱い、捨てたロージェノムは怒りをぶつける対象であった。
ティンプ・シャローン
『第2次Z破界篇』では、自分を雇えと売り込む彼の不遜な態度を逆に気に入り、只働き同然という条件で助っ人として雇用する。

バンプレストオリジナル[編集]

ガイオウ
『第2次Z破界篇』では、自身の記憶を求めて各地を巡る彼に全てを教えようとしたが、ガイオウが自分で思い出すと断ったために記憶の手掛かりだけを伝える。
魔獣エンデ
X』では、本編から3000年前に彼に遭遇している。その為、彼がアル・ワースを創造した経緯や目的などを知っていたが、現在は肝心の記憶が曖昧になっていた。

名台詞[編集]

第2部[編集]

「……かつてお前のように戦った男がいた。その行いが人類を滅ぼすことになるとも知らずにな」
闘志を折らないシモンに対して語った、終盤への伏線となる台詞。シモンのように諦めず戦った、その男とは……。
「100万匹の猿が地上に満るとき…月は地獄の使者となりて螺旋の星を滅ぼす」
死に際の台詞。これの意味することとは――?
なお『第2次Z』では世界観規模の違いによるものか、数字が「100億」に変わっている。

第3部・第4部[編集]

「宇宙とは曖昧さだ。認識されて、初めて確定する。それがこの宇宙の理……」
隔絶宇宙へと逃れたアンチスパイラルを逆探知する際に。要するに、多元宇宙においては誰かが「そこにある」と認識しないと、どんな存在も現象も「そこにある」ことにならず、逆に誰かが「そこにある」と認識すれば、「そこにある」という事実が確定し、存在が確立されるということである。時獄篇タケルはこれを「人の意志が存在を造り上げる」と表現した。
「シモォン! ここは任せてもらおうか!」
「嘆くな、娘よ! 一度は絶望と倦怠へと堕ちた身体がここまで来れた。仮初の体で、螺旋の明日が作れるならば本望だ!」
アンチスパイラルのインフィニティ・ビッグバンストームをラゼンガンで受け、父を案じるニアに対しての台詞。シモン達が作る明日を信じて、その身を投げ出した。
「それをっ! 待っていたぁあああああっ!」
「シモォオオオオオオンッ! 受け取れぇえええあああああっ!」
その直後、インフィニティ・ビッグバンストームで量子分解されんとする瞬間に全エネルギーを螺旋エネルギーによるドリルに変え、天元突破グレンラガンへと吸収させる。なおこの現象には「ラゼンガン・オーバーロード」という名前がついている。そして、この男は…。
ちなみに劇場版のオーディオコメンタリーにて主演声優達も語っているが、この時の状況は「超巨大なドリルの先端に禿頭の男が首だけついていて叫んでいる」という本来であれば突っ込みどころ満載のシーンである。しかしここまで「グレンラガン」を見てきた視聴者にとっては全く違和感のない名場面であろう。また、劇場版での池田成志氏の演技は必見。テレビ版よりもぶっ飛んだ尋常じゃないくらいの熱いノリになっている。

劇場版[編集]

「無知なる猿が地に満ち、空を目指した時…月は地獄の使者となりて螺旋の星を滅ぼす」
螺巌篇における死に際の台詞。後半はTV版と同じだが、条件が変更されている。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

Zシリーズ[編集]

「前へと進む力……即ち進化……お前もそれに取りつかれたか!!」
竜馬との戦闘前会話。「進化」を危険視する螺旋王の真意とは……。
「その力だ! その力が、この星を滅びの道に誘う!!」
シモンに撃墜された際の特殊台詞。スパイラルネメシスを示している。ちなみにキタンなど、「螺旋力」持ちからの被弾台詞にも採用。
「光の神々や果てなき進化を求める戦士、銀河を渡る者や次元の将……我々は彼らと共にバアルと戦っていた。次元を超えて、全ての宇宙で……」
「禁断の継承者」のインターミッションにおいて語った、かつての戦いのエピソード。「光の神々」は恐らく「真マジンガー」のゼウス含むミケーネの神々、「銀河を渡る者」はバジュラ、「次元の将」は間違いなくガイオウをはじめとする4人の次元将であろう。「果てなき進化を求める戦士」は参戦作品を鑑みるとゲッター関連の何者か(上記の竜馬への台詞を踏まえると、おそらく「世界最後の日」ED後の竜馬)と思われるが、これだけの面々の力を持ってしても勝利する事はできなかった事が伺える。
「知っているぞ。二つの世界を繋いだアビスは、鍵を持つ者の欲望によって開かれたのだと」
「欲望こそ、螺旋生命体の本能……それが源理の力を手にすることを奴らは決して許さない」
「それこそがスパイラルネメシス。全ての終焉を意味する」
Zシリーズにおけるスパイラルネメシスについて。この災厄は螺旋力による過剰な進化⇒「風の行き先」の迷走によって起きる全ての消滅であり、前に進もうとする、上に上ろうとする意思が次元力を手にすることを許さない存在がいる。それは……。
「いいだろう。ならば、教えよう」
「人類殲滅システムの最終フェイズ、それは……」
アンチスパイラルが仕掛けた人類殲滅システム。第一フェイズはムガンの来襲、第二フェイズは月の落下。その先に待つ最終フェイズとは「メモリーを捨てて無へと還ることだと時獄篇で語られた。
「あの一瞬、私の存在は私の意志を受け、一時的に多元化した……」
「その結果、私は肉体を失いながらも、こうしてデータとして存在を残すことが出来たのだ」
『時獄篇』最終話「天の光は全て星」クリア時。まさかの生存である。
「ニア……お前は、永遠の存在ではなくなった」
「お前の存在は崩壊を始めている。今日を生き延びられたとしても、明日を生きられる保証はない」
『時獄篇』における最後の台詞。

VXT三部作[編集]

「ニア…。お前の崩壊を止めることはできない…。アンチスパイラルのメッセンジャーとして永遠の存在であったお前の生命は…長く見積もってもおそらく、あと80年程になってしまった」
『X』第51話「天の光は全て未来」or「可能性の宇宙」より。仮想生命体であるニアはその創造主たるアンチスパイラルの消滅に伴い、永遠の存在で無くなったものの、ブルーウォーターの力で余命幾ばくもないニアの運命は変わった
永遠に比べれば「80年」という年月はなんとも短く儚いモノ、だが人間が生きていくにはそれで十分であった。ましてや原作では結婚式をあげた後にニアが消滅したのならば、尚更であろう。

単独作品[編集]

「いや、つまらぬ戦いだった。滅びに繋がるのだからな」
CCのレイドイベントで。ガイゾックを打ち取ったカイルスの前に現れた時の台詞。勝平の名台詞を否定するような言い回しでザンボット3の最終話を知るプレイヤーに衝撃を与えた。

搭乗機体[編集]

ラゼンガン
専用ガンメン。グレンラガンに似た1000年前からの愛機。
カテドラル・テラ
月に偽装されていたかつての所属軍の旗艦。『再世篇』、『X』では変形形態であるカテドラル・ラゼンガンとして登場。

余談[編集]

  • 名前をスペルだけで直訳すると「Lord」「genome」、つまり「遺伝子の王」となる。遺伝子=DNA=二重螺旋との連想から、「螺旋王」である。