ビッグヴィヌス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビッグヴィヌス
外国語表記 Big-Vinus
登場作品
デザイン さとうけいいち
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 メガデウス(ザ・ビッグ)
ドミュナス エンジェル
テンプレートを表示

ビッグヴィヌスは『THE ビッグオー 2nd SEASON』の登場メカ

概要[編集]

謎に包まれた最後のザ・ビッグ。作り物であるパラダイムシティを全て無に還しやり直すための存在であり、世界を作り出し脚本する存在から遣われた羽を失ったザ・ビッグ。

ビッグオーと同一のフォルムを持ち、性能も同等。最大の外見的特徴はそのカラーリングで、まるでビッグオーの色彩を反転させたかのような(単純な黒→白といった色の置換ではなく、文字通りにネガポジ反転した)不気味なカラーと、ドクロが露出したかのような恐ろしい形相の顔面部。また、ドミュナスであるエンジェルは背中に翼のようなアザがあるが、このビッグヴィヌスもまた、背部に翼をもがれたような痕跡がある(本来は翼型のユニットが存在していたらしく、接続用ソケットがある)。

ザ・ビッグとしての役割は世界そのもののリセットであり、通過したもの全ての存在を抹消する恐るべき力を秘めている。存在する世界は消失し、グリッド状の白い地平と白い空があるだけの、役者や装置を配置する前の状況……つまりは何もない、ただの舞台に戻る。足を一歩踏み出す前に、足の下を含む周囲の空間が消え去り、白い地平としての大地が現れる。また、世界に存在するものからの干渉は、全て無意味となるという無茶苦茶な存在。言って見れば「登場作品の世界そのものをリセットする」という半分メタの領域に踏み込んだ機体である。

Act:26にて、パラダイムシティの創造者(クリエイター)であるエンジェルがメモリーとしての存在に気づき、あるべき場所……即ち「40年前の破滅の世界」へ帰ろうとしたために覚醒。彼女の持つ消滅への意志のままにパラダイムシティのリセットを試みたが、一世一代のネゴシエイションに臨んだロジャーによって消滅の意志が停止、それに伴い機能を停止した。

登場作品と操縦者[編集]

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
原作『2nd SEASON』最終話を踏襲する形で登場。ロジャー以外の味方は一回戦闘すると離脱、というゾヌーダロボのような特殊な状況での戦いとなる。『第3次α』や『W』の経験者は同じ感覚で戦って構わない。
ただし、ゾヌーダロボの時と異なり母艦も例外なく離脱してしまうので、うっかり味方ユニットを搭載させた状態で戦闘させないように。幸いこの時点での敗北条件が「ロジャーの撃墜」のみになっているため、母艦が離脱したり撃墜されたりしてもゲームオーバーにならないのは救い。
撃破時には他のメガデウスと異なり、内部から光を放って消え去る、という特殊な演出が組まれている。
今回は原作における「世界を脚本し、演出する存在」の立ち位置に太極が当てられており、リセットの対象がパラダイムシティから世界全土に広がっている(原作ではシティ=世界なのである意味原作準拠ともいえる)。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

スペック上、同型機であるビッグオーの武装はファイナルステージ含め全て使用可能だが、役割が役割だけに戦闘を行った描写はない。

消滅の光
第3次Z時獄篇』において唯一武装として登録されている攻撃。口部から光を放って背景を消滅させ、重い足取りでゆっくりと敵の前に歩み寄り、全身から光を放ってその存在を無へと消し去る(回避してもユニットは離脱してしまうので結果は同じ)。移動後攻撃は不可能だが、最大射程が15もあり(最低射程も1となっている)その範囲外から加速を使って一気に接近しないと反撃すらできずに退場させられることになる。
なお、先述した通りシナリオの都合上対象の存在を消すわけには行かず一時的に次元の狭間に閉じ込められる形にされている。

特殊能力[編集]

オールキャンセラー

移動タイプ[編集]

空適応はB。

サイズ[編集]

M

対決・名場面[編集]

VSビッグオー

関連機体[編集]

ビッグオー
のザ・ビッグ。
ビッグデュオ
のザ・ビッグ。
ビッグファウ
のザ・ビッグ。

余談[編集]

  • デザインを担当したさとうけいいち氏の設定画では全身が灰色、顔が黒、顎が銀色に塗られているが、片山一良監督の編集ミスが原因で機体の色が反転してしまったという逸話がある。
    • ただしBD-BOXの最終話コメンタリーでは、恐怖感や存在感、ロジャー達との対比を強く印象づけるために片山監督が意図的にネガ色に変更した事が語られている。合わせて、さとう氏は変更を事前に聞いていなかったので塗られた状態を見て非常に驚いたと話している。