エンジェル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
エンジェル
外国語表記 Angel
登場作品
声優 篠原恵美
デザイン さとうけいいち
初登場SRW スーパーロボット大戦D
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人
性別
年齢 26歳
身長 175cm
職業 社長秘書
潜入工作員
テンプレートを表示

エンジェルは『THE ビッグオー』の登場人物。

概要[編集]

ロジャー・スミスの前に幾度も現れ、彼を利用しつつ暗躍する正体不明の美女。

「ケイシー・ジェンキンズ」「パトリシア・ラブジョイ」など、いくつものの偽名を持つが、本人は「天使(エンジェル)」と自称しており、ロジャーにもそう呼ぶよう要求している。 一方、いつも体よく利用されたり、面倒ごとを押し付けられるロジャーは彼女を「堕天使」と評して鬱陶しがっていた。実際、彼女の背中には一対の傷痕が残っており、その様は翼をもがれた堕天使のようにも見える。

当初はパラダイム社のエージェントとして過去のメモリーに纏わる遺産を収集しており、1stシーズン終盤ではアレックスの秘書にまで上り詰めていた。しかし、2ndシーズンにおいてパラダイムシティを支配しようと企む異国の同盟集団「ユニオン」の潜入工作員だったことが発覚し、パラダイム社から解雇されてしまう。この頃からロジャーと共闘することが増えていき、時にはユニオンの命に反した行動を取る事もあった。

作品終盤にて彼女の正体はメモリーそのものであり、彼女のメモリーを基にパラダイムシティが構築された事が明かされる。ゴードンは「彼女こそがパラダイムシティという名の舞台を演出する存在」と語っており、シティが巨大な演劇の舞台、いわば虚構であるならば、エンジェルの正体は「現実」にもっとも近い存在、あるいは「現実」から舞台を操る脚本家である可能性が高い。

最終的にビッグヴィヌスと一体化したエンジェルは、ビッグファウを消滅させつつシティ全体ををリセットしようと試みたが、ロジャーの交渉に応じてリセットを中断、ビッグオーと融合して世界を再構築した。再構築によって生み出された新たな世界においては、ネゴシエイターとして活躍するロジャーの姿をドロシーと共に見守っていた。

漫画版終盤ではザ・ビッグ入手のためにパラダイム社へ潜入した異国のスパイだったことが発覚する。更にビッグフォウ起動のためにドロシーからメモリー回路を奪ったことでロジャーと敵対、彼が操るビッグオーと壮絶な水中戦を繰り広げた。激闘の末にビッグオーを海底へ沈め、シティ外への脱出を試みるが、突然コックピット内に死んだはずのベックが出現。自らを「同類」と評するベックに迫られるが、背中の翼を広げて彼を拒絶した。これ以降、彼女の消息は描写されておらず、破壊されたビッグフォウのコックピット内も無人だった為、彼女が何者だったのか、そしてどこへ姿を消したかは謎のままである。

登場作品と役柄[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z
原作再現が行われたため、必然的に出番も増えた。『Z』世界において最大級の鍵を握る人物の一人。
シナリオ終盤において先行きの見えない多元世界への絶望からザ・ビッグの軍団を降臨させてしまうが、ロジャーの一世一代のネゴシエイションにより希望を取り戻す。まだビッグヴィヌスが登場していないので非戦闘員であり、ザ・ビッグの軍団をかいくぐってロジャーを特定のポイントに到達させれば良い。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
声が付いた。第32話「忘却の霧の中」で登場。アサキムとの接触、そしてロジャーとの交渉を経て世界の真実に至ったらしく、シティの中でただ一人メモリーを保持している。その後、第54話「The Show Must Go On」(通常ルート)もしくは第53話「永遠という幻想」(ifルート)においてビッグヴィヌスのパイロットとして登場する。
本作で唯一キャラクター事典で二つのページを持つ登場人物で、二つ目の物は説明に3行の追加が有る事と、表情の四つ目にビッグヴィヌス時の物が有る事である。
パイロット時は顔グラフィックがビッグヴィヌスのもので固定されるが、ボン太くんと戦わせると羽の痣が見える状態のグラフィックが出る。また、内部にはビッグヴィヌス時のカラーリング無反転版が存在。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
時獄篇の終盤にパラダイムシティを抜け出していたが(アクシズ落としの際、地球上にいるのが確認できる)、本人曰く「メトロポリスを預かった代償としてシティの行く末を見届ける役目」を請け負ったとして、シティに戻っていた。また、ベックにメトロポリスを見せた事で御使いの存在を彼に教え、Z-BLUEへの参加を決意させた。
エンディングではロジャーに依頼を持ち掛けていた。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
初登場。ロジャーに因縁を持つ謎の女性、と言った立ち位置で、物語には深く関わって来ない。終盤ではトレーズの秘書として立ち振る舞い、そこで得た情報からルイーナの脅威とブルー・スウェアの作戦を知り、ロジャーにシュバルツの正体を伝えた上で忠告すると先んじて宇宙に避難している。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

回避以外は全能力が非常に高い…のだが、特殊規定により1回戦闘すると消滅させられてしまうため、実質意味がない。

精神コマンド[編集]

第3次Z時獄篇
祝福
所持しているのはこの二つのみ。まさに「天使」らしいラインナップである。

特殊スキル[編集]

第3次Z時獄篇
気力+ボーナスガード
底力も何もないが、まともに戦えるのが実質ロジャーだけというのが厳しい。

人間関係[編集]

ロジャー・スミス
1stシーズンでは彼を利用してメモリーを手に入れようと暗躍していたが、2ndシーズンでは協力しあうことが増え、彼を恋愛対象として意識するようになっていった。
R・ドロシー・ウェインライト
2ndシーズンではロジャーを巡る三角関係を演じる事になる。
アレックス・ローズウォーター
彼の社長秘書として働くが、後に解雇される。
ヴェラ・ロンシュタット
2ndシーズンで登場する彼女の上司。エンジェルにとっては養母でもあり、背中の傷も彼女の鞭による虐待でつけられたものである。

他作品との人間関係[編集]

破嵐万丈
ZSPDではサーストン家に向かう道中で彼と知り合い、暫く行動を共にしていた。
ガドライト・メオンサム
時獄篇では同じ「諦めた者」として、彼に惹かれていた。ガドライトからの評価は「その名前以外はパーフェクト」。
至高神ソル
死したのち彼女を媒介にして人間の在り方を見定め、道を誤ってしまったしもべたちを止めることを託した。

名台詞[編集]

THE ビッグオー[編集]

「あなたの評判は聞いています。ロジャー・ザ・ネゴシエイター」
Act:03、偽名であるパワーマネジメント社の人間「ケイシー・ジェンキンズ」を名乗りロジャーに依頼、タクシーで戻る際に。
「エンジェル、そう呼んで」
Act:03、エレクトリックシティの地下施設でロジャーと出会った時に。この台詞に対しロジャーは「とんだ堕天使だ」と呆れるのだった。
「狙う? あたしはただの女だわ」
Act:04、新聞記者「パトリシア・ラブジョイ」としてロジャーの前に現れたエンジェル。そのロジャーから「今度は何が狙いだ?」と問われた後、彼女は悪戯っぽく微笑んでこの台詞ではぐらかす。
「ロジャー・スミースッ! いいものを見つけてくれたわーっ!」
Act:07回想、ロジャーより先にリーダーマン自作の潜水艇に乗り込んで大喜びで投げキッスするエンジェル。
エンジェル「これはあたしが借りた船よ! 何で勝手に乗り込んでくるのよ!?」
ロジャー「私の方が先に借りたんだ。私に権利がある!」
エンジェル「もし、紳士を気取ってるなら、降りるべきだわ!」
Act:07回想、潜水艇に深海のメモリーを得ようとするエンジェルだが、艇内でロジャーに奪い合いをするはめになってしまう。この掛け合いだけ見れば、どちらも大人げない。
「気分が悪い空気に我慢ならないから、するのよ」
”海神の使い”と恐れられた異形の潜水服をまとった男達に潜水艇を爆破され、水没した摩天楼の一室に逃げざるを得なかったロジャーとエンジェル。苛立ちを抑えようと煙草に火をつけるエンジェルだが、少ない空気を汚すことはないと言われて反論する。
なお、彼女のこの台詞はAct:07冒頭のものである。
「不安にならないの!? どうして私達は今ここで生きていて、あたし達の親の親達がどうしてしまったのか知らないままで!」
Act:07、お金以外にエンジェルがメモリーを求める理由の一部が垣間見える台詞。
エンジェル「ここで暮らしてたのね、40年前には…。何が起こったと思う?」
ロジャー「この世の終わり…天変地異…」
エンジェル「それでも私達は生きている。なりふりかまわず…」
海深く沈んだ摩天楼に映るマリンスノーを見つめた時の掛け合い。この後、ロジャーに「生きるということは、なりふりかまわない事じゃないかな?」と言われる。
「って…!! この、人でなッ……!!」
ACT:07、メガデウスのダゴンが起動、動揺するエンジェルに気付かれずにビッグオーを召還後、椅子で窓ガラスを割るロジャーに対して。
「やめて! 頭を潰さないで! メモリーが…!」
Act:07ラスト付近、ダゴンを迎え撃つビッグオーに対して。金のためか、それとも…
「早すぎる…今、力を解放したら…すべて台無しにするつもりなの…?」
Act:13ラスト、異国から現れた新たなるメガデウスを海岸で目の当たりにして。

THE ビッグオー 2nd SEASON[編集]

「変な呼び方はしないでほしいですわ、少佐」
Act:14、メモリーの世界と思われる世界にて、米軍将校としてロジャーの前に現れたエンジェルは彼に「ここにも、天使エンジェルはいた…」と言われてこの台詞で返答する。
「銃を持たない主義、そろそろ返上したほうがいいんじゃない? ネゴシエイター
Act:15、ドロシーを造り出したエリアでR・Dと同じタイプのアンドロイドの襲撃に窮地に陥ったロジャーを救った時に。Act:08のロジャーの「人を撃たない主義」を受けた流れを汲んだ台詞。
「私は一人の人間…どこで生まれようと、どこに今いようと、私は私の意志で行動する」
いつものように金目当てでメモリーを捜し求めて来たのか、と問われた後で。この台詞の後、ロジャーに「自由…か」と問われてエンジェルは悪戯っぽく微笑むのだった。
エンジェル「前にもここに来た事があったわね」
ロジャー「デートをしたという記憶はないが…ん? 懐かしい我らが友が、やはりいたよ」
エンジェル「あら、ホント。元気そう」
Act:16より。海に沈んだ摩天楼を見定め、「天使」が落ちたという地を探る中、ロジャーとエンジェルはAct:07での出来事を思い出しながら、かつて見た半魚人型の潜水服を来た異国の者達を確認する。
「懐かしい我らが友」の部分に関してだが、別に彼らは友というべき親しき存在ではない。とはいえ、同じ失われたメモリーを探す者としてこの比喩を使ったのだろう。
「んもう、こんなことするなんて予定になかったわ!」
アタッシュケースからアンカーを飛ばして通路を作るロジャーから「レディファーストだ」と言われ、海底洞窟に移動させられる際に。
この台詞と共にエンジェルはコートを脱いでAct:03と同じピンクのライダースーツでロジャーと共に潜入する。
「私は止めた…今、この街に来させても何もわからないし、何も得る事ができない。なのに、彼らは来た…」
に沈んだシティの廃墟内に新しくできた洞窟はパラダイム社の格納庫内に通じていた。
格納庫内でビッグオーが倒した3体の異国のメガデウスを見たエンジェルは、Act13とAct14を回想する。ロジャーが彼女に対し異国の者ではないのか、と問われた瞬間、あの半魚人の銃撃が二人に襲い掛かる。
「だから、今日はこういう事する予定じゃなかったって言ってるでしょ!? 他人事みたいに言わないでよ! そもそも、あなたが危険な場所に出入りしようってのに、身を守る物を持たないのが怠慢なのよ!」
ロジャーに「今日は銃はないのかね?」と言われた時の反論。エンジェルのこの台詞を言われた彼は「おやおや、叱られてしまった」と苦笑するのだった。
「殺しを楽しむような奴よ! 丸腰でどうしようって言うの、ロジャー・スミス!?」
パラダイム本社でアラン・ゲイブリエルと遭遇した際に。ロジャーはエンジェルの制止も聞かず彼の挑発に乗ってしまい、社内電車に乗ってしまうが…。
「シュバルツがばらまいたチラシが印刷されたのは、ビッグデュオで暴れる前だったの」
「東の砂漠の向こうにある海岸、そこで死体が発見されたわ。シュバルツ…マイクル・ゼーバッハは、とっくにこの世からいなくなっていた」
Act:17ラスト、メガワームを破壊したロジャーとドロシーの前に現れたエンジェルは、シュバルツ・バルトの全身を包んでいた包帯の一部を手に彼の去就を語る。
もし、エンジェルの言葉が正しければ、シュバルツ・バルトは果たして…?
「…フフ、アッハハハハハ、滑稽よロジャー・スミス。あなたは…まさか、あなたは…あの、いつだって不機嫌そうなアンドロイドを…?」
「下らないわよ、本当に……」
「ほんの一瞬だけど、私は『このアンドロイドがこのまま壊されてしまえ』、そう思った」
「許せないのよ…私は私を…! あなたに理解できることなのかどうかわからない、でも…」
Act:22より、雨にずぶ濡れの状態でひとりスミス邸に来訪、ドロシーの前で。
「こんな所に、もう…居たくない…。早くメモリーを探して、ママの所に帰る…」
「ママ…また、ママに会えるのかしら…? 私を、天使と呼んでくれたのは…ママだけなのよ…」
Act:24、アレックスの追っ手を逃れ、パラダイムシティの地下深くに逃げ込んだエンジェルは幼い過去を思い出しながら、この台詞を呟く。何者かの気配を感じ、銃を構えメモリーの光に向かい走るエンジェルの目に映ったものは……
ゴードン・ローズウォーター…確かにあなたは、このトリックだらけの街・パラダイムシティの王様だわ」
Act:25より。
「…いいえ、正気だわ。あたしが、自分自身を信じられないと知ってるくらいはね」
「ユニオンは、天国と同じくらい、あたしには信じられない所だわ。そこで生きる資格なんてとっくに…あなたもね、12号」
Act:25より。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「思い出が詰まっているこの家をシュバルツに破壊させるつもり?」
「それに大丈夫よ。太陽が昇る」
ZSPD』バックストーリー メモリー第2話「キープ・オン・ムービン」より。サーストン家の鼻先に出現したビッグデュオを目の当たりにして腰を抜かすドミニクへ、救援が来る事を仄めかし脱出を促す。

搭乗機体[編集]

ビッグヴィヌス
エンジェルが搭乗する最後のザ・ビッグ。エンジェルと同じく翼を失った痕があるのが特徴である。
ビッグフォウ
漫画版ではこの機体に搭乗する。

余談[編集]

  • デザインのモチーフは、『ルパン三世』の峰不二子と、『ウルトラセブン』の友里アンヌ隊員。
  • エンジェルとパラダイムシティの関係は「一人の人間の存在が作中の世界観を造り上げている」という特殊な物だが、類例としてはGBゲーム「ゼルダの伝説 夢を見る島」の舞台となる島と「かぜのさかな」の関係性が近い(このゲームの舞台は「かぜのさかな」が見ている夢が具現化した作り物)。