至高神ソル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

至高神ソル(Supreme God Sol)とは、『第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇』におけるキーワード。

概要[編集]

惑星エス・テランにて、御使いオリジン・ローを制御するためのシステムとして生み出した人造神。この存在は御使い以外の者からは一貫して「太極」と呼ばれており、ソルの名が判明したのは天獄篇終盤。

カオス・コスモスの時間でいう1億2000万年前、天の川銀河の太陽を素材として作られた神であり、御使いの想いに応えてオリジン・ローを生み出し、また制御する。

しかし、1万2000年前にソルは自らに宿る霊子真化融合を果たし、自我に目覚めた。その自我は、御使いの存在とその行い、そしてそれに依拠する己の存在を否定し、自らを破壊することとなった。結果、ソルは「心の欠片」「記憶の欠片」「コア」「残り火」「抜け殻」の5つに分かれてしまった。

陰陽の概念から成る至高神ソルのあり方は、矛盾を孕みながら生きていく人間そのものであり、スフィアのうち「いがみ合う双子」はそのミニチュアとしての側面を持っている。

1億2000万年に一度の大崩壊を阻止すべく、御使いによってスフィアの収集によるソルの再誕が急がれたが、独自の目的のもと行動していたアドヴェントにより、「いがみ合う双子」「悲しみの乙女」「傷だらけの獅子」「揺れる天秤」の代わりに御使い3人とアサキムの存在を生贄にすることで、新たな姿至高神Zとして新生することになった。

なお、『Z』の時点から太極の意思という形で、世界に干渉する事があるため、バラバラになった状態でも完全にその意識が消え去ったわけでは無い模様。

登場作品[編集]

Zシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Z第2次スーパーロボット大戦Z破界篇 / 再世篇
この時点では、まだその存在は判明しておらず太極と呼ばれている。
『第2次Z』において、ガイオウアイムスフィアを「ソルの心」、黒の英知を「ソルの記憶」と呼んでおり、何らかの比喩かと思われていたが言葉そのままの意味であった。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
遂に太極の正体として、その存在が明るみになる。

関連人物[編集]

御使い
至高神ソルを生み出し崇めているが、ソルは彼らの在り方を否定している。また、ソルの知識のカケラである「黒の英知」に記されているあらゆる全ての宇宙を滅ぼす「根源的災厄」は御使いとされているため、ソルは御使いが宇宙の大崩壊を導く因子であると理解していた事になる。
御使いは1億2000万年の大崩壊から逃れるべく、全スフィアを収集して至高神を再誕させようと目論んだが、仮に再誕に成功したとしても、ソルが御使いに力を借す可能性は低い(下手をすれば、ソルは再び死を選ぶ可能性がある)。
エンジェル
死した後、彼女を媒介にして人間の在り方を見定め、御使いを止める事を人類に託した。
ロジャー・スミス
交渉相手。彼との交渉により、人類は絶望の未来を乗り越えられるという希望を持つに至ったようだ。
ゴードン・ローズウォーター
彼の意識に干渉し、メトロポリスを記させた。

関連機体[編集]

至高神Z
アドヴェントによって再臨した際の新たな姿。足りないスフィアの代わりに別の素材を用いたためか、人型として不完全な部分がある。至高神Zは「存在しようとする力」と「消滅しようとする力」の相反する力を引き出す事が可能であるため、同質の存在であるソルも同様に2つの力を操れたと思われる。
シュロウガ
異世界で造られたソルに相当する機動兵器。
ソーラリアン
規模は遥かに小さいが、次元力を制御するためのシステムという意味ではソルと同質の力を持つ。